« コメンテーターと言う仕事 | トップページ | あの季節がやってきた! »

2009年2月25日 (水)

ボヤッキー(ただのグチです)

毎年のおつとめ、確定申告も済ませ、時間がポッカリ空いたので、TSUTAYAでビデオを借りて見まくりました。
「ダークナイト」「スターシップ・トゥルーパーズ」「スターシップ・トゥルーパーズ2」「スターシップ・トゥルーパーズ3」「クローン・ウォーズ」(偏ってる・・・)
この順番で見てしまいました。coldsweats01
「ダークナイト」は噂どおり見応えのある映画でした。「クローン・ウォーズ」も前に書きましたが、スターウォーズってもうキャラクターもメカも独り立ちしているので、全部CGでもあんまり違和感なく楽しめました。
「スターシップ・トゥルーパーズ」の1は好きなんです。映画館も行きましたし、ビデオも何回も見ましたし。(思わずロボコップもYouTubeで見てしまった。やっぱり面白い!)
で、2と3なんですが、2はどうでもいいや(ティペットさん、ゴメン)。
問題は3です。噂には聞いていたので、そんなに期待していた訳じゃないんです。でもね。パワードスーツって、私らぐらいの年代のSFファンなら、やっぱり見たいじゃないですか。どんな風に映像化されたのか。結果・・・・・・・・・・。sad
これじゃ「ロボ・ジョックス」の方がましじゃ!と思ってYouTubeで「ロボ・ジョックス」の動画を見ると、これも・・・・。sad (やっぱり記憶ってテキトー)
一昨年「トランスフォーマー」を見たとき、変形ロボットなんてCGで何でもできると思いましたが、やっぱり技術よりセンスなんですか?それとも予算?
「ダークナイト」なんか見るとやっぱり役者?演出?
こんなの見ると「デビルマン」をちゃんと映画化してほしくなりますね。(ドラゴンボールが悪しき前例になりませんように)
今回の実写版「ヤッターマン」なんかは、そういう意味で、日本のファンに可も無く不可も無い映像化をめざしているような感じですね。(知らんけど)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« コメンテーターと言う仕事 | トップページ | あの季節がやってきた! »

コメント

全く関係無いけど、
わたしゃ、ドラエモンの
実写版(中国の)がスキ。
ドラエモンがシュールです。

投稿: アール | 2009年2月26日 (木) 01時44分

映画祭りでしたか?
私は最近ずっと観ていませんね~
今、無性に寅さんが観たいですが・・・

あっ、ボヤッキーって福島県出身なんですよ。

投稿: 自虐の女 | 2009年2月26日 (木) 09時58分

アールさん
あの微妙に似せない気持ち悪さは独特ですよね。
子どもの頃、ベッタン(メンコ)の絵によくありました。ツノが3本あるアトムとか…(昔の日本も同じようなもん)

自虐の女さん
>ボヤッキーって福島県出身
アハハハ トリビヤネタ、ありがとうございます。急に親近感が湧いてきました。
でも生瀬さんってまんまそっくりですね。
寅さんですか、しぶい!
私も最近はレンタル屋が多いです。ついのれんをくぐってしまいそうに…secret

投稿: カズやん | 2009年2月26日 (木) 10時27分

個人的にヤッターマンの二人より、ボヤッキーが好きですので、同県出身は自慢です!!
「全国の女子高生」にばかり呼びかけないで、たまにはアダルトな年代にむけてもお願いしたいと思っておりますが・・・。(笑)
そののれんをくぐる時はやはり、前後左右、まわりの確認をされるようお気をつけくださいませ。

投稿: 自虐の女 | 2009年2月26日 (木) 12時49分

気をつけます(笑)
自虐の女さんはヤッターマンが世代的にはド真ん中でしょうか?(こんなこと書いたら女性に失礼ですね)
私はタツノコプロと言えば、宇宙エース、マッハGo、紅三四郎ですね。ガッチャマン、キャシャーンはギリギリです。ヤッターマンは見てません・・・。

投稿: カズやん | 2009年2月27日 (金) 14時39分

>ヤッターマンは見てません・・・。

うげっ、僕は荒木さんよりちょっと上の世代なんですが、ヤッターマンは観てました^^;

さがしてみたら、当時のレコードまでありましたから、なかなかコアなファンだったかも(^^)

FSXはつまるところセンスの問題、というのは確かにそうだと思います。作り手側に「こういうのが観たい」という切実な思いがないと、出来上がったものにはあまりリアリティがないというか、「適当に流した」感がぬぐいきれないものになってしまいがちですね。

逆に、低予算の手作り映画でも、そうした気持ちが強いものには「魂」を感じます。

昔だとゼネプロの「八岐大蛇」なんかそうでしたし、最近では「ネガドン」なんか、ほとんど気持ちだけで作ってますが、見応えはありました。

投稿: TOM | 2009年2月28日 (土) 12時44分

TOMさん、私は仮面ライダーも見ていないクチですから、多分裏番組を見ていた可能性が高いです。
>作り手側に「こういうのが観たい」
確かにその通りだと思いますね。
スターウォーズの一作目や2001年なんか、まず壮大な「絵(画面)」の構想があって、いかにその「絵」に特撮で近づけるかという戦いだった感じがしますね。
CG(VFXっていうんですか)は、本当に素晴らしい技術ですが、使いこなしているんじゃなくて、それに使われているような感じがしますね。

投稿: カズやん | 2009年2月28日 (土) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コメンテーターと言う仕事 | トップページ | あの季節がやってきた! »