« 人間の種類 その3 | トップページ | ♪どうでもいいですよ♪ その7 »

2006年12月26日 (火)

人間の種類 その4

これもサンプル数が少ないのですが、自分の昔の作品を見るのが好きか、二度と見ない(そこまで極端でなくても、過去の作品に興味がない)か。

私は明らかに前者で、それはもう、大掃除で昔のモデルグラフィックス誌やホビージャパンなどが、出てこようものなら、ず~っと、自分のページを読み返したりしてしまいます。自分のホームページの画像を見なおしたり・・・(ナルシストか!)
明石屋さんまさんも、自分のテレビを繰り返し見るとよく言ってますが、あれよく分かります。
私はモノを作るひとは、みんなそうだと思っていましたが、(20年ほど前)海洋堂のS氏と話していたとき、「俺は、自分の作品なんて、大嫌い。昔の作品なんて、二度と見たくない!」と言われ、ちょっとショックを受けたことがあります。ま、若い頃ですから、言葉通りの意味だったかは分かりませんが、プラモデルでも作るまでは楽しいが、完成したとたん、興味が無くなるというのはよく聞く話ですね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 人間の種類 その3 | トップページ | ♪どうでもいいですよ♪ その7 »

コメント

施主には言いにくいのですが、「これは失敗だったかな」と思っている建物の前は通るのも嫌ですね。それはデザインという面だけではなくプロジェクトの人間関係だったり採算面だったりします。嫌な思い出として頭の中にインプットされてしまうんでしょうね。逆に我が家には小学校の時に造った1/35改造人形が残っています。とても見られる物ではないんですが時々見てはニコニコしています。きっとその時は最高のできだったんですよね。いい思い出の品です。先生はきっといい仕事ばかりをされてきているんですね。羨ましい限りです。

投稿: トランプ小僧の父 | 2006年12月26日 (火) 17時16分

私は、仕事面では昔担当した案件で、自分自身どえらい苦労をして、結果会社に大赤字を蒙らせてしまった末に完成したものの写真を見るのが大好きです。それが遠くの国で大活躍しているというニュースをネットなどで見ると、まるでわが子のことのように嬉しい気持ちで一杯になります。
趣味で作ったものも、どんなに酷いできのものでも、そのときの自分の技術レベルで一生懸命作ったものは、後から眺めても愛おしいです。逆に、手を抜いて適当に作ったものは、見るのもいやです。きっとそのときに自分の姿勢が許せないんでしょうね。

投稿: 粘土造型初心者 | 2006年12月26日 (火) 17時46分

粘土造型初心者さんのお仕事って?
趣旨とは違いますが、確かに歌や音楽と一緒で、作品を見ると、それを作った時のことを思い出しますよね。付き合っていた娘や、住んでた場所なんか。

投稿: カズやん | 2006年12月26日 (火) 18時09分

私の仕事は、造船技師の端くれです。
確かに、先生の言われる通り、そのときどこに長期出張していて、何を食べていたかまで思い出しますよね。

投稿: 粘土造型初心者 | 2006年12月26日 (火) 18時16分

僕は描いてしまうと、興味がなくなります。なので、原画を手放すことにも躊躇がありません。嫌いになるわけではないのですが、次に作るものに興味がいってしまいます。
過去の作品のデータや、どんなプロセスだったかということは、大体詳細に覚えていますが、単純にデータとして覚えているという感じです。

投稿: corvo | 2006年12月26日 (火) 20時16分

確かに…「手を抜いて適当に作ったものは、見るのもいやです。きっとそのときに自分の姿勢が許せないんでしょうね」それが真相なんですね。プロジェクトが上手く行ってないっていうのは監理者=建築士の責任ですから…。どこか自分に落ち度があったのは事実なんでしょう。だから目を伏せたくなるのかもしれませんねぇ。でも、建築って色々な考えの人が係わって出来上がるのでなかなか難しいです。胸を張って仕事をしてきたつもりが嫌な思い出に変わってしまうのは辛いなぁ…。

投稿: トランプ小僧の父 | 2006年12月26日 (火) 20時20分

私は荒木さんのお話などを聞いて、とても共感するものがいつもあります。血液型の事は関係ないにしても、この間のしごと館でのお話や、今回の書いてある事などもそうですが、私も自分の作品は、長い時間が掛かった物や、思い入れのある物ほど愛しさが増し、しばらくは枕の辺りに置いて、夜中や朝目覚めた時に見ては、ニコニコしています。
でも、それもしばらくすると、ああ、まだまだだなと思い、又次に取り掛かるという感じです。
でも、一生懸命取り組んだ物は、やはりとても愛しく思いますね。

投稿: Yoshiko | 2006年12月26日 (火) 21時22分

粘土造型初心者さん、おお~造船技師さんですか~!と言いながら、どんなことをなさっているのか想像できない・・・。なんか大きな仕事ですね。確かに単価もデカイわね。
トランプ小僧の父さん、意外と真面目な性格なんですね(B型なのに。イカン!血液型の話しはタブーだった)
corvoさん、なるほど。だから私も原画を入手できたわけですね。
私は本当に執着心があると言うか、所有欲があると言うか、まず、読んだ本を手放すことができない・・・(ブックオフに売るということが考えられない。買いにはよく行きますが。嫌がられる「荒木蔵書」とハンコ押したいタイプです)。
また、仕事で請け負った模型でも、出来れば複製を取って、手元に置いておきたい性質です。(実際は原型を納入しているので、悲しい別ればかりですが。)
Yoshikoさん、よく分かります。私も、ヨッシャーッて思った作品や、納入前の作品をロケーションのいいところに持ち出し、ベストショットを残そうと、撮影に凝ったりします。「遠くへ行っても、俺のこと忘れんなよ・・・」(ちょっとアブナイひと?最近やってませんが、東尋坊でプテラノドン飛ばしたりしたいな)
イカン!なんか、前の彼女の想いでの品を取っておく一番女の子に嫌われるタイプに思えてきたぞ・・・。

投稿: カズやん | 2006年12月26日 (火) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人間の種類 その3 | トップページ | ♪どうでもいいですよ♪ その7 »