« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

ニュースにオレが!

今頃でなんですが、今年6月22日に、愛知県の豊橋市自然史博物館で行いました模型教室、「自然史講座 ユアンモウサウルスを復元しよう」の当日取材されたニュース画像(地元のケーブルTV局です)がありましたので、せっかくなんで紹介しときます(わしのファンもいらっしゃるみたいです) happy01

豊橋ケーブルネットワーク

6月23日放送 自然史講座 ユアンモウサウルスを復元しよう(直リンク ウインドウズ メディアプレイヤー必要)

さて、いよいよ明日から12月、師走です。なんかそう聞くだけ、気ぜわしくなってきますね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2008年11月29日 (土)

メタボ検診 結果

Metabo 先日しぶしぶ行ったメタボ検診の結果が送られてきました。
見事撃沈!この※印の数・・・
このブログでも再三書いていますが、不摂生な生活していますからね~ despair
ま、今の仕事が一段落ついたらお医者さんに行きましょう。

健康の曲がり角にある世代ですが、ASO総理がおっしゃるように、今しっかり健康管理をするかしないかで、その後の人生も変わるんでしょうね(もう手遅れか・・・)。
ところで、オバマ新アメリカ大統領や元厚生官僚連続殺傷事件の犯人って、同年齢なんですよね。(羽賀研二も)人生色々やね~ think

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2008年11月28日 (金)

こむこむの恐竜を作る!その8 目をつくる

口ができたら、今度は目を作ります。
「目は口ほどにものを言う」ということわざがあるぐらいですし、どんな動物でも生物でも、最初に見るのは「目」です。(誰ですか?オレは最初に胸を見ると言ってるのはpout
その意味でも、目を作るのは非常に重要だと思います。
17年前、実物大のドロマエオサウルスを制作したときは、インターネットなど無い時代でしたので、電話帳で剥製屋さんを探し、剥製に使う義眼を買い求めに行きました。しかし、直径3cmの義眼は無いと言われ、特注で作ってもらった覚えがあります。
今ならネットでも検索でき、通販もあるようですが、先の経験もあり、目玉に使えそうなものを見つけると、その時必要無くても購入するようにしていました。
今回使用するのもそのひとつで、以前購入していた、「アニマルアイ」です。確か手芸屋さんで買ったと思います。
瞳が丸いタイプと細い猫目のものがありましたが、今回は猫目を使用します。
41a_2 そのままでは可愛すぎるので、裏に塗られている黄色い色をふき取り、まず透明にします。
42a 次に瞳孔の周りを白くふちどり、
43a その周りに虹彩を書き込みます。虹彩の点々はミリペンを使用しています。
44a 虹彩の金色はアルミテープを裏から貼っています。
45a これで、目玉のできあがりです。
今回は自信が無かったので既製品を応用しましたが、色々目の作り方も調べましたので、近いうち挑戦してみようと思います。

続く

こむこむ 恐竜模型からみえる世界展」まであと22日

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2008年11月27日 (木)

こむこむの恐竜を作る!その7 歯をつくる

さて、今回は「歯」を作ります。
恐竜模型を作り始めたころ、歯も本体と同じ石粉粘土で作っていました。石粉粘土は前にも書きましたが、乾くと非常に硬くなり、歯やツノ、爪などのように先が尖って細くい形になると、衝撃に弱く、すぐ折れてしまいます。これは石粉粘土だけでなく、硬化する粘土の宿命です。
展示会などに作品を貸出すと、必ず歯の二三本は折れて帰ってきます。
その経験があるので、ある時期から歯や爪は「樹脂粘土」を使うことにしています。
樹脂粘土は種類にもよりますが、乾いた後も弾力性があり、少々の衝撃は、たわんで吸収して折れることはありません。また程よい半透明感もあり、角質の表現には適しています。
32a今回は「グレイス 」という樹脂粘土を使って歯を作ります。
33a

写真などを参考に指で丸めて歯の形にして、大小作ります。
34a 上下あわせて70本程度作ります。
35a 次に前回作った顎のクチビルの内側に着色した歯ぐきを作り、作った歯を植えていきます。
36aこの時、ある程度長さをカットして、ボンドも使って固着します。
38a骨格図や写真などを参考にして、歯の角度なども整えていきます。
39a 歯が植え終わったら、舌もつけますが、舌の裏側や歯に接する部分など、後から色を塗りにくいところは先に塗装しておきます。
40a_2

続く

こむこむ 恐竜模型からみえる世界展」まであと23日

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2008年11月26日 (水)

こむこむの恐竜を作る!その6 口をつくる

25a上顎、下顎の表面が出来ました。
次は内側を作っていきます。
26a_3クチビルの厚さ分を残し、
27a_2 彫刻刀で内側を削っていきます。
 
28a この部分には後から歯ぐきを作り、歯を植えていきます。
29a 次に口腔内を作っていきます。上顎の口蓋、下顎には舌を作っていきます。
30a ベロベロベ~bleah この様な内部の軟部組織は化石からは分かりませんので、現生の大型爬虫類などを参考にします。31a
また後から色の塗れない、クチビルの内側などは、歯を植える前に塗装を済ませます。
色はワニの口の中を参考にしました。

続く

こむこむ 恐竜模型からみえる世界展」まであと24日

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2008年11月25日 (火)

こむこむの恐竜を作る!その5 頭をつくる

さて、いよいよ粘土を使って造形していきます。
B 使う粘土は石粉粘土の「ファンド 」です。
この粘土は他の石粉粘土に比べると、袋から出したてでも、けっこうかたく、あつかいづらい粘土ですが、シワなどの表現がしやすく、動物の造形には向いている粘土です。また乾燥後はかなり硬くなります。
私はかれこれ20年以上使っています。

最初は粘土を薄くのばして、発泡スチロールの頭の芯につけていきます。
17a この粘土は完全に乾燥すのには結構時間がかかりますが(粘土の厚みにもよりますが、1日以上)、表面は30分ほどで、ほんのりと乾いてきます。
18a そのため、粘土の表面が乾かない、やわらかいうちに形を作っていき、ウロコなどをつけていくには、ある程度時間との競争になります。
19a ですから、あらかじめ時間内で終了できる量・範囲にのみ粘土をつけていきます。
(頭骨レプリカを骨格の参考に使っています。目玉は位置把握のため、仮どめです)
20a ウロコやシワはヘラやニードルで粘土が乾かないうちにつけていきます。
今回はまず、左片側にだけ粘土をつけて、ディティールをつけていきます。
21a ウロコをつけ終わりました。
次に右側を同じように作っていきます。
23a 下顎も同様に作っていきます。

続く

こむこむ 恐竜模型からみえる世界展」まであと25日

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2008年11月24日 (月)

こむこむの恐竜を作る!その4 芯を作る2

今回使用する道具を並べてみました。
A 上の黄色いものは、前回、そして今回使用するスチロールカッター 、ボンド、左下から造形用粘土(石粉粘土 )、ハサミ、粘土ヘラ、ニードル等々です。

さて、今回は発泡スチロールから切り取ったパーツを整形していきます。
10a 胴体部分は、肋骨の厚みがありますので、3枚の発泡スチロールを張り合わせています。
11a 次にスチロールカッター を使って角(かど)を取って丸みをつけていきます。
13a これに粘土をつけていくことを考え、設計図と照らし合わせながら、行っていきます。
14a 同様に各パーツも整形していきます。
立体的なパーツが出来上がってきたので、だいたいのボリュームが把握できてきました。
次はいよいよ粘土を使って作っていきます。

続く

こむこむ 恐竜模型からみえる世界展」まであと26日

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2008年11月23日 (日)

こむこむの恐竜を作る!その3 芯を作る1

今回制作するディノニクスの模型を、出来る限り軽量にするため、芯材に発泡スチロールを使用することにしました。
もちろん丈夫さも必要ですが、メインに使用する粘土は、乾燥後はかなり固くなりますので、その点は安心です。
軽量化できれば、左足をある程度補強すれば、片足立ちも可能になるでしょう。
そうと決まれば、さっそく最寄のホームセンターに直行。
90cm×90cm×10cm(厚)の発泡スチロールの板を使います。
5a 実寸の拡大コピー図をもとに、芯の型紙を描き起こし、その型紙を発泡スチロール面に描き写します。
6a 芯材の大きさは、粘土をつける厚さを考慮して、図よりも2~3cm小さめなるようにします。
あまり小さい芯にしてしまうと、粘土の量が多くなり、かなり重量が増すことになります。(粘土は1cmの厚さがあれば、十分強度があります)
7a 発泡スチロールを切り取るのに「スチロールカッター 」という道具を使います。
8a これは熱くなったニクロム線で発泡スチロールを溶かして切っていく道具です。結構有毒な煙や臭いが出ますので、マスクをして、風通しの良いところで作業します。
9a 頭、下顎、胴体を3枚、尻尾、足、腕の各パーツを切り出しました。

続く

こむこむ 恐竜模型からみえる世界展」まであと27日

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (5)

2008年11月22日 (土)

京大学園祭

2 昨日は長男と一緒に2年ぶりに京都大学の学園祭に行ってきました。なんか、学際の古書市と百万遍界隈の古書店まわりをしたいとのことで、やっぱり嗜好が私と似ています。
4_2息子が古本市を物色している間、私は京都大学総合博物館に。
ナウマンゾウやアケボノゾウの模型は西尾製作所さんのものでしょうか。
ボルネオのジャングルのジオラマはなかなか圧巻でした。
(撮影が禁止だったので、実物は是非現地で御覧あれ)
1_2 ミュージアムショップで噂の化石チョコが。
3 模擬店でワニとダチョウの焼き鳥?を買い、学食でカツカレーを食べて帰ってきました。(ピントが地面に・・・)
5 博物館にあった、竹ヒゴカー。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2008年11月21日 (金)

こむこむの恐竜を作る!その2 実寸図を描く

今回のような大きな模型の場合、粘土(主に油土)で原型を作り、石膏やゴムで雌型を取り、FRPなどの樹脂で中空の雄型を成形するのがセオリーですが、いかんせん、私は粘土造形しか出来ませんので、今回も基本的には粘土造形で作っていきます。
さて、決定稿のイメージスケッチを、実際の骨格図や骨格標本と照らし合わせ、ポーズなど合わせて、作る模型のための設計図を描きます。
1a 次にその図を、作る実寸に拡大コピーしていきます。(作業場にあるコピー機は小さいので、ツギハギだらけ)
2a これで、だいたい作る模型の大きさは把握できました。

「こむこむ」の企画担当者さん、今回のディノニクス模型のスケッチのチェックのやりとりで、恐竜にかなり詳しくて、好きなことが分かります。
やはり、ディノニクスの生態を反映した動的なポーズが一番かっこいい!
そのためには片足立ちだ!
これまでに、1/10スケールのティラノサウルスやスピノサウルスなど1.5m前後の模型は作りましたたが、今回は1/2スケールで質量が違います(頭部や胴体の比率が大きい。)。
また片足立ちですので、自立するため強度が必要になります(以前制作した実物大ドロマエオサウルスの経験からも)。
ですから、今回の模型には
1)全体をできるだけ軽量化する。
2)支柱になる左後足に強度をもたせる(最悪、胸部分にも支柱を立てる)。
以上の2点に留意して制作していくことにしました。
3a_3 そのために必要な材料とは?

続く

こむこむ 恐竜模型からみえる世界展」まであと29日

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2008年11月20日 (木)

こむこむの恐竜を作る!その1 資料を集める

福島市の「福島市子どもの夢を育む施設 こむこむ」で私の恐竜模型を展示していただく「恐竜模型からみえる世界展 荒木一成が創り出すディノ☆ワールド」の開催まで、あと一ヶ月となりました。(12月20日(土)からです)
その展示会と「こむこむ」に常設展示のため、現在新たな恐竜模型を制作中です。
今日からその模型の制作記を開催日まで書いていきたいと思います。(無事間に合うよう、皆さん祈ってね happy01

さて福島周辺で配布されているイベントのチラシの裏にはこんな記述があります。
Photo_2 しかしこのまま、謎の恐竜でこの制作記を続けることは事実上不可能に思えますので、このブログを見ていただいている特典で、正体をばらしましょう。
今回制作するのは小型肉食恐竜「ディノニクス」です。
常設展示用ということで、私としてはかなり大きめの2分の1スケール、全長約150cm、高さ約80cmの模型を制作することになりました。
ディノニクスは恐竜ファンにとっては、特別な恐竜です。この恐竜の発見が恐竜温血説のきっかけとなり、現在に続く恐竜ルネサンスの始まりのきっかけにもなったからです。

では、制作の前にまずは資料を集めましょう。
A 幸い先述のように有名な恐竜なので、骨格図や写真、復元図も豊富にあります。骨格標本も各地の博物館にあり、写真も撮っていました。
また私は頭骨のレプリカも持っていますので、資料には困りませんでした。

次に、イメージスケッチを描いていきます。
A_2 私なりのイメージで何枚かポーズを描き、こむこむさんの確認、修正を繰り返し、決定稿が決まりました。
いままさに、獲物に飛びかからんとする、片足を上げたポーズです!
お~なかなか動的なポーズだ!
しかし困ったぞ。片足で立たせることになってしまうぞ~ shock

続く

こむこむ 恐竜模型からみえる世界展」まであと30日

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2008年11月19日 (水)

白影参上!

今日は寒かったですね。
風もビュンビュン強くて、一挙に冬が来たみたいでした。
作業場で仕事をしているとピンポーンと、チャイムが鳴りました。運送屋さんです。
事前に知らせがあり、荷物は大きなダンボール(170×100×70㎝)です。
インターホンで私が在宅しているのを確認した運送屋さんは、少し離れて停めているトラックに荷物を取りにいったようでした。
ところが運送屋さん、私が玄関でハンコを持って待っていても、なかなか荷物を持ってきません。
3分ぐらい待っていたでしょうか?
「これはおかしい・・・」と思った私は、外に出て見に行きました。
すると、畳二枚分はあろうかと思われるダンボールを持ったオッチャンが、強風にあおられ、あっちにフラフラ、こっちにヨロヨロしながら悪戦苦闘している姿が!
あわてて助けにいきましたが、もう少し風が強かったら、おっちゃん、凧のように飛んでいってたかも知れませんね!
Photo 一部屋占領しているダンボール・・・ gawk

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2008年11月15日 (土)

プラモデル屋さん

200811151514000a 最近プラモデルを全然作っていませんが、ちょっと車や単車のプラモが必要になり、買いに行きました。
近頃、町のプラモデル屋さんはとんと見なくなりましたね。ちょっとした模型や工具は家電量販店やトイザラスなんかで買うことが多いのですが、今日は近所の(と言っても車で30分以上かかる・・・)ガーデンモール木津川の「タムタム」と言う模型店に模型好きの息子と一緒に行ってきました。
いや~、なかなかの品揃えで、とりあえず、私が欲しかったものはありました。(リンドバークの恐竜模型もありました)
全てワンフロアにあるので、日本橋のジョーシン(物量は圧倒的に勝っていますが)のように違う階にいちいち移動する必要もなく楽でした。
プラモだけではなく、ミニカーや鉄道模型、ラジコンやサーキットと、何でもありのお店なので、ひまつぶしにはもってこいですね。
(とは言うものの、森ノ宮の「あすか模型」みたいに、宇宙モノなら、ミールや宇宙ステーション、模型洋書など、マニア心を鷲づかみするほどの品揃えではありませんので、あしからず)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)
200811151450000
200811151451000

| | コメント (2)

2008年11月13日 (木)

飲玩

L1 つい買ってしまいました。ローソンのANAフィギュア(海洋堂製)。
特に欲しいわけでもないのですが、もう病気ですね。
ちょうど20分の1スケールのフィギュアが欲しかったんですが、ちょっと寸法が足りんかったかな。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)
L2

| | コメント (0)

2008年11月12日 (水)

日本の景気対策には

やっぱり自動車ですね。
先の日記から、10日間ほどバイク通勤しましたが、雨でびしょ濡れになるわ、寒いわ、荷物は運べないわなど、すぐに降参。
と言うわけで、低迷する日本経済、株価向上のために、H社の燃費の良さげな車に乗り換え!(H社の株は持ってないけど・・・ 画像はトミカ happy01 )
でも、よ~走るけど小っさい車で乗り降りが不自由です。
よ~しっ!高速道路料金が1000円になったら、走りまくるぞ!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

Fit

| | コメント (5)

2008年11月11日 (火)

なかなかいいかも?

少し前、「新婚さんいらっしゃい!」を見ていて、外人の男性(たしか英国人)と日本人女性のカップルが出てきた時の話し。
ふたりが知り合ったきっかけは、男性が街中で地図をを持ってキョロキョロしている時、女性が「May I help you?」と声をかけてきたそうな。
実はこれ、この外人男性のナンパのテクニックで、これまでも何人も成功していたらしい。
これはなかなか理にかなった方法ではありませんか。
私は恥ずかしながら、ナンパなんてしたことありませんが、やみくもに声をかけても、成功率なんて、何十人にひとりでしょうか?
しかし、先の方法だと、声をかけてきた段階ですでに、「外人に興味があり」「英語が(少しは)話せる」「困ってる人を放っておけない、心の優しい」という、かなりの水準をクリアしているわけで、その中から、自分のお好みの女性を選べばいいわけです。(もちろんその先は、男性の腕しだいでしょうが)
そうか!恐竜博物館で、粘土で恐竜を作っていて、「もしもし」って声をかけてきたら、それは!・・・・きっと警備員でしょう・・・「ここでそんなことしてはだめですよ」

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2008年11月10日 (月)

一番の宝

先日corvoさんのブログで、ガンダムの産みの親、富野由悠季氏のトークが紹介されていました。ちょっと長いですが、面白かったです。
私のブログは、恐竜好きの方はもちろんですが、もの作りの好きな人が多く来てくれてると思うので、興味のある方はどうぞ。
「お前らの作品は所詮コピーだ」――富野由悠季さん、プロ論を語る
読む人の、年齢や立ち位置、経験値によって、いかようにも意味を感じることができると思いますが、今の私は「自分が手の届く範囲のことを一生懸命やることが一番の宝だ」というのが、すごく実感として分かるような気がします。
かつて数々のヒット曲を飛ばした某音楽プロデューサーも、人がうらやむぐらいたくさんの宝を持ちながら、自分の手の届かない範囲に手を伸ばしちゃったんですかね think
(そんな意味ちゃうって coldsweats01 )

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2008年11月 6日 (木)

いっぺん行っときましょう。恐竜ランド

1 関西の恐竜マニアなら、一度は行かなあかんと、ず~っと思っていて、これまで行けなかった、隠れた聖地「恐竜ランド」に行ってきました。
和歌山県の花園村と言う、けっこう山の中にあり、銅山の坑道跡を利用した施設です。
2 山林の中の道を上って行くとジュラシックパークのような門と実物大のディプロドクスがお出迎えしてくれます。
料金は800円。入り口に置いてあるヘルメットをかぶって、いざ洞窟へ。
洞窟内には近づくとセンサーで動き出す恐竜模型があり、スタンプを押して回っていきます。上や下への移動も多く、結構疲れます。
3 昔懐かしい、ゴジラ立ちのティラノサウルス親子。背中の模様は、大英博物館の模型を参考にしたのでしょうか。
5 このステゴサウルスはタミヤの模型を参考にしているのでしょうか。(それともエアフィックス?)
4 トラコドンは、有名なブリアンの絵の参考にしたみたいですが、顔もお手々も「うらめしや~」
6 新しく追加された「極楽洞」には天国、地獄巡りもあり、思わぬ、プチ・タイガーバーム・ガーデンを体験できました。
洞窟内は岩むき出しで天井も低いため、背の高い私は、何度も頭をこすり、「ヘルメットがなければ即死だった」状態でした。
7 だいたいの内容は見知っていたので、脱力感もさほどではありませんでしたが、それよりも、季節はずれの平日に行ったためか、洞窟内は私ひとり・・・。それが一番こわかった・・・ shock
(しかし、ひとごとながら経営していけるんでしょうか・・・)
10 スタンプカード

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2008年11月 3日 (月)

傾城傾国

先日テレビでチャン・ツィイーの「LOVERS」やってましたね。
冒頭で華麗な舞と共に歌われる詩はコレです。
国を捨てても手に入れたい美女ですか・・・。
以前、「この世で一番幸せなのは、初恋の人と結ばれることや」と言いきった知人がいました。
ロマンチストだな~ lovely
そうかも知れないし、違うかも知れませんが、(初恋の人が、そのひとにとって最高のひとかどうかも・・・)そんな幸せな人は滅多にいないでしょうね。
ものすごい豪邸に住んでる一人ぼっちの大金持ちと、貧乏でも好きな人と一緒に暮らしているのと、どちらかを選べるとしたらどうしましょう think

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

1165337075a

陳淑芬

| | コメント (4)

2008年11月 1日 (土)

計算してみよう

昨日の日記に、励ましのメールなどいただき、大変恐縮しています。そんな切羽詰った状態ではなく、ご心配無用ですので、お騒がせいたしました。
私の場合、作業場までの足や交通費は当然、必要経費になるわけです。そこで、いい機会なので少し計算をしてみましょう。
自宅から作業場までの距離は6km(往復12km) 1ヵ月20日、年240日勤務 ガソリン1L:130円 として、3年間の総費用の比較です。(もちろんテキトーな計算)

①タクシーで通勤する
片道1970円なので、往復3940円×720日=約284万円NAVITIME調べ)
②自動車を買って通勤する
新車200万円+諸経費30万円+税金12万円+任意保険24万円+駐車場21万円+ガソリン代(燃費10km/L)12万円-売却80万円=約219万円
③新車をリースして通勤する
リース代216万(6万円/月)+任意保険24万円+駐車場21万円+ガソリン代(燃費10km/L)12万円=約273万円
④バスで通勤する
片道290円なので、往復580円×720日=約42万円
⑤ミニバイクを買って通勤する
新車15万円+ガソリン代(燃費30km/L)3.8万円+自賠責保険1万円-売却2万円=約18万円
⑥自転車を買って通勤する
新車1.5万円+缶コーヒー代(往復1本/日)17.3万円=約19万円
⑦歩いて通勤する(十分歩ける距離なので)
缶コーヒー代(往復1本/日)17.3万円=約18万円

通勤のみに使うなら、車をリースするのもタクシー使うのも、あんまり変わりませんね。しかもタクシー利用なら自分で事故を起こす心配もいりませんし、酒を飲んでてもいいしbottle
バスが意外にも高いですね。バス停まで歩く必要もあるし。ま、回数券や定期を使用すると、もっと安くなるかも。
私は自転車に乗ると、缶コーヒーが飲みたくなるので、それも算入しましたが、実際には関係ないですね。ま、歩いたり、自転車を使うというのは、健康にもつながることですから、お金には代えられない効果があるかもしれません。
しかし、経費にするということは、この金額以上の売上げないといけないということで・・・やっぱり今のところミニバイクが妥当ですかね coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »