2016年5月24日 (火)

駆け出し中!さんのティラノと狂夜さんのディモルフォドン

相変わらず掲示板が賑わっていますね!

さて駆け出し中!さんのは、ティラノサウルスを投稿してくれました。

0001938m
ハンドルネームのように、まさに疾走中のティラノですね!
掲示板:ティラノサウルスう~!!  ティラノサウルスう~!!プチ改良 

狂夜さんは先日の塗装まえのディモルフォドンを完成させて投稿してくれました!

0001943_2m
やっぱり色が着くと、模型が生き生きしますね!
掲示板:ディモルフォドン完成!  

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年5月21日 (土)

ビリケン!ボークス!

少し仕事の手が空いたので、むかし買ったまま自宅のガレージ奥に仕舞いこんでいたガレキや模型を工房に持ってきました。

今日はとても天気が良かったので、工房の駐車場に並べて虫干しをしながら整理。

G1
いつものように海洋堂のガレキもありましたが、今回はビリケンのソフビがいっぱい出てきました。

G2
ハマハヤオ氏の造形が好きだったので、出たものほとんど買ってました。

G3
金星ガニや大頭人、レーザーブラスターのエイリアンなど、このキットで初めて知ったB級C級SF映画もたくさんありました。

こちらはボークスのデビルマンシリーズの「ザンニン」と「シレーヌ&カイム」

G5
圓句昭浩さんの造形も好きなので、他にもデビルマン、シレーヌや空山基シリーズは何点か持っています。

G6
「シレーヌ、血まみれでもきみはうつくしい」

中の緩衝材に入っていた新聞。1986年1月20日。30年ほったらかし(笑)。

G7
こちらは酒井ゆうじさんの海洋堂製1mビオゴジのソフビキット。

G4
おそろしく重くてデカイ!組んで飾りたい気持ちもあるが・・・・

そろそろ整理の時期ですかね・・・ sweat02

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年5月18日 (水)

ヒナ~(追記あり)

今日はじめてヒナを見ました。

20160517
二羽しかいない?

※ 5月20日追記

今朝また嫁が止めるのをきかずに、巣の中の撮影を強行!sweat01

Tu2
ちゃんと四羽いてました!happy01

Tu3

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年5月16日 (月)

ミニチュアマネキンと解剖模型

これは何だ?と思うものがネットオークションに出品されていたので、落札しました。 La coRpa(ラ コルパ) マネキンのミニチュアです。

M1
大きさはベース無しの高さは29cmで、1/6スケールぐらい。箱書きを見ると服飾デザインの用途に使われる教材のようで、表面にはデザインする上で基本となるラインなどが彫刻されています。

M2
理想的なスタイルで、なかなか綺麗な顔立ちですね。

M3
マネキンとリアルフィギュア。同じようなものなのに、似て非なるもの。 素人の私が思うに、マネキンにおける主役はそれに着せる服やドレスであるのに対し、リアルフィギュアはそれ自体が主役だということでしょうか。 生々し過ぎるマネキンは、おそらく主役の服飾を喰ってしまいますもんね。 たま~にそのことを忘れたような、妖艶なマネキンに出会うと、それを作った作家の強い思いみたいなのを感じることがありますね。

私がこの模型の仕事をし始めた30年ほど前、ビリケンのハマハヤオ氏原型の洋物モンスターや円谷怪獣、そしてスティーブ・マックイーンやクリント・イーストウッドなどのリアルヘッドに度肝を抜かれたことがあります。氏の職業がマネキン彫刻と聞いて二度ビックリしました。

さて同じ1/6スケールつながりと言うわけではありませんが、デザイン、デッサンの教材でアマゾンで売ってた海外製の解剖人形・アナトミーフィギュア。 男女の模型があります。解剖といっても体表に表れる筋肉構成を学ぶための美術用の体表解剖模型です。

M5
先ほどのマネキンと並べてみました。男性マッスルくんが高さ28.5cm。
M6
後ろから。女性マッスルちゃんが高さ27.5cm。
M4
このアナトミーフィギュア、どっかで見たことがあるな~?と思う人もいるのでは?
そうです。ルーカススタジオのスカルプター、Andrew Cawrse氏のfreedom of teach製のアナトミーモデルにそっくりです!?
おそらく、某国製のパクリ?バッタ?品だと思われます。
幸い、私は本家本元のAndrew Cawrse氏のアナトミーフィギュアも持っていますので、一緒に並べてみました。スケールは1/3です。
10年ほど前、初めて見たときは、「何てカッコイイ解剖模型なんだ!」と感動したことを覚えています。
M7
調べてみると、本家のAndrew Cawrse氏の1/6スケールモデルもあるようですね。
M8
また今回紹介したコピー品だけでなく、何種類か類似のコピー品もあるようです。

ホント、解剖模型も学校の理科室にあるようなものは、気味が悪いだけでカッコイイなんて思ったことがありませんでした。
百貨店のマネキンもそうです。
でもひとたび才能のある作り手が本気になれば、マネキンも解剖模型もメチャメチャかっこよくなるんですね!
(ま~もっとも教材によけいな魅力は必要ないのかもしれませんが・・・)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年5月11日 (水)

投稿作品が続々と!!

掲示板に続々と作品が投稿され、うれしい悲鳴をあげています!

前にインドメナスを投稿してくれた春休み長すぎさんが、オリジナルドラゴン!

0001930m
カッコいいですね!どんな色になるのか楽しみですね。
掲示板:オリジナルドラゴン 

こちらは以前投稿のインドメナスレックス。

0001894m
掲示板:インドミナスレックス 

狂夜さんは初めて作った翼竜 ディモルフォドンを投稿してくれました。

0001931m
ジュラシックワールドで一躍メジャーに昇進しましたね。
こちらもどんなカラーになるのか楽しみです。
掲示板:ディモルフォドン 

さて、模型だけではなくいろんな作品に挑戦される友ぞ。さんが久々にリアルタイプのアロサウルスを作って投稿してくれました。

0001934_2m
自然な筋肉の流れや、彩色もリアルです!
掲示板:アロサウルス 

お馴染み業師KYOさんがファンクラブのタイトルロゴを作ってくれました(笑)

0001927m
ガオーと咆えているのはガッチさんのカルノタウルス。下の間抜け面は・・・私と違いますよね?
掲示板:荒木一成 ファンクラブ関東支部関西出張所(ややこしい)オフ会の非公式ロゴ 

ほんと、一度どっかで投稿作品展なんて出来ませんかね~ happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2016年5月10日 (火)

孵った!

ディメトロドンの教室前後かな?と思ってたら、

T
今朝、小っちゃな卵の殻が落ちてました!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年5月 8日 (日)

ディメトロドンを作ろう! in 大阪自然史博物館

今日は大阪市立自然史博物館で開催される「生命大躍進」の関連イベントで、博物館の実習室で、「ディメトロドンを作ろう!模型制作ワークショップ」を行いました。

午前中の様子。

O1
出来た作品の一部。

O2
午後の様子。

O3
出来た作品の一部。

O4
みなさんの作品が紹介できなくて残念ですが、かっこいい、個性的で色とりどりのディメトロドンがいっぱい出来ましたよ!
参加いただいた皆さま、長時間お疲れさまでした!ありがとうございました!happy01

こちらは、助っ人に駆けつけてくれた若手造型師のホープ 森岡一基くん。ご苦労様でした。

O5
(前のブログで実習室を以前に行った花と緑と自然の情報センターのセミナー室と勘違いして、ガラス張りで見学可能と書いてしまいました。もし見に来た方がいらっしゃいましたら、大変ご迷惑おかけしました。Tさんごめ~んね sweat01

さて、昼休憩に開催中の「生命大躍進」を駆け足で見てきました。

O6
実物大ディメトロドン復元模型!

O7
6月19日まで開催されているので、また平日にじっくり見に来よう!

最後になりましたが、企画、お手伝いしていただいたNHKスタッフの皆様、ありがとうございました!happy01

関連日記:ディメトロドンを作ろう! in グランフロント大阪 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

«ガッチさんのギガノトサウルスと恐竜太郎さんのデフォルメティラノ