« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

自己評価 造型師とアーチスト

先の日記の続きです。

よく「貴女は、いくらでヌードになりますか?」と言う企画で、わりとかわいい女の子が「10万円でOK!」とか、いかりや長助みたいな女性が「2億円でもイヤ!」とか聞きますね。
本心か冗談かは別にして、自己評価が異常に低い人間と、高い人間とは確かに存在すると思います。
AVに出る、援助交際をする、自傷行為のある女の子は自己評価が低いと聞いたことがあります。

さて、造型の世界ではどうでしょう?

私も含め、原型師、造型師を名乗っている人間は、総じて自己評価が低いように思います。
反対にアーティストを自称する人間は、自己評価が高いのではないでしょうか。

残念ながら私はアーティストの知り合いがいないので、以下は想像です。

仮にここに、伝統的な仏像を可動にするなりして、すごくスタイリッシュなフィギュアにした作品があるとします。

造型師はそれを商品の原型として販売会社に提供します。

アーティストはそれで個展なり展覧会で、世に発表します。

造型師はこう考えます。「ぼくの作っている程度の作品は、江戸末期や明治のころの職人が作った、超絶技巧の細工物の足元にも及ばない。まだまだもっと良いものを作らねば。」(想像)

アーティストの気持ちは私には分かりませんが、多分「俺はミケランジェロを超えたぜ~!」って思うんでしょう。(ちがう?)

私は自著にも書いていますが、恐竜模型を作って生活していますが、私より上手に恐竜を作れるひとは、世の中に星の数ほどもいると思っています。(たまたま違うものを作っているとか、才能に気が付いてないとか、世に出ることに興味がないとか)

ですから造型師はいつもこう思っています。「自分の代わりはいくらでもいる。だからがんばってもっと良いもの作らないと。」あるいは「こんなもの、誰にでも作れる。」とも。

アーティストはこう思ってるんでしょうか?「俺の代わりなんかこの世にはいない。」あるいは「これは俺にしか作れない。」

もちろん、これも単純に2つに分けられるようなことでないし、考察が浅いのも承知ですが、造型師に関しては、おおむね間違ってないと思います。
自己評価が低い、謙虚、自信が無いは、同義ではないにしろ相似かもしれません。

「山下信一 フィギュア作品集 The Figure Complex」(グラフィック社 2004年 絶版)という本のなかの山下氏(元海洋堂原型師)と空山基氏(セクシーロボのイラストで世界的に有名な)との対談で、空山氏が「原型師の才能は認めるけれど、責任とらないだろ。俺は(自分の作品に)言い訳しない。」と言っています。
面白い表現ですね。自信を持って責任を取れる作品を発表できれば、その時点で造型師も表現者なのかもしれませんね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2012年1月30日 (月)

造型スタイル

先の日記の続きです。

このプラモデルの「解説部分を読む・読まない」、博物館や美術館の「解説を読む・読まない」というのは、そのまま造型のスタイルにもつながっているように思います。

こんなことを書くと、仕事が減ってしまいそうでいやなのですが、私はこれまでの日記の通り「読まない」タイプです。
客観的に分析すると、「形から入る」「雰囲気を重視」「見た目が大事」「短期間に作る(長期間興味が保てない)」
つまり恐竜なら「見た目がかっこいい!」恐竜を作る。

反対に解説を「読む」タイプのひとは、「資料が重要」「考証に忠実」「とにかく正確に」「何年かかっても納得できるまで作る」
恐竜なら、「ティラノサウルス標本番号:BHI 3033のスタンを作りました。(歯の抜けているところまで忠実に再現)」と言ったところでしょうか。

もちろんそれぞれ極端に書いているだけで、簡単に2パターンに分けられるとは思いませんが、どちらの傾向が強いとかはあると思います。

このブログでも自作の恐竜模型を投稿してくれる読者がいますが、ブログ主に似て、どうも「雰囲気重視」の傾向が多いように思います。(特に年少者の作品)

ま、プラモデルでも年少のころは「ただ単に作る」から、「資料を集めて作る」に年齢を重ねるにつれだんだん移行しますので、今は図鑑のイラストだけ見て作っている子供たちも、骨格や化石の重要性が分かって作っていくと思います。

雰囲気重視のPAPOと正確なSafariのスピノサウルス

S4

ただ雰囲気だけで作ってるかぎり、しっかり資料をもとに作っている模型にはかないません。なんと言っても正攻法ですから。説得力が違いますから。
ですから「雰囲気重視」派には、「正確」に勝る、凌駕する迫力やインパクトが必要です。
また、かっこよくて、しかも正確な模型なら、これはもう「鬼に金棒」です。
あまり細かく書きませんが、それは素材でもシチュエーションでも可能です。

今からでも図鑑のイラストを見てるだけじゃなく、解説や説明を読んでみるのも面白いかも。(って誰に言ってるのやら despair

つづく

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年1月29日 (日)

機会損失 博物館

先の日記の続きです。

私は博物館や美術館も好きで、ときどき行きます。
ブログの旅行記を読んでもらうと分かりますが、1日に3館ぐらい回ることもあります。
でも展示物のキャプションや解説を読むことはほとんどありません。それはそれは流れるように見て回ります。(悪い例 coldsweats01

第一の目的は展示してある本物・実物を「見る」と言うことで、できれば写真に撮っておきます。
美術館なんかは撮影NGが多いので、それを補おうと図録を買うのですが、それも図や写真は見ますが、解説は滅多に読みませんsweat01

C3

反対に、私の模型を展示してもらったりする時、キャプションを作っていただくことも多いし、内容を私自身が文章を考える時もありますので、やっぱりキャプションや解説は読んでほしいものです。

6a

ですから解説を読んだほうが良いと言うことは百も承知なんですが・・・。

これまでもよく調べも、見もしないため、せっかく遠方まで行ってるのに、帰宅してから大事なものを見逃していたというものも多々あります。
先日のマーキュリーロケットなんかは、4年前にコスモアイルに行ったとき、あんまり興味ありませんでしたが、たまたま写真に撮っていました。今なら、もっとしっかり撮影してるのに・・・ think

どうも私はプラモ作りにしろ名所巡りにしろ、「見ればOK」「質より量」「中身よりも外見」「本質よりも雰囲気」「広く浅く」「食い気より色気」的な考えがあるようです。

最近はさすがにそれでは駄目だと思うようになり、時間の許す限り解説を読んだり、ネットやNHKの「日曜美術館」なんかで予習してから行くようにしているのが少し進歩かな。
私はひとりで行くことが多いですが、よく知ってる人と一緒に見るのも楽しくて勉強になりますね。happy01

つづく

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年1月28日 (土)

機会損失 プラモデルの組み立て説明図

「機会損失」とは経済用語ですが、利益を得るチャンスをみすみす逃しているみたいな意味です。

先日センムの本を読んで、「やっぱりそうか」と思ったことがあります。
プラモデルには組み立て説明図がありますが、その最初の部分には、大概その模型の解説が書かれています。
例えば第二次世界大戦ドイツ軍のタイガー戦車なら、その戦車が戦争中どんな風に開発され、どんだけ活躍し、どんな欠点があったなど解説しています。
センムなんかは、それを読んで模型(この場合はタイガー戦車)のバックグラウンドを知ることが楽しかったと本に書いています。

私も子供の時からプラモデル好きで、戦車も飛行機も車もキャラクターものもよく作ったもんですが、実はこの組み立て図の解説部分を一切読んだことがありません。

もちろん箱を開けたら、いきなり組み立てるほどせっかちではありません。
一応、組み立て図を一通り見ながら、「ここは接着する前に、先に色を塗っとかなあかん」とか考えながら見るのは興味があり好きなんですが、その模型のバックグラウンドなんかは、一切興味ありませんでした。

今もアポロの模型を紹介なんかしていますが、実は宇宙開発や実機の知識はほとんどありません。コメントが入るたびに「これはなんのこちゃ?」と、あわてて手元にある資料を見ること度々です。(資料や本はよく買いますが、これも写真を見るだけで満足し、本文はほとんど読んでません)

反対にセンムのように、模型を作る際、その模型のバックグラウンドも理解したい、するのが楽しみのモデラーも多い思います。

これはタミヤの1/100 スペースシャトルのプラモ

S1
中にある組み立て説明書

S2
ほら、読む気が無くなるでしょ。coldsweats01

S3

以前海洋堂が、ワールドタンクミュージアム(WTM)という食玩を出していましたが、このとき同封されていたモリナガ・ヨウ氏の解説イラストを見て、「あ~キングタイガーってかっこ良かったけど、あんまり活躍しなかったんや!」とか、「シャーマン戦車って、不細工で嫌いやったけど、性能は良かったんや」とか、齢40過ぎで初めて目からウロコが落ちる思いで解説を読みました。
(ほら、面白そうでしょ。半分マンガでしたがsweat01

Kaisetu

なんでドイツの重戦車にはキャタピラーの予備が積んでるのか?の理由など、もっと早くからこの楽しさを知っていたら、模型作りにも違う面白さがあったかもしれませんね。

ま~みすみす知識を得るチャンスを逃していたわけですが、性格の問題やから治すのは無理かな・・・ despair

つづく

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年1月27日 (金)

ASTRONAUTいろいろ ふたたび

今回はネットで売っていた宇宙飛行士のフィギュアを紹介。

以前紹介したACTION PRODUCTS製のASTRONAUT 宇宙飛行士シリーズのアクションフィギュア版です。

Astro1
ま~アクションフィギュアと言っても、今回のはとりあえず、肩、股、ヒザだけが可動するようですね。
ラインナップは前のシリーズとほぼ同じです。
Space Rock(月の石?)とカード付き happy01

MERCURY ASTRONAUT(マーキュリー宇宙飛行士)

Astro3
GEMINI ASTRONAUT(ジェミニ宇宙飛行士)

Astro2_2
APOLLO ASTRONAUT(アポロ宇宙飛行士)

Astro4
SHUTTLE MISSION SPECIALIST(シャトル宇宙飛行士)

Astro5
出来はイマイチ、これを使って遊べる宇宙船のオモチャもありませんし(アメリカでは売ってるんかな?)、いったいどないせ~!ちゅうねんな~。せめて同スケールの月着陸船でも出してほしいところです。

バンダイが宇宙飛行士の可動プラモデルを出してましたが、海洋堂もリボルテックで可動 宇宙飛行士フィギュアを出さないかな~ sweat01 売れへんねやろな~ coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年1月26日 (木)

ドラゴンのジェミニ宇宙船と昔の絵葉書

恐竜模型のブログなのに宇宙モノが続いてすみません。coldsweats01

さて、今回も先日購入したスペースドラゴンウイングスの1/72 ジェミニ宇宙船を2つ(DRAGON WINGS 1:72 GEMINI SPACECRAFT)をご紹介します。

通常バージョンと宇宙遊泳バージョン。

Gemini1
こちらは通常版の中身です。

Gemini2
前から。ブタ鼻~sweat01

Gemini3
後ろから

Gemini4
こちらは宇宙遊泳バージョンの中身。

Gemini5
二人乗りのカプセル内に宇宙飛行士がひとり。

Gemini6
そしてこちらが宇宙遊泳している飛行士のフィギュアです。(すみません・・・組み立てませんでした)

Gemini7
これは先日紹介した、1979年宇宙博での実物(?)ジェミニ宇宙船です。

Gemini8_2
ん~ 金色のカバーが無いほうがカッコイイな~ heart04

で、オークションで落札しちゃいました。
宇宙博のポストカードセット。

Ap1
全部で27葉ありました happy01

Ap2

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年1月25日 (水)

ぷいぷいパン

パンは別に好きじゃありませんが、嫁さんが「買うてきて!」というので、コンビニを3軒回って買いました。

「ぷいぷいパン」

Pipi
夕方にやってる関西のローカル番組の企画ですが、まんまと乗せられたら~!coldsweats01

基本的にパンはめったに食べません。でも、車で東京へ行くなど出張の時、車中の朝飯にたまにコンビニで買うサンドイッチやカレーパンは好きだったりします(缶コーヒー飲みながら)。
麺類なら朝昼晩三食でも大丈夫なんですがねsweat01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年1月24日 (火)

ドラゴンのマーキュリー宇宙船

恐竜模型のブログなのに宇宙モノが続いてすみません。coldsweats01

さて、今回は先日購入したスペースドラゴンウイングスの1/72 マーキュリー宇宙船”フリーダム7”(DRAGON WINGS 1:72 Mercury Spacecraft "Freedom7")をご紹介します。

この写真は前に行った石川県にある「コスモアイル羽咋」の前にある、マーキュリー・レッドストーンロケットです。

Mercury1
今回の模型は

Mercury2t

箱小っさ!wobbly  この前、サターンロケットを開けたので、よけい小さく思えますね。

Mercury5
中身はこんな感じ。

Mercury6
ベースを組み立てると出来上がり。小さいですが、ようできとりま。

Mercury7
こちらはコスモアイル館内にある実物大の模型です。

Mercury3
後ろから。

Mercury4
一人乗りコクピットと計器類。狭そ~ sad

Mercury8
このJ.I.JOEもマーキュリー宇宙飛行士ですよね?

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年1月23日 (月)

思い出のサターン1Bロケット

サターンロケットと言えば、古いアルバムをゴソゴソしてたら出てきましたよ。
高校2年の時の写真。(1979年 前にもちょっと紹介
友人(溝口くん、どないしてる~?)と二人で上京(もちろん夜行バスで)したときに、品川にあった当時の「船の科学館」に行った時のものです。
一日一善!」 笹川良一大先生の、母親を負ぶった大きな絵がエントランスに掛かってたような・・・sweat02

で、サターン1Bロケットと記念写真!(皮ジャン着たイキッた兄ちゃんが当時17歳の私です coldsweats01 ) 後ろのサターン、やっぱりデカイです!
正直言って、今回この写真を改めて見るまで、このロケットがサターンV型なのか1Bなのか、さっぱり気にしたことがありませんでしたsweat01

S1b4m
前方から!かっこい~!後ろにチラリと写ってるのは、アトラス・ロケットでしょうか?

S1b2m
後方から!しぶい~!ロケットエンジンが8基ありますね。

S1b1m
ジェミニ宇宙船!

S1b3m
残念ながら、当時の写真はこの4枚しか残っていませんでした。
今のデジカメならバシャ!バシャ!シャッターを押し倒していたでしょうが、当時のフィルムは24枚とか36枚撮りとかで、結構大切に1枚1枚撮ってたんでしょうね~(コダック潰れちゃいましたね weep

いまひとつ覚えていませんが、どうも当時「宇宙科学博覧会 SPACE EXPO」なるものが開催されていたようですね。

こんな動画がありました。



でもこんなショーやアイマックス映像、月着陸船すら見た覚えがないから、メインのイベントは終わった後やったんかな~? それともお金が無くて展示館に入らなかったんかな~?

と思って書棚を探していたら、ありました。「大宇宙へのメッセージ 宇宙博ガイド版」(徳間書店 1978年刊 当時で1300円!)

Hon
随分前に古本で入手しましたが、全然読んでないので、こんどじっくり読んでみよう。

Hon1

そう言えば、当時は地元の生駒山上遊園地にも宇宙科学館みたいのがあって、実物大の月着陸船があったな~ confident

いや~ またこんなイベント、幕張かどっかで開催してほしいですね!(恐竜もいいけど宇宙もね wink

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2012年1月22日 (日)

『「好きなこと」だけで生きぬく力』を読む

昨日、注文していた海洋堂の宮脇修一センムの本『「好きなこと」だけで生きぬく力』(WAVE出版)が届いて、早速読みました。
センムの声が聞こえてきそうな文章で、とても面白い内容でした。
(私がこのブログでも時々書きますが、海洋堂に電話すると「今来るな!ボケ!」とか返事されるのが、冗談ではないことが分かりますよ coldsweats01

Senmu
このブログを見ている方はたいがい知っていると思いますが、海洋堂と言えば、チョコエッグやリボルテックなどで有名なフィギュア制作会社ですが、本書は黎明期から現在までの会社としての海洋堂を支えてきた宮脇センム(社長)が自分の言葉で語った仕事論、海洋堂イズムです。
会社とはいえ、もとは模型が好きな若者が自然と集まってきた野武士の集団。
私を含め、原型師、造型師になろうなんて人間は社会不適合者の集まりですが、アクの強い、しかし模型に関しては他の誰よりも好きなセンムだからこそ束ねることができたと分かります。
「海洋堂の製品ひとつひとつに誰よりも愛着があり、うんちくが語れる」と文中にありますが、これこそが海洋堂の商品の強みであり、造型師のモチベーションにもなっているのでしょう。
 
また本書には社長の目から、成功する造型師は2つのパターンがあると書いています。
ひとつは「圧倒的な才能」をもったもの。
そしてもうひとつは「才能がなくても、一心不乱に続ける」もの。
これは実際に何十人、何百人の造型師や造型師志願の人間を見てきたひとの言葉ですから重みがありますね。
本書はカテゴリとしてはビジネス書のようですが、これから造型師を志す若い衆が読んでも大変刺激のあるものだと思います。
また造型師の立場からですが、拙著「ぼくは恐竜造形家」にも海洋堂の黎明期のエピソードを少し載せていますので、合わせて読んでみると面白い(かもしれない)ですよ(便乗便乗 smile )。

ま~趣味ひとつとっても、歳を取ると、ついつい大人の分別、常識にとらわれてしまいますが、「好き」に理由なんかいりませんね。
こんどサインもらいに行こ!(「来んな!ボケ!」←センム)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年1月21日 (土)

東急ハンズに古代魚・化石魚が大集合!

ちょっと遅い情報ですが、私の恐竜模型も置いていただいている、東急ハンズ名古屋店7階の「地球研究室」で古代魚・化石魚模型の大集合しているようです!

名駅経済新聞の記事

1323398203_photo
以前入手したシーラカンス模型や現生古代魚のピラルクやアロワナを制作しているfish craft REALさんや絶滅古代魚を中心に制作しているORDOVISさん(ボークスの幻のシーラカンス模型を制作した!)などが参加されています。
特にORDOVISのスタージョンさんの作るケイロレピスやヘミキクラスピスなどの絶滅魚類の完成模型の販売は他ではあまり見たことがないので、興味のあるマニアには嬉しいですね。

私はまだ見に行ってないので、他にもどんなフィギュア・グッズがあるか興味があります。シーラカンスのヌイグルミなんかもあるようですよ。
誰かアノマロカリスのフィギュアも作ってくれ~!(魚ちがうか!coldsweats01

また昨年暮れにオープンした沼津港深海水族館は、シーラカンスの展示に力を入れているそうなので是非行ってみたいです!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2012年1月20日 (金)

kentaくんのアンキロサウルス

いつもコメントや作品投稿してくれる、kentaくんから、新作のアンキロサウルス模型を掲示板に投稿してくれましたので、こちらでもご紹介します。

0000849_2m
ヨロイ竜は背中のトゲを作るのが大変ですが、動きもあってかっこいいですね。

0000849m
年始早々、精力的に制作していますね!今年は何作できるかな!がんばってください!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年1月19日 (木)

「北斎の富士」を見に行く

今日、京都伊勢丹の美術館「えき」KYOTOで開催中の「北斎の富士 冨嶽三十六景と富嶽百景」を見てきました。
(Hさん、招待券ありがとうございました happy01

Fuji
富士山大好きなので、いやほど富士山を見ることができて眼福のひとときでした fuji

「富嶽百景」から「網裏の不二」

Amiura

このような、くもの巣や漁網越しに富士山が見えるデザインセンス抜群の構図も良いのですが、上京するたんびになかなか姿を見せてくれない富士山を彷彿とさせる「曇天の不二」に一番親近感が湧いたりして coldsweats01

U0014806

ところで、ネットで面白い動画がありました。日本テレビの「世界まる見えテレビ~」の映像みたいですが、私は未見だったので、とても興味深く見ました。

私は完全に東洋人でした!
嫁は半分西洋人!

北斎の描く風景にも一脈通じそうですね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年1月17日 (火)

ドラゴンのサターンロケットを組み立てるぞ!

ま、完成品を組み立てるだけですから、そんな大層なことでもないのですが。
さて、このところ体調が悪くて、工房に泊まることがなかったんですが、やっと楽になってきたので、昨夜工房で酒をちびちび(グビグビ?)やりながら、先日届いたスペースドラゴンウィングスの1/72スケール アポロ サターンV型ロケット(Dragon Wings 1:72 Apollo11 Saturn V )を開梱しました。

もう箱からしてデカイ!

172saturn51
箱からも見えていた、脱出システム、CSMと格納アダプター、3段目ロケット。意外なことに大好きな、足を折りたたんだ「月着陸船」は付属していませんでした!ガ~ン!sad  (普通つけるよな、まったく)

172saturn52
ベースと各エンジンノズルは別パーツ。

172saturn53
1段目ロケットのF-1エンジン。私はよう分かりませんが、よく出来てるんですか?

172saturn54
後方に見えるバンダイの大人の超合金サターンと比べてみます。

172saturn55
そして箱からはどん!どん!と第1段目、2段目ロケットが登場!

172saturn56
デカイですが、基本ただの筒なので、軽い軽い。smile

172saturn57
F-1ロケットエンジンをつけていきますが、差し込むのに結構力が必要で、割れそうでこわかったです。酒を飲んでたので勢いで付けていきました。pouch

172saturn58
ジャ~ン!5基つけ終わりました。

172saturn59
2段目のJ-2ロケットエンジン。後ろはバンダイのやつ。

172saturn510
これは去年九州のスペースワールドで見た、J-2ロケットエンジンの本物?

J2
これも5基付けていきます。この輪っか部分は取れるんかな?

172saturn511
3段目のJ-2ロケットエンジンは1基。回りもあっさりしてまんな。

172saturn512
これは1段目の安定翼?の部品です。

172saturn513
なんかカワイイですね。サンダーバード2号のハネみたい。

172saturn514
ベースには心棒が通っていて、差し込んでいきます。

172saturn515
3段目合体!

172saturn516
まったりと完成!1.5m!(嫁さんの身長と同じなので、一緒に撮影したるわと言ったら怒られました coldsweats01

172saturn517
にんまりする私。(この時点でかなり酔っぱらってます。モデルの応募が皆無だったので、ポールダンスもアポロブラもなしです。apuroさん・・・ weep

172saturn5189
バンダイ製に比べると大味な感ですね。ま、この大きさ、値段でそこまで望むのは贅沢なんでしょう。最大の欠点は「月着陸船」が付いてないこと!アポロ11号に月着陸船が無かったら、何が月面に降りるっちゅうねん!(←まだ言ってる)

TOMさんがコメントされてたみたいに、ディテールアップのベースと考えれば良いかもしれませんね。わたしゃようしませんが・・・。
でもドラゴンのことですから、このキットが出ますよ!きっと(わ~シャレになってる!sweat01

(そう言えば、4Dパズルのサターンロケット、まだ組み立ててなかったな~ sweat02

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年1月15日 (日)

しぃ。さんの龍の編みぐるみ

以前、親娘さんでかわいい恐竜の編みぐるみと粘土恐竜を作品投稿してくれた、しぃ。さんから、今年の干支「龍」の編みぐるみを掲示板に投稿していただいたので、こちらでもご紹介します。

色とりどりの龍たち。かわいいですね。

0000846m
オークションで1番人気だった、アルビノ(白子)の龍。赤い目がかわいいです。

0000846_2m
ハートを持った、大人?の龍でしょうか。どんな幸運を運んでくれるんでしょうね。heart01

0000846_3m
しぃ。さん、今年もかわいい恐竜たちを楽しみにしています!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2012年1月14日 (土)

冷凍食品

息子が「青少年の主張」とかを発表すると言うので、嫁と見に行きました。
通学している高校の地域の青少年健全育成協議会の記念行事のひとつらしいです。

001
大きな声で、がんばって発表していました happy01

006
小中高と各学校、各学年の発表がありましたが、みんな達者にしゃべりますね~ wobbly

さて、帰ってきてひと仕事。

ところで以前、作業場の昼飯の山積みされたカップ麺を見られて、大笑いされたことがあります。
が、今はちょっと進歩して冷凍食品。
お気に入りは

Ramen
カトキチ「きつねうどん」・「肉うどん」、あけぼの「横浜あんかけラーメン」、日清食品「得正カレーうどん」
だいたいこの4種類をローテーション、たまにカップ麺、ホカホカ弁当、外食です。

冷凍うどん、結構美味しいです。good

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2012年1月12日 (木)

嗜好は似る

ドン・F・グラット(ドナルド・F・グルート DONALD F. GLUT)氏と言えば、私ら世代の恐竜ファンにはお馴染みの名前でしょう。
アメリカ有数の恐竜マニアであり、グッズコレクターでもありますが、ゴジラやフランケンシュタインの怪物などモンスター映画の研究家、「SW 帝国の逆襲」の著者としても有名です。
私が持ってる氏の著書。

Gult_2
海洋堂も恐竜のガレージキットを販売開始した1985~90年頃、館長がアメリカに行き、氏にたくさん完成品をプレゼントしていました。

さて、先日偶然ドン氏の恐竜のHPを発見しました。

DON GLUT’S DINOSAURS

この中に私の作った海洋堂の恐竜も紹介されているページもありましたが、これがなかなか面白いので紹介しときます。お子ちゃまもギリギリOKかな?

Kaiyodo Dinosaur Models

下品ですね~spa でも私はこういうの嫌いじゃありません happy01 「手ブラ」ならぬ「恐竜ブラ」ですか・・・sweat01 ま~私の恐竜たちも本望でしょう・・・ coldsweats01
恐竜と言い、モンスター映画と言い、エロと言い、SWと言い、嗜好は似るもんですね~。(そうじゃない恐竜ファンの皆様、ごめんなさい)

私もコレクションを紹介するときは、こんなノリの方がアクセス数がアップするかな~。

先日買ったドラゴンの1/72 アポロサターンV型ロケット(150cmもある)を紹介するとしたら、さしずめこんな感じでしょうか?heart01

Apollo1
脱出装置がヌラヌラだ~!(スミマセン・・・暴走してしまいました。アポロファンの皆様にもゴメンなさい sweat02

と言うわけで、モデルさん募集!年齢不問・秘密の守れる女性(うそ happy02

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年1月11日 (水)

松村しのぶ氏トークイベントのお知らせ

このブログを見てくれてる人は、海洋堂の松村しのぶ氏のファンも多いと思いますが、トークイベントのお知らせをいただいたので、ご紹介しておきます。

最強の生物造形作家 松村しのぶ参加決定!
トークイベント『水族館フィギュアナイト 第1夜』

▼トークイベントの詳細

・日時:2012年 1月14日(土曜日)
    18:00チケット引き換え開始
    19:00 開演
    21:00 頃終了

・場所:〒101-0021 東京都 千代田区 外神田1-7-6
     AKIBAカルチャーズZONE 地下1階
     ワンフェスカフェ

・出演:中村 元(水族館プロデューサー)
    松村しのぶ(海洋堂 造型師)
    宮脇 修一(海洋堂 代表取締役)

・料金:¥2,000-

・参加方法は「ワンフェスカフェ」による告知ページをご参照ください。
  http://wfcafe.net/01/?p=325

関東に住んでると、いろんな催しがあってよろしいですな。happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年1月 9日 (月)

映画三昧

今日は成人の日だったんですね。
私は完全オフの日にして、正月借りてきたDVDの残りを観て、だらだら過ごしました。
今回借りたのは
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」
「スカイライン-征服-」
「SUPER 8/スーパーエイト」
「あしたのジョー」
そして、昨日の日記の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
ん~・・・ 洋画は完全に同一カテゴリーですな。まとめて観たので、ストーリーが完全にこんがらがってます coldsweats01

ま、とにかくCGと言うかVFXがこれだけ進歩すると、作りたくなりますよね。こういう映像を。
「未知の生物が都市を攻撃し、人類が迎え撃つ」
設定や視点には差異がありますが、とりあえず映像を観る分には、邦画も一定水準をクリアしているので、十分楽しめました。(えらそーに)
「アバター」や「2012」みたいな映像を作ろうと思ったら、メチャお金がかかるんでしょうが、東京の戦後の下町風景なら十分リアルに見えました。
では、ひとことコメントを。

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」→「『ブラックホーク・ダウン』か! 米兵は本当にえらいですね。ひとり救うのに何人死ぬねん?」

「スカイライン-征服-」→「デビルマンか!『クローバーフィールド』のエイリアンが見えない不満をとりあえず解消。特上のB級テイスト。」

「SUPER 8/スーパーエイト」→「フジカか!スピルバーグにしては結構悪いエイリアンでしたが、ヒロインがかわいい。片田舎の地味な話もスピルバーグらしい?」

「あしたのジョー」→「段平似過ぎ!力石も。大して思い入れがないので、漫画を忠実に再現しているようで好感が持てました。もし『巨人の星』を実写化したら、どうなるんでしょう??」

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」→「とにかく思い入れのある人間には短い!と思う。が、ま~単発映画としては、よくやったと言う感じ。」

よっぽどでないかぎり、映像的には再現不可能なものは無くなったと思いますが、もうそうなると、ストーリーをいかに料理するかですね。
私は個人的には、ハリウッドがマーベル・コミックのヒーローを実写化してるみたいに、水木しげるや楳図かずお、永井 豪などのアンダーグラウンド的な漫画(本当はムロタニ・ツネ象の「地獄くん」や風忍の「地上最強の男 竜」とか)を映像化して欲しいところです。
もちろん、「ゲゲゲの鬼太郎」や「妖怪人間ベム」など、すでに実写化されていますが、どうも違うような、もっと良くなるような・・・・。
もっとも、海外でもA・C・クラークの「幼年期の終わり」やV・ヴォクトーの「宇宙船ビーグル号の冒険」などが実写化されていないところをみると、原作モノより、オリジナルの方が面白いし、制約が無く映像化できるのかもしれませんね。
ま、外野がワーワー言ってもしかたありませんが、これからも面白い映像化に期待しています。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年1月 8日 (日)

息子とヤマトを見た!

昨夜、映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のDVDを借りてきて、家族と一緒に見ました。
公開時は嫁と映画館まで見に行きましたが、戦争映画好きの二男は未見だったので。

私ら世代は、まさしく「宇宙戦艦ヤマト」でアニメや模型に本格的に目覚めた第一オタク世代らしいので、ヤマトに対する思い入れは尋常ではありません。

DVDを見終わったあと、息子に「ヤマトが発進するところは、なかなか原作の感じで作ってるわ。YouTubeにアニメがあるんとちがうか?見てみよ」と探したのがこれ。

超巨大ミサイルが発進直前のヤマトに!!

ま、見終わったあとの私たち親子の様子は想像してもらうとして、ちゃんとした映像はこちら down にありました。coldsweats01

宇宙戦艦ヤマトOP:発進.wmv

当時、中学生だった私は、主砲の3本の砲身が、ワラワラと時間差で仰角を上げていく映像に度肝を抜かれた覚えがあります!「これは今まで見たアニメと違う!」
最近のきれいなアニメを見慣れた息子には、なかなかその感動を伝えるのは難しいですが、やっぱりヤマトは別格ですね!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年1月 7日 (土)

お客さんとロケット来たる

さて、昨日かわいいお客さんが工房に。
昨年、福井の恐竜博物館の模型教室に参加してくれた千葉県の諸田くんが、お母さんとおばあちゃんと一緒に訪ねてきてくれました。happy01

A1
ちょうど冬休みで、大阪のおばあちゃんの家に遊びに来ていたそうです。
教室で作ったティラノサウルスや自作の恐竜ジオラマの写真も見せてくれました。上手に作ってありましたよ!

で、やっと注文していた、ドラゴンの1/72 アポロサターンV型ロケットも昨日到着!箱でかい!wobbly
でも開けて組み立てる元気、いまのところ無~し!

A2_2
今度工房に泊まったときに、酒をちびちびやりながら、ゆっくり開梱する予定です。smile

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年1月 6日 (金)

貝工芸の浮世絵を見に行く

今日は一昨年お世話になった「くずはアートギャラリー」で開催されている「貝工芸でめぐる“完全版”東海道五十七次 水田博幸展」を見てきました。

K8
いろんな種類の貝ガラを細かく細工して、歌川広重の浮世絵「東海道五十七次」を押し絵のように再現してあります。

お江戸日本橋から始まり、広重も描いていない大阪の京橋までの宿場を含めた60の場面が展示されています。

K5
「藤枝」の部分をアップ!人物の肌や髷、着物など、色味や模様の合った貝を使って、細かく作られてますね。wobbly

K7
作者の水田氏は枚方市出身なので、広重の浮世絵には無い、京都から大阪までの宿場「伏見宿」、「淀宿」「枚方宿」、「守口宿」、「京橋」の場面をオリジナルで作成。
枚方宿の鍵屋ですね。くらわんか餅で有名ですが、淀川の川底には勘定を誤魔化すため捨てられたお皿が大量に見つかったそうです(勘定後、使い捨てという説もあります)。

K6
桜満開の大阪京橋。きれいですね。

K4
使用する材料の貝ガラや細工用工具、行程なども展示されてました。

K2

K1
最近時代劇や浮世絵がマイブームで、とても面白かったです。happy01

今月11日(水)まで開催中(入場無料) 同じく貝工芸で作った帆船模型や法隆寺夢殿なども展示されています。詳しくはくずはアートギャラリースタッフブログをご参照ください。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年1月 3日 (火)

ミシン&ミスト&パポ

昨日は編み物教室をしている母親宅(亡父の後妻さん)に新年のあいさつに行くと・・・やっぱりありました!
カーネーション!happy01  足踏みミシン!しかも現役が3台!
年代モノかどうかは分かりませんが、糸子が使ってるようなミシン。

Msn1
ちょっと小ぶりのミシン。昔は傘を縫ってたそうです。

Msn3
これは少し新しい感じのデザインですね。

Msn2
息子がプチレクチャーを受けてます。

Msn4
実家にも足踏みミシンがあったと思ったので、帰りに寄りましたがもうありませんでした・・・ despair
今年の初ラーメンは門真の神座で。

Msn5

さて正月早々、DVDで映画「ミスト」を見ました。ひとりで部屋を真っ暗にして見たら、めちゃ面白かったので、昨夜嫁や息子にも強制的に見せました。
あの映画は、最後の絶望感をちゃんと納得してこそのどんでん返しですから、あんまり明るいリビングでわいわいしゃべりながら見たらあきまへんな coldsweats01
途中嫁や息子が「軍隊どないしてんねん?」「なんでこいつら出ていくねん?スーパーにじっとしとったらいいのに」という当たり前の意見を言うたんびにドキドキしてしまいました。
未見のひとにはさっぱり?ですね
先日テレビでやってた「ノウイング」と言い、まだまだ面白い映画がありますな。

さてたまには恐竜ファンにも情報を。The Dinosaur toy blogで、PAPOの新作が紹介されていました。
パポの恐竜のデザインはジュラシックパークそのまんまですが、T-rexは前作が尻尾を地面につけた3点支持がやっぱり不評だったのか、今回は二足歩行のかっこいいポーズですね。(最近の太ったティラノサウルス復元を見慣れていると、精悍過ぎる感じもしますが)

Trex_papo_resculpt_2012_700px
ベビーT-rexもブラキオサウルスも上手にアレンジしています!
JPのトイや模型はよく見ますが、これだけうまくアレンジできるのは相当、原型師のセンスが良いですね。
あ~でもブラキオ、値段高そ~ happy02

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2012年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます

今年もだらだらと、恐竜や仕事のこと、くだらないことなど書いていきますが、よろしくお願いします。happy01

2012年は激動の年と予言されています。
今年が終わるころ、日本は世界はどんな風になっているんでしょう。
少なくとも、今持ってる関西電力の株は今年中に売ろうと思ってます。
(写真の富士山は先日足柄SAで撮ったもの)

Fuji

昨年暮れに、米ドラマの「ザ・パシフィック」を観ました。太平洋戦争の激戦地をアメリカ兵側から見たドラマでしたが、S・スピルバーグ、T・ハンクスが制作しているので、すごく臨場感がある映像でした。
これ見て、ちょうどNHK朝ドラの「カーネーション」で岸和田の出兵した男たちがどんどん戦死してくる回を見ると、意外としっくり入ってきました。
いろんなことが上手く回らない現在ですが、株が暴落しようが、消費税が上がろうが、戦争だけはゴメンです。生きてこそ浮かぶ瀬もありです。

去年はいろいろあったので、おせちは生協で買ってきました。
色とりどりで美味しそう。(なんか喪中はおせちもあかんとか聞きますが coldsweats01

1
これみて、小さいころのうちの母親が作ったおせちを思い出しました。
小学生ぐらいのころ、年末には、おせちの材料のレンコンや大きなボウダラを買いに千林商店街や鶴橋の商店街によく連れていかれました。
ボウダラを煮たのと、レンコンの煮たのと、くわいを煮たのが、重箱にいっぱいで、うちのおせちは茶色一色でした。
あのころ、そんなに美味しいと思わなかったボウダラもクワイもレンコン(糸引くネチャネチャしたやつね)も今は大好物です。

と、ま~こんあ具合で今年もだらだら行かせてもらいます!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (8)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »