2018年12月 6日 (木)

いきもにあ2018 に行く

過日12月2日、昨年に引き続き、tsukudadosさんと「いきもにあ2018」に行ってきました。

Dsc_3644
今回は神戸で開催で、神戸に来るのは震災後は2回目ほど?です。
(結婚前の30年ほど前は嫁が神戸近くに働いていたこともあって、毎週のようにこっち方面には来てましたが)
三宮の高架下の商店街も、こんな感じだったかな?

Dsc_3642
今回は、定期的に訪れる「何も買わないモード」に入ってしまい、見るだけになってしまいましたが、いろいろ造形の参考になりました。

Dsc_3646
SHINZENくんのアフリカゾウ、ナイルワニ!上手いな~!

Dsc_3658
Dsc_3657
最近は専業の作家でなくても、男女関係なく、本職があっても、主婦でもネットショップや兼業で作家活動が出来る良い環境が出来たきたように思います。

Dsc_3674
私もいつか、一作家として出店できればいいな。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年10月31日 (水)

2018年に「2001年宇宙の旅」を見に行く

さすがに最初の1968年の公開は知りませんが、スターウォーズが流行ったころのリバイバル上映で大阪のOS劇場で見て、その後ビデオ、DVD、テレビ放映などで何度となく見ています。
もうなにもかも分かっているつもりでも、見るときによってディスカバリー号の模型のみに興味があったとき、ストーリーに興味があったとき、未来観に興味があったときなど様々でした。
今回、公開50年周年ということで、海洋堂から究極のディスカバリー号が発売されることや、メビウスモデルからプラモデルが発売されたことなどで、そして、IMAX(アイマックス)シアターで、デジタルリマスター映像が上映されるということは、まさに快挙です。
実は見に行く気満々でしたが、ま、近くの奈良のイオン郡山店のIMAXでイイかなっと思ってたところ、ホビフェスで、海洋堂の宮脇センムさんに、「あらき、2001年見に行ったか?なに!見に行ってへんのか!見に行ってへんやつにはディスカバリー号は売れへんど!見に行くんやったら一番でっかいエキスポのアイマックスに行かなディスカバリー号は売れへんど!」と恫喝され、エキスポシティに行ってきました。
IMAXで見た映画は「ゼログラビティ」以来でした。
さて、2001の解説は、もういろんなメディアで見たり、聞いたりしていて、難解なのは当たり前で、むしろそれを裏付けるリアリティの再現、当時(1960年代)が予想した2001年の科学が、あまりにもリアルで、マクロの宇宙船からミクロのスイッチ、人口知能(AI)、デジタルナイズされたディスプレイまで、トータルで創造された未来像は、もう見事!と言うしかありません。(2001のディスカバリー号とスタートレックのエンタープライズ号は、私のベストシップです)
とは言うものの、やはり終盤の「スターゲイト」の映像は、ひいき目に見ても、やはり陳腐で、退屈なシーンでした。(ビデオで飛ばしてましたが、やっぱり退屈)
この映画を現在のCG・VFXの技術でリメイクしても、月や木星など最新の映像で見せられる以外には術がないでしょう。それぐらい完成度の高い映像ですが、「スターゲイト」のシーンはもっと革新的な映像を望みます。

オタキング岡田氏や町山氏の解説を聞いて、当初はストーリーにナレーションや解説、モノリスを置いた宇宙人のシナリオまであったそうです。もしそんな分かりやすいストーリーなら、これほどの名作になったのでしょうか?それはそれで名作になったと思いますが、半世紀語り継がれたのは、その難解さからくる現代美術に似た価値観で、よけいに値打ちが上がったと思います。
この映画では、「ボーマン 対 HAL9000」、つまり人間と人口頭脳(AI)の戦いで、人間が勝ち、スターチャイルドに進化したわけですが、HAL9000が勝つバージョンが映画「AI」といことらしいです。なるほど。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2018年10月30日 (火)

アンティークフェア、モデフェス、2001年に行く

備忘録

10月26日 京都パルスプラザの「京都大アンティークフェア」に行きました。

Dqz1hc6vaaahrf3
今回も見るだけのつもりでしたが、きれいな箱付の博多人形があったので、つい購入。

Dqaybt5u0aay10f
他に、セト・ノベルティの芸者さん、変わった意匠の杯4個セットを購入。

Dqaybt4v4aedwfm
Dqaybt5u4aaz0xe
特にこの子守り(あるいはお母さん?)の博多人形は、赤ちゃんをあやす「でんでん太鼓」までちゃんと残っていました。

Dqbvauzuwaalfre
箱の面には博多駅前 九軌百貨店とあります。

Dqbvaudvaaeftwo
調べてみると1932~37年まで開業してたようで、この人形も戦前のもののようです。

10月28日 tsukudadosuさんと一緒に南港ATCに「モデラーズフェスティバル2018」と「おおさかホビーフェス」を見に行きました。

Dqkokp8vaaurj6d
Dqkvzphu8aabizr
ホビフェス会場ではコミケみたいなイベントもあって、初めてオタクの女性をたくさん見ることができました。

10月30日 エキスポシティのIMAXに「2001年 宇宙の旅」を見に行きました。

Dqt8rxmv4aafvjc
28日のホビフェスで海洋堂の宮脇センムさんに、「あらき、2001年見に行ったか?なに!見に行ってへんのか!見に行ってへんやつにはディスカバリー号は売れへんど!見に行くんやったら一番でっかいエキスポのアイマックスに行かなディスカバリー号は売れへんど!」ということで、行ってきました。

Dqt8rxnu0aecdfm

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

樋口真嗣監督 特別講演を聞きに行く

過日10月14日、tsukudadosuさんと一緒に、老松古美術祭に行ったあと、あべのハルカス大阪芸大スカイキャンパス 「新世代造形大賞」の「樋口真嗣監督 特別講演」を聞きにきました。

Dpdy6iru0aawxzi
樋口監督と言えば、平成ガメラシリーズの監督、「シン・ゴジラ」の特撮監督ですが、講演会では、子供の時から特撮、監督になるまでのお話を面白おかしく話され、とても楽しかったです。

Dpdy6itu0aahisw
おそらく、聴講者の多くは、新世代造形大賞に応募なり興味のある30代以下の方が多かったみたいですが、トークの内容は、そんな若人おいてけぼりの80年代オタクカルチャー(特撮映画、模型関係)の裏ネタオンパレードでした。
軽快な特撮マーチのBGMで流される日本特撮映画の映像は、身体が自然と小躍りするぐらい良かったです。

Dpdy6isu8aaxxal
何て言うか、私は同じような経験をして、恐竜造形の道に進みましたが、映像畑の人間は同じものを見ていても、違う部分を見ていたのだなと気付かされました。
それはアニメでも同じで、アニメーターになりたい!声優になりたい!模型を作りたい!作家になりたい!と派生していくんだと、改めて思いました。
トップランナーの話を聞くと、いつも思います。
「何が自分に向いているのか?」ではなく、「これがやりたくてしかたがない」人なんだと。

PS:老松の骨董市で買った、切られ与三郎と藤娘(?)の小さな土人形。

Dpdwvnu0aaecmr

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年9月23日 (日)

お彼岸 投稿作品祭り

本当に申し訳ありません! 今年初めての投稿作品のご紹介です。
もうツイッターとかフェイスブックやり始めたらあきませんね。全くメインサイトの更新も、ブログの更新もできません・・・。
そのうえ今年は、地震や水害、台風など天災が多く、コレクションの被害なども多いです。
しかし、つい一月前までは酷暑と言われてましたが、今日はすっかり秋の風情。
暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったものです。

遅くなりましたが、掲示板に投稿された作品の数々、記録に残しておきたいと思います。

最初は今年1月に投稿されたcavalisaさんの本物の羽毛で作ったシノサウロプテリクス。

0002201_2m
掲示板:あけましておめでとうございます 

同じくcavalisaさんが5月にユウティラヌスを投稿してくれました。

0002215m
掲示板:雪原のユウティラヌス 

毎回大作を投稿してくれるガッチさんのおいごさんが作ったティラノサウルス。
血は争えない(笑)

0002203m
掲示板:甥っ子の恐竜完成。 

さて皆さんお待ちかね、S・Yさんの想ガチャ剣竜類です。

0002206m
0002206_2m

掲示板:妄想ガチャ剣竜類です   

こちらも、お馴染みKYOさんの木彫レリーフのプテラノドン。

0002211m
翼の被膜まで残っている、有名な化石ですね。お見事!
掲示板:プテラノドン完成 

kentaくんは突然スターウォーズのボーグ!

0002213m

掲示板:ボーグ 

さてこちらは前にアロサウルスを投稿してくれた頭足人さんのステゴサウルス。

0002217m
海洋堂主催のコンテストでも入賞する実力者ですね。
掲示板:ステゴサウルス 

こちらは鈴木さんが投稿してくれたスピノサウルス。水棲タイプですね。

0002220m
掲示板:スピノサウルス

こちらはお馴染みMozzyさんの息子さんの作品。今回はパキケファロサウルスの頭突き対決です!

0002225_2m

掲示板:2018夏休みの宿題(その3) (途中画像もありますよ)

プラモデルの同好者では、作品の展示会など各地で行われいますが、こういう恐竜模型の展示会も行えるといいですね。(私は実力不足で敬遠しますが)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年9月22日 (土)

「カメラを止めるな!」を見る

過日9月10日に話題の映画「カメラを止めるな!」を嫁さんと一緒に見に行きました。

Dmtodt1uyaii2qy
私は、なるべく情報をシャットアウトし、嫁さんは「こんなしょうもなさそうな映画見たくないわ。万引き家族の方がいいわ」という、この映画を見るには一番良いコンディションで臨みました。

さて、私も「ゾンビ映画っぽいけど、すごい面白く、最後泣ける」という情報は前評判で聞いている以外は知らないとは言え、それなりにハードルは上がっての鑑賞。

で、どうだったかと言うと、「面白かった!」

映画館であんなに声を上げて笑ったのは、小学生のころに四条畷の「ナワテシネマ」でドリフターズの喜劇映画を友達と見て以来じゃないでしょうか。それだけでも見た値打ちがありました。

ハリウッドのお金のかかった映画に比べると、日本の映画は映画館まで見に行かなくても、テレビかビデオでいいわ。という典型的なH国民の私でも、今回は脱帽。
「面白かった」という意味では、最近のスターウォーズシリーズよりも、別の意味で満足度はあったかも。

この感じは、高校生のころに夜中にテレビでやっていた映画「探偵スルース」を偶然見たときの満足感に似ていました。(内容は忘れましたが)

見終わった後の、あれほどスッキリした感じは最近の映画には無かったかも。
ま、だから受けたのかもしれませんが、あんまり大団円ばかりだと、どんでん返しを期待するようになるし、難しいところですね。

今回一番ラッキーだったのは嫁さんでしょう。
この映画も一番最初に、知人スタッフの義理や暇つぶしで偶然、それも「どうせしょうもないやろ」とハードルを下げて見に行った人が、一番楽しめたでしょうから。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年9月20日 (木)

太陽の塔展からの天王子動物園からの松村しのぶトークショー

タイトル通りです。

9月17日(祝)、tsukudadosさんと一緒に、あべのハルカス ハルカス美術館で開催中の「太陽の塔」展に行ってきました。

Dsc_0004
今回は実物の初代「未来の顔」とともに、

Dscn3033
今春から一般公開された内部の生命の樹のリニューアルの様子や

Dscn3010
第4の「地下の顔」などのミニチュア模型の展示などがありました。

Dscn2975
その後天王寺動物園に移動。

Dntxdlsu4aetayc
この日は海洋堂制作のカプセルフィギュア「TENNOJI Capsule ZOO」の記念イベント「てんず~いきものフェス ~ 造形の巻 ~」が開催されていました。

Dntxdltvyaebvww
生き物関係の造型作家さんの展示即売会です。

Dnrkwezvsaasguq
センムさんやお馴染みの造型師のみなさんとお会いして記念写真。

Dscn3071
リニューアルされた動物園に来たのは初めてなので、見学しましたが、そこかしこに台風21号の爪痕が残っていました。a

その後、通天閣下にあるギャラリーカフェ kirinで開催される海洋堂×天王寺動物園オリジナルカプセルズー発売記念イベント松村しのぶ氏による実演&トークイベントに参加。

Dntxdlsuwaauw0
松村氏は知り合って30年ぐらいになりますが、トータル5分ぐらいしかしゃべったことがないので、生トークを2時間ぐらい初めて聞きました。
20分くらいのスカルピーの制作実演もありました。
本当にフィールドワークの好きで、観察眼も持った方ですね。私のような引きこもりで何にも見てない人間と大違いでした。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

«模型教室 in 恐竜博物館 平成30年