« シーラカンスが好き! その12 オリジナルフィギュア その弐 | トップページ | 初詣 »

2011年1月22日 (土)

濱田隆士先生の思い出

福井県立恐竜博物館、初代館長の濱田隆士先生がお亡くなりになりました。
私ごときが濱田先生の想い出を書くなど、おこがましいことは重々承知していますが、私の恐竜模型人生では、大変お世話になりましたので少し書いておきたいと思います。

私が博物館の展示模型を作ったのは、1989年の岡山県、笠岡市立カブトガニ博物館が最初で、その時監修していただいたのが濱田先生でした。
当時先生は、NHKの「地球大紀行」の監修などされ、平凡社の動物大百科別巻「恐竜」の監修もされていました。
それまで良い意味でも悪い意味でも、模型原型にしろ、雑誌連載にしろ私は好きなように恐竜模型を作っていましたが、このとき初めて研究者の監修を受ける経験をしました。
この時、先生に優しく接していただいたおかげで、今も恐竜模型作りを続けられていると真剣に思います。
またこの監修作業の一環で、アメリカのサンディエゴにある恐竜造型会社や博物館訪問など御一緒し、滞在中色々お話しを伺うことができたのも良い思い出です。
とにかくバイタリティ溢れた方でした。

私が先生と接したのは先生の人生のほんの一瞬だったと思いますが、私の恐竜模型人生には重要な関わりだったと思います。

心より御冥福をお祈り申し上げます。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« シーラカンスが好き! その12 オリジナルフィギュア その弐 | トップページ | 初詣 »

コメント

濱田先生は、テレビカメラの前でも臆することなく語る事ができる先生でした。恐竜惑星でも出演されていましたね。まだまだ、これからのご活躍を期待していただけに残念です。

それに、肺炎が原因だったとか…実は、肺炎は日本人の死亡原因第4位なんです。しかも、その90%以上は65歳以上の高齢者です。
しかし、予防可能な病気でもあります。肺炎の多くは細菌性のもので、原因菌は80種を越えますが、予防接種でその内の20種程度を抑えられます。これで肺炎を80%防ぐ事ができます。
残念ながら、一部の小児以外は保険対象から外れているせいか、高齢者の数%しか接種されていません。でも、多くの自治体で独自に補助をしていますから、高齢のご家族をお持ちの方は、ぜひお勧め下さい。

投稿: 恐竜のお医者さん | 2011年1月24日 (月) 06時26分

日本の恐竜ルネサンス期のスポークスマンとして科学とエンターテーメントとの橋渡しをされていたおひとりだったんじゃないでしょうか。

投稿: カズやん | 2011年1月24日 (月) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シーラカンスが好き! その12 オリジナルフィギュア その弐 | トップページ | 初詣 »