2018年6月20日 (水)

大阪北部地震 震度6弱

6月18日7時58分に大阪府北部で、震度6弱の直下型地震が発生しました。
自宅は京田辺市ですが、地域的には震源近くです。

ちょうど、一階で7時半から始まるBSのNHK朝ドラ「半分、青い」を見終わって、二階の寝室に朝の血圧を計りに戻ったときに、ズン!ズン!と強い揺れが数秒続きました。
同時に地震速報もスマホから鳴り出し、時間的にはたいした長さではありませんでしたが、強さはかなりのもので、一緒に起きた嫁さんも「大きかったな」 私も「かなりやばかった」と。

落ち着いたところで、寝室を出ると、二階の階段ホールは本棚が倒れ、階下まで本が散乱していましたが、子供たちも無事で、それほど被害はありませんでした。

さて、そうなると急に枚方市にある工房のことが心配になってきました。
枚方市は震源の高槻市、茨木市と共に震度6弱の地域です。
工房にはショーケースにコレクションやら模型やら、自宅とは比べ物にならないくらいの物量があります。
自宅の片づけは嫁さんと子供に任せて、車で工房に向かいました。

途中の道路では水が噴出している個所や、消防車などとすれ違い、不安はどんどん増していきます。
前日まで作っていた、納品前の原型模型を無造作に机に置いていたことや、ガラスケースが倒れて、コレクションが散乱している最悪の状況を考えながら、到着。

工房に入る前に、深呼吸して手を合わせて「何事もありませんように」と祈ります。

さて中に入ると、机に置いていた模型は下に落ちて、少し破損していましたが、あとは想定内、最小限の被害で済んでいました。

J4_3
一番心配だったショーケースも倒れることなく、中のコレクションも多少ずれてこけたり、落ちたりしてましたが、ま、なんとか無事でした。

J7_3
ガラスのショーケースが無事だったのは、以前施した地震対策が多少なりとも役に立ったのかもしれません。(2年前のブログ→ジシン対策作戦!) 

J6
もちろん、震度7などもっと大きな揺れだったらひとたまりもなかったかもしれません。

J5
これまで、頭では「地震が起こったら大変やな」と思っていても、その対処などは後回しにしていましたが、今回は不幸中の幸いと思い、これを機に、コレクションの保管方法など改めて見直すつもりです。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年5月 8日 (火)

東寺 ガラクタ市に行く その2

GW最終日の5月6日、tsukudadosさんをお誘いして、東寺のガラクタ市に行ってきました。

Dscn0913
21日の弘法市は何度か行ってますが、毎月第一日曜日に開催されるガラクタ市は以前、昼過ぎに一回行ったきりで、なんかショボかったイメージがありました。

Dscn0901
ですが、今回午前中から行くと、骨董屋の出店は結構な数が出ていました。

Dscn0902
後から分かりましたが、午後2時ぐらいになると店じまいする露店も多いみたいです。
前回ショボイ印象をうけたのはそのせいだったかも。
今回は、これといった欲しいものはなく、手ぶらで帰りましたが、また来よう。

参考日記:東寺 ガラクタ市に行く 

さて今回も、東寺近くにある、レトロショップ「秘密基地」に行ってみました。

Dcgsc5dvaae8pw4
前回行ったとき知りませんでしたが、どうもここのトイレが尋常では無いらしい。

Dscn0905
ということで、トイレ見学メインで再訪でした。(ちょっと画像多い→大人の人形遊びブログ(18禁))

さて、時間の都合で、東寺に行く前にJARFO京都画廊で開催していた「現代・春画展」も、ちょっと見てきました。

Dcgsc5dvqaegdxj
ちょっと期待していたものとは違ってました。
tsukudadosさん、お付き合いありがとうございました!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

老松古美術祭と野崎参りに行く

GWまっただ中ですが、おかげさまで本業が忙しくなり、外出もままなりません。
とは言うものの、以前から行く予定にしていた4月29日の大阪の老松古美術祭と5月1日の野崎参りには行ってきました。

老松通りに骨董店街があるとは、前からぼんやり聞いてましたが、私の集めているのは、骨董品と言うよりも、どちらかと言うとガラクタなので、リサイクルショップの方が性に合ってますし、何よりも骨董店って入るのに敷居が高い気がして、今まで行ったことがありませんでした。

Db75n1yvaaak3gs
今回の老松古美術祭は年に2回のイベントのようなものらしく、良い機会なので、tsukudados さんをお誘いして、行ってみました。

Db75n1zvwae_v8o
案の定、普段は入りにくそうな骨董店も、多くのお客さんが、入れ替わり立ちかわり出入りしていて、入りやすく、また露天販売もあって、結構楽しめました。

Db75n1yv0aas3qi
この付近はギャラリーなども多く、確かに売っているのは、いわゆる骨董や美術品が多く、高価なものが多いので、購入には至りませんでしたが、見るだけでも勉強になるものもあるので、また秋も覗いてみようと思います。

さて、野崎参りは、子供のころは親に連れてきてもらって、毎年のように行ってましたが、ここ40年ほどは全くのご無沙汰でしたので、嫁さんと一緒に行ってみました。

Dcfifc8u0aaiidp
記憶では駅前から参道、境内まで露店がびっしり並んでいて、長い石段を上ったあとに飲む、冷やしアメが絶品!というものですが、ま~ま~記憶通りでした。

Dcfifelvaaejsf9
今回行ったときはGW中の平日だったせいか、露店も少なく、お客さんも少なかったようです。
Dchjd0xv0aenjaz

私が子供のころは石段の中ごろの踊り場では、傷痍軍人さんがアコーデオンとかひいてました。

Dcfifc_u0aecanx
正月の親戚の挨拶に行ってた天王寺の歩道橋なんかでも見た記憶がありますが、当時は戦後から20年ほどしか経ってなかったんですね。阪神淡路大震災からもう23年経ってることを思うと、大人になってからの20年なんって、ちょっと前みたいな感じですね。

D6ad2f3ef998da6d1c894fbc729835a7

親に連れてきてもらってたころは、行きの道の露店で私が「あれ買って~!」と言うと、親が「帰りにな」と。そして、帰り道は露店の無い裏道を通って帰るというフェイントを何度もくらいました。

Dchjhi8vqaa88gk
ま、一度「ひよこ釣り」でひよこを二羽(オス)取って、大きく育てたのに、親戚がつぶして食べたことがありました。(画像はおたまじゃくしすくい)

Dchnefnu0aapcze
小学生高学年くらいからは、友達どうしで行くようになりましたが、景品のモデルガン欲しさで、「かたぬき」をして惨敗してから、露店なんか大嫌いで、ろくなもんじゃないというイメージは、大人になった今も続いています。

Img_111
今回はなんとなく記憶にあった、露店のガラクタ屋みたいなのを期待して行きましたが、そういう店はなく、現在の盆踊りの夜店とたいして変わりませんでした。実際参道にも新築の民家などもあり、露店の出店もできない個所もあるように見えました。

ところで、やはり私が子供のころに、JR忍ケ丘駅の岡山付近で、「めくらいち」ってあったんですが、憶えてる方いてはりますか?

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年4月23日 (月)

彦根城に行く

義母が入院したので、嫁さんと小浜の病院にお見舞いに行きました。

Dsc_1565
嫁さんを病室に置いといて、私はツイッターで知り合った、近くの古書店「よつや書房」さんに。

Dsc_1585
手術後の容態は良好のようで、安心してその後、前から嫁が行きたがってた彦根城観光に行きました。ま、要するに、ひこにゃんが見たいそうです。

今日(20日)は遅いので、駅前のホテルに泊まり、夜の彦根を散歩。
黄昏時の城のお堀がきれいです。

Dsc_1596
キャッスルロードにあるお店で、近江牛のすき焼きで一杯飲んで、

Dsc_1601
またお堀を通ると、ライトアップされた風景がとても幻想的でした。

Dsc_1617
翌日(21日)は朝から彦根城に。

Dsc_1624
実は若い頃、職場の慰安旅行で彦根城には来たことがあります。当時は旧所名跡には全く興味がなかったころで、「彦根城=しんどい」というイメージしか残ってませんでした。

Dsc_1644
ですが、ま、歳をとったせいか、「しんどい」のは増幅されてましたが、野趣あふれる、とても良いお城でした。

Dsc_1656
さて、ひこにゃんの登場です。

Dsc_1672
ゆる~いパフォーマンスでゆる~い笑いを誘ってました。ま、嫁は喜んでので良しとしましょう。

Dsc_1671
昼もキャッスルロードで食事して、前から行きたかった「信長の館」へ。

Dsc_1696
安土城跡を見て、「信長の館」を見学。

Dsc_1714
これ、「信長の館」を行ってから、安土城跡に行く方が良いかも。
その方が城跡の想像が増幅されると思います。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年4月12日 (木)

千葉市科学館 「わくわく恐竜ランド」 のお知らせ

千葉市科学館 GW企画展「わくわく恐竜ランド」で私の恐竜模型10体が展示されます。
期間:平成30年4月28日(土)~5月20日(日)

Dajk7puvmaaui2u

Dajk9o8vmaasre_
楽しいワークショップなどもありますよ!お近くの方はGWのお出かけのひとつにぜひお加えください!

詳しくは科学館HPをご参照ください。

千葉市科学館HP

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2018年4月 8日 (日)

「恐竜の卵」展 大阪場所に行くぞ!

今日はtsukudadosさんと一緒に大阪市立自然史博物館 ネイチャーホールで開催中の「恐竜の卵」展に行ってきました。

Dscn0272
昨年の福井県立恐竜博物館でも見学しましたが、展示内容が少し変わっていますし、今日は恐竜博物館の今井拓哉研究員の講演があり、講聴も目的で行きました。

Dscn0273
エウヘロプスの全身骨格。

Dsc_1459
トロオドンの実物大抱卵復元模型。

Dsc_1477
トルヴォサウルス全身骨格と記念撮影。

Dsc_1487
大型のテリジノサウルス類。

Dsc_1466
とにかく、これでもか!と言うほど恐竜の卵が見れます。

Dscn0342
熱心に勉強中のtsukudados氏。

Dsc_1485
さて、講演会「『恐竜の卵展』の深イイ話」を聴きに場所を博物館 講堂に移動します。

Dsc_1493
今井先生の恐竜の卵についての謎を、楽しく興味深く聞くことができました。

Dsc_1498
質疑応答で、子供が将来、恐竜学者になるには?と言う質問に、「まず自分の好きなこと、興味のあることを勉強して、それが将来、恐竜の研究ににつながることもある」という答えに、なるほどと思いました。
それは純粋に化石採集や地質学の場合もあるでしょうし、私のように造形から恐竜につながる場合もあるかもしれませんね。

さて、会場のショップでは私の担当したトロオドン抱卵フィギュア、恐竜グッズなどが販売中です。

Dscn0275
Dscn0277
Dscn0278
恐竜展の思い出、お土産に是非どうぞ!

大阪市立自然史博物館 特別展「恐竜の卵」は5月6日まで開催中です。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2018年4月 5日 (木)

額装するぞ!

仕事もぼちぼちと進んでいますが、待ちや空き時間多いので、合間にこまごまと出来ていなかったこと、やりたかったことをやりました。

Dzwpgixvoaa_b4t
実は前から集めていた肉筆画稿やイラストなどを額装したかったのです。
額は新品を買うと高価ですが、リサイクルショップに行くと、良い額やフレームが結構安価で新品?(未使用品)が入手できますので、買い集めたもので行ってみました。

まずは柳柊二氏の「十五少年漂流記」、学習雑誌の挿絵二点。

Dzwpgiwvqaabitq
柳柊二氏の「十五少年漂流記」の挿絵はこの小学館「カラー名作 少年少女世界の文学 15」のものです。

Dxv44h6vwaakztu
Dxv44h3vwaa4xh6
清水勝氏の北アメリカのジュラ紀風景。私が子供のころの図鑑は、清水勝氏が常連でしたね。

Dzwpgiwv4aavdda
小田隆氏のラフスケッチ三点。ずいぶん前の飲み会のおりに描いてもらったものです。

Dzwpgizvqaahhfb
こちらも以前入手した絹本肉筆の春画六図の巻物。

Dz6l_9u0aizfar
Dz6l_u0aagpzz

知識が無いので分からないのですが、こう言うものはこのまま額装、表装するほうが良かったのかも知れませんが、お金も無いのでバラバラにして額装しました。

Dz6l_auw0aasnpv
Dz6l_auxcaepzq8
ま、巻物のまま日の目を見ないよりは良いでしょう。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

«生存報告 花見