« 今日も取材でした | トップページ | 慙愧に堪えない »

2007年5月25日 (金)

一世代違うと

先週、TV放映された「パッチギ!」見ました。
放送時、自宅でパソコンしながら横目で見ていて、「なんか、ケンカばっかりの映画やな~。」と言うのが第一印象でしたが、今日、作業部屋で録画していたのを、最初からちゃんと見ましたが、いや~、面白かった。ネットで調べたら賛否両論やねんね。でも「三丁目の夕陽」より良かったな~(「三丁目の夕陽」はDVD買いましたが・・・(笑)子供に見せやすいし)
主人公の松山がにわか韓国語で、リ・キョンジャ(沢尻エリカ)に公衆電話からコンサートに誘うとき、キョンジャが「何で?」と訊ね返すところは、なんとも良い!(おれだけか?最後の「アホ!」も良かったが)これで、「沢尻エリカが(しか)ブレイクせんかったらオカシイ」と思う映画でしたね。しかし、みんな暴力的やね~。この当時は歯が折れる、鼻折れるのは日常茶飯事だったんですかね?

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 今日も取材でした | トップページ | 慙愧に堪えない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日も取材でした | トップページ | 慙愧に堪えない »