« 別荘考 | トップページ | ラジオに出るぞ! »

2008年4月11日 (金)

丹波竜2007年版復元模型

昨日、丹波市役所に「丹波竜2007年版」模型を納品に行きました。
模型は三枝先生のアドバイスもいただきながら、ノンスケールで大(1m)・小(50cm)の2種類を現在想像できる限りのイメージで作らせていただきました。
納品だけのつもりが、思わぬ市長さんと同席の記者発表に同席することになってしまい、汗びっしょりの1日でした。
この模型は「丹波竜フェスティバル2008」で展示予定です。
第2次発掘のクリーニングや研究、また第3次の発掘などで、この模型の姿も今後、ガラッと変わるかも知れませんが、それも素敵で、恐竜発掘の醍醐味ですね。
「丹波竜フェスティバル2008」では私も恐竜模型も展示される予定ですので、是非、皆さんお越しください。

丹波竜ドットコム 神戸新聞 朝日新聞 丹波新聞

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

Photo

|

« 別荘考 | トップページ | ラジオに出るぞ! »

コメント

すんげ~!!

恐竜と共に、歴史に名前が残るやん!
うらやましー、かっこいいー。
けど、作者の〇〇は別よ。

〇〇に当てはまる文字を入れて
楽しく読んでね(笑)

投稿: アール | 2008年4月11日 (金) 20時28分

すごいですね!とうとう発表ですか!2007年版というところも味噌ですね。ボックス型の胴体がいかにもティタノサウルスらしくていいですね。
是非拝見させていただきたい!
素晴らしい!

投稿: タブリン | 2008年4月11日 (金) 22時28分

アールさん、ありがとうございます。歴史に名前は残さんと思いますが、ん~〇〇にはマイナスな言葉しか思い浮かばん・・・。

タブリンさん、この前の書き込みいただいた時は発表前でしたので、曖昧な返事しか出来きずすみませんでした。
新聞には三枝先生の監修と言う言葉が出ていますが、現時点では全身の監修が可能なほどの化石がまだ無い状態ですので、今回はあくまでイメージモデル、今考えられる無難な姿と言う方向で助言をいただいております。
これからのクリーニングや研究、発見、発掘が続けば、この模型からどんどん姿が変わっていくでしょうし、タブリンさんも、より正確な骨格模型を作れるかも知れませんね。

投稿: カズやん | 2008年4月11日 (金) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別荘考 | トップページ | ラジオに出るぞ! »