« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

パチモンの良心

2 前の日記もそうですが、福井の恐竜博物館に年に1・2回教室等で行きますので、いつも寄るリサイクルショップがあります。

11 今回も打合せが終わってから、片山津温泉に行く途中にある「万代書店 石川加賀店」に行き、帰りに武生の「お宝一番 越前店」に寄りました。

12 戦利品はこんなモノばっかりです・・・。サファリのアロサウルス150円、海洋堂ドラゴン300円、恐竜キングミニフィギュア3個で50円也 coldsweats01

14 ところで某ショップにあった「サウンド〇ウルス」なるオモチャですが、元ネタがバッチリ判る造形だったので、思わず買ってしまいました。
15 このスピノサウルス、明らかにPAPOのを参考しているのが分かりますね。(大きさまでそっくり。でも630円、しかも鳴く)

比べるとよく分かりますが、明らかにヘタクソに作ってあります。これは、技術や知識が無くてヘタなのか、やっぱりそっくりに作ってはいけないと言う良心からわざとヘタなのかは分かりません。

私の小さい頃の日本はパチモンのオンパレードでした。本家の円谷怪獣に角を生やしたメンコなどやりたい放題でしたね。
それに比べれば中国の石景山遊園なんてかわいいものです。キティちゃんモドキのちぢれたヒゲはやはりかすかな良心の表れでしょうか。

そんなどうでもいい事をつらつら考える秋の夜長です。moon1

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (10)

2009年10月28日 (水)

またまた北陸へ

昨日、仕事の打合せで福井県立恐竜博物館へ行ってきました。
1 おりしもカマラサウルスお披露目の日で、幸運にも立ち会うことができました。
さて、当初は日帰りの予定だったのですが、少し打合せが延びたので、やっぱり一泊することにしました。(3時間足らずで帰宅できるんですが、嫁にはそういう理由でcoldsweats01

3 宿の予約をしていなかったのですが、こんなこともあろうかと、事前にココをチェックしていました。
ここは日帰り入浴のまま、朝まで過ごすことができます。仮眠室もちゃんとあるし、お芝居も見れるし、マンガコーナーもあります。午後6時からだと、入浴料500円プラス深夜料金800円、計1300円で翌朝10時までって、リーズナブルですよね。
明くる日は長浜と彦根城に行くつもりでしたが、露天風呂に入ってると、柴山潟の向こうでジェット機の爆音が!
予定変更!明日は小松基地に行こう!

さて今日は昨日とうってかわって快晴。sun
日帰りの予定だったので小松基地の見学予約をしていませんでしたが、ナビで調べると滑走路の西端に道路があります。これはもしかしたら、絶好のビュウポイントかも。
やっぱりそうでした。たくさんのギャラリーが望遠カメラを手にして空を見上げています。
私も車を停め、ギャラリーの中に加わると、一目でそれと分かる軍事オタクさんが、「今、6機飛んでるから、もうすぐ帰ってくるよ」と親切に教えてくれました。
10 まもなく、爆音と共に頭上をF-15が!
わ~全然写真が撮れない!ピントは合わんわ、速すぎてフレームに収まらんわ、まともな写真は一枚も撮れませんでした。(デジカメの反応も遅いし)
いや~、でも興奮するな~。happy02
6 「今日は11月1日の航空祭の練習でいつもよりよく飛んでるんや。いい時に来たな」と軍事オタクさんに誉められてしまいました。
7 近くにある「石川県立 航空プラザ」にも寄りましたが無料施設なのに充実した展示です。実機も模型もたくさんあり、売店にも「愛」を感じました。(だって、売店に「モデルアート」のバックナンバーがあるんだもんねwobbly

8 さて、戦闘機の離発着をもっと見ていたい誘惑を押しのけ、前回行き損ねた「日本元気劇場」に行ってみることにしました。
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」のロケに使用された「戦艦三笠ミュージアム」を見たかったんですが・・・。
平日だったので人も少なく、ちょっとさみしい感じでした。
9 せっかくなんで食堂で海軍カレーを食べて帰りました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2009年10月26日 (月)

また買ってしまった・・・アポロ

先日紹介した、バンダイが発売する「大人の超合金 アポロ11号&サターンV型ロケット」ですが、予約開始されたので、悩んだすえ買ってしまいました。coldsweats01
ま、なんですな、これを買わんかったからと言って、その分お金が残ってるかと言うと、残ってないもんね~。何か別のものに化けてる訳だから、これでいいのだ。(←自分に言い聞かせている)

なかなかかっこいい、一段目ロケット
940
二段目ロケット
922
そして月着陸船 バンダイプレスリリース
035

Saturnvcutawaymodel_3これで安心できないのが、あの4Dパズルから今度はサターンロケット1/100スケールが出るんだとさ。
 
Stegosaurus_3オマケにステゴサウルス解剖模型も出るんだとさ。(フェバリットさん、出してくれますか?ついでにサターンロケットもよろしく!scissors


おっさんの懐が休まる日は無い・・・え?これって子供用ですか??wobbly

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2009年10月25日 (日)

オルニトレステスを作ろう! その6 完成

オルニトレステスの完成編です。

出来上がった模型に塗装していきます。
A1_3
ベースの地面に草を植えて、出来上がり。(A)
ステゴサウルスも塗装していきます。いつもの様にアクリル絵具を使用。(B)
喰われている部分も塗っていきます。(C)
仕上げに内臓部分にクリアカラーを塗ってヌメヌメ感を出します。(D)

オルニトレステス1号を塗ります。
A1_4
文字通り色々考えましたが、今回は斑点模様で。なかなかイイ感じに塗れました。(F)

オルニトレステス2号
A1_5
口にお肉をくわえているところを作るため、針金を通します。(G)
くわえてるように見えますか?(H)

と言うことで、無事完成。happy01
D10
ホームページに掲載しましたのでこちらを御覧ください。(今度は卒業式だ!)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2009年10月24日 (土)

オルニトレステスを作ろう! その5

オルニトレステスの続きです。
ちょっと地面がさみしいので、草でも植えましょう。
実際、ジュラ紀にどんな植物が繁茂していたか専門書で調べて作れないといけないところですが、今回はあったかどうか分からない下這えの草をでっち上げで作ります。
A1
まず100円ショップで購入した、型抜きパンチを使って元型を作ります。(A)
それにアクリル絵具で彩色し、二つ折りして草の形にします。(B)
若干太いので、葉の部分をハサミで二つに切り込みます。いっぱい出来ました。(C)
地面の要所に木工用ボンドで接着していきます。(D)

ん~、自作の草はいまいちもっさりしているので、前から一度使ってみたかった、「紙創り」で作ってみましょう。
A1_2
使ったのは「シダ類」。結構値段が高いので、使うのに根性がいります(一枚1000円!)。(E)
切り取る前に色を塗ります。ちょっと力が入るとすぐちぎれてしまうの要注意。(F)
あ~やっぱりよく出来ているな~。G)
効果的に使いましょう。(H)

「紙創り」はとても良くできていて、いいのですが、いかんせん値段が高いので、いっぱい使いたい時はつらいですね。自作の草で使用した「型抜きパンチ」みたいので、シダ類や椰子の葉っぱなんかあればいいんですけどね。別に、「紙創り」ほど繊細でなくていいですから、どっかパンチ作ってください。そしたらジャングルでもお手軽に作れるのにね。confident

その6に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2009年10月23日 (金)

キングコング・グッズ その6 V-レックス VS コング

ピーター・ジャクソン版「キングコング」(King Kong 2005年)グッズその6はウェタ社(WETA)「V-レックスVSコング V-Rex vs Kong」です。
まさに劇中のクライマックス、3頭のV-レックスからアンを守るために必死に戦うコング!そのワンショットを切り取ったかの様な迫真の立体化ですね。サルは嫌いだが、これは許そう。
嫁に内緒で買ってから、押入れに隠したまま全く開けていませんでした。

箱 デカスギ!30インチのブラウン管テレビぐらいあるぞ!(手前のVHSテープ参照)
Kv1
梱包状態
Kv2
エディションナンバー 1869/4000
Kv3
全体 サイズ 59.7cm x 53.3cm x 25.4cm!重さ20kg!
Kv4
V-レックスの背中
Kv5
「助けて~!」
Kv6
撮影中、嫁さんに見られてしまいました。wobbly

V-レックスよりも恐い顔をしていました。shock

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2009年10月22日 (木)

オルニトレステスを作ろう! その4

昨夜は1時間ほど夜空を見上げていましたが、一個も流星を見ることができませんでした・・・寒かった・・・despair

さてオルニトレステスの続きです。

A1
恐竜3体がだいたい出来てきたので、ベースの飾り台を作ります。(A)
パネルをベースに使って、周りをモール材で囲みます。
100円ショップで買った、45度切り用治具(何て名前だ?)を使って切りますが、素材がプラスチックなので、一緒に切れてしまい、あんまり使い物になりません。(B)
何とか切れました。(C)
モール材を接着し、接合部はパテなどで修正します。(D)

次はベースの地面を作ります。
A1_2
今回地面の表現に、先日ホビーショップで見つけた、タミヤの「 情景テクスチャーペイント 」なるものを使ってみました。(E)
まず「土 ブラウン」を全面に塗っていきます。けっこうザラザラしてイイ感じですね。(F)
そしてところどころに「草 グリーン」を着けていきます。繊維が入っていて、草っぽいちゃ草っぽいかな?(G)
ちょっとありきたりな出来上がりですが、これぐらいの大きさの地面に使用のに手軽で良いかもしれませんね。(H)

その5に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2009年10月21日 (水)

悲しいイムジン河のヨッパライ

フォーク世代でもなく、音楽にも疎いので加藤和彦さんのことはあまり知りませんでした。
しかし、小学生の頃「帰って来たヨッパライ」なんかはリアルタイムで楽しんだ世代でもあります。
「イムジン河」を知ったのは映画「パッチギ!」
今日、あらためて「パッチギ!」を観ました。
「イムジン河」「悲しくてやりきれない」「あの素晴らしい愛をもう一度」
涙が出ました。
見終わって、いつまでも心に残るのは、「悲しくてやりきれない」のメロディーです。
悲しくて、切なくて、それでいてやさしいメロディーですね。confident
オダギリ・ジョー バージョン

悲しくてやりきれない フォーククルセイダーズ

音楽っていいですね。世代を超えて永遠に生き続けますもんね。
(やっぱりこの映画の沢尻エリカはいいな~。飛び蹴りする真木よう子も coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2009年10月20日 (火)

オルニトレステスを作ろう! その3

オルニトレステスの続きです。
さて、オルニトレステスたちの食事になっている恐竜を決めないといけません。
ジュラ紀後期で、北アメリカに生息していた草食恐竜って結構限られています。
もっとも、「草食」の恐竜である必要もないし、ましてや「恐竜」にする必要もありませんが、なんとなく草食恐竜がいいかなって思ってしまいますよね。おれだけ?coldsweats01
あんまりオルニトレステスにシルエットが似てない方が「それらしい」ので、そうなると剣竜かカミナリ竜ってことに・・・。
と言う訳で、今回の獲物は「ステゴサウルスの子供」に決まりました。(一応書いておくと、ステゴサウルスをオルニトレステスが食べていたと言う直接的な化石の証拠はありませんので、全て想像です)

ベースにオルニトレステスを配置して、ステゴちゃんの芯をざっと作ります。
A5
腹腔をぽっかり空け、後足や尻尾に噛あとなんかをつけます。
A7
力無くだらけた脚を作り
A8
背中に骨板をつけます。
A10
まだ内臓が残ってます。

その4に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2009年10月19日 (月)

キングコング・グッズ その5 ベナトサウルス・アタック

ピーター・ジャクソン版「キングコング」(King Kong 2005年)グッズその5はウェタ社(WETA)「ベナトサウルス(ベナートサウルス)・アタック Venatosaurus Attack」です。
これは随分以前にも少し紹介しましたが、劇中のワンシーンを表現したスタチューです。


Va4
梱包状態
Va5
エディションナンバーは331/3000
Va6
全体 サイズ25.4cm x 44.5cm x 21.6cm(台座含)
Va1
詳細
Va2
画面では動きが早すぎて、何がなにやら分かりませんが、素晴らしいディテールですね。
デザイン的には前も書きましたが、敏捷で狡猾なドロマエオサウルスの末裔とは思えない、もっさりした顔つきがあんまり好きではありません。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

オルニトレステスを作ろう! その2

オルニトレステスの続きです。
4
芯に粘土を盛り、形を作っていきます。
「人形は顔が命」ですから、まず顔から。
7
順に首、胴体、足、尻尾と作っていきます。
8今回は2匹ですので、2匹同時進行です。
A3 
ベースに地面になる粘土をはりつけ、位置を大体決めていきます。
A4
木のベースに粘土が付かないように、サランラップを張っておきます。
この時点では、餌食になっているモノはまだ決まっていません。coldsweats01

その3に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2009年10月17日 (土)

キングコング・グッズ その4  フェルークツス・スカル

ピーター・ジャクソン版「キングコング」(King Kong 2005年)グッズその4はウェタ社(WETA)「フェルークツス(こんな読みでいいの?)頭骨 Ferructus Skull
劇中ではちょっとしか登場しない角竜。見たところパキリノサウルスの子孫ってところでしょうか。


F1
梱包状態
F2
頭骨 サイズ29.2cm x 17.8cm x 21.6cm(台座含)
F3
角竜好きの私としては、V-レックスでもキングコングでもいいですが、からみの活躍シーンが見たかったですね。
角竜のデザインとしては、結構派手ですが、実際に見つかっている角竜化石でも、ディアブロケラトプスなんて同じくらい派手なのが発掘されますから面白いですね。
丁寧な梱包なので台座にとりつけませんでした。このまままた梱包。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2009年10月16日 (金)

キングコング・グッズ その3  ベナトサウルス・スカル

ピーター・ジャクソン版「キングコング」(King Kong 2005年)グッズその3はウェタ社(WETA)「ベナトサウルス(ベナートサウルス)頭骨 Venatosaurus Skull
小型の敏捷な肉食恐竜で、ヴェロキラプトルの子孫でしょうか。
劇中では自分よりも大きなブロントサウルスを数頭で狩りをしていました。パニックにより暴走を始めたブロントサウルスの群に踏み潰されたり、もう無茶苦茶でしたね。


Ve1
梱包状態
Ve2
頭骨 サイズ 21.6cm x 8.9cm x 12.7cm(台座含)
Ve3
このスカルシリーズ、スケールを統一しているのでしょうか?ベナトサウルスの頭骨は他のものに比べると、やや小振りです。しかし、統一スケールだと大きすぎるかな?
丁寧な梱包なので台座にとりつけませんでした。このまままた梱包。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2009年10月15日 (木)

オルニトレステスを作ろう! その1

アポロが好きでもなく、私のコレクション自慢や記念写真も見たくなくても、我慢強くブログを見にきてくださる人たちのために、たまには模型を作らないとね。coldsweats01

たぶん、私はオルニトレステス (Ornitholestes)が好きです。(これまで何個も作っています)
チャールズ・R・ナイトの始祖鳥を捕まえているイラストが好きで、古典とは言え、その機敏な姿、尻尾を思いっきり持ち上げたスタイルなど、先達のイメージは時空を超え今見てもかっこいいですね。happy01
0
さて、まずは骨格を元にスケッチを描きます。今回は2匹のオルニトレステスが餌を漁っているところを作る予定です。(鼻の突起は、あったほうがカッコイイので付けますcoldsweats01
1
針金(アルミ線)と石粉粘土(ファンド)で芯を作ります。
2
足の芯も付けた状態。
3

その2に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2009年10月14日 (水)

流れた橋

私の作業場がある京都の八幡市には「上津屋橋」別名「流れ橋」があります。
ここは時代劇のロケでよく使われる有名な橋です。(在りし日の風景)
N5
先日の台風18号の増水で、見事に流れたそうなので、近いので見に行きました。(ただの嬉しがりcoldsweats01

四季彩館に車を停めると、「現在流れ橋は流出中」の看板が。
N1
お~見事に橋が無くなっています。
N2
橋脚だけ残して、無残な歩道部分で子供たちが遊んでいました。
N3
毎度お馴染み記念写真
N4

復旧には1年ほどかかるそうです。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2009年10月13日 (火)

♪どうでもいいですよ♪その26

I6
石畳が自慢だった私の住宅街中の道路でしたが、度重なる補修工事に自治会がいやになったのか、このたび普通の舗装道路になってしまいました。(下の画像)
I2
なんかこのツートンの色合い、どこかで見たことがあるな・・・と思っていたら
I1
我家の外壁の色でした・・・。勝手に真似したなぁsad

さて、ファミレスに行ったとき、店員さんを呼ぶコレ(下の画像)
まえから何かに似てるな~・・・と思っていたら
I3


こいつのココでした。coldsweats01
I5

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2009年10月12日 (月)

キングコング・グッズ その2  V-レックス・スカル

ピーター・ジャクソン版「キングコング」(King Kong 2005年)グッズその2はウェタ社(WETA)「V-レックス頭骨 V-Rex Skull
V-レックスはバスタトサウルス・レックス(Vastatosaurus-rex)。設定上ではT-rexの子孫だそうです。劇中では3匹のV-レックスとキングコングとの壮絶な死闘が繰り広げられます。


V1
梱包状態
V2
頭骨  サイズ 25.4cm x 10.2cm x 17.8cm(台座含)
V3
映画上では、スカルアイランドに生き残っている恐竜の子孫ですから、形態も進化している設定ですし、残されている頭骨は化石のような鉱物ではなく「骨」として表現されています。つまり白骨状態ですね。これがなかなか気持の良い表現です。ティラノサウルスの頭骨なんかもこんな風に作ってみると面白いでしょうね。
丁寧な梱包なので台座にとりつけませんでした。このまままた梱包。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2009年10月11日 (日)

キングコング・グッズ その1 コング・スカル

←お~富士山に雪が!fuji
先日、テレビでピーター・ジャクソン監督の「キングコング」(King Kong 2005年)をやってたので、何だか突然ですが恐竜コレクションのカテゴリーで、当時購入したグッズを紹介していきます。
まずは「コングの頭骨 Kong Skull
主人(猿)公ですが、サルは嫌いなので、買おうかどうか迷いましたが一応購入。


K1
梱包状態
K2
頭骨 サイズ25.4cm x 16.5cm x 16.5cm(台座含む)
K3
制作は映画の特殊技術も担当しているウェタ社(WETA)。本家本元が作ってるわけですね。出来は申し分ありません。
右眼窩上骨が骨折治癒しているところなんか芸が細かいです。
丁寧な梱包なので台座にとりつけませんでした。このまままた梱包。
私が買ったエテ公はこれだけで、あとは全部恐竜もどき関係ばかりです。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2009年10月10日 (土)

アポロ宇宙飛行士フィギュア その1

不定期アポログッズ紹介です。
先の日記ではレベルのアポロ宇宙飛行士を紹介しましたが、アポロ宇宙飛行士のフィギュアも色んなメーカーから発売されていました。
As2
向かって左から「SPACE EXPLORER 4D Puzzle」のアポロ宇宙飛行士、中が「CAN.DO NASA APOLLO11シリーズ」のアポロ宇宙飛行士、右が「The Human Space Flights Mission 原色大宇宙図鑑」Yujinのアポロ宇宙飛行士。
Yujinのが一番よくできていますが、影をわざわざ塗装で表現しなくても・・・。

アポログッズコレクション

恐竜を見にきた方、ごめんなさい。coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2009年10月 8日 (木)

アポロ宇宙飛行士プラモデル Revell

台風、風が凄かったです。
さて不定期アポログッズ紹介です。
米レベルの1/8サイズ、アポロ宇宙飛行士のプラモデルです。(Revell APOLLO ASTRONAUT On The Moon!)
こんなデカイ宇宙飛行士のプラモデルって珍しいですね。
確かジェミニ宇宙飛行士なんかもあったと思いますが私は持っていません。


Tm7
中身 見事なモナカキットですね。
Tm8

アポログッズコレクション

恐竜を見にきた方、ごめんなさい。coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2009年10月 5日 (月)

アポロ司令船プラモデル MONOGRAM

不定期アポログッズ紹介です。
米モノグラムの1/32スケールのアポロ司令船です。(MONOGRAM 1/32 APOLLO SPACECRAFT COMMAND SERVICE MODULE)
初の司令船のみプラモデル。(エレールかどっかが出してたかな?)
1/32スケールと言うのがいかにも飛行機模型サイズですね。
一部透明パーツを使って内部が再現されている、ディスプレイモデルですね。
何故か2つあります。
Co1
中身 酸素タンクや燃料タンクもありますので、爆発したアポロ13号オデッセイも再現可能か!?
Co2
これはオークションで入手した完成品模型です。
C1
でも同じスケールの月着陸船がなんで商品化されなかったんでしょう?不思議ですね。sad

アポログッズコレクション

恐竜を見にきた方、ごめんなさい。coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

月着陸船プラモデル AIRFIX

アメリカのレベル同様、イギリスのエアフィックス社(AIRFIX)もアポロ宇宙船のプラモデルを出しています。
APOLLO LUNAR MODULE 1/72スケール月着陸船とASTRONAUTS 宇宙飛行士セット
Tg8
中身
Tg9  
エアフィックスと言うと軍用機・軍用車両メーカーというイメージがありますが、1/72スケールというのが泣かせますね。宇宙飛行士セットにはいっぱい宇宙飛行士が入っていて、月面車もあります。

アポログッズコレクション

宇宙模型はこれ1冊でOK!

恐竜を見にきた方、ごめんなさい。coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2009年10月 3日 (土)

「火星のプリンセス」が映画化?

このブログでも時々話題にしていましたが、映画化されていない最後の古典SF、E・R・バローズの「火星のプリンセス」がついに映画化されるみたいですね。(ビーグル号もやってないか。調べると、随分以前から映画化の話があったみたいですね。wobbly
Page16364
私も中・高校生の頃、読んでいました。(武部本一郎の表紙ね)
その後もアメリカのF・フラゼッタのイラストに大きな影響を受けたりしました。
しかし、火星に異世界があって、地球人が大活躍!なんて話を映像化するなんて、やることが一周した感じですね。これからも古典の再映画化が増えるような気がします。
昨今のVFXには出来ない映像はありませんが、一歩間違えるとアナログ(アナクロ?)の特撮よりもチャッチくなりますから要注意ですね。昨日、テレビでやってた「キングコング」ぐらいガッツリやってほしいです。
肝心のプリンセス、デジャー・ソリスのフィギュアがもう発売されていますね・・・。(この際、イメージが・・・なんて野暮なことは言わないことにしましょう。誰が演じても万人が納得するなんて不可能なんですから。coldsweats01 演じるのはリン・コリンズという女優さんです。)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2009年10月 2日 (金)

月着陸船プラモデル MONOGRAM 

レベル同様、アメリカのモノグラム社(MONOGRAM)もアポロ宇宙船のプラモデルを出している。
FIRST LUNAR LANDING 1/48スケール月着陸船
Tg2
中身
Tg3  
これは1970年後半にバンダイが輸入代理していた、日本版のパッケージで説明書も日本語です。アオシマにしろレベルにしろエアフィックスにしろ、結構いいかげんなプラモデルが多い月着陸船プラモですが、このモノグラム版が一番まともでした。
ところが、ベースの月面に月着陸船の「影」まで彫刻してあり、当時それがすごい不評だったのを憶えています。

アポログッズコレクション

宇宙模型はこれ1冊でOK!

恐竜を見にきた方、ごめんなさい。coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »