« 対談2回目 | トップページ | Xコプターと花見 »

2007年4月 8日 (日)

白状しますが実は

私は鼻の穴フェチです。(以下全て私の妄言です)
伊東美咲さんが、綺麗過ぎて近寄り難いのは、鼻の穴が整い過ぎているからです。
長谷川京子さんが、あんなに美人なのに、親しみがあるのは、鼻の穴がライオンの様な愛嬌のある形だからです。あの鼻の穴が伊東美咲さんの様に整っていたら、恐れ多くて近寄ることができなかったでしょう。
例えば松下奈緒さんは柴咲コウ並みの目力もあり、美人で才女でありますが、惜しむらくはその鼻がゴツイ。しかしそれを凌駕する魅力があるためか、最近のCMでは上手に鼻の穴が目立たないように作られています。(イーモバイルでは頭上から撮影すると言う反則技でしたが・・・)
そうそう、その意味では最近話題の竹内結子さんの鼻の穴も凛々しいのですが、資生堂「ツバキ」のCMでは、髪の流れを上手く使って、鼻の穴をカバーしているのには感心しました。
私は小さい頃からマンガの絵を真似て描いたり、下手なイラストを描くのが好きでしたが、鼻の穴は鬼門でした。恐らくマンガには鼻の穴を描く文化が無かったためでしょう(一部川崎のぼるなど例外もありますが)。鼻の穴を描いた途端、それまで上手く描けていたと思っていた女性の顔が激変するからです。ですから今でも上手に鼻の穴を書いて綺麗な女性のマンガを描けているのを見ると感心してしまいます。山本タカトさんは見事です!プロに対して失礼!(ファンサイトです)。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 対談2回目 | トップページ | Xコプターと花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対談2回目 | トップページ | Xコプターと花見 »