« 帰りも富士山 | トップページ | ぴすたちお4号くんのステゴサウルス »

2011年12月17日 (土)

歳を取ると時間の経つのが早い

珍しく忙しい年末を過ごしています。
な~んにもやることの無い年末のブログはコレクション自慢なんかしていましたが、今年はのんきにブログを書くヒマもありません。
先日の上京の際も、せっかくなんで数日関東をウロウロ観光したかったのですが、そうもいきませんでした。
現在複数の仕事をかかえ、複数の模型制作を同時進行しているのですが、こんな事態は久しぶりで、ちょっと勘が狂っています。

一ヶ月で「これぐらいの量」を作るには、一週間でだいたい「このあたりまで作業を進める」という、アタリや勘働きがあったのですが、ま~一週間の過ぎるのが早いこと!早いこと!wobbly
「え~、もう『家政婦のミタ』の日ぃ~!?なんかこないだ見たと思ったのに!?」
と言うことは、ここまで進んでいないといけないのに、まだここまでしか出来てない・・・と言った具合です。

ま~ 歳を取ると時間の経つのが早いとはよく聞きますが、こういう時はこたえますね~。
段取りの感覚がすごくずれていて、ちょっと焦ってます sweat01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 帰りも富士山 | トップページ | ぴすたちお4号くんのステゴサウルス »

コメント

3歳児にとって一年は一生の3分の一だけど、金さん銀さんにとっては一瞬かも知れませんね。

投稿: トミー先生 | 2011年12月19日 (月) 09時26分

トミー先生、コメントありがとうございます。
いつまでも若い気分でいたらあきませんね~ coldsweats01
気持ちはいつまでも30代ですが、手の速さは確実に衰えてますからね~。
金さん銀さんの歳になったら、今の倍の速さで時間が過ぎるんですか!wobbly
なんか5億年ボタンの話を思い出しました。

投稿: カズやん | 2011年12月19日 (月) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰りも富士山 | トップページ | ぴすたちお4号くんのステゴサウルス »