« 工房引越し作戦 その7 | トップページ | 宝の持ち腐れ »

2010年10月18日 (月)

工房引越し作戦 その8

ここ一週間ほど、新しい工房で昼は模型を作り、一旦自宅に帰って晩飯食べて風呂に入って、また工房に行って片付けて寝るという不規則で独身な生活をしています。coldsweats01

一階は模型展示と倉庫に使用する予定でしたが、あまりの荷物の量に本当にただの倉庫と化してしまいました。(引越し当日の画像)

H8_2
とにかくこの状況を少しでも改善しないとけません。

とりあえず当初の予定では、倉庫のスペース(グレー部分)を2通り想定していました。

A案(窓が無い東の壁側)

Adori1a
B案(窓2ヶ所ある北側半分。勝手口もあり)

Adori2a

仕切りには本棚を置き、残りスペースを展示スペースの予定。

悩んだ末、A案で進めてくことにしました。

まず恐竜模型の箱190個あまりを倉庫スペースに積み上げ、

Hi4
仕切りの本棚をスチール書棚と3段ボックスで10個で作ります。(本当はもっとお洒落なラックを予定していましたが、持ってるもので我慢・・・色もバラバラ coldsweats01
転倒防止の突っ張り棒は必須。本で圧死なんてシャレになりませんからね。

Hi5
とにかくダンボール箱を減らしたいので、開梱して本を本棚に入れていきました。入りきらない本はとりあえず前に積んどきます。
(本当はこの本並べが一番好きなんですがね~ weep
ん~・・・前と同じ家具を使うと、新しい家でも見た目が前と全然変わらないのが少し悲しいな。
本当なら専門家に空間から家具までデザインしてもらったら、さぞかしかっこいいんでしょうけどね。

Hi9
空いたスペースにオモチャの箱を移動させ、なんとか半分スペースを空けることができました。(窓の外が明るくなったり、暗くなったり・・・)

Hi10
まだまだ片付けに日々が続きそうです。despair

続く(不定期)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 工房引越し作戦 その7 | トップページ | 宝の持ち腐れ »

コメント

まいど、久しぶり。

ふと気付いたら、突っ張り棒に隙間が
できている。なぁ~んて要注意ですね。
確実に床が『たわんでる』証拠やんか。
間違い無く床が抜けるで。
まぁ吹き抜けが出来てええかも(笑)

投稿: アール | 2010年10月19日 (火) 00時53分

ご忠告ありがとうございます。
さすが人を不安にさせる名人ですね。
1階なので床が抜けて地下が出現したら儲けものですね。coldsweats01

投稿: カズやん | 2010年10月19日 (火) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 工房引越し作戦 その7 | トップページ | 宝の持ち腐れ »