« 嗜好 | トップページ | 再び人形を作る その2 完成 »

2007年12月19日 (水)

再び人形を作る その1

原型の仕事が一段落したので、(懲りずに)再び人形を作り始めました。
約束通り、今度は「医女」姿。
今回は、ちょっと試したい作り方がありました。
立像を作る時は、いつも針金なんかで芯を作りますが、今回はカマボコ大の板を使って、半立体(レリーフ)化して行きました。
これだと、粘土が乾くのを待たなくて、ある程度造型を進め行けると考えたからです。
まず、(似せないように 笑)顔を作り、身体、着物へとどんどん作っていきます。レリーフ状と言っても、ほぼ全身の前面3/4ほどは作ります。
今回は両手を前掛け?の中に入れている、よく劇中に出てくるポーズ。決して、手を作るのが邪魔臭かったのではありません。
ほぼ出来たところで、板からベリッとはがし、後面の出来ていないところを作っていきました。
医女特有の帽子やチマなどは写真集を見ながら、テキトーに作っています。イメージ先行ですので、考証派はスルーしてください。
この形になるまで、昨日、今日の2日でしたから、結構早いかも?この方法?明日、色まで塗れるかな?
(本作は「宮廷女官チャングムの誓い」とは全~く関係ありません。ってね)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

C1 C2 C3 C4 C5 C6

|

« 嗜好 | トップページ | 再び人形を作る その2 完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嗜好 | トップページ | 再び人形を作る その2 完成 »