« こむこむの恐竜を作る!その7 歯をつくる | トップページ | メタボ検診 結果 »

2008年11月28日 (金)

こむこむの恐竜を作る!その8 目をつくる

口ができたら、今度は目を作ります。
「目は口ほどにものを言う」ということわざがあるぐらいですし、どんな動物でも生物でも、最初に見るのは「目」です。(誰ですか?オレは最初に胸を見ると言ってるのはpout
その意味でも、目を作るのは非常に重要だと思います。
17年前、実物大のドロマエオサウルスを制作したときは、インターネットなど無い時代でしたので、電話帳で剥製屋さんを探し、剥製に使う義眼を買い求めに行きました。しかし、直径3cmの義眼は無いと言われ、特注で作ってもらった覚えがあります。
今ならネットでも検索でき、通販もあるようですが、先の経験もあり、目玉に使えそうなものを見つけると、その時必要無くても購入するようにしていました。
今回使用するのもそのひとつで、以前購入していた、「アニマルアイ」です。確か手芸屋さんで買ったと思います。
瞳が丸いタイプと細い猫目のものがありましたが、今回は猫目を使用します。
41a_2 そのままでは可愛すぎるので、裏に塗られている黄色い色をふき取り、まず透明にします。
42a 次に瞳孔の周りを白くふちどり、
43a その周りに虹彩を書き込みます。虹彩の点々はミリペンを使用しています。
44a 虹彩の金色はアルミテープを裏から貼っています。
45a これで、目玉のできあがりです。
今回は自信が無かったので既製品を応用しましたが、色々目の作り方も調べましたので、近いうち挑戦してみようと思います。

続く

こむこむ 恐竜模型からみえる世界展」まであと22日

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« こむこむの恐竜を作る!その7 歯をつくる | トップページ | メタボ検診 結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こむこむの恐竜を作る!その7 歯をつくる | トップページ | メタボ検診 結果 »