2017年2月22日 (水)

講談社「福井県立恐竜博物館100」

講談社 どうぶつアルバム13「福井県立恐竜博物館100」が発売にまりました。

K1
お子さん用の図鑑と侮れません。恐竜博物館に展示されている全身骨格標本や収蔵化石がカラー写真と解説とともに100点紹介されています。

K3
K2

各恐竜骨格に私が制作した復元模型の写真も添えてあり、骨格と復元の対比も分かりやすくなっています。

K4
これを見たら恐竜博物館に行きたくなること間違いなし!

K5
博物館に行ったことあるひとも、博物館の図録と一緒に子供と楽しむにはもってこいの一冊ですよ!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

またブラキオサウルスを作るぞ!

以前もこのブログで書きましたが、再びブラキオサウルスを作りました。スケールは1/20です。
今回はツイッターで制作状況を小出しに書きましたので、ここではまとめて書きます。
実は某博物館でブラキオサウルスの復元模型を作る仕事があり、前から作ってみたかった骨の形が露(あらわ)な姿にしたところ、監修でNGになり(当たり前か)、作り直しした際、不用になったこのボッコボッコの首を再利用することにしました。

B21
さて、ここは開き直って、ボッコボッコの首に似合うガッリガッリの骨皮筋衛門(ほねかわすじえもん)のようなブラキオを作ることにしました。

まずは頭部から。

B4
歯は帯状にした粘土をカッターナイフで整形していきます。

B8
完成時は口は閉じた状態になるので、先に口腔内の色を塗っておきます。

B10
胴体部分はいつものように軽量化・粘土節約のため、芯部分に発泡スチロールを使います。

B16
スチロールカッターで整形して、薄く延ばした粘土でくるんで芯にします。

B17
四肢、尻尾は針金を芯にして粘土で作ります。

B19
先に書いたように、今回は痩せた体躯を作りますので、まずは表皮に表れそうな骨(肩甲骨・椎骨・肋骨・腸骨 等)や筋肉を作っておきます。

B20

B26
その上に、薄く延ばした粘土を表皮のイメージで被せていきます。

B29
B30
表面の乾かないうちに、それっぽいシワなどのディテールをつけていきます。

B31
ま~、王道と言えば王道の手順ですが、皮一枚下の骨や筋肉の表現方法としては、これに勝る方法は無いでしょう。

B32
被せる時点で偶然できるシワも作為的ではなく、自然なシワになるのが良いですね。

B33

B36
その後、ありそうな大小のシワやディテールを加え、形が完成。

B35
彩色はいつものようにアクリル絵具の筆塗り。

B37
今回はグレーが基調でちょっと地味になったかな?

B38
マイブームの明るい斑点で模様をつけ、

B39
B40
B41
エナメルブラックでウォッシングのスミイレ後、ドライブラシ。

B43
B44
爪や目など細かい部分を仕上げて、出来上がり。

B46
「ブラキオサウルス2017」

B47

B49


ん・・・ガッリガッリの骨ばった筋ばったブラキオにしようと思いましたが、いまいちうまくできませんでしたね~。筋肉をつけすぎたかな?尻尾太すぎたかな?ちょっと中途半端な出来になってしまいました。反省。

さて今日は良い天気だったので、公園に屋外撮影に行きました。

Brachiosaurus201701m
模型が大きいので外の撮影がやっぱり合ってます。

Brachiosaurus201704mt
ん~イイ感じ。ジュラシックパークのBGMが脳内再生されてます。

Brachiosaurus201707mt

メインサイトにアップしました。→「ブラキオサウルス2017

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (10)

2017年1月29日 (日)

投稿作品!2016~2017!

相変わらず滞りがちのブログですが、年末年始に掲示板に投稿された作品を紹介!

まずは春休みまだかな~さんのディプロドクス。

0002042m
迫力の1:50スケールで60cm!
掲示板:ディプロドクス完成です 

こちらは年始に投稿いただいたMozzyさんのご家族と恐竜の合成写真。

0002046m
恐竜博物館のフクイラプトル フィギュアですね!
掲示板:謹賀新年 

こちらも友ぞ。さんの年始イラスト。

0002048m_2
酉年って感じでかわいいですね!
掲示板:明けましておめでとうございます 

チャン竹うっしー総長さんはコレクタの羽毛ティラノをリペイント!

0002052m
南国の鳥のようにカラフルですね!
掲示板:ティラノサウルス リペイント 

☆亜細亜さんは今年ブレイクしそうな始祖鳥の折り紙を投稿!

0002053_3m

再現度高し!
掲示板:酉年にちなみ・・・ 

しぃ。さんはズバリ酉年の編みぐるみの鶏を投稿!

0002056m
かわいい!さすがカープファン!
掲示板:遅ればせながら。

おなじみKYOさんは前に紹介したパラサウロロフスに続き、アパトサウルスのリバーシブル木彫レリーフ骨格を投稿。

0002058m
0002058_2m
木目の模様がいい味出してますね!
掲示板:アパトサウルス完成 

恐竜太郎さんもすっかりお馴染みになったデフォルメイラストを投稿!

0002060m
恐竜太郎流のスタイルが出来てますね!
掲示板:デフォルメイラスト 

毎回皆さんの力作にパワーをもらい、今年もがんばって作品を作らんとあかんな~と思いながら、なかなか自分の作品が作れないことに反省!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2017年1月21日 (土)

東寺 初弘法に行く

今日は東寺の初弘法に行ってきました。

だいぶ前にも来たことがあるんですが、あのころとは見たいものが変わってますので、楽しみです。

H1
天気予報では京都市内でも雪の予報もあった寒い一日でしたが、日差しも出る天気の良い一日でした。

H3
骨董店だけでなく、手作り品や食べ物の屋台など1000店以上の出店があり、見てまわるだけでも結構楽しいです。

H2
目当ての春画人形などを置いているところも何店かあり、値段を聞いてはビックリしたり、あきらめたりした末、なんとか手の届きそうな人形を2点購入しました。
裏絵博多人形と伊万里焼き(?)のお多福人形。

H4
博多人形のほうはけっこう汚れてましたが、年代モノということで。

H9
お多福は上品な出来で綺麗だったので思わず購入。ひとり遊びバージョン!

H8
(無修正版はこちら 18禁!)

寒い日で、温かそうな食べ物屋もいっぱいあり、タイ焼きとお好み焼きで小腹の足しにして帰宅しました。なかなか楽しかった!また行こう。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年1月15日 (日)

ツイッター始めるとブログが書けん!

昨年秋からツイッターを始めたせいか、どうもブログの更新が滞りがちです。
ツイッターに日々のことを書いてもどんどん埋もれてしまいますが、前にも書きましたがブログは日記・備忘録代わりで読み返すことが多いので、ツイッターの繰り返しになりますがやっぱりこちらでも書いておきます。

年始に患ったインフルエンザも良くなり、11日に嫁さんと毎年行く石清水八幡宮に遅まきの初詣。

I1
12日に近くのシネコンに嫁さんと映画「この世界の片隅に」を見に行きました。

K1
すずさん役ののんちゃんは適役ですね。吐息のようなため息や笑い声は彼女にしか表現できないんじゃないでしょうか。遊郭のりんちゃんが切なかった。

13日は皮膚科、眼科と病院回りをしたあと、京都パルスプラザの「アンティークフェスタin京都」に。来たのは2回目ですが、小規模な骨董市ですぐ見て回れました。

I2
I3
前に出店していた春画人形のお店はありませんでしたが、欲しかった医学標本があったので購入。

I4
残念ながら製作会社(島津製作所や京都科学など)のシールがなかったので、どこ製かわかりませんが、樹脂製の量産品ではなく、蝋細工の手作り品のようです。

I5
さて、今日15日はこちらでは珍しく雪が積もりました。

Y1
Y2
雪道は怖くて車を動かせず、仕事場にも行けませんので、今日は自宅で年末に録画していた「ホビットの冒険」3部作を見ることにしました。
スマウグ、ようしゃべるな~。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2017年1月 5日 (木)

新年おめでとうございます。

って、もう1月5日ですね coldsweats01

正月早々にインフルエンザに罹って寝込んでしまう2017年の始まりでした。
S2
さてやっと楽になり、年末に地震対策して整理した工房のガラスケースにコレクションの裏絵博多人形や春画人形を並べる仕事始めでした。

S3
なんか熱病で浮かれたせいか、調子に乗って色々飾ってしまいましたが、今後18歳未満は工房見学禁止だな、こりゃ。

S1
ま、こういうものは縁起物とも売られていたもののようなので、正月らしくて良しとお許しを。

こんなどんどん恐竜から遠ざかっていく私ですが、みなさん今年もあたたかい目で見守ってください。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年12月28日 (水)

ジシン対策作戦!

(シン・ゴジラ ヤシオリ作戦のBGMを脳内再生してお読みください。)

今の工房に2010年秋に引っ越して、まる6年経ちました。
一階の作業部屋には当初から作品やコレクションを収容するガラスケースを4基備えつけましたが、その間にも東北、熊本と大震災があり、ず~と地震対策しないとと思いながら今に至ってました。

O1
そんなおり、「倒れストップベルト」なるものを見つけ購入。

O2

ベルトを家具の前面からぐるっと後ろに回して、床面に固定する方式です。

Dscn3434
しかし、もう設置してあるガラスケースを動かすことは大変なので、
O4
本来の使い方とは違いますが、ベルトを短く加工して後ろの壁にネジ止めし、ケース前面に引っ掛ける方式にしました。

O6
後ろに窓があるので、ベルトの何本かは角度をつけての設置になりましたが、半日かけてなんとか設置完了。

これで対策していなかった今までよりも少し安心ですかね。(このブログを書いてる今も茨城県で震度6弱の地震が!)

O7
上面には落ちても大丈夫そうなソフトビニール製のフィギュアをとりあえず置いておきます。

O8
でもまだこのあたりや、

O9
このへんが無対策なので、なんとかしないといけませんね。

O10
どうも天井が高いので、突っ張り棒が取り付けられないのがネックやな~ despair

12月29日追記:ガラスケースやデトルフの扉が開かないように施錠する方法がネットで紹介されていました。

L1
専用の鍵などは高価ですが、百均の補助錠が安価で簡単みたいなので、早速やってみました。

L2

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

«忘年会のマル秘話