« ガンダムVSスピノサウルス 後編 | トップページ | NASA APOLLO ASTRONAUT "Buck" »

2009年8月25日 (火)

X Planes

先日「ライトスタッフ」を見てから、なんかアポロづいています。
で、あるものを探すのに2日かかってしまいました。
「確かここに仕舞ったはず・・・」と、家中の押入れや屋根裏を探し、それでも無いので作業部屋の押入れ、段ボール箱を開けて、やっと見つかりました。
Xplanes
1:144 X Planesの6機セット 「ライトスタッフ」でチャック・イェーガーが有人で初めて音速の壁を破ったBell X-1も含まれています。
はっきり言って、X Planesのことは全然知らないんですが、NASAが宇宙開発する前段階のようなものだったんでしょうか。それとも航空機の可能性を追求した計画だったんでしょうか。この模型シリーズをネットで調べてもHobbico社のシリーズという以上、イマイチ分りませんでした。

Bell X-1 最初に音速を超えた有人ロケット機
X1
Douglas X-3 2基のターボジェットを搭載
X3
Northrup X-4 最初の無尾翼機
X4
Bell X-5 最初の可変翼機
X5
X-15A-2 有人でマッハ6.72を記録した
X15a2
X-24A 最初の無翼リフティングタイプで、スペースシャトルにつながる機体
X24a

これからも、カテゴリーに「アポログッズ」を新設して、コレクションを紹介していこうと思います。

アポログッズコレクション

恐竜を見にきた方、ごめんなさい。coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« ガンダムVSスピノサウルス 後編 | トップページ | NASA APOLLO ASTRONAUT "Buck" »

コメント

Xシリーズ(?)って、こんなにあったんですね。
私もタミヤのX-1作りましたが、夢があっていいですよね。
でも『ライトスタッフ』未だ見てません(笑)。

投稿: A.E.G | 2009年8月27日 (木) 22時12分

Xプレーンは、私もほとんど知識がありませんが、何となく宇宙開発に関係してそうなので買っていました。
探すと、結構スケールモデルも売ってますね。
「ライトスタッフ」今日もBS2で放映されていました。coldsweats0120年以上前の映画ですが、特撮も迫力ありますよ。

投稿: カズやん | 2009年8月27日 (木) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガンダムVSスピノサウルス 後編 | トップページ | NASA APOLLO ASTRONAUT "Buck" »