« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

2月は逃げる

2月も終りですね。サラリーマンの時は、普段の月よりも2~3日少ないのに、ひと月分の給料がもらえる2月は、得したような気分でしたが、今は2~3日少ないことが、反対に損した気分で不思議です。
とは言うものの、前職は医療機関でしたので、その日の仕事はその日に終了しましたが、職業によっては、決められた期日までに完結しないといけないと言う場合もあるでしょうから、やはり実日数の少ない2月は大変でしょうね。
2月や5月の連休前、年末進行など、模型誌に連載していた時は、やはり時間が無くなり、あせった憶えがあります。
明日から3月、社会人になると、仕事に追われ季節感が無くなりますが、やはり春の訪れは特別です。
しかし、今年の2月は暖かったですね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2007年2月27日 (火)

「恐竜に会いに行こう!」見~つけた!

今日、奈良の健康ランドに(そうです。また浮きに)行く途中の書店で、昭文社「なるほどkids 日本全国 恐竜に会いに行こう!」を見つけました。しかも、ドッサリ平積みで。こっそり携帯でパチッ!嬉しいですね。学研のトリケラトプスや、自分が関係した本が書店で見れるのは、本当、幸せです。
皆様、書店で見かけられたら、是非、手にとって見てくださいね。できれば、そのままレジまで。充実内容!一家に一冊必携!です。 これで春休みの計画はバッチリだ!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

200702271204000

| | コメント (0)

2007年2月25日 (日)

恐竜ソフビ 新商品

ハピネットロビンから発売中の恐竜ソフビシリーズHPに新アイテムが追加されています。
http://www.happinetjp.com/original/daikyoryujidai/soft.html
私の近所では、ジョーシン電機でよく見かけます。
お近くに無い時は、通販もあるようです。こちらのページで紹介しています。
(まだ新商品はありませんが)
http://homepage3.nifty.com/dinomodel/favorite/book3.htm
アニメ「恐竜キング」も始まりましたね。けっこう面白い。(トリケラトプスがピカチュウみたいなのが良い。)
恐竜ソフビ、どんどん買って、ガシガシ遊んで、バキバキ壊して、また買ってあげてくださいね。お父さん、お母さん。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

Dino22

| | コメント (0)

2007年2月21日 (水)

どうでもいいですよ♪ その7

今日、森進一氏に怒ってる、川内康範氏の「耳毛」に、その昔、イラ・イラ戦争の時、軍事評論家の江畑謙介氏がテレビで初めて見たとき、その何とも言えない髪型に見とれ、何を話しているのか、さっぱり聞いてなかったのを、思い出しました。
耳毛の長い人は、長生きするそうです。人相学的には。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2007年2月20日 (火)

一仕事終了

こちら関西では車に乗ってると、クーラーいれたくなるくらい暖かでしたね。窓開けると、杉花粉が入ってきそうですし。
今日は、ここ2・3日かけて準備した確定申告に行ってきました。
これが終わらんことには1年が始まらないような気分ですので、やっとホッコリできます。
去年のログでも同じ日付で、確定申告終わらせて、プールに行ってますね(笑)。
明日、行ってこようかな。
しかし10年ほど前は、コタツの上に領収書や伝票を広げ、嫁さんに電卓打ってもらって夜遅くまで準備しましたが、今はパソコンとプリンターで、随分便利になりましたね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2007年2月18日 (日)

これはまた見事な!

ティラノサウルスですね。
造形の躍動感もさることながら、彩色も斬新です。
このティラノを作って、メールで画像を送ってきてくれた森岡さんは、まだ学生さんです。
実は、去年の「私のしごと館」での実演で、まだ制作途中のこのティラノの頭を持ってきてくれた方です。
いまどきのイケメンの若者で、こんな造形されると、私の様なてっぺんの薄くなったロートルは色んな意味で、大変困ります(笑)。
しかし、この丁寧な仕事は大切にして欲しいですね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

Dsc01101 Dsc01085 Dsc01091

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木)

日本全国 恐竜に会いに行こう!

2月23日に新発売の「なるほどkids 日本全国 恐竜に会いに行こう!」の紹介です。
発行元の昭文社と言えば、マップルや道路地図などで有名なところですが、さすが目の付けどころが違いますね。ティラノサウルスはどの博物館や施設に行けば見ることができるのか?トリケラトプスの復元模型はどこで見れるの?そんな疑問にもってこいの、今まで有りそうで無かった、恐竜地図図鑑とも呼べる一冊です。もちろん逆引きもOKで、どの施設に行けばどんな種類の恐竜が展示されているのかを調べることもできます。
解説で私の恐竜模型も使用していただいております。
お父さん、お母さん、これからの、春休みや夏休みの家族旅行の計画に必携の一冊ですよ。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

Naru_km

| | コメント (0)

2007年2月13日 (火)

蟲師と百鬼夜行抄

今日は嫁のパートが休みだったので、一緒に奈良の「神蔵(かむくら)」にラーメンを食べに行きました。美味かった。
さて、この連休は、漆原友紀さんの「蟲師」を7巻ず~と読んでいました。(ミーハーで申し訳ない)
全体の雰囲気も読後感も今市子さんの「百鬼夜行抄」に似ていますね。
作家さんはどちらも女性のようで、伊藤潤二氏の不思議だが具体的なイメージとまた違い、日本の原風景の様な淡いイメージがとても素敵です。オダギリジョーで映画化されるそうですが、どうなるんでしょう??
(オダギリジョーが、ハタ坊だじょ~に聞こえてしまう・・・しぇーっ!)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2007年2月12日 (月)

ディプロドクスが我家に

春みたいに暖かいですね。世間様では三連休でしたね。行楽にはもってこいの陽気でしたが、我家はどこにも行かず(あ、昨日1日、救急車で病院に行ったかな)、嫁はパートに出て、私は近所で買い物程度でした。
そんな寂しい連休でしたが、今日は、学研の担当編集者M氏が、↓の「1/35恐竜骨格モデルシリーズ02 ディプロドクス」の見本誌を直接我家に届けて来てくれました。模型に関しては手前味噌になりますので、こっちへ置いといて、本誌内容はトリケラトプスに増して、充実したものになっております。(予約はこちらまで
いや~、Mさん、わざわざ、ありがとうございます。でもどうして京都まで?
と、車内を見ると、きれいな奥様と可愛いお嬢様が・・・。御家族で旅行の途中とのことでした。羨ましい。御馳走様です。

では見本誌と一緒に(昨日12歳になった)二男と、ハイ、チーズ!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

D1

| | コメント (0)

2007年2月11日 (日)

ディプロドクス予約開始!

このブログを発信して、1年経ちました。なんか、もっと前からやってるような気がしますが、まだ1年だったんですね。当初は恐竜模型を始めた、きっかけなどを順を追って書くつもりだったのが、いつのまにか、日々の出来事を綴るのみですので、ジワジワ路線修正も考えています。

さて、いよいよ学研のオンラインショップで、私が原型制作した「1/35恐竜骨格モデルシリーズ02 ディプロドクス」の予約販売が開始されています。
http://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=217410&reco=similarity2
発売予定日2007年3月26日 価格 3200円です。
ディプロドクスの1/35骨格モデルは、完成すると約90センチの迫力満点のディスプレーモデル。
北海道大学総合博物館の小林快次先生監修です。
(右端画像は原型です)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

4056046700 217410_1 S_1

| | コメント (0)

2007年2月10日 (土)

頭イタイ

昨晩は元職場の同僚と、温泉旅行の打合せも兼ねて、飲み会をしたんですが、飲みすぎた・・・。今日は昼まで死んでいました。酒、弱くなりましたね~。
温泉旅行は春は四国方面に、秋は、また信州方面に行こうと言うことになりそうです。楽しみじゃ。

しかし、安い日本酒を飲んでいるせいか、飲んだ次の日(ほとんど毎日ですが)は、たいがい調子良くないです。飲まなかった日は、調子がいいので、明らかに酒が悪いことは分かっているのですが・・・。もう今年で46歳ですから、そろそろ学習しないといませんね。身体のために酒控えようかな(半年毎に決意しているような・・・)。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木)

ひとり雪まつり

相変わらず暖冬ですね。札幌の雪祭りはなんとか開催されているようですが、中止になったイベントも多いみたいです。
ところで、メインサイトで相互リンクしている「ポコダンナの部屋」のポコダンナさんが、実物大ティラノ頭骨の雪像を作ってられます。
ん~豪快&緻密で、いいっすね。氏の恐竜食玩を使った、「恐竜4コマ」も必見です(ちょっとブラック含んでます)。

さて、目の前に雪のカタマリがあったら、何を作るでしょう?
私は、雪なら「カマクラ」、砂なら「トンネル」←子供か!
雪や氷、砂や、御菓子や料理の素材で作った細工物は、この世の一瞬の命の様で、無常を感じてしまいます。(もっとも、全てのモノが恒常ではありませんが・・・)
あの、昔の東宝の特撮怪獣映画でミニチュアのセットが破壊される時や、札幌雪まつりの大雪像がショベルカーで壊される時・・・それは、どんなに良く出来たCG映像よりも、私の心にズン!と来ます。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2007年2月 7日 (水)

「永遠の抱擁」

だ、そうです。
「2月6日、イタリア北部のマントバ近郊で5000─6000年前に埋葬されたとみられる抱き合った男女の遺骨が見つかった。」
ロマンチックですね。(詳しくは↓をクリック)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070207-00000154-reu-ent
と、単純に思い、近くにおった嫁さんに教えたら、
「こんなん、殺されて埋められたんかも知れんし、王子が死んだんで、王女が無理やり毒殺されて、埋葬されたかも知れんやん。あ~気持ち悪」
だ、そうです・・・いや・・あの・・ちょっと!ちょっとちょっと!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

2007020700000154reuentview000

| | コメント (0)

2007年2月 5日 (月)

ホビージャパンプラスって

ちょうど、私らぐらいの年代(昭和30~40年代生まれ)のモデラーをターゲットにした模型専門誌ホビージャパンの新刊が出ましたね。
その名も「ホビージャパンプラス」
巻頭の情景王・山田卓司氏のジオラマの紹介に始まり、MAX渡辺氏のザク、そして、松村しのぶ氏のインタビューなど、とても興味深い記事が掲載されています。英ブリテン社の動物フィギュアの紹介もありますね。
想像するに、この本、継続するなら、モノグラム(旧レベル)の1/96サターンV型ロケットの作例や、タイムトンネルの模型など、みんな、知ってるけど、作ったことが無い、懐かし模型のオンパレードになるような・・・。それはそれで嬉しいかも。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

0020060001062

| | コメント (0)

2007年2月 4日 (日)

季節はずれの名月

きれいな月ですね。寒く、風の強い日は、よりいっそうきれいに見えます。
月を詠んだ歌は多いみたいですが、先日、新聞に紹介されていた、安倍仲麿の
「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」
唐に渡り、彼の国の官吏になり、終生帰国できなかった安倍仲麿が、異国の夜空を振り仰ぎ見た月は、かつての故郷、奈良の都の春の日に三笠山の上にあった月と同じものかと言う歌ですが、なんとも哀愁漂う歌ですね。
想いをよせる、離ればなれの二人が同じ月を見て想いあうと言うのは歌の歌詞にもありそうですが、ロマンチックですね。
学生の頃は、古文や古典の授業なんて、まともに聞いたことがありませんでしたが(演歌も 「天城越え」いいっすね)、何かの機会で接することがあると、「あ~人間は、いつの時代でも人間なんだな~」と実感してしまいます。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2007年2月 2日 (金)

また更新している!

学研ブログでディプロドクス秘話がまた更新されてますね。結構苦労しました。
「可動にすべきか、固定にすべきか、それが問題だ」

「うなだれディプロドクス2」
http://gakken-kagaku.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/2_f470.html
「うなだれディプロドクス3」
http://gakken-kagaku.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/3_48cb.html

ところで、corvoさんのブログで、興味をひくエントリーがあったので、紹介しときます。
http://www.studio-corvo.com/blog/karasu/archives/2007/02/post_263.html
少し意味合いが違いますが、私も前職場で、看護婦さんらに「私にも恐竜ひとつ作って~」と、よく言われました。が、一っ回も作ったことないですわ(笑)。
(ちなみにゴメンね。T氏、S氏、お友達日当で手伝ってもらって)

ん~・・・導入した「コタツ」ですが、どうもイカン・・・。
コタツはくつろぐもので、作業するところでは無いような気がしてきました・・・。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »