2017年10月18日 (水)

毎日小学生新聞のステゴサウルス作品

ツイッターでは紹介しましたが、今年の夏も毎日小学生新聞で恐竜模型工作の記事のお手伝いをしました。

7月15日号

Dflldesuaaapsu3
そして10月12日号で、夏休みに募集したステゴサウルス作品が紹介、掲載されています。

M1
わたしの似顔絵つきで寸評させてもらってます。

M2
たくさんの作品ありがとうございました!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年10月17日 (火)

秋の投稿作品祭り!

いつまで暑い日は続くんだろうと思っていたら、すっかり涼しくなりました。と言うか秋をすっ飛ばして初冬に入ったような気候ですね。
さて、福井県立恐竜博物館で開催されていた「恐竜の卵」展も終わり、私が関わった恐竜イベントは一段落しましたが、拙ホームページの掲示板には熱い投稿が続いていますので、夏の投稿作品に続いて秋の投稿作品を紹介いたします。

まずは前回の投稿紹介時に製作途中だったMozzyさん親子のトリケラトプスのジオラマが完成!

0002165_2m
また恐竜博物館の模型教室にも参加いただいたときの作品も完成!

0002165_3m
遅まきながらおめでとうございます!
掲示板:今年の夏休みの作品&恐竜ふれあい教室 

次はお馴染み、編みぐるみ作家のしぃ。さんのティラノサウルスです。

0002168m
同じ赤系でも差異があっていいですね。自立するのがスゴイ!
掲示板:桃色ティラノ。人参ティラノ。 

さてこちらも毎回素晴らしい作品を作るガッチさんの角竜についに真打登場!

0002171m
トリケラトプスの角質に覆われたリアルな表皮の表現は見事です!
掲示板:トリケラトプス完成 

また前回羊毛フェルトのシノサウロプテリクスを投稿してくれたcavalisaさんが、今度はフェイクファーで作ったシノサウロプテリクスを作って投稿してくれました。

0002173m
よりモコモコモフモフ度がアップしました?
掲示板:我が家のペット 2匹目 

最後は技のデパートKYOさんのスピノサウルス木彫レリーフ。

0002175m
空間の使い方が見事ですね。このまま商品化できそうです。
掲示板:スピノサウルス完成しました 

相変わらずの力作揃いですね!私もがんばらねば!coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年9月26日 (火)

サイドショーのケラトサウルスとガストニアがキター!

このブログでサイドショウの恐竜を紹介するのは2年ぶりですね。
以前はまめに情報収集をしていたり、日本の販売代理店も予約を受け付けていたのですが、このところ疎くなって、新作の購入もあきらめていました。
そんなおり、恐竜マニアの間で話題になった「奇跡のヨロイ竜」の記事を見て、スルーしていた新作のガストニアが俄然欲しくなってしまい、セカイモンに手を出すはめに。

Ph1
これまた入手していなかったケラトサウルスも出品されていたので、一緒に購入しました。

まずはヨロイ竜「ガストニア(Dinosauria Gastonia Statue by Sideshow Collectibles)」

G6_2
相変わらず箱デカイです!重いです!アメリカからの送料も高いです!

G5
梱包状態。

G1
しかし、ヨロイ竜でこれだけのスタチューが販売されるなんて、考えれば凄いことですね。
大きさは50cmほどありますから約1/10スケールですね。

G2
買う人いるんかな~?(ここにおった)

G3
しかもノドサウルス類でっせ。アンキロサウルス類と違いまっせ。

G4
でもエドモントニアもサウロペルタもスパイクがカッコいいので、一部では人気はあるのかも。

G12
エディションナンバーは、27/400です。

お次は「ケラトサウルス(Dinosauria Ceratosaurus Statue by Sideshow Collectibles)」

G7
箱、やっぱりでかい。

G8
梱包状態。小さい翼竜が2匹入ってますね。

G9
すごく動きのある造形で、かっこいいです。こちらも50cmちかくあり、約1/10スケールですね。

G10
筋肉のボリュームもベースのボリュームもすごいですね。

G13
エディションナンバーは、91/700です。

G11
ん・・・いよいよ置くところがなくなってきた・・・ despair

今回初めてセカイモンを使いましたが、2体でトータル12万円ほどかかってしまいましたから、やっぱり購入者が飽きてヤフオクで格安出品されるまで待つのが得策かも。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2017年8月30日 (水)

金沢観光

恐竜博物館での教室のあと、片山津温泉に投宿し、あくる28日は金沢に行きました。

金沢には何度か訪れていますが、今回は嫁も同行していて、嫁が初めて行く新しい観光スポットのひがし茶屋街へ。

A4
平日とたかをくくてましたが、駐車場がなかなか見つからず難儀しました。
とても賑やかで、観光客の女性率が高いですね!
たいした広さでもないのですが、とても暑い日で、涼みに色んなお店に入る感じです。
休憩に入ったお店で、お麩のカキ氷と味噌田楽をいただきました。

A9
そのあと定番の近江町市場に行き、

A5
昼食も定番の(一番安い)海鮮丼をいただきました。

A6
なんか体力がなく、兼六園も石川門も21世紀美術館も前に行ったことがあるので、今回はパスして帰路につきました。

さて前日泊まった片山津温泉の宿はちょっとふんぱつして露天風呂つきの部屋を予約。

A1

仕事の後のひとっ風呂は極楽!

F4

柴山湖を望み、夏休み中は毎日上がる花火を眼前で見ることができて、とても良かったです。

A3_3

A2
夕食は会席料理。 この歳になると食べ放題、バイキングなどより、一品一品出てくる会席のほうがいいですね。

F1
別注したアワビの踊り焼きはやわらかくて美味しかったです!

F2

そう言えば、ひがし茶屋街近くで、なにかのロケやってました。

A8

小松空港近くで見た戦闘ヘリ。

A7

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (1)

2017年8月29日 (火)

ふれあい教室 in 福井県立恐竜博物館

8月27日はこの夏最後のワークショップ、福井県立恐竜博物館 「恐竜ふれあい教室 親子で恐竜模型をつくろう!」を行いました。

W4
博物館に行く前にJR福井駅に寄り、駅前の恐竜ロボットを見にいきます。

W5
新しく仲間に加わった福井産の絶滅哺乳類。

W6
さて恐竜博物館は夏休み最後の日曜日とあって、とても賑わっていました。

W7
7月の教室に続き、今回も特別展にちなんで、羽毛恐竜を作ってもらいましたが・・・

W2
出来上がってみると、羽毛恐竜あり、

W10
スピノサウルスやダスプレトサウルス、

W8
パラサウロロフスなどいろんな恐竜が出来上がりました。

W9
子供たちは色を塗るときが一番真剣ですね!

W3
さて、これにて今夏のワークショップは無事終了しました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2017年8月25日 (金)

京都の天神さんに行く

京都の北野天満宮で毎月25日の縁日で骨董市があることは前から知っていたのですが、このところの春画人形などに興味を持ってから、初めて今日見に行きました。

K5
最初骨董市がどこで開かれているのか分からず、鳥居から参道を進み、そのまま参拝して、社務所の人に聞くと、社の東側にあるとのこと。

K6
東門から出ると、ありましたありました。最初にくぐった鳥居の東側の通りまでズラ~とお店が出ていました。

K7
今日はラッキーなことに最初に目についたお店にいろいろ置いてあり、今回の買い物は全部そのお店で購入しました。

K8
だいたい勝手が分かったので、また来ることにしましょう。

K9
さてもともと今日は京都パルスプラザで開催される「京都アンティークフェス」に行く予定だったので、帰りに寄りましたが、こちらは出店数も少なく、目ぼしいものはなく早々に引き上げました。

K10
今日含め3日間あるので、店が増えたりするのかな?

K11
途中で寄ったボークスにはフォッケウルフのプロペラやエンジンが置いてありました。

K12
さて、天神さんのお店では象牙の春画根付のほか、面白いものがあったので、店主と交渉し、なかなか満足に行く値段で入手することができました。

K1
象牙の春画根付。骨董ではなく現代物ですが、なかなか細かく細工しています。

K13
モダンな裏絵つき人形。昭和30~40年代のものでしょうか。温泉地のお土産で売られていたものかもしれませんね。

K3
ツレション人形。郷土人形、土人形で、前から欲しかったんですが、男女と女三人物まとめて入手できました。

K4
これまで骨董市よりもネットオークションの方が安く手に入れられると思っていましたが、場合によってはお店で交渉するのも良いときがあるようですね。勉強になりました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年8月20日 (日)

艶っぽい博多人形

ネットオークションでとても艶っぽい博多人形を入手したので紹介します。

I3
大きさは横27cm、高さ19cm。

着物を胸元まではだけ、片手をついてお化粧を(おしろいを塗っている?)している姿でしょうか? それとも汗を拭いているんでしょうか?

I2
とても不自然なポーズなので、寝間で急いで化粧を直しているなど、いろんな物語が思い浮かぶ、面白い造型です。

完品時は小さな鏡台もついていたかもしれませんね。

I8_2
残念ながら集めている春画人形のように底に絵はありませんし、全体にかなり汚れていて、櫛なども折れていますが、なんとも言えない色気が漂っています。

Dscn7660
お顔もとても美人です。

I9
後姿もうなじも、どこから見ても美しい。

I4
この肘など本当にきれいですね。

I7
あまり詳しくありませんが、よく見る工芸品の博多人形は、ここまで写実的な作りではないので、作家さんの創作作品のひとつかもしれませんね。

I5
せめて肌部分だけでも補修したい気持ちもありますが、汚れていてもオリジナルのままのほうが良いのか悩みます。

I1_2
さて先日入手した艶っぽい日本人形と一緒に飾ってあげましょう。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

«木彫りのアジアゾウ