« リフレッシュ | トップページ | 高校生の頃の作品 その1 »

2006年2月21日 (火)

頭が痛いときに見る本

ちょっと頭の痛い問題が生じたが、何とかなるだろう。
こういう気分の滅入った時に、私が必ず読む(見る?)本があります。

ナンシー関さんの「記憶スケッチアカデミー1・2」です。どれだけ、私のすさんだ気持ちを和らげてくれたことか・・・。あっと言う間にイヤなことを忘れさせてくれます。お薦め。

しかし、もしナンシー関さんが今も生きておられたら、ホリエモンやどのチャンネル回してもやっている「とんちクイズ番組」のことなんかを、エッセイでどんな風にぶった切ってくれたでしょうね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« リフレッシュ | トップページ | 高校生の頃の作品 その1 »

コメント

 私は・・・私はなんだろう??
 ・・・好きなジャズでも聴いて寝ちゃうことでしょうかw。
 本だったら司馬遼太郎や池波正太郎が大好きですから、『剣客商売』や幕末ものなんてスカッとしますがw。

投稿: 山本勘助 | 2006年2月21日 (火) 22時23分

さすが国語の先生。私なんかは昨今問題になっている活字離れの先駆けかもしれません。時々無性にマンガの「人間交差点」を読み返したりします。

投稿: カズやん | 2006年2月22日 (水) 00時01分

頭の痛いこと、ありますよねぇ。私も毎日頭を抱えています。荒木さんとは同じ年齢です。この年になって、本当に頭の痛いことが多いですわ。
こんなときは、…私の場合はサンドバッグでも殴ります(笑)

投稿: タブリン | 2006年2月22日 (水) 22時12分

サ、サンドバッグですか。なんか気持ち良さそうですね。
いや~不惑なんて言いますが、私はフラフラですわ。タブリンさんの様にドッシリと構えたいです。

投稿: カズやん | 2006年2月22日 (水) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リフレッシュ | トップページ | 高校生の頃の作品 その1 »