« 教室・講演 in 姫路科学館 | トップページ | 恐竜模型教室のお知らせです。 »

2010年5月31日 (月)

明石市立天文科学館に宇宙模型はあるか?

さて、昨日は姫路駅前のビジネスホテルに泊り(日帰り可能なのにね)、今日はリサイクルショップに寄りながら、ちんたら帰ってきました。
開放倉庫 姫路東店→竜宮堂書店→開放倉庫 明石西店の順に寄りました。(情報はこちらでチェック)

R2
今日のメインは先日リニューアルされた、明石市立天文科学館です。
かすかな記憶で小学生ぐらいの時に来たような。

R4
ある情報で宇宙機の模型が充実したと聞き、これは見ないといけないと思い、やってきました。が、少し期待はずれでした。despair

R6
大好きな月着陸船の模型もありましたが、1/48スケールと、「モノグラムのプラモかい!」というサイズでした。(ボイジャーはかっこよかった)

R7
ん~なんか、勝手な想像で、交通博物館にあるような1/10スケールのビックサイズ超精密 月着陸船模型やソユーズやらサターン・ロケットやらがあると思っていたもので・・・。(H-2ロケット模型は大きかったです。)
もっとも、ここは子午線が通ることから、時計や暦の展示が充実しており、不確かな情報で、勝手に宇宙機に期待を膨らませた自分が悪いんですねどね。coldsweats01
入場料にプラネタリウムの料金も入っているので見ました。昨日、講演を経験した後だったので、プラネタリウムの解説が面白く、よくあの真っ暗ななか「上手にしゃべらはるな~」と感心して聞いていました。

R8
14階の展望室からの眺めは素晴らしいです。けど夜景が見られないのはもったいない。

R5
で、今回の戦利品。あんまり収穫無し。

R9

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 教室・講演 in 姫路科学館 | トップページ | 恐竜模型教室のお知らせです。 »

コメント

「本当は、宇宙に行きたかった。」

友達の中に、H2ロケットの開発に関わっていたのがいて、同じように自分は飛行士になれなかったので、男の子ができたら飛行士にすると言ってました。女の子でも飛行士にするんだろう?と、問いかけて二人で笑っていたものです。
そんな彼は、エンジンの爆発事故で亡くなってしまい、私も事故を想いだすので、宇宙とは離れてました。

でも、あかつきの打ち上げを見て、彼のロケットが、私たちの夢が飛んでいくと思うと、もう戻っても許してくれるかな?と感じてしまいます。

投稿: 恐竜のお医者さん | 2010年6月 3日 (木) 23時10分

恐竜のお医者さん、辛い想い出がおありなんですね。
私はかぐやの月面の映像やハッブル望遠鏡の想像を絶する宇宙の画像を見るたびに、「あ~これが見ることができて良かった」と思います。confident

投稿: カズやん | 2010年6月 4日 (金) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教室・講演 in 姫路科学館 | トップページ | 恐竜模型教室のお知らせです。 »