« リフレッシュ2 | トップページ | 手話の色気 »

2006年5月14日 (日)

同年齢限定話し その1

森昌子が復活だそうだ。私が中学生の頃、山口百恵・桜田淳子・森昌子が御三家だった。当然、健全な男子は山口百恵か桜田淳子のどっちがいいか?と、言う議論になる。(スマン!森派 君たちは永遠のアウトサイダー)
私は当時、桜田淳子派で、百恵の「あなたが望むなら、私、何をあげてもいいわ~」と言う歌詞を、「何て不純な!」と、真剣に思っていた純情少年だった。
また少し後年、雑誌「GORO」などで、アグネス・ラムや麻丘めぐみもが大人気だったころ、いまいち、その良さが分からなかったのだが、今、見ると、とても素敵な女性でした。これは人間の好みが変わると言う証しでしょう(単に私だけかもしれませんが)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« リフレッシュ2 | トップページ | 手話の色気 »

コメント

赤い疑惑を韓国ドラマを見るような感じで
見ていた僕にとっては百恵ちゃんが。。。

投稿: SHINZEN | 2006年5月14日 (日) 07時01分

 ・・・ミーちゃん派、河合奈保子派、高井麻巳子派でした(笑)。

投稿: 山本勘助 | 2006年5月14日 (日) 11時39分

百恵ちゃん派、スーちゃん派、ミーちゃん派、早見優派、ゆうゆ派・・・・
とまぁ、延々続く訳ですが(笑)、
デビュー当時から現在に至るまでずぅっ~とファンなのは、
富田靖子さんです(キッパリ断言)。
彼女について語るのは、長くなるので止めておきます(笑)。

投稿: かずごん | 2006年5月14日 (日) 13時56分

私は小学2年の頃、
キャンディーズ解散にショックをうけていらい、
アイドルが大好きになりました。
今でもその気持ちは変わりません。
って変われよ。

投稿: マニやまシンジ | 2006年5月14日 (日) 17時35分

すみません。
文章消えてました。
私は、小学校の頃、キャンディーズのランちゃんから始まり、今にいたってます。
本当、こんな話って、2,3歳、年齢が違うだけで話が通じなかったりしますよね。

投稿: マニ山シンジ | 2006年5月15日 (月) 09時39分

いや~、なんて言うか、アグネス・ラムのようないい女を、なぜ嫌いだったのか、それが分からないんですよね。やっぱり、大人だったか子供だったってことですかね。
とは言うものの、今でも深田恭子ちゃんが好きって、あんまり好みは変わってないのかも。
私もミーちゃん派でした。

投稿: | 2006年5月15日 (月) 16時22分

私は薬師丸博子が好きでしたね。健さんと、あの映画は「野生の証明」だったかな、デビュー作。頼子役の彼女はステキでしたな。

投稿: タブリン | 2006年5月16日 (火) 23時52分

「カ・イ・カ・ン」ですね。あ、これは「セーラー服と機関銃」か。
私も写真集買いました(笑)。
(ちなみにビニ本界の薬師丸博子も多数所有)
童顔の人って、歳取ると、かわいいおばちゃんと、そうでない方に別れますよね。
永作博美はかわいいおばちゃんになりそうですが、昨日、細木数子のテレビに出ていたウインクのこっち側(どっちやねん)は、ちょっと…。

投稿: カズやん | 2006年5月17日 (水) 10時03分

あれ、僕ウインクのこっち側好きですよ(どっち?)

投稿: SHINZEN | 2006年5月17日 (水) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リフレッシュ2 | トップページ | 手話の色気 »