« アロの変顔 | トップページ | ピングー »

2010年12月13日 (月)

最小の恐竜 フリタデンスを作るぞ!

唐突ですが、北米最小の恐竜、フリタデンス・ハーガロルム(Fruitadens haagarorum)を作ります。
フリタデンスはヘテロドントサウルスの仲間です。ヘテロドントサウルスは歯が牙や奥歯で形が違う、恐竜のなかでは非常に珍しい種類なんですよ。(恐竜はだいたい、同じ形の歯しかもっていませんからね)
フリタデンス・ハーガロルムの記事

あっ、もう形ができました。coldsweats01

A9
去年ヘテロドントサウルスの仲間で、ティアニュロング(Tianyulong confuciusi )と言う中国遼寧省で発見された恐竜に羽毛?剛毛?の痕跡がある化石が発見されているので、少し自信がありませんが、毛付き復元をしてみましょう。
背中に正中に沿って、リューターで溝を彫っていきます。

A8
テグス(釣り糸)を接着剤で埋めていきます。

A2
長さバラバラはとりあえず気にしない。

A3
う~ん、なんかこんなのいそう。(トワイライト・ゾーンのグレムリンみたい)
さて先を細くなるように毛先をそろえていきます。

A4
彩色はアクリル絵具で。

A5
模様も付けて、出来ました!

A6

ホームページにもアップしました。
フリタデンス・ハーガロルム2010

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« アロの変顔 | トップページ | ピングー »

コメント

こんにちは。新作の恐竜すごいですね。かっこいいです。身体のしわは粘土が固まってから掘るんですね。ぼくはいつも固まる前に粘土べらで掘っていましたがなかなかうまくいきませんでした。今度チャレンジしてみます。(院内学級より)

投稿: KENTA | 2010年12月14日 (火) 11時11分

KENTAくん、元気にやってますか。
私もシワやウロコは粘土がやわらかいうちに付けていますよ。
ヘラだけじゃなくて、千枚通しのような細い針先を使うと良いときもあります。

投稿: カズやん | 2010年12月14日 (火) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アロの変顔 | トップページ | ピングー »