« 中学生の時の作品 その3 | トップページ | 運命の一冊 »

2006年2月17日 (金)

中学生の時の作品 最終回

いよいよバルサ恐竜の最終回です。
やはりティラノサウルスです(笑)。これのモデルとなったのは、その昔、科博にあり、今は九州のどこか(確か佐賀だったような)の博物館か科学館にあるティラノの模型です。
下の模型と同様に、最初ブツブツの紙ナプキンを貼り付けていましたが、後からウロコのツブツブ筆塗りした憶えがあります。
同時期に作ったトリケラトプスもあったのですが、残念ながら紛失してしまいました。

この模型を作った直後から、「こんな苦労しなくても、粘土で作った方がもっと簡単じゃないか」とフッと思い至り、その後は粘土まっしぐらになりました。

oldmodeltrex5 oldmodeltrex6(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 中学生の時の作品 その3 | トップページ | 運命の一冊 »

荒木模型一代記」カテゴリの記事

コメント

 味がありますね~w。首の角度といい、脚の筋といい・・・。何より驚くのは頭骨の凹凸がちゃんと出ているところです。こんなことを言えば「釈迦に説法」以上の失礼ですが、中学生とはいえ、さすが!です(笑)。

投稿: 山本勘助 | 2006年2月17日 (金) 22時03分

何か、出来はともかく、我ながら一生懸命作ってたような気がします。

投稿: カズやん | 2006年2月17日 (金) 23時39分

旧復元ですか・・・・・・・いい味出してます・・・・・流石荒木様です!

投稿: ゼロ | 2006年2月26日 (日) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中学生の時の作品 その3 | トップページ | 運命の一冊 »