« 最小の恐竜 フリタデンスを作るぞ! | トップページ | 静岡科学館「アロサウルスが見た世界」のお知らせ »

2010年12月14日 (火)

ピングー

子供がまだ小さい頃はよく一緒に見ていましたが、子供が大きくなってからは、全く見ていませんでした。
先日十数年ぶりに、寝床で偶然テレビでやっているのを、見るとはなしにボーっと見ました。

その時の話はこんなのでした。

ピングーがレコードを鳴らそうとしますが、家の中には疲れてお母さんがうたた寝しています。
レコードの音で、お母さんが起きるとかわいそうなので、ピングーは妹のピンガーと家の外でレコードを鳴らそうとします。
でも外にはコンセントがありません。
そこで、ピングーは屋根の上の風車にプレーヤーのコンセントをつなごうとしますが苦戦します。(風力発電?)
なかなかうまくつなげないでいるところに、郵便配達中のお父さんが通りかかります。
お父さんはヒョイヒョイと屋根に上って風車を直すと、レコードが軽快に鳴り始めました。
するとその音に気付いたのか、お母さんも外に出てきて、ピングーとピンガー、お父さん、お母さん輪になって、一緒にダンスを始めました。 おわり。

わたしゃ、思わず涙が出ましたよ。confident  なんて幸せな一家なんだろうって。
いや別にうちの家庭がとんでもないことになってるわけではありませんが、なんか幸せってすごく身近にあるんでしょうね。
若いひとには分からんだろ。

Pg30th_02_640

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 最小の恐竜 フリタデンスを作るぞ! | トップページ | 静岡科学館「アロサウルスが見た世界」のお知らせ »

コメント

そうですね…シヤワセって何だっけ?って そういうところにあるんですね ってうちもなんかあるわけじゃないですが。
忘年会よろしくです。

投稿: シズラー銀 | 2010年12月18日 (土) 09時04分

銀さん、忘年会よろしくお願いします。
一時でも家庭のことを忘れられます。ってか?coldsweats01

投稿: カズやん | 2010年12月18日 (土) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最小の恐竜 フリタデンスを作るぞ! | トップページ | 静岡科学館「アロサウルスが見た世界」のお知らせ »