« ま~なんですな~(桂小枝調に) | トップページ | 訛りは国の手形 »

2007年11月16日 (金)

小学校で模型教室

今日は木彫恐竜骨格模型の名手タブリンさんがお勤めの小学校へ、恐竜模型教室に行ってきました。
と言っても、芯の用意や恐竜に関する基本的な知識などは、理科の授業の一環ですでにタブリンさんの方で行われているので、私はサンプルの模型を持って行き、作品作りのお手伝いの様な感じでした。
5・6年生と言う事で、皆さん、作る恐竜の下調べもバッチリできており、ティラノサウルスを作る生徒はたったひとりで、ステゴケラスやらモササウルスやらガリミムスやら、やたらマニアックな選定でビックリ。さすがタブリンさんの教え子たち。
昼休みには生徒の皆さんと一緒の給食をいただいたり(久しぶりにビンの牛乳を飲みました)、楽しく過ごさせていただきました。
皆さん、ありがとうございました。完成させてね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

Takatuki

|

« ま~なんですな~(桂小枝調に) | トップページ | 訛りは国の手形 »

コメント

本日は大変お世話になりました。子ども達は大変充実した時間を過ごすことができ、どの子も満足していました。「早く持って帰りたい!」と、家族に見せるのを楽しみにしていました。(一番最初にこの教室を宣言したときには乗り気でなかった子も、最後にはすっかり「その気」になってました。)
ほんとにいろんな、全員が違う種類で大変でしたが、適切なアドバイスと補助で、素晴らしい作品に仕上がっています。有り難うございました。
またの機会にも宜しくお願いします!!なんちゃって!

投稿: タブリン | 2007年11月17日 (土) 01時38分

こちらこそ、楽しい経験をさせていただき、ありがとうございました。
子供のエネルギーは、やっぱりスゴイですね。
帰る時、生徒の皆さんに見送ってもらった時、自分が金八先生になったような気分でした。

投稿: カズやん | 2007年11月17日 (土) 12時41分

素晴らしい授業になったのでしょうね、うらやましいです。私もいつか、このような授業ができたら…その時は、是非ご協力下さい。ただ福岡県の、しかも素直じゃない中学生ですから難しいですね、やっぱり。

投稿: タカナブ | 2007年11月28日 (水) 16時48分

タカナブさん、コメントにも書いていますが、子供のエネルギーはすごいです。中学生ならもっとすごいでしょうね。
日頃ダラダラ生活している私は、たった半日でしたが、本当に圧倒されました。
いや~、毎日相手されている、先生の皆さんには脱帽です。

投稿: カズやん | 2007年11月28日 (水) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ま~なんですな~(桂小枝調に) | トップページ | 訛りは国の手形 »