« 懐かしの我が恐竜模型たち | トップページ | 女郎蜘蛛とゾウ »

2009年11月 6日 (金)

小学校で模型教室 ふたたび

今日は再びタブリンさんお勤めの小学校に模型教室に行ってきました。
前回同様、芯などは全てタブリンさんが用意されていますし、参加する生徒は授業の一環でPhoto 恐竜の下調べなどもできているので、私は参考用の模型を持っていくだけでした。
対象は5年・6年生で、午前午後の約3時間、がんばって作ってくれました。
先生も一緒に参加されましたが、基本的に先生への指導は「ほったらかし」です。coldsweats01
2年ぶりに「学校給食」をいただきました。ごちそうさまでした。
Photo_4 このまま粘土をつけるだけでOK?なアーケロンの芯
Photo_5 超小学生級スピノサウルス!wobbly

タブリンさんのブログ

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 懐かしの我が恐竜模型たち | トップページ | 女郎蜘蛛とゾウ »

コメント

山奥の学校までありがとうございました!
子どもたちも先生たちも、大変素晴らしい経験になりました。不思議とこういう学習ではいやがる子は一人もいないんですよね。恐竜というモチーフに加えて、先生の「良いところを認めて褒めて」というご指導が実を結んでいると思います。
本当にありがとうございました!

投稿: タブリン | 2009年11月 6日 (金) 22時45分

タブリンさん、こちらこそ良い機会をいただき、ありがとうございます。
私は1回きりの指導で、やりっぱなしですが、先生方は日々の学校教育の一環で指導を継続されなければいけませんので、本当に大変ですね。私にはとても無理です。
生徒のみなさんも長丁場でしたが、しっかり作ってくれて良かったです。
みなさんによろしくお伝えください。

投稿: カズやん | 2009年11月 6日 (金) 23時01分

荒木先生、今回はお世話になりました。
はい、私はプテロダウストロ(?)をつくっていた職員です。
普段は、学校校務全般に携わっておりますが、幸いにも時間を作ることが出来たので、参加させていただきました。
イメージを持つ想像、モノを作る楽しさ、集中し、時が止まったかのような空間…。
私にとって、最近忘れかけていた要素を、再発見することができました。
今回の様々な出会いをきっかけに、「無」になれる何かを見つけ、糧にしていきたく思います。
本日は本当に有難うございました。

投稿: mitchie0814 | 2009年11月 7日 (土) 01時05分

mitchie0814先生、昨日は御参加ありがとうございました。
宣言どおりほったらかしで申し訳ありませんでした。
でもおっしゃる通り、「無」になる時間って貴重ですよね。
私も長いこと恐竜を作っていますが、今でも何もかも忘れて作っていることがあります。
プテロダウストロの立体はあまり見ませんので、海面を飛ぶ雄姿、是非完成させてくださいね。

投稿: カズやん | 2009年11月 7日 (土) 09時26分

過去に豊橋で恐竜教室が開催されたとき、大人でも参加できますか?と聞いたら「見学だけなら良い」と言われ落ち込んだ私としてはうらやましい限りです!しかもタブリンさんとのペアだなんて夢の教室です!いつか荒木先生の教室を体験したいものです。

投稿: southair | 2009年11月 8日 (日) 10時11分

southairさん、いらっしゃいませ。
豊橋は子供さんのみの参加でしたので、残念でした。
>いつか荒木先生の教室を体験したいものです。
良い方法がありますよ!生命の海科学館で、タブリンさんと私のペア企画展、よろしくお願いします!happy01

投稿: カズやん | 2009年11月 8日 (日) 16時47分

うわー!それはスゴイ案ですね!(笑)
でも、いつかやってみたい企画展として温めることにします!

投稿: southair | 2009年11月 9日 (月) 08時36分

豊橋では私も涙を飲んだ口ですので実現したら参加しま~す♪
southair 様、楽しみにしております!!

投稿: umr | 2009年11月 9日 (月) 10時16分

umrさん、ナイスフォロー!

投稿: カズやん | 2009年11月 9日 (月) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐かしの我が恐竜模型たち | トップページ | 女郎蜘蛛とゾウ »