2014年12月17日 (水)

恐竜太郎さん来る

数年に一度と言われる寒波のなか、恐竜太郎さんが工房を訪ねてくれました。

K1
恐竜太郎さんと言えば、かわいいデフォルメ恐竜フィギュア。

K2
同じくかわいいデフォルメ恐竜のイラストポストカードなどをお土産にいただきました。

K3
掲示板に投稿してくれた「シーラカンス・マグネット」も!ありがとう!happy01

K4
そして寒風吹きすさぶなか工房を去っていきましたが、遭難しませんでしたか?無事に駅までたどりつきましたか?

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2014年12月14日 (日)

くらわんか五六市に行く

今日は選挙の投票に行ったついでに、嫁さんと枚方市の「枚方宿 くらわんか五六市」に行ってきました。

H4
江戸から京都までの東海道五十三次は有名ですが、京都から大阪までにも宿場町があって、ちょうど五十六次目が枚方宿だったことが名前の由来のようです。

H3
枚方市駅から枚方公園駅までの細い昔の街道沿いに200店の出店があります。
多くは手作り雑貨やフードなど。

手作りの木彫りの鳥のアクセサリー店。

H5
餅つきする忍者。つきたてのきな粉餅をいただきました。

H6
以前よく通った道ですが、昔ながらの町並みがもっと多かったような記憶があります。すっかり少なった感じです。

H7
あ~それにしても今日は寒かったな~ sad

これは今日買った、手作り雀のストラップ。

H2

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2014年12月 9日 (火)

コンコチコン

今日自宅でテレビを見ていると、「冬になると庭のホースが硬くなる」みたいな場面があって、嫁が「そうそう、コンコチコンになるわ」と言うのを聞いて、私が「えっ?コンコチコンってなんや?カンカチコンやろ」
ん?コンチキチン?それは祇園祭か。
コチンコチン?

正解はカチンコチンですかね?coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (8)

2014年12月 7日 (日)

映画「寄生獣」を見る

今日は嫁さんと一緒に、映画「寄生獣」を見に行きました。

K1
アニメは原作に忠実に進めていて、かなり面白く見ていますので、映画にも期待!

映画の方は前・後編2部作なので、原作通り進めるには無理がありますので、「母性・利他的行動」を主テーマに絞り、あっちのエピソード、こっちの台詞を混ぜこぜしながら上手くつなぎ合わせていました。
設定の変更、ヒロインの性格付けなども、ちょうど実写版「宇宙戦艦ヤマト」のような感じです。
いけませんね~。原作好きなんで、「あ、ここはこう変えてる。あの台詞をここで言わせてる」とか、そんなとこばかり気になってしまいます。

わざわざ映画館に行ったのも、バッサ!バッサ!人体が切断されるのを見たかったんですが(テレビじゃカットされるので)、スプラッター色もあまり濃くありませんでした。

でもヒロインが「あなたは本当に泉くん?」と言う場面は一ヶ所しかなく、アニメ(原作)のように頻繁に出てくるよりも印象が強くなってましたね。

そう言う意味では、期待以上ではなかったものの、予想通りの映画でした。
ま、一緒に見た嫁さんは面白かったと言ってるので、原作を知らないひとの方がより楽しめるんじゃないでしょうか。

K2
さて、エンドロールのキャストに「阿部サダヲ」の名前を見つけた嫁がひとこと 「あれ?阿部サダヲってどこに出てたん??」ですと coldsweats01

あ、そうそう、エンドロールの最中に出ていく人が多かったですが、最後に2部作後編の予告映像がありましたよ。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (7)

2014年12月 6日 (土)

素敵な選TAXI 8話

先日のドラマ「素敵な選TAXI」の8話は良かったです。ここ何年かテレビで見たドラマで一番グッときました。

このドラマ開始当初は、芸人バカリズムの脚本ということで、上手い筋立てながら、ワンパターンになるのでは?と思っていましたが、しり上がりにストーリーが巧みになっていますね。

「少し過去に戻る」という夢のようなシチュエーションは、映画「バタフライ・エフェクト」のように結果のデフレーションを招き勝ちですが、オムニバスドラマにすることで変化球をたくさん見せることに成功しています。
これはバカリズム氏の才能と、たくさんの物語を知っているであろう引き出しの多さにあるんでしょうね。

8話の組み立ては、多くの視聴者が、おそらく録画していて再度見直すことまで前提で作っている内容で、ほんと恐れ入りました。
とにかく、過不足なく、ちょうど良く仕上がっていました。
自分でも良いのを作りすぎたと思ったのか、エンディングの照れ隠しような喫茶店の会話も愛嬌ですかね。
(見てないひと、すみません。恐竜と関係なくて、すみません)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2014年11月29日 (土)

スカー修理

数年前に作った1/10スケール ティラノサウルス 2010(別名 スカー)ですが、展示会や模型教室にあちこち持って行ってるうちに軸足に負担がかかりすぎたのか、この夏あたりから足首関節部分に亀裂が入りグラグラしていました。

12
制作ブログを見ると、作った本人ですらなぜそうしたのか今では不思議なのですが、金属支持アングルを「発泡スチロール」で固定?

おそらく、輸送や振動で金属部分が発泡スチロールを干渉して揺らぎが出て、外皮の粘土が耐えられなくなったのでしょう。

小さな模型なら瞬間接着剤を流しておけば直るんですが、今回は下手に溶液を流し込むと、発泡スチロールを溶かしてしまい、よけいに空洞を作って脆弱になってしまう恐れがありました。

はてさて、とりあえず亀裂部分を補修して、かっこ悪いけど腹部に支持棒でも立てるしか方法がないと諦めかけていたところ、救世主登場!

tsukudadosさんが歯科技工士の技術とノウハウを駆使して補修してくれました!

13
実際に患部を開いてみると、足首関節の金属アングルを「くの字」にネジ止め、エポキシパテで固めていた部分が、エポパテが砕けて、ネジまでとれて、グラグラになっていた模様。

14
なので、一旦足首部分で分離して発泡スチロールも取り除き、空洞部分に樹脂を流して補強し、再び関節をネジ止め、樹脂で固めて補修してくれました。

そのあと私が粘土でディテールをつけて、

8
強制乾燥!

9
色を塗って、

10
修理完了!

11
tsukudadosさん、ありがとうございました!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2014年11月26日 (水)

JP4予告編

いろんなところで紹介されていますが、せっかくなんでこちらでも紹介。
JP4「ジュラシック・ワールド」予告編

あらやだ!面白そう!sweat01

みんなが思いつきそうなモササウルスのエサやりなど、「あんたらが見たかったんは、こんなシーンでっしゃろ」と言わんばかりの予告編ですね。
え~え~そうですよ。そのとおり。こんなんが見たかったんですわ。

ついにオープンし、満員御礼の「ジュラシックパーク」がパニックに!
「制御できなくなったテクノロジーの暴走」 マイケル・クライトンの一貫したテーマですが「ウエストワールド」の二番煎じにならないように配慮したJPシリーズも原点に戻ったってことですか。
ま、予告編はミスリードを誘うように作られているので、まったく予想外の展開になるかもしれませんね。
遺伝子操作の新種の恐竜も出てくるという噂もあるし。

来夏8月に日本公開らしいです。楽しみ楽しみ!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (10)

«石切と奈良に行く