« ヴェロキラプトルを作る その1 | トップページ | ヴェロキラプトルを作る その3 »

2009年5月22日 (金)

ヴェロキラプトルを作る その2

ヴェロキラプトルを作るの2回目は、いよいよ粘土で形を作っていきます。
スケッチ、骨格図などを参考に針金を芯にし、粘土を盛っていきます。
今回使用した粘土は「 ファンドソフト
手触りは、「 ラドール 」に似ていますが、もう少し肌理が細かいイメージで、「 プルミエ 」や「 プレミックス 」より硬い感じです。
しかしいつも使う「ファンド」よりはるかに柔らかいので、形を決めるのが難しいです。(ヘラで押すと、すぐ形が変わってしまう)

ヴェロキラプトルは流行の羽毛タイプで作っていきます。
2_2
丘陵は、粘土のムクでは重すぎるので、発泡スチロールを適当な大きさにカットし、芯にしています。
3

次回につづく

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« ヴェロキラプトルを作る その1 | トップページ | ヴェロキラプトルを作る その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴェロキラプトルを作る その1 | トップページ | ヴェロキラプトルを作る その3 »