« 「ちーたんの館」オープン | トップページ | 大谷君の新作 カマラサウルス »

2010年12月 6日 (月)

丹波竜「恐竜・子ども夢フォーラム」に出席

さて昨日12月5日は丹波竜化石工房「ちーたんの館」オープン記念イベント、「恐竜・子ども夢フォーラム」に出席してきました。

午前中は「子どもの頃に夢みた恐竜の世界」と題して、パネルディスカッションがありました。出演者は科博の真鍋真先生、早稲田大の平山廉先生、ひとはくの三枝春生先生、漫画家の所十三先生、そして私が子供の頃の恐竜源体験や、子供からの質問に答えるという形で行われました。(写真:平山先生御提供)

T21
私などは、完全に一聴講者になって、子供たちの鋭い質問への先生方の答えに頷いてばかりでした。coldsweats01

その後、現在大ブームになっているゆるキャラショーも開催され、丹波竜のちーたんはじめ、せんとくんなど御当地キャラが登場。

T7
なんと、私の住んでいる京田辺市からもキララちゃんが出演していました。
キララちゃんとぬりかべ君(うそ。本名わたる君)と記念撮影。

T11

屋外では化石発掘体験やグッズ売場で賑わっていました。

T8

さて午後からは、体験セミナー「恐竜を立体に感じよう!~恐竜フィギュアの世界~」を行いました。当初、私の恐竜模型を展示し、私が模型を作っているところを見学してもらうつもりでした。

T10
しかしやはり実際に粘土で作りたいと思う子供も多いだろうと考え、針金の芯を数個持っていきましたが、次から次へと子供が増え、急遽針金で芯を作り足し対応しましたが、準備不足のため、参加してくれた子供さんにも、お手伝いしていただいたスタッフさんにも御迷惑をおかけしました。反省。
いつも教室に参加してくれる薬師寺さん一家、大谷くんもかけつけてくれました。ありがとうございました。

普段なかなかお会いできない先生方や恐竜倶楽部の皆様にもお会いできて、本当に良かったです。
最後に今回このような記念の催しに呼んでいただき、丹波市スタッフの皆様にもお礼申し上げます。
皆様ありがとうございました。happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 「ちーたんの館」オープン | トップページ | 大谷君の新作 カマラサウルス »

コメント

毎日、息子とブログを見ています。
今日、初めてコメントを書きます。

今回のパネルディスカッションは、およそ子ども向けとは言いにくい(?)内容でした。

私は、真鍋さんの説明の上手さに聴き惚れていましたが、息子たちは最前列で途中から爆睡していました(申し訳なかったです)。

息子たちは、荒木さんや所さんの話を楽しみにしていたのですが、出番が少なくて残念でした。

私たちにとっては、5月30日の講演を聞かせていただいて以降、舞台上の荒木さんを体験させてもらう良い機会でした。

荒木さんの話は、真鍋さんたちとは違った意味で、子どもたちの立場に立ったわかりやすい説明でした。

そういう意味では、主催者の意図を一番理解していたパネラーだと思いましたよ。

息子たちも「荒木さんがもっとしゃべってくれたら良かったのに!」と言ってました。

造形教室に加えて、子ども向けの講演の機会がもっと増えれば、絶対に恐竜ファンが増えると思います。


投稿: 薬師寺 | 2010年12月 6日 (月) 21時17分

薬師寺さん、フォーラム御参加ありがとうございました。happy01

>荒木さんの話は、~わかりやすい説明でした。

もうヨイショと分かっていても、とても嬉しいです。coldsweats01
私にとっては、著名な先生方とご一緒でき、目からウロコの話を色々聞けて勉強になりました。(耳の話など)

もともと人前に立つのが大の苦手なのですが、講演などのお話があればがんばってトライしてみます。(←その気になってるcoldsweats01

投稿: カズやん | 2010年12月 6日 (月) 22時19分

>キララちゃんとぬりかべ君(うそ。本名わたる君)に爆笑してしまいました!
もちろんわたしもそう思ったものでsmile
「ちーたんの館」もちろん行きますpaper楽しみですnote

でもその前に済州島の恐竜公園に遠征してみようと企んでいますhorse
先生は行かれたことおありになりますか?

投稿: ぶくぶく☆ | 2010年12月 7日 (火) 23時14分

ぶくぶく☆さん、済州島ですか?チャングムが流されたとこですね。私は行ったことがありませんが、韓国でも恐竜が発見されていますから楽しみですね。
食べ物も美味しそうでうらやましいです。happy01

投稿: カズやん | 2010年12月 7日 (火) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ちーたんの館」オープン | トップページ | 大谷君の新作 カマラサウルス »