« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

今年最後に

普段なら今日の明日ですが、今日に限っては、今年と来年の大晦日ですね。
去年は何をしていたかと、このブログを見返すと、きっちり教室のためのイラストを描いていました。で、今日は何をしていたかと言うと、やはり現在進行中の商品彩色見本の色を塗っていたりします。
それではちょっと味気無いので、今年の私の3大ニュースでも考えてみました(順位をつける必要もなかったですが、とりあえず 笑)。

1位 「恐竜大戦!」(メディアファクトリー)発売
2位 「恐竜骨格シリーズ2 ディプロドクス」(学研)発売
3位 東京で初個展開催


「恐竜大戦!」は私の文壇デビュー作です!なんちって。でもメジャー作家の柳田理科雄氏と共著が経験できたのは私にとってはこれまでに無い快挙でした。
「恐竜骨格シリーズ」は、私が「こんなのが欲しい!」と思う商品を形にしてもらえたものです。売れ行きは、芳しくないようですが、息の長い商品になってほしいです。
東京での個展は主催者側からの依頼もあり実現したものです。私自身はアートギャラリーと言う場所に私の恐竜模型を展示するのは、最後まで抵抗がありましたが、開催中は色んな方とじかにお会いし、お話しでき、新鮮で楽しい体験でした。
もちろん、これ以外様々な出来事があり、様々な体験をしました。齢46を迎えてからも初体験できるとは嬉しい限りです!来年もどんな1年が待っているのか楽しみです。皆さん、どうぞ来年もよろしくお願いします!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2007年12月29日 (土)

忘年会

友達がいない上、仕事を辞めた身としては、この時期の忘年会はどこ吹く風と思っていたのですが、珍しく2日続けて忘年会に参加。
木曜日は仕事でお世話になっている方と、金曜日は模型関係の方々と大阪市内で楽しく飲ませていただきました。
先日の帰省では不覚にもへべれけに酔って、正体を失なってしまったので、今回は日本酒を控えセーブして飲ませていただきました。(最大の理由は終電が早いため)
おかげさんでこの1年、それなりに忙しく過ごすことができました。
お世話になった皆様、ありがとうございました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2007年12月26日 (水)

プチ帰省

二日間、嫁の実家に帰省していました。NHKの朝の連ドラ「ちりとてちん」で有名になった福井県の小浜です。この時期、普通は雪があるので、あまり帰らないのですが、去年も今年もこの気候ですので、車でス~と行ってきました。
嫁の兄や、嫁の妹の旦那など、仕事納め前だと言うのに、実家に集まり、夜中まで酒に付き合ってくれました。姪や甥もまだ3歳~8歳と小さくかわいい時で、ひっくりかえしたり、まわしたりして楽しんできました。(うちの子供はもう大きくなって、とても「かわいい」とは言えなくなってしまいました)

200712251316000 平日で観光客のいない「熊川宿」

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2007年12月22日 (土)

グッときたぜよ~!

歌姫」終わっちゃいましたね。
今シーズン、一番楽しみで観ていました。当初は楽しい雰囲気でしたが、最後はもう涙・涙・・・。
なんか視聴率がいまいちだったらしく、最終回は少しはしょった感じでしたね。出来れば、もう1話か時間延長で、その後の太郎と鈴や(鈴はクロワッサンと結婚したちあ?)、第一話との繋がり、芥川が、さくらやあきらを世話したり、ジェームズが有名になって行くくだりが見たかったな~。
でも鈴の気持ちを考えると、グッときたぜよ~!

ところで私、鯖子さんが「細うで繁盛記」の富士真奈美を彷彿とさせました。正子がメガネを取ったとき、子供心にハッとしたのは、私だけ?

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2007年12月21日 (金)

M-1グランプリ2007記念

Henhttp://www.youtube.com/watch?v=rZnyC93sjtk
↑まずはこれを見てもらい、こんな雰囲気で。

「恐竜の野望」

恐竜で生活したいんやけど、何がええやろ?
そやな~。兼子さんが言うとったけど、やっぱり大学行って、恐竜を専攻するんが上がりとちゃうん。
そんな正規ルート、いまさら無理やわ~。それに、最初恐竜を勉強してるつもりやったのに、いつの間にか二枚貝専門になってるって噂やし。
そやな~。あんたが画家の子供やったらよかったのにな~。
そしたら織田さん一家に入ったら。いま一番勢いあるし。ブログにコメント書いたら、忘年会呼んでもらえるかもしれへんよ。
あかんわ~。わたし、独学の手抜きの上、オカルト好きやから、コメント書くのに勇気いるわ。
そら勇気いるわ。餌食になるパターンやわ。そしたら、新木さんは?あの人は独学の手抜きやし。
あかんわ~。あの人、友達いてへんし、スケベらしいで。
むつかしいな~。そしたら、海容堂に就職したら~。
え~!いきなり海容堂ファミリー!さすがにワンフェスであのTシャツを着る覚悟はまだ無いわ~。
やっぱり13さんみたいに、漫画をヒットさせるんが、一番かな~。
それが一番難しいやん!
チャンチャン

(オチが決まらない上、コメントしづらい内容になってしまいましたことをお詫びいたします。フィクションですので、一部を除いて特定のモデルはいません。大きな心で抗議なし)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (9)

2007年12月20日 (木)

再び人形を作る その2 完成

いったいこの人は誰?
ま、形になったからいいでしょ。1/10スケール医女です。
アクリル絵具彩色。
で、前回作った、女官見習い姿と記念撮影。(後ろにあるのは、製作中1/10スケールのティタノサウルスの芯。)
やっぱり、向いてないのかな・・・。人形作り・・・。
(本作は「宮廷女官チャングムの誓い」とは全く関係ありません。しつこい!)

C7_2 C8_2 C9_2 (このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2007年12月19日 (水)

再び人形を作る その1

原型の仕事が一段落したので、(懲りずに)再び人形を作り始めました。
約束通り、今度は「医女」姿。
今回は、ちょっと試したい作り方がありました。
立像を作る時は、いつも針金なんかで芯を作りますが、今回はカマボコ大の板を使って、半立体(レリーフ)化して行きました。
これだと、粘土が乾くのを待たなくて、ある程度造型を進め行けると考えたからです。
まず、(似せないように 笑)顔を作り、身体、着物へとどんどん作っていきます。レリーフ状と言っても、ほぼ全身の前面3/4ほどは作ります。
今回は両手を前掛け?の中に入れている、よく劇中に出てくるポーズ。決して、手を作るのが邪魔臭かったのではありません。
ほぼ出来たところで、板からベリッとはがし、後面の出来ていないところを作っていきました。
医女特有の帽子やチマなどは写真集を見ながら、テキトーに作っています。イメージ先行ですので、考証派はスルーしてください。
この形になるまで、昨日、今日の2日でしたから、結構早いかも?この方法?明日、色まで塗れるかな?
(本作は「宮廷女官チャングムの誓い」とは全~く関係ありません。ってね)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

C1 C2 C3 C4 C5 C6

| | コメント (0)

2007年12月18日 (火)

嗜好

無性に喰いたくなるものがありますね。
それを思い出すと、食べるまでおさまらんような。
私は551蓬莱のぶたまんや天下一品のこってりラーメン、仕事場の近所(八幡市)では都飯店の中華丼ってところでしょうか。
もうひとつこの時期になると、北海道銘菓の「マルセイバターサンド」が無性に食いたくなるのは何故でしょう??と言うわけで、ネットで注文しちゃいました(笑)。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2007年12月16日 (日)

グッときたぜよ!長野剛!

52328 最近は、書店に入ると、「恐竜大戦!」がちゃんと置いてあるか見てまわるのが日課になっていますが、先日「世界の美女と悪女がよくわかる本」と言う文庫本表紙の女性の美しさにに釘付け!
で、そのカバーイラストを描いている方が長野剛というイラストレーターでした。
早速検索して、画集「長野剛 人物イラストレーションワークス」をアマゾンで購入。
私はゲームを全然しないので知りませんでしたが、「三国志」などのパッケージイラストや、SWの文庫カバーなどを手掛けられている、超有名な方なんですね(笑)。
いや、かっこいいイラストだわ。男性も女性も凛々しいし。
生頼範義も彷彿とさせるし、陳淑芬の清楚さもありますが、妖艶さもあり、品もありますね。歴史上の人物や、女神など、この世のものでない肖像にはピッタリですね。
表紙買いしたのは山本タカト氏以来、久しぶりです!グッときたぜよ!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

 

| | コメント (0)

2007年12月13日 (木)

恐竜博物館の模型教室

来年1月13日(日)に福井県立恐竜博物館で行われる、恐竜ふれあい教室「親子で恐竜模型をつくろう!」の受付が本日から開始です。詳しくは下記博物館HPで。
私も冬季に恐竜博物館に行ったことが無いので、あのタマゴドームが雪にうまっているのを見るのが楽しみです。かにシーズンですし、温泉やスキー場も近くにあるので、一緒に楽しむのも良いかも。
って、もう二週間あまりで来年なんですね!

PS:おかげさまで、定員に達し、受付は締切りになりました。ありがとうございます。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

Kyouryu

| | コメント (0)

2007年12月12日 (水)

大阪府知事選

少し前より、自分の歳(46)を実感する事に、政治家の年齢があります(安倍元総理なんて、7歳年上なだけ)。
橋下弁護士(38)が大阪府知事に出馬ですか。大阪人(私も元そうですが)は、お調子モンが多いので当選する可能性もありますよね(笑)。
しかし自分が30代の時なんて、なに考えていたんでしょう?少なくとも地方自治のトップになりたいなんて、夢にも思ってなかったです。
自分が頼り無いから、自分より年下はもっと頼り無いとは乱暴な考え方で、しっかりしている人は若くてもしっかりしているんでしょうね。
老害と世代交代とは永遠のテーマだと思いますが、橋下氏がもし当選のあかつきには、関西政財界(老害)の傀儡にならないことを願います。(ま、それもそれで良いかも知れませんが・・・)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2007年12月10日 (月)

深刻な運動不足

日記に書いたところで解消されるわけではありませんが・・・運動不足です。
前にも書きましたが、半年の一度程度の昨日の模型教室ですが、各テーブルを回って、模型のチェックをする際、中腰になったり、しゃがんだり、知らず知らず屈伸運動をしていたのか・・・(15組×2回×約6~10工程=屈伸運動 約180~300回!)
今日、筋肉痛で立つのもままならず。情けない・・・。
(特に大腿二頭筋がツライのは、洋式トイレでしゃがまなくなったせいでしょうか?)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2007年12月 9日 (日)

しごと館の教室終了

え~、本日、「私のしごと館」模型教室に御参加いただいた皆様、ありがとうございました。午前・午後とも、ほぼ半数以上の参加者が塗装まで行えました。
やはり、「ティラノサウルスを作ろう」と言う事で、作る種類を絞ったのが良かったのでしょうか。
しごと館の御好意で、来年1月、2月中旬に、模型教室「ティラノサウルスを作ろう」を開催予定です。詳しい日程が決まりましたら、お知らせしますので、今回参加できなかった皆様、是非御参加下さい。
また3月9日の教室は「トリケラトプスを作ろう」を予定しています。

今日の模型教室で、とりあえず今年の外に赴く仕事は終了。まだ年内納品の原型製作が残っていますが、ほのかな年末気分を味わっています。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

200712091202000

| | コメント (0)

2007年12月 4日 (火)

こんなん出ました!

んん~何とま~。
木彫 キングギドラ」とは。仏師とは。ちょっと欲しいかも。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2007年12月 3日 (月)

準備完了!

Photo_2 今月9日(日)開催「私のしごと館」の模型教室用の芯材が完成!これで準備万端。毎度お馴染み、スターウォーズのクローン兵状態です。御参加の皆様、よろしくお願いします。

ところで、「BSマンガ夜話」で紹介されていた「新説 ザ・ワールド・イズ・マイン1~5」をアマゾンで注文して一気に読みました。いや~面白かった!久しぶりに寝る間も惜しんで読みました。一緒に「解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯」を読んでいたので、ジョン・ハンターの生涯を新井英樹が描いたら、きっと面白いな~と思ってしまいました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

 

| | コメント (2)

2007年12月 1日 (土)

恐竜模型教室のこと

師走です。師走と聞くだけで、何やら気忙しいですね~。
福井県立恐竜博物館での来年1月13日の模型教室の受付は12月13日からですので、よろしくお願いします。
さて、「私のしごと館」での模型教室ですが、今月9日の教室は定員に達したため受付は締切りましたが、館の御好意で、1月、2月に追加の教室が予定されています。はっきり日程が決まりましたら、追ってお知らせしますね。
また「私のしごと館」では、定期的に教室が行えそうなので、恐竜の種類を回毎に決めて作ろうと計画しています。最初はやっぱり「ティラノサウルス」ですね。今、作り方などイラスト資料や芯を作成中です。絵を描くのは楽しいな。
3月の教室はトリケラトプスを予定しています。

追伸:「恐竜大戦!」よろしく!

Photo Photo (「恐竜大戦」 12月2日 読売新聞での広告)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »