« これより | トップページ | 信州新町化石博物館にて »

2006年7月28日 (金)

群馬にて

本日投宿したビジネスホテル?、ネット試したところ、繋がりました。無線ラン、ありがとう。
さて昨日は東京を後にして、一路関越道へ。目的地はこれまで機会が無くて一度も訪問していない神流町(旧中里)恐竜センターと群馬県立自然史博物館と宝川温泉・汪泉閣。
恐竜センターは話には聞いていましたが、なかなか山深いところにあり、行くのに結構時間がかかりました。でも動刻を使ったライブシアターは見ごたえたっぷりでした。モンゴルの恐竜化石も充実しておりました。
http://www.dino-nakasato.org/jp/indexMenu-j.html
結構時間をとってしまったので、少し急いで群馬自然史博物館に出発。学芸員の高桑氏とも久しぶりに再会し、現在開催されている「コアラ大陸オーストラリア」展を案内していただきました。隔離された大陸ならではのふしぎな動物群を実物や骨格や剥製、化石で展示。レアエリナサウルスや超巨大トカゲ、メガラニアは恐竜ファンは必見!です。どうも高桑さん、お仕事中に申し訳ありませんでした。
http://www.gmnh.pref.gunma.jp/cgi-bin/odb-get.exe?wit_template=index

727a 727c 727b

もうひとつの目的地の汪泉閣は日帰り入浴の時間には間に合わないため、翌日に変更し、27日は沼田健康ランドに投宿。けっこう寂れた施設で、カプセルで寝ました(だんだん宿がしょぼくなっていくな~)。

今日(28日)は朝一番で宝川温泉・汪泉閣へ。一度行ってみたかった温泉です。しかし入り口から露天風呂までの通路になにやら古民具やガラクタや石仏などが無造作に積み上げられ、一趣独特の不気味さがあり、鬼太郎の世界に踏み込んだ様でした。
風呂自体は噂どおり広々しておりましたが、混浴客は一組もおりませんでした。がっかり。やっぱり泊まりで来なあかんな。728a
その後一路天下の名湯、草津温泉へ。「草津よいとこ、一度はおいで」と言うわけで、やってきました。
いや~、私がこれまで行った温泉地では、一番温泉地らしい温泉地でした。湯畑のお湯はたっぷり、お客たっぷり、土産物やたっぷり、城崎も道後も良いが、ここが一番かな。
西の川原大露天風呂に入浴し、テルメテルメのプールで浮かんできました(笑)。 
ちょっと奥に行くと、ペンションや別荘があり、プチ軽井沢みたいな雰囲気のところもありました。結構涼しいし。こんどは家族を連れてこよう。

728d_1

728b 728c
と言うわけで、3日ほど遊び呆けてましたが、いよいよ明日、明後日と信州新町化石博物館での教室です。気を引き締めて今日は早よ寝よ。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« これより | トップページ | 信州新町化石博物館にて »

コメント

本日はお世話様でした。
年々講座がレベルアップしていますね。

お気をつけてお帰りください。

また来年お持ちしております。

投稿: イーハシータ | 2006年7月30日 (日) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これより | トップページ | 信州新町化石博物館にて »