2019年8月19日 (月)

令和元年夏の近況

ほんと、ツイッターを始めてからブログに近況や日常の日記を書くことが無くなりました。
以前はかなりしょうもないことことも書いてましたが、今はしょうもないことはみんなツイッターで書くので、二度と読み返すこともなく消えてしまいます。
なので備忘録としてブログにも近況を記しておきましょう。

先日8月4日の広島での教室のあと、9月1日の教室まで外での仕事がないので、いろいろ溜っていたことや仕事をしました。

まず5日広島から帰宅後、6日は頚部のMRI検査のため、病院へ。

Ebqvhztucae1prb

ガーガー!ゴンゴン!工事現場の真ん中で昼寝してる気分で、造影剤の静脈注射を漏らされて、痛かったです。

合間に9/1福井の教室用の骨組み作り。

Eb0wr0fvuambq9k

7日は出身の寝屋川市の広報に紹介されるそうで、午後から取材。午前中はゴタゴタの仕事場を掃除。

Ebv2xcnucaakekq

取材中に小泉進次郎と滝川クリステルが電撃結婚発表!!

8日~13日までは海外の個人から受注制作している模型2体の再開。

Dsc_6334

形までは出来ていたので、集中して彩色完成まで行いました。ふたつとも1.5mを超える大型作品。

Dsc_6339

13日は嫁さんと午後に墓参り。

13~15日の二日間はあるイベント企画のプレゼント用にサイン色紙を描き、

Eb0wr0eu8aaemmw

9/1福井の教室のテキスト用に、トリケラトプスの作り方を一から撮影し直し、

Dscn6153

テキストを新たに作成。

Eb0wr0fvuaivg8s

15日は台風の近づくなか、リサイクルショップで見つけた裸婦像を買ってしまい、

Ebeggbvuaaj1tn

持って帰ると、予想外の大きさ、重さに置き場所に困るのであった・・・。

16日は台風一過のあと6日に行ったMRI検査の結果を聞きに耳鼻咽喉科へ。結果大丈夫とのことで一安心。

Cdd1

お土産にMRI画像のCD-ROMをもらいました。

Cdd2

17日から嫁の実家の小浜市に帰省。

Ecjrsj5uyaaqphd

今回は独り暮らししている二男の車(新型ジムニー。納車まで半年以上かかったそうな)と運転で初帰省。

Eckqkf6u0aegxr

実家で親戚と会ったあと、今夜は若狭マリンプラザに宿泊。

Eckqkf1vuayjdwq

夕食は若狭富士を望む夕日を見ながらのバイキング。

Eckqkf2uwaa3l3h

18日は息子が明日から仕事ということで、うみんぴあ大飯、

Ecofepduiaezqsi

エルガイアおおいを見たあと舞鶴若狭道‐京都縦貫道と最速コースを使って帰宅しました。

Ecofepgueamjc0z

職場の先輩に運転の特訓を受けたそうで、なかなか上手に運転してて、一安心。変わりもんなんで、いまどきわざわざマニュアル車(笑)

さて今日19日は海外受注の作品にOKが出たので、梱包用の箱作りをしました。

Dsc_6532

海外送付のEMSに対応できる180㎝×90㎝の二重のダンボールシートで制作。

Dsc_6536

急に雷と大雨が降り出しビックリ。

Dsc_6539

明日は定期健診と市の補助で前立腺がんの検査、眼科の検診と病院めぐりの一日(笑)

今週末は兄と一緒に実家の草刈りをする予定。

そのあとやっとフェバリットの新作フィギュアの原型制作に取り掛かれそうです。

Dscn5854

じつは個人的に販売用の量産予定の模型も作っているんですが、こちらもなかなか進みません。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

老兵は死なず、ただ消え去るのみ

夏休みで模型教室が続いていましたが一段落つきました。

今夏最後の教室が9月1日にありますが、それまでは中断していた原型制作などの作業、盆休みの帰省、通院などももろもろやることがあります。
が、思えばずいぶん仕事も減り、ゆったり過ごしています。

一番忙しかったのは2008年~2013年ぐらいの5年間でしょうか。
(1999年~2000年の病院に勤めながら恐竜博物館の展示物を作った激動の1.5年間を除く)
病院勤めのサラリーマンを辞め、独立後数年たったこの頃で、展示用模型をはじめ、本の執筆、食玩フィギュアや玩具会社のフィギュアの原型制作、夏休みのイベントで恐竜模型の貸出しや教室なども同時に数か所あり、模型の振り分けに苦労したこともありました。

自宅から独立させた仕事場に展示ルームを作ったり、泊りがけで作業していたのもこの時期でした。
私にすれば人生のピークだったんでしょう。

あとはどんどん仕事も減ってフェードアウトしていくんでしょう。
よっぽど才能ある人以外は、人生曲線なんて、ま、こんなもんでしょう。
古生物造形も、若い作家がたくさん出てきてます。
作り手から若手作家の作品を楽しむ側になる時期かもしれませんね。

私ももう58才ですので、サラリーマンならもう2年で定年。
色んな意味で先が見えてきました。
あと2年続けられたらラッキーと思い、やっていきましょう。
老兵は死なず、ただ消え去るのみ

Maxresdefault

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

模型教室 IN 広島空港と恐竜学博物館と大和ミュージアム

さて、8月4日は広島空港で開催中の「ジュラシック エアポート」の関連イベントで、恐竜模型教室を行いました。

Dsc_6139

毎度のことながら、皆さんが彩色完成まで出来ませんでしたが、参加者さんのノリもよく、楽しく行え、たくさんの恐竜模型ができました。

Dsc_6118

190806213139

こちら広島空港さんはここ毎年夏休みに構内中に恐竜ロボットやグッズ、イベントを行う、「ジュラシックエアポート」を開催されているそうです。

Dsc_6140

前日3日は恐竜くんのトークショー・ワークショップもあって、大盛況だったそうです。

Dsc_6142

Dsc_6144

今回、午前・午後の2回開催、広島と遠方だったので、主催さんにお願いして、現地に前日入りさせてもらいました。3日に自宅を出発し、当日は移動だけなので、前から行ってみたかった岡山理科大学の恐竜学博物館に寄ってみました。

Dscn5860

Dscn5880

クリーニングルームのある研究室の展示だけでなく、構内各棟に標本が置かれており、起伏にとんだ構内を標本目指してさまようのは、夏の炎天下ではさしずめアスレチックのようでしょう。(実際は学生さんに案内してもらいましたが)

Dscn5892

Dscn5919

明くる4日は教室を行い、そして教室終了後は広島市内に移動。

ホテルにチェックイン後、夜は付近をブラブラ散歩しながら原爆ドームまで行ってみました。

Dsc_6174

明くる5日はホテルを8時にチェックアウトして、呉の大和ミュージアムを見学に行きました。

Dscn5962

ここは子供が小さい頃(12年前)に一度家族旅行で訪れました。

Dscn6026

Dscn5992

向かいにある「てつのくじら館」はなぜかそのとき行かなかったので、今回初訪問です。

Dscn6028

Dscn6074

せっかく広島に来たので、本場のお好み焼きを食べようと、スマホでちょっと調べて、呉駅近くの「五ェ門」というお店で食べました。
感想「美味しいけど食べにくい!」

Ebljrm2u4aairfe

Ebljrm6uyaaqqb7

もうちょっと若いころなら、帰りに尾道や倉敷に寄ろうかと元気があったかもしれませんが、お土産を買って、昼過ぎぐらいに帰宅開始。
夕方6時ぐらいに工房に到着し、荷物を降ろして帰宅しました。

大阪から呉まで往復828㎞の行程でした。

Dsc_6300a

ここ2週間の間に3か所の教室があり、普段仕事場から動かないで仕事をしているので、かなりハードでした。次は今夏最後の教室が9月にありますが、それまではストップしていた作業が落ち着いて出来そうです。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

恐竜模型教室 IN あべのハルカス近鉄本店 令和元年

昨日、8月1日(木)は、昨年に引き続き、大阪 天王寺のあべのハルカス、近鉄百貨店本店の夏休みイベント「あべの☆こども博覧会」で恐竜模型教室を行いました。

Dsc_6012

平日ですが夏休みなので、会場では大小いろんな種類のワークショップが行われていて、家族連れでいっぱいでした。

Dsc_6003 

教室は午前・午後の2回で、2時間の教室で、残念ながら彩色まではできませんでしたが、色んな恐竜が出来ました。

Dsc_6013

ご参加いただいた皆様、ご企画、お手伝いいただいたスタッフの皆様、ありがとうございました。

190802212115

実は今回、朝移動時間を十分取って出発にたにもかかわらず、事故渋滞に巻き込まれ、会場到着が開始ギリギリの時間になってしましました。
もう車中時計とにらめっこしながら、遅れた際の対処など思いめぐらせドキドキものでした。
今回はスタッフのお助けもあり、数分遅れで教室も開始できました、なかなか心臓に悪かったです。
昨年の骨組みを忘れた事件は完全なポカですが、渋滞、電車が停まるなど不慮の事故の対応も考えないといけませんね。

さて、午前中のWSがなんとかできたので、昼休みは同じハルカス美術館で開催中の「ギュスターヴ・モロー展」を見にいきました。

Dsc_6005

とても良かったです。

Dsc_6007

古典派の絵が好きなので、タッチが粗く思えて、今まであまり好きじゃなかったんですが、実物をみるとあの流れるようなタッチや劇的な構図が生き生きとしていて。火星のプリンセスの挿画で有名な武部本一郎氏なんか影響受けてそうですね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

恐竜模型教室 in ちーたんの館 令和元年

昨年は台風の影響で順延になった「ちーたんの館」のワークショップ。今年も台風6号発生しましたが、前日に熱帯高気圧に勢力も弱まり、天候も回復し予定通り行われました。

Dsc_5925

さて、ちーたんの館では現在「恐竜の卵の秘密」展が開催中です。

Dsc_5929

抱卵中のシチパチや篠山層群から発見された卵化石などが展示、9月1日まで開催中。

Dscpdc_0003_burst20190728100055358_cover

教室は午前が丹波竜(竜脚類)、

Dsc_5939

午後からは獣脚類の模型を作ってもらいました。

190729195308

今年は参加希望者さんが多く、募集時は定員各15名でしたが、各20名まで増やしてもらいました。

190729195402

地元で、これまでも何度か参加してくれる子供も多く、「去年はお父さんに手伝ってもらったけど、今年は自分ひとりで作った」と言う男のこもいて、ちょっと嬉しかったです。

教室合間の昼食はいつも役場の喫茶店のカツカレーを食べるんですが、今回は時間が無かったので、帰る途中の篠山市を抜けて道沿いにある、台湾料理屋で五目ラーメンを食べて帰りました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

 

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

「恐竜の脳力展」と恐竜模型教室 IN 福井恐竜博物館

今年の夏はあまり暑くないですね。この先どうなるか分かりませんが。

さて、7月21日は今夏最初のワークショップ、福井県立恐竜博物館の恐竜模型教室に行ってきました。

Dsc_5836

大人気の恐竜博物館なので、夏休みに入ったばかりですが、用心して早めに到着するように朝7時に自宅を出発。
10時ごろに着きましたが、すでに第一駐車場は満杯状態でした!

まずは開催中の特別展「恐竜の脳力」展を見学。

Dsc_5838

全身骨格化石から分かる、恐竜の外観の復元とは違う視点、脳函から復元された恐竜の脳の解明で恐竜の生態に迫る、興味深い展示でした。

Dsc_5856 

プロジェクションマッピング映像のトリケラトプスから復元された三半規管から、普段の首の角度やの考察など、初めて知る内容でした。

Dsc_5855

ステゴサウルスの脳ミソ、小さくないいじゃん!(笑)

Dsc_5849

一見地味に思える特別展ですが、全身骨格展示も多く、恐竜博物館でしかできない生物、動物としての恐竜に迫る、面白い企画展でした。

でっかいカッコいいトリケラトプスもいるぞ!

Dsc_5869

さて、今回の模型教室は特別展の案内役でもある、フクイベナートルくんを作ってもらいました。

Dsc_5868

ワークショップの目的は、骨格から肉付けしていく、恐竜の復元の過程を理解してもらうことですので、そのあとは「好きな恐竜」を作ってもらっています。

Dsc_5885

今回もフクイベナートルだけでなく、スピノサウルスやティラノサウルス、そして、デイノケイルスを作ってくれた参加者もいました。

190722225144

長時間の教室でしたが、カッコいい恐竜がたくさんできました。
ご参加いただいた皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました!

さて、最近嫁さんの監視が厳しく、今回も日帰りになりました。 しかし さすがにしんどいぜ!
次回は泊まりたいぜ!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

恐竜 四十八手を作るぞ! 第四手 曲竜の砧

ティラノサウルス、トリケラトプス、ステゴサウルスとくればアンキロサウルスですね。

Ansex3a

で、恐竜四十八手の第四弾は「曲竜の砧(きぬた)」です。

An1

An2

アンキロサウルスは、体型は、ま、カメみたいですから、普通にバックで良かったんですが、それでは面白くないので(笑)

An3

最初はもっと逆立ちに近い恰好にしようと思ったんですが、ちょっと現実的でないので、

An4

後ろ足を片足上げて、できるだけ交接したときに邪魔にならないように尻尾を上げてみました。

Ansex1a

高く上げた尻尾が、なんとなく鳥の派手な尾羽のようなイメージです。

Ansex2a
でもこの方法ならほとんどの恐竜はOKですよね。

今回は雌雄、色を変えてみました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

«ゴジラ キング・オブ・モンスターズを見る