« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

閑日

制作していた模型を納品して、少し時間ができたので、療養中の父の顔を見に行き、海洋堂にも寄ってきました。

K2
私 「くずはで個展やるんで見に来てくださいよ」

専務 「誰が行くかボケ」

と楽しい会話のあと、例のモノを見せてもらいました。

K3
ん~早く発売してほしいな~。happy01
太○の塔の完成品も見たぞ!いいぞ~!欲しいぞ!月着陸船も作ってください。)

K4
で、魔人さまにおまいりして、「神座」でラーメン食って、リサイクル屋に寄って帰宅しました。

K5
明日から展示会の準備や教室の芯作りでまた少し忙しくなりそうです。

(ワールドカップ惜しかったですね。ところで、パラグアイがバイアグラに見えてしまうのは、私だけ?)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2010年6月29日 (火)

うわ~!お休みだ!

昨日は福井県立恐竜博物館へ。

うわ~!なんてこった!お休みだ!wobbly

Fukui1
と言うのはもちろん承知しています。今回は模型の納品に参りました。coldsweats01

着色前の途中写真。常設展示される予定です。

Fukui3
色付き完成模型は、開館10周年のリニューアル展示される博物館で是非見てください。happy01

7月9日から10周年記念特別展「アジア恐竜時代の幕開け-巨大恐竜の進化-」(~11月7日)が開催されます。

Fukui2

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2010年6月26日 (土)

偉大なるミッション

「はやぶさ」でひっぱります。coldsweats01

今回の「はやぶさ帰還」の一連の報道で、真っ先に思い出したのは、以前書いたこの日記でした。

たいした知識の無い私が言ってもなんですが、「はやぶさ」や「アポロ13号」の奇跡の帰還は、人類の科学と英知の賜物で、偉大なミッションだったことは間違いないと思います。

しかし、もし「はやぶさ」が何のトラブルもなく予定通り帰ってきていたら、こんなにフィーバーしていたでしょうか?
アポロ計画も最初に月に降り立った11号と映画になった13号以外のことを、どれくらいの人が知っているんでしょう?

本当に偉大なミッションは、新聞に載ることもテレビで取り上げられることもなく、他人にそれとは知られることなく、毎日どこかで達成されているんでしょう。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2010年6月25日 (金)

憎悪だろ 憎悪

ワールドカップ、決勝進出ですね。wobbly

昨日の続きです。

「はやぶさ」への愛情とは?
「モノ」や「機械」に愛情を抱くのはよくあることです。
例えば、お人形さんや、ぬいぐるみ。車や道具にも、「愛車」「愛用品」といった具合ですが、今回の「はやぶさ」への愛情はそれとはちょっと違うような気もします。

私が一番近いと思ったのは「お掃除ロボット」でした。あの丸こい、床を這ってお掃除するやつ。
御主人が居ない間に「けなげ」に部屋を掃除して、電池が無くなると勝手にコンセントに充電しに行く「賢い」この道具に、愛称やアクセサリーをつけて「愛でている」人も多いと聞きます。
(普通の掃除機に、愛称つけている人は少ないでしょう)

「はやぶさ」も一人で「けなげ」に惑星探査に向かい、故障箇所を直す「賢さ」、そして最期は大気圏で燃え尽きる「はかなさ」が相まって、ただの機械以上の愛情を抱く物語が作られたのでしょう。
もちろん、これは事前のプログラムや地球からの指令によるものでしょうが、あたかも自律しているような姿にみんなが感動したんでしょう。

しかし、愛情の裏返しは「憎悪」です。

巨人が負けた放送を見て、テレビを壊すおっさんがいますが、それとは意味が違います。
今はまだ留守録に失敗したからと言って、ビデオデッキを壊す人はいませんが、もっと機械が賢く、自律してきたら、その失敗が許せないという気持ちが湧いてくるかもしれません。

「モノ」を壊すぐらいなら器物破損程度ですが、愛情を持っていた「モノ」を捨てられたことで、捨てた相手に危害を加えるといったことも起こるかもしれません。
そうなったら大変ですが、「はやぶさ」に多くの人が愛着を抱いたということは、その逆のことも多くの人におこりえると思います。

近い将来「お掃除ロボット殺人事件」なんて見出しが新聞に載るかもよ。coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2010年6月24日 (木)

愛だろ 愛

正直に告白します。

日頃、宇宙が好き、アポロ11号が好きと言ってるわりには、今回の「惑星探査機 はやぶさ」のことはほとんど知りませんでした。

と言うか、最近の宇宙開発のことはほとんど知りません。(ボイジャーあたりで終わってます)
「はやぶさ」については、このたびの帰還のニュースではじめてその旅の全容を知った、にわかファンです。
(ですから、根っからの「はやぶさファン」は読まないでね。恥ずかしいから)

驚いたのは、とにかく「はやぶさ」について語る人が「熱い」!

関西の情報番組では、科学通のような局アナが急に狩り出され、ゲストの漫才師や落語家の前で語りだすと、その「熱さ」にみんな急に興味を持ち始めます。
一番面白かったのは、NHKの朝の情報番組「あさイチ」で、真面目そうな解説委員の柳澤秀夫さんが、急に「はやぶさ」を熱く語りだし、女性のアナウンサーがドン引きしていたことです。

なんでこんなにみんな「熱い」のか?

愛ですよ。愛。

天下の読売新聞まで、今日の夕刊でこんなマンガを紹介していました。

思わずウルッとしかけましたよ。あぶない。あぶない。coldsweats01

最期に撮った地球の写真。本当に涙で曇っているみたいです。

Pn2010061301000706___ci0003_3

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2010年6月23日 (水)

徳川さんの恐竜展と角竜展

我が一番弟子の恐竜造形作家の徳川広和さんの恐竜模型展のお知らせです。

熊本県・天草市立御所浦白亜紀資料館で 「よみがえる恐竜と古代生物の世界-徳川広和作品展」(2010年7月17日~8月31日)
模型教室などワークショップも開催されるようですよ。
(「地球最古の恐竜展」でもありますよ)
着々と実績を積んでいってますね。(そのぶん師匠の仕事は減っていく・・・ crying

また以前私もお世話になった佐賀県立宇宙科学館では「恐竜展 トリケラトプスの世界」(7月17日~9月12日)が開催されます。
先日、NHKの「熱中スタジアム」で私の隣に座っていた、田中真士さんが総合プロディースをつとめ、ディアブロケラトプス(仮称)も本邦初公開されます。
角竜だけの展覧会と言うには珍しいですよね。
期間中、恐竜マンガ「AL」を連載中の所十三さんのトークショー・サイン会も企画されています。

ところでみなさん、私の展示会もお忘れなく。(去年は全く無かったので嬉しい happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2010年6月22日 (火)

「怖い絵」と「はやぶさ」

先日、NHKで「“怖い絵”で人間を読む」(前・後編)を見ました。(再放送あり
中野京子著の「怖い絵」を中野さん自身の語りと映像で解説していましたが、面白かった。
本は3冊とも読んで、十分面白かったのですが、肝心の絵が小さいのと、周辺の歴史は文章から読み取るしかできないのですが、テレビではベラスケスにしろゴヤにしろ、本には載っていない絵や映像を見せることで、より背景を詳しく知ることができました。
見慣れた有名な絵画も、それが描かれた歴史的な背景や画家自身の生い立ちなどを知ると、まるで違う絵に見えてくるのがスゴイです。think

例えば先ごろ地球に帰還した「はやぶさ」も、それまで全く興味の無かった人でも、その発射からの帰還までの道のりがニュースで伝えられたとたん、まるで、おつかいに出してそのまま行方不明になった子犬が7年ぶりに帰ってきたような、不思議な親近感が湧いたのと同じでしょう。

中野さんの語りも決して上手ではありませんが、教室の授業みたいで良かった。
40歳過ぎると、なんか、学生時代って、食わず嫌いでもったいないことしていたような気がしますね。
きっと美術の時間も音楽の時間も歴史の時間も、今みたいに興味を持ってから聞いていたら、もっと面白かったんだろうな。(先生にもよるでしょうけど coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2010年6月20日 (日)

エウヘロプスを作るぞ! その3 完成

エウヘロプスを作るぞ!のまだ3回目ですが、もう彩色、そして完成編です。coldsweats01

Ec1
いつもようにアクリル絵具で塗っていきます。
まずベースの薄い色を塗ってから、濃い模様を塗り始めましたが・・・失敗。shock

Ec3

どうもイメージ通りにならないので、一度濃い色を上塗りします。

Ec4

薄い縞模様を後から塗ると、イメージ通りの模様になりました。wink

Ec5

爪や目など、細かい部分を仕上げ、完成です。HPにもアップしましたので御覧ください。エウヘロプス 2010

Ec6

このエウヘロプス模型は、福井県立恐竜博物館の特別展「アジア恐竜時代の幕開け-巨大恐竜の進化-」(7月9日~11月7日)に展示される予定です。happy01 この夏は恐竜博物館に行こう!(私のイベントもお忘れなく)
(6月21日㈪から7月8日㈭までの間、展示替えによる作業のため休館なので、注意してね)

Asiandinosign

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2010年6月19日 (土)

エウヘロプスを作るぞ! その2

エウヘロプスを作るぞ!の2回目は顔を作ります。
カマラサウルスに似ていますね。カマラサウルスよりも鼻が低い東洋人のイメージでしょうか?

E5

歯もカマラサウルスとよく似たスプーン状の形をしています。もう少し密に生やした方が良かったかな。
今回も鼻の穴は吻部の方に持ってきました。

E6

千手観音(別名 北斗百裂拳)の勢いで作っていきます。アタタタタタッ!アタッ!

Senju                (イメージ画像 coldsweats01

E7

都合により、あっと言う間に形ができました。つぎは色塗りです。

その3に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2010年6月17日 (木)

エウヘロプスを作るぞ! その1

いきなりですが、エウヘロプス Euhelopus を作ります。

エウヘロプスは中国で発見された竜脚類で、とても長い首を持っていました。
ユウヘロプス、ユーヘロプスなどの名前で昔からよく知られている恐竜です。
私が持っている子供の頃の図鑑にもちゃんと載っていました。

E1

体長は10~15m。今回作る模型は80cmですので、ま、1/10~1/20スケールです。
骨格図や標本の写真を拡大コピーします。

E2

私は不器用なので、左右両方の図面があるほうが作りやすいのです。鏡を使うという手もある。

E3

芯材はいつものように、発泡スチロールを削って作り、粘土を薄く貼り付けて作っています。

E4_2

都合により、あっと言う間に芯ができちゃいました。coldsweats01

その2に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2010年6月16日 (水)

地球最古の恐竜展

毎年夏に東京で開催される大恐竜展ですが、今年は幕張ではなく六本木ヒルズに出現!
地球最古の恐竜展」2010年7月10日(土)-9月26日(日)
恐竜出現の三畳紀にスポットをあてた貴重な標本がたくさん展示されます。
期間中、恐竜倶楽部の高井弘明氏の折り紙教室、(弟子の)徳川広和氏が(師匠を差し置いて)恐竜造形教室などイベントも盛りだくさんですよ!

A_23460

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2010年6月15日 (火)

ちょっと嬉しい

これまで、何冊か著書を出してもらいましたが、だいたい初版刷りで終わることが多いです。
ところが、今回「ぼくは恐竜造形家」が増刷されました!happy01

2
いや~嬉しいですね。もちろん部数は微々たるもんで、印税も超微々たるもんですが、NHKの「ゲゲゲの女房」を見ていてると、他人事とは思えず嬉しさも倍増します。
買っていただいた皆様、ありがとうございます。営業さん、ありがとうございます。

(講談社の「恐竜とおおむかしのいきもの100」もおかげさまで第4刷になりました)

D1

最近、デジタルメディアの台頭で、書籍や書店そのもの在り方が急激に変化しつつあるようです。
私は昔人間なので、本は実際にページをめくる、本棚に並べるということに価値を見出しますが、おそらくこれから大きく二極化すんでしょうね。本も買う方も。think

恐竜と大むかしのいきもの100

恐竜と大むかしのいきもの100

価格:683円(税込、送料別)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2010年6月10日 (木)

これは俺だ!

故 黒澤明監督の名作「七人の侍」に、菊千代が両親を野武士に殺された子供を抱き上げ、「こいつは俺だ!」と慟哭する場面があります。

私もついに発見しました。「これはオレだ!」ってやつを。

このCMの「リコーダー」は私そのものです。詰めが甘~く、ゆる~く、テキト~で・・・。
「もっと親指と小指をしっかり押さえんかい!」という声が聞こえてきそうです。coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2010年6月 4日 (金)

恐竜模型教室のお知らせです。

7月10日(土)福井県立恐竜博物館で、恐竜ふれあい教室「親子で恐竜模型をつくろう!」を行います。
6月10日~17日受付です。詳しくは博物館HPで。
特別展「アジアの恐竜時代の幕開け-巨大恐竜の進化-」(7月9日~11月7日)開催期間中です。(模型教室は9月5日(日)にもあります)

みなさんよろしくお願いします!

B B_2

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »