2017年3月25日 (土)

京都大アンティークフェアに行く

昨日は京都パルスプラザで開催中の京都大アンティークフェアに行きました。

A1
最近時間があれば見に行くようにしてるんですが、魔がさして買ってしまうといけないので、なるべくお金は持っていかないようにしています。

A8
今回もつらつらと見て回りましたが、やっぱり欲しくなるものがありました。

高さ50cmぐらいの博多人形のアイヌ人(かな?)。よく出来ていますね。

A7
木彫彩色の虎。すこし汚れてますがいいですね。

A10
作家さんの木彫カエルの相撲。なかなか手の出る値段ではありません。

A11

もちろん集めている春画人形もあり、珍しく販売していた百貨店の箱つきのものがありました。

A2
なので、中身はキレイでしたが、しっかりお値段も高こうございました。

B1
モザイクなしはこちらをどうぞ(18禁)

さてこちらの伊万里焼の半裸人形。

I1
お値段36万円也。

I2
私も似たような伊万里と九谷の人形を持っていますが、どちらも1万円もしませんでしたが、意匠や細工に違いがあるんでしょうね。

I3
骨董品は難しいですね。

と言うわけで、今回は何も買わずに無事帰宅できました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年3月17日 (金)

フェバリットコレクション スピノサウルス遊泳ver.& 始祖鳥

フェバリットコレクションからソフトモデル、スピノサウルス遊泳ver.& 始祖鳥が発売になりました。

Sp2

最近ツイッターのほうで情報を発信しているので、こちらでは今になってしまいた。

Ar4
スピノサウルス遊泳ver.ソフトモデルは2014年に発表された復元スタイルで、現生のワニのような半水棲で、水中の魚などの獲物を泳いで追いかけているスタイルをモデリングしました。

Sp3
アーケオプテリクス/ 始祖鳥 ソフトモデルは、いままさに飛び立とうしている始祖鳥の躍動的な瞬間を作りました。

Ar2
最新の研究から、始祖鳥の羽根には黒色を示唆する証拠が見つかったことから、黒~グレー~白色でカラーリングしています。

どうぞ、皆様のコレクションのひとつのお加えください!happy01

フェバリットHP スピノサウルス遊泳ver. 
フェバリットHP アーケオプテリクス/ 始祖鳥 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

PNSO 恐竜、動物フィギュアがアマゾンで買えるぞ!

以前紹介した、中国PNSO社の恐竜、動物フィギュアが日本のアマゾンで販売されているみたいなので、リンクしておきます。

フアンヘティタン 長さ約70cm

P2

ティラノサウルス 長さ約 35cm 羽毛表現してます。

P3

トリケラトプス

Ttt

シャントゥンゴサウルス 長さ約 40cm

P6

チアリンゴサウルス

P17

エウヘロプス  高さ約 46cm

P7

アフリカゾウ。スケールは1/15ぐらいでしょうか。長さ35cm。

Af1

シロサイです。

Af10

カバ。長さ29cm。

Af5

メガロドン!


P18

バシロサウルス!


P16

関連日記:PNSOの恐竜フィギュアがキタ~!

関連日記: PNSOの動物フィギュアがキタ~! 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2017年3月15日 (水)

河野甲さんの「カタツムリの世界」展に行く

昨日は「きしわだ自然資料館」で開催中の企画展「魅力あるカタツムリの世界~カタツムリのリアルフィギュア・河野甲ワールド~」に行ってきました。

K1
K2_2
河野氏は皮を加工してリアルで幻想的な生物作品を生みだされている作家さんですが、博物館の展示物なども制作されています。

K3
今回は河野さんが制作した日本に生息している100種以上(!)のカタツムリが展示されています。

K4
こんないっぱい種類がいるんですね!!それにしてもリアルですね!wobbly

K5
殻は本物が使われ、身体部分は皮やシリコン樹脂で作られているそうです。

K7
クチベニマイマイはよく見た覚えがあります。

K6
海外の巨大なカタツムリも!(日本でも見つかってるらしい)

K8
リアルなカタツムリだけではなく、河野さんの世界のカタツムリコレクションも必見!

K9
この呼び鈴、とても綺麗ですね。

K10
企画展は入場無料で3月20日まで開催中です。

きしわだ自然資料館HP 

関連日記:「河野甲 レザーワークの世界」に行く 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2017年3月13日 (月)

トラウマ映画!「怪奇!呪いの生体実験」

ことあるごとに子供ときテレビで見た「怪奇!呪いの生体実験(THE FROZEN DEAD)1967年」は怖かったと、ブログで書いたり話したりしてきました。

最近すっかり忘れていたのですが、ふと思い出し調べてみるとなんとDVDが発売されているではありませんか!で、もしやと思いToutubeを検索すると動画がアップされていました。
で、それこそ50年ぶりに見たわけですが、よくあるがっかり感は全く無く、かなり良かったし、新たに得体の知れない恐怖心もわいてきました。

子供のころは。とにかく箱を開けて現れる青白い(たぶん当時は白黒テレビ)、脳味噌むき出しで目をキョロキョロさせるエルサの頭(顔)が怖くて怖くてしかたありませんでしたが、今回は彼女の身に突然起こった不条理な出来事と最後にしぼりだすように言う「私を埋めて」という台詞が悲しくて切なかったです。

P028
後味の悪さもなかなかのものですが、親友のジーンとエルサが事件に巻きこまれる前のシーンがもうちょっと長かったら、もっと不条理感が増したんじゃないでしょうか。

しかし、簡単にむかしの動画が見ることができるなんて!今度は「妖婆 死棺の呪い」を見よ!

関連日記:悪夢 

関連日記:トラウマ漫画 IN 国会図書館 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年3月 8日 (水)

フェバリット ミニモデルセットがイイ!

フェバリットのミニモデルセットを入手。恐竜ミニモデルとカンブリアモンスターのミニモデル。

C1
恐竜 ダイナソー ミニモデルセット 

C2

M4
カンブリアモンスターミニモデルセット 

C4
B3

どちらも個々のフィギュアも販売されていますが、このセットも魅力的ですね。

フィギュアのコレクションや展示ってけっこう難しく、スペースや工夫が必要ですが、このパッケージだと箱のままディスプレイできてすごく良いです。

C3_2
C5
どちらのセットにも個々販売には無いスペシャルカラー版フィギュアがついててお買い得!!happy01

関連日記:カンブリアモンスターミニモデル! 

関連日記:ダイナソー ミニモデル新発売! 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2017年3月 3日 (金)

PNSOの動物フィギュアがキタ~!

って、半月ほど前に届いたんですが、忙しくて紹介できませんでした。
PNSOの恐竜フィギュアは前に紹介しましたが、最近巷で評判の造形会社です。
で、今度は現生動物フィギュアのリリースですから、こりゃ買わんわけにはいきまへんわな。
まずはアフリカゾウ。スケールは1/15ぐらいでしょうか。長さ35cm。

Af1
とても造形も良く、彩色も丁寧です。

Af2
米サファリからも同サイズのフィギュアを出していますが、こちらの方がリアルですね。

Af3
中空のソフビで軽量ですが、多少バランスが悪いです。(全部に共通)

Af4
次はシロサイです。

Af10
こちらのスケールは1/12ぐらいでしょうか。長さ32cm。

Af11
サイズ的には海洋堂のソフビアフリカゾウにぴったりです。

Af12
でもシロサイってこんなんでしたっけ?私はあまり詳しくないので、よく分かりませんが、スタイルは悪くないと思いますが、体表のシワが大きすぎてちょっとうそ臭く見えます。

Af9
次はカバ。こちらもスケールは1/12ぐらいでしょうか。長さ29cm。

Af5
これもあなまり詳しくありませんが、たぶんよく出来ていると思うのですが、なんで口を閉じたポーズにしたん?

Af6
なんかすごくもったいないと言うか、カバと言えば、「お口ぱっか~ん」でしょ。

Af7
そんなフィギュアばっかりなので、あえて閉じました!って作者の声が聞こえそうですが・・・

Af8
ま、すこし期待しすぎたところもありますが、こういうリアルな動物フィギュアの大型モデルって有りそうで無いので貴重な存在であることは確かです。

P14
今回は草食獣ばかりでしたが、ライオンなどの肉食獣やワニなどの大型爬虫類も見たいですね。
(海洋堂が松村さんの動物フィギュアを完成品ソフビでリリースしてくれるといいのにね)

関連日記:PNSOの恐竜フィギュアがキタ~!

関連日記:メガソフビのアフリカゾウがキタ~! 

関連日記:アフリカゾウ フィギュアコレクション 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

«講談社「福井県立恐竜博物館100」