« 慙愧に堪えない | トップページ | eo光テレビ発信開始です »

2007年6月 1日 (金)

地域限定土曜日

ゆとり教育の見直しか、小中学の土曜日半ドンの復活案も浮上しているそうですね。(息子には気の毒ですが 笑)
今日、関西の情報番組でもそのこと取り上げていましたが、30~40代の司会やゲスト(ほぼ)全員が、「土曜日の昼は、学校から帰って、吉本新喜劇を見ながら昼食を食べ、それから遊びに行った」と言う共通体験を持っているのには笑いました。(またその昼メシが、焼きソバだったり、即席ラーメンや焼き飯と言った内容まで同じで大笑い。ちなみに私んちは焼きソバでした)
ゲストで、ただひとりポカーンとしていたのは、東京在住に方で、「それは地域限定ですよ」と言ってました。(もちろん、関西在住でも吉本は見んかったと言う人もいると思いますが)
ノスタルジックに言うと、あの頃の土曜日は特別だったような気がします。
学校は昼で終り、明日は日曜で休み。その間の時間は一週間で一番楽しい時間だったような気がします。
今は「小枝不動産」かな。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 慙愧に堪えない | トップページ | eo光テレビ発信開始です »

コメント

ご無沙汰しております。
私は北海道ですが全く同じでしたよ♪母は仕事で家を空けることが多かったので昼飯はインスタント焼きそばが多かったですね。それを食べながら、寛平ちゃんに笑い、藤山寛美に泣かされる土曜日が大好きでした。逆にサザエさんを見ると「もう休みも終わりか」と暗い気持ちになりました。いやぁ…あまりの懐かしさに思わず書き込んでしまいました(;^_^A

投稿: トランプ小僧の父 | 2007年6月 2日 (土) 03時43分

トランプ小僧の父さん、いらしゃいませ。
北海道でも吉本やってたんですね。私の世代は、なんと言っても、岡八郎と花木京でしたね。「くっさ~、えげつな~」
少し大きくなると、松竹新喜劇の人情話も良かったです。私は藤山寛美が金を工面して、三条あけみ扮する吉原の花魁に会いに行く話が好きだったな~。

投稿: カズやん | 2007年6月 2日 (土) 09時37分

ノスタルジーですな。
こちら東京は吉本新喜劇はありませんでしたが
普段は夕方までの学校が土曜日には午前中で終わるというのが
子供ながらに何とも言えぬ楽しさがありました。
日曜日の夜に「知られざる世界」を見て
意識を失うのがパターンでしたね。
息子さんには残念ですが将来の為には良いかもしれませんね。

投稿: テディ | 2007年6月 2日 (土) 10時12分

テディさん、いっらしゃいませ。
お~!「知られざる世界」ですか。懐かしいな~。私も見てました。
「驚異の世界」「野生の王国」など、今のディスカバリーチャンネルを毎週放送していたようなもんですね。
ヤコペッティーの「世界残酷物語」見て~!
(話しがそれた~)

投稿: カズやん | 2007年6月 2日 (土) 11時22分

>>ヤコペッティーの「世界残酷物語」見て~!
見て〜(笑)!!

投稿: テディ | 2007年6月 2日 (土) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慙愧に堪えない | トップページ | eo光テレビ発信開始です »