« こむこむの恐竜を作る!その11 支柱をつくる | トップページ | こむこむの恐竜を作る!その13 腕の芯をつくる »

2008年12月 5日 (金)

こむこむの恐竜を作る!その12 おっと修正!

59a 左足の支柱をつけた身体の芯に粘土を薄くつけ、乾燥します。こんな大きな物体の乾燥には、炎天下の車のダッシュボードが一番ですが、最近のような日差しだとあまり効果はありません。
69a 次にベースを作ります。
71a あとから粘土で地面を作る関係から頑丈で反りが少ない厚めのベニヤを使います。
74a 頭を仮止めして、ベースに立ててみました。
おや?あんまり迫力が無いな~ despair。ちょっと口の開け具合が少なかったようです。
76a いったん完成していた頭部ですが、顎を取り外し、迫力のある角度に修正します。
77a 白熱灯を使って強制乾燥しています。
お~こっちの方がかっこいいぜ!happy01
78a

続く

こむこむ 恐竜模型からみえる世界展」まであと15日

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« こむこむの恐竜を作る!その11 支柱をつくる | トップページ | こむこむの恐竜を作る!その13 腕の芯をつくる »

コメント

く、車のダッシュボード!
笑えました!!

でも、盲点でしたな。

私もボンドの乾燥の時には、白熱灯はたまに使いますが、ダッシュボードは思いつかなかった。
そやけど、荒木さん、そんなでかいしっぽ置いてたら、通行人が…

投稿: タブリン | 2008年12月 5日 (金) 06時44分

夏場のダッシュボードは無敵ですよ!
どんなに大きくても、半日置いてたら、カッチカチやで!熱くて持てないくらいの時もあります。
確かに、通行人はびっくりするかも知れませんねhappy01

投稿: カズやん | 2008年12月 5日 (金) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こむこむの恐竜を作る!その11 支柱をつくる | トップページ | こむこむの恐竜を作る!その13 腕の芯をつくる »