2016年2月 9日 (火)

アフリカゾウ フィギュアコレクション

と言うほど大仰なもんではないですが、先日アフリカカゾウの模型を作って、良い機会なので、私が持ってるアフリカゾウのフィギュアを紹介。
あふりか 象 模型 インドゾウ アジアゾウ マルミゾウ
まずは私が持っている、一番大きくて高価だったアフリカゾウの模型。(左はPAPOのフィギュア)

Z1
Z2
30年ほど前、バブル時代に買った、高さ45cm、長さ45cm、重さ9kg!お値段12万円!!→参考ページ 

これは現在入手が難しい、イギリス BRITAINS(ブリテン)のアフリカゾウ夫婦と子象。

Z4
こちらは今でも入手できるフランスPAPO(パポ 左)とアメリカ safari(サファリ 右)のアフリカゾウフィギュア。(大きさ約15cm)

Z3
これは10年ほど前、滋賀県の信楽陶器市で買った、陶器製のアフリカゾウ置物(作者不明)。なかなか良いプロポーションです。(大きさ約15cm)

Z5
こちらは少し大きい米サファリのフィギュア。ワイルドライフ・ワンダーズ(左)とヴァニシング ワイルド コレクション(右 真中はレギュラーサイズ)

Z6
ワイルドライフ・ワンダーズは中空のソフビ製で軽量ながらよく出来ています。(大きさ共に約30cm)→参考ページ(18禁) 

Z7
ヴァニシング ワイルド コレクションはPVCならではの細かなディテールで、ずっしり重いです。(大きさ約30cm)

Z8
そしてこちらは出所不明のフィギュア。プラスチック製(中)とピンクエレファント。(大きさは共に約27cm 左はサファリ レギュラーサイズ)

Z9
並べて大きさ比べ!

Z10
こちらは以前紹介した、奇譚クラブ ネーチャーテクニカラーのフィギュア。
A1

小さいですがよく出来ていますね。

ついでに本、資料も紹介しときます。
子供用の図鑑など。きれいな写真が多く、細部がよくわかります。

W1
動物イラスト用の資料と大判の写真集や海外の解剖図つき資料など。

W2
ゾウのフィギュア、オモチャ、食玩、カプセルトイは多いんですが、リアルな大型フィギュア、模型は少ないですね。プラモデルでもリアルなものは見た記憶が無いかも。

こんど発売される海洋堂のメガソフビは数少ないリアルフィギュアかもしれませんね。

備考:最初この日記のタイトルを「アフリカゾウが好き!」にしようと思ったんですが、「がきデカ」しか検索でヒットしない可能性があるので止めました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年2月 7日 (日)

東寺 ガラクタ市に行く

今日の京都は時々小雪が舞う寒い日でした。

G1
東寺で第一日曜日に開催されている「ガラクタ市」に初めて行ってみました。

G2
以前来たことがある21日の弘法さんよりもずいぶん規模は小さいですね。寒いからか人出も少ないようです。

G3
前に弘法市に来たのは5年前ですから、見たいものも興味のあるものも変わってますので、じっくり見て回りましたが・・・

G4
さすがガラクタ市・・・

G9
本当にガラクタしかありません・・・(うそですよ)

とは言いつつ、大阪万博の金杯を購入。

G6
あ~寒かった。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年2月 6日 (土)

ギロチーナ哀悼 メメント・モリ

ネットで韮沢靖さんが亡くなったことを知りました。
一面識もありませんでしたが、氏のデザインやフィギュアは好きだったので、いくつか買ってました。

1/6 ギロチーナ

N2
ガレージキットの完成品です。

N1
フューチャーモデルズ ギロチーナ フィギュア2種

N4
同じく、ドクロ・ニナとノクティルカ

N5
1/6 ニナ ギルマン スタチュー

N3
氏の作品集、このほかデビルマンシリーズなどなど・・・

N6
私がモデルグラフィックス誌に恐竜模型を連載していたころ、韮沢氏がホビージャパン誌で連載されていた仮面ライダーの怪人のフィギュアのデザインや造形には度肝を抜かれたものでした。
今でも切り抜き記事をスクラップして持っています。
氏の作品に影響を受け、造形や映像の世界に入った人も多いでしょう。

この歳になると同世代の訃報を時々聞くようになります。
若い頃は自分が死ぬなどあまり考えたことがありませんが、最近は自分が死んだあと、これまでの人生などよく考えます。

もっと創りたいものがあったと思いますが、とかく使い捨ての多い業界で、氏はしっかり実績も足跡も後継も残されたんじゃないでしょうか。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年2月 3日 (水)

♪どうでもいいですよ♪その36

ホントにどうでもいいことなんですが、最近レディ○アデラン○のCMのこの女性が、

B1

BB-8にしか見えなくて困っています coldsweats01

B2

ところで、今朝の関西ローカル番組「よ~いドン!」の隣の人間国宝さんのコーナーに出てきた伏見桃山の美少女は本当に可愛らしかったな~!wobbly

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年2月 2日 (火)

ヤフオク哀歌(エレジー)

このところネットオークションでは災難続きです。

中国四大名著のひとつ「紅楼夢(こうろうむ)」のガラス瓶入り十二美女人形(出品時の画像)を落札。

V3
しかし届いて開けてみると・・・2体が粉々に壊れていました・・・

V5
小さいですが手作りの人形で気に入ってましたが・・・

V4
続いて、ベトナムの小さな陶器人形の額装品(出品時の画像)を落札して、

V1
V7
届くと中で乱舞、粉砕していました・・・

V6
しかも修理できるかどうか預かりたいと運送業社が持って帰って、修理不能ということで、帰ってくると、最初よりも多く壊れてました・・・ カンベンして~ sad

V2
結局どちらも中古、骨董品で代用品も無く、修復、修理もできないので、落札金額で弁償ということになりました。

さてここからは私の愚痴です。
私が目利きで、たまたまネットオークションで出品されている、数千円の品物(例えば陶器の茶碗など)が「これはスゴイお宝だ!」と分かり落札。完品なら数百万円したはずなのに、届いたとき壊れていて、無価値になった場合・・・「いったい誰が責任取るねん!!」と言うこと。

下手な梱包した出品者?ぞんざいな配達した業者?でも結局は落札価格(数千円)でしか弁済されないでしょう。

ちなみに私も恐竜模型の送付に宅配業者をよく利用しますが、必ず保険をつけます。その場合は模型の価格に応じた保険をかけるので、万一事故や紛失があった場合でも対処できるようにしています。
実際に輸送中に壊れて、修復した費用を請求したことも何度かありますし、以前は模型そのものが紛失してしまい、ン十万円弁済してもらったこともあります。

そういう定価なり価格なりが分かるものならそれなりの対応も期待できますが、骨董品などホントどうなるんでしょう?despair

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年2月 1日 (月)

初詣

昨日1月最後の日になりましたが、やっと初詣に行ってきました。

Dsc_0222
毎年行く石清水八幡宮。年初3回車でトライしましたが、昨年国宝に指定されたせいか大渋滞の交通規制で断念し、昨日やっと行けました。

Dsc_0226
そのせいか(?)、1月の収入は0円、無収入でした(笑)。

2月からはよろしくお願いします!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年1月31日 (日)

優しいうそ

今日の読売新聞に『「優しいうそ」に感激』という記事が載っていました。

内容を簡単に書くと、投稿者の女性が若いころ、赤ちゃんを抱っこしてバス停で待っていると、雨が降り出してきたそうです。雨が激しくなってきたとき、後ろから50代の女性が、「バスが来るまで一緒に傘に入りませんか」と声をかけてくれ、遠慮しながらも好意に甘えたそうです。そのうちバスが来て乗り込むと、その女性はバスには乗らず立ち去られました。最初は戸惑ったものの、私に気遣いさせないように優しいうそをついてくれたんだなと気がつき、「見ず知らずの人間にそこまで親切にしてくれて」と今でも感謝しています・・・という内容でした。(全文は→読売新聞HPの記事

さて私がこの記事を読んだ最初の感想はもちろん、いい話だな~でしたが、次に思ったのは「同じ思考レベル、価値観どうしの人でよかったな~」と言う事でした。

私みたいな鈍感な人間なら同じことされても、「あれ?あのおばちゃん乗るバス間違ってたんかな?笑」で終わっていたかもしれません。

嫁さんに話すと、「なんや、バス降りても雨降ってるかもしれへんから、傘貸したったらええのに、気がきかんおばはんやな~」

誰にでも理解できる行為ならまだしも、微妙な行為というのは、する方も、される方もそれなりの理解力が必要かもしれませんね。

いままでの人生でも、親切にされているのに気がついてないままとか、悪意を好意と勘違いしたままとか、その反対とか・・・あ~怖い怖い shock

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

«ポーズスケルトン 哺乳類