« アナログなデジタル化 | トップページ | コノドント館の企画展紹介 »

2011年6月13日 (月)

kentaさんのスピノサウルス

いつもコメントや作品投稿してくれる、kentaさんから、新作のスピノサウルス模型の写真が送られてきました。

Kenta3
お~、PAPOのスピノサウルスをお手本に作ったんですね。(左Kentaさん、右PAPO)

Kenta2
大きさもほぼ同じくらいですね。写真やイラストから立体を作るのは難しいですが、立体をお手本に作るのは、筋肉のふくらみや、シワやうろこの付け方など細かいところまでよく分かるので、勉強になったんじゃないでしょうか。

とてもよく出来ていると思いますよ。今回の経験はきっと次回作へのステップアップになるんじゃないでしょうか。happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« アナログなデジタル化 | トップページ | コノドント館の企画展紹介 »

コメント

こんにちは、自分の作品がブログにのるととてもうれしです。最近お母さんが僕の塗った色にいちゃもんをつけてきてとても悩んでいます。恐竜の色は、わからないと言ったのに全く聞いてくれませんどうにかなりませんか。

投稿: kenta | 2011年6月13日 (月) 12時02分

ん~色は難しいね。
自分の好きな色味ってのがあって、どうしても同じような感じの作品が多くなってきますね。
そんな時は思い切って、お母さんの好きな色を塗ってみるのも、作品に幅が出るかもよ?
失敗しても責任持ちませんが coldsweats01

投稿: カズやん | 2011年6月13日 (月) 16時56分

kentaさんのスピノサウルス、雰囲気出てますね~happy01
表情とか迫力あります

投稿: TAKEBU | 2011年6月13日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アナログなデジタル化 | トップページ | コノドント館の企画展紹介 »