« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火)

二月って

告知するのが遅くなりましたが、3月25日に開催する福井県立恐竜博物館での恐竜ふれあい教室「親子で恐竜模型をつくろう!」の受付が開始されています。3月4日まで受付です。
詳しくはこちらをご覧ください。みなさんよろしく!happy01

ところで、前にも書いたかもしれませんが、二月って面白い月ですね。
サラリーマンと自営業では印象が真反対でしょう。
私は両方経験者ですが、サラリーマン時代は働く日が2~3日少ないのに、ひと月分の給料がもらえるお得な月でした。
でも自営業の場合は儲けられる日が2~3日も少ない損な月です。
私の場合は制作できる日が減る、締め切りが実質早くなる、非常に忙しい月です。
(サラリーマンでもひと月のノルマが決まってるところや、時間給のひとはしんどいでしょうが)
ま、5月も12月も締め切りが早くなったりしますが、制作する日が減るわけではありませんので。
子供の頃は2月のことどう思ってたんかな?
今年は特に切実・・・まだ閏年でましか・・・(ただのグチでした coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年2月27日 (月)

サトルさんの龍のイラスト

いつもコメントいただいたり、以前自作のティラノサウルスを投稿していただいたサトルさんが、今回は辰年にちなんだ、「龍」のイラストをを掲示板に投稿してくれましたので、こちらでもご紹介します。0000859m
恐竜の骨格と現生動物の骨格を組み合わせ、違和感なく「龍」「ドラゴン」に仕上げておられますね。

0000859_2m
イラストもスゴイですが、サトルさんのホームページ「西田 博覧会」には、立体造形のドラゴンもあります。
こちらもスゴイ出来ですので、恐竜造形に興味のあるひとは必見でっせ!
(サトルさんのプロフィールを見ると、「スゴイ!」なんて失礼ですが・・・ coldsweats01
まだ未完成とのことですが、彩色された完成状態も是非見たいですね。
モンスターテイストの恐竜も是非また作ってください!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年2月25日 (土)

画集の紹介と火星のプリンセス

今回は画集を二冊紹介

「ANIMALS REAL AND IMAGINED」 Terryl Whitlatch著と「The art of Paul BONNER」 Paul Bonner著

H1
Terryl Whitlatch女史は映画「スターウォーズ」の新シリーズのクリチャーデザインを担当。
画集では奔放なデザインと共に、内部の骨格や筋構造まで描かれていてとても面白いです。

H2
現生動物の解剖学的な習作もあり、その知識が想像上の生物にも説得力を持たせるのに役立っているんでしょう。

H4
もちろん、恐竜や恐竜的クリチャーも描かれています。

H3
でも、骨格から全体を構築していってると言うよりも、先に形・フォルムがあり、その裏付けに内部構造を考えているような印象です。

Paul Bonner氏も「ホビットの冒険」などファンタジーイラストの名手です。

H5
ゴブリンやドラゴンも秀逸ですが、面白いところでは恐竜のイラストも雰囲気があって、かっこいいです。

007_3
ファンタジーアートで恐竜というと、ジェームス・ガーニー(James Gurney)、ウィリアム・スタウト(William Stout)やリチャード・コーベン(Richard Corben)などを思い出しますが、氏は立体模型も手がけています。(J・ガーニーやコーベンも立体を参考にしているみたいですが)

H7
画風はヒルデブラント兄弟(The Brothers Hildebrandt)やSimon Bisley、寺田克也の好きな人にはお勧めです!
(古い作家しか知らなくてすみません)

ところで、前からちょくちょく書いていた、E・R・バローズの映画「火星のプリンセス」改め「ジョン・カーター」がやっと公開されるみたいですね。

Sub1_large
今回紹介した画集でもいろんなクリチャーが描かれてますが、火星シリーズにもその原典になるような生物がたくさん登場するはずです。楽しみですね。happy01

あと関係ありませんが、最近CMに出だした後藤久美子と真木よう子って似てますよね?(特に鼻の頭にスジがあるところなんか)

120225181526
武田久美子は・・・似てないか。coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年2月24日 (金)

♪ と~れ とれ! ピ~チ ピチ!シーラカンス~!が好き! その14 パーティーグッズ

どや!奥さん!とれとれのシーラカンスやで!happy01

S
と言うわけで、久しぶりの「シーラカンスが好き!」第14弾です。

今回は、アイコの「メガサイズ シーラカンス」です。
パーティーグッズ、ジョークグッズのひとつでしょうか?
ウレタン、ラッテクス製で柔らかい素材で出来ています。
出来は、ま~そこそこですが、シーラカンスっぽさは出ているんじゃないでしょうか。
大きさは全長58cmと、なかなかの存在感!

C1
2尾(匹?本?)買ったんで、今日は刺身にしようか?明日は鍋にしようか?と言ったところでしょうか。台所に置くと、妙にリアル coldsweats01

C2

他のシーラカンス模型のように、ショーケースに飾るんではなく、悪さした子供の頭をドツくのにはもってこいですね!good

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (8)

2012年2月22日 (水)

韓国の恐竜映画

昨日は毎年の恒例行事(?)確定申告に行ってきました。めちゃ人が多かったな~。
年に一回しか申告用紙を書かないので、毎回「あれ~?ここどう書くんやったかな~?」と言った感じで、この時期だけ試験勉強をしているような気になりますね。coldsweats01

さて、ネットのニュースでこんなのがありました。
「チョムバギ:韓半島の恐竜 3D」 韓国の3D CG恐竜映画です。
こちらに予告編がありました。

アジアの巨竜 タルボサウルスの親子が主人公のようです。
ディズニーの「ダイナソー」アジア版と言ったところでしょうか。ティラノサウルスやトロサウスルが出てきたりして、科学的な設定はゆるそうですが、映像を見る限り、CGアニメもきれいですし、動きもキャラクターも上手くアレンジされていて、良い感じですね。チンタオサウルスも出演してるし。

よく考えると、日本の本格的な恐竜映画ってありませんね。
「のび太の恐竜」「REX 恐竜物語」「極底探険船 ポーラボーラ」「恐竜・怪鳥の伝説」・・・ despair

今では福井をはじめ、兵庫、北海道、九州など日本各地か恐竜が発掘されていますから、そろそろ本格的な日本の恐竜映画ができると良いですね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2012年2月19日 (日)

恐竜ひな人形が出来るまで

現在、福井県立恐竜博物館に「恐竜ひな人形」が展示されていますが、このひな人形がどのように出来ていったのか? きっとこちらのブログの読者は興味があると思います。
今回は博物館の許可を得て、簡単に紹介しようと思います。

これは最初の「恐竜ひな人形」のデザイン画です。
実際に展示されるのは、高さ1mあまりの等身大(?)のお雛さまです。
Photo_5
このデザイン画をもとに、まず3分の1の大きさの雛形模型を作っていきます。
最初に描いたフクイサウルスのお雛さまとフクイラプトルのお内裏さまの、顔のスケッチです。

Ats
ご覧のように最初はやや擬人化して、目も大きくするなど可愛らしくデザインしましたが、博物館からは「可愛いものではなく、リアルな恐竜で」と言うコンセプトがあったので、顔は復元模型っぽく、首の付き方などは、着物を着せる関係で、頭に直角にするなど擬人化して作ることにしました。

Photo_6
頭部や手、尻尾など着物から露出している部分は精密に、それ以外の身体部分などは雰囲気が分かる程度に作っていきました。
まず、発泡スチロールのかたまりをスチロールカッターで整形してきます。それに粘土をつけて、着物の形を作っていきます。

Photo_7
着色前の原型。烏帽子や扇、おすべらかしなども、ボール紙などでそれらしく作っておきます。

S
着色して完成した1/3スケールの原型。これを京都の老舗の造型会社「創造社」さんで等身大に拡大してもらいます。

S_2
創造社さんは、映画「男たちの大和」やNHKドラマ「坂の上の雲」の戦艦三笠など実物大のセットなども手がけられるところです。
何度かチェックの後、FRP製の等身大模型が完成し、お雛さまに、いよいよ着物を着せていきます。

Photo_8
本格的な平安装束の十二単を、本当の女性に着せるように着付けていきますので、二人がかりでたっぷり2時間以上かかっていました。
と言うわけで、「恐竜ひな人形」の完成です!

Ss
後ろにある金屏風も手描きによるもので、こちらも本格的。
創造社さんは京都で映画撮影や時代劇が盛んなころからお仕事をされていて、着物や屏風など本格的なものを用意していただけましたので、恐竜のお雛さまの存在感もぐっと上がりました!happy01

リアルなお顔にきれいな衣装の、一度見たら忘れられない「恐竜ひな人形」は現在、福井県立恐竜博物館で展示中です!

博物館のニュース「恐竜博物館で「恐竜ひな人形」を展示中!」

・日テレニュース動画

| | コメント (10)

2012年2月17日 (金)

恐竜博物館に「恐竜ひな人形」登場!

福井県立恐竜博物館に「恐竜ひな人形」が展示されています。
博物館のニュースで、保育園児の除幕式の様子が紹介されています。

恐竜博物館で「恐竜ひな人形」を展示中!」

お雛様はフクイサウルス、お内裏様はフクイラプトルと、福井県産の代表恐竜が務めています。
金屏風を背に、きれいな平安朝の十二単と束帯を身にまとった等身大(?)の本格的な人形で、恐竜の頭部などの原型は私が担当させていただきました。
可愛らしくデフォルメしていない、リアルな造型を心がけたので、恐竜らしい、ちょっと恐いおひな様ですが、博物館に行ったときは、是非一緒に記念写真を撮ってくださいね!
3階エントランスホールで展示中です!happy01

YOMIURI ONLINE「肉食系のお内裏様」

中日新聞

・読売新聞 福井版(2月18日)

Photo_3
・日刊県民福井(2月18日)

Photo_4

(博物館さまより新聞画像いただきました)

・日テレニュース動画

| | コメント (4)

2012年2月16日 (木)

いいひと?

先日、京都の某ークスに買い物に行ったときの話です。
買い損ねていたバンダイの「大人の超合金 スペースシャトル」が、わりとリーズナブルな値段で置いてあったので、意を決して購入。
展示してあったやつをレジに持って行くと、愛想の良い店員がいました。
「これ、よく出来てますよ。燃料タンクは重いので気をつけてくださいよ。」等々、レジ打ちしながら気さくに話しかけてきます。

私の勝手な思い込みですが、模型屋やホビーショップの店員は、基本オタクで、オタクの中でもわりと社交的な人が店頭に出ているような気がします。(声も1オクターブ高い)
オタクは手先が器用に思われがちですが、私も含め、基本なにをやらせても不器用です。

さて件の店員さん、「箱に入った新品がありますから、それ持ってきます」と言ってどっかに行き、帰ってきて「ありませんでした・・・」
そして保護用の外箱に入れようとしてくれるのですが、箱のふたが内側に入ったりして、うまく入りません・・・。
私も手伝って、やっと外箱に入れ、ふたをガムテープで止めようとすると、テープが途中で無くなる・・・。
箱を紙袋に入れようとするのですが、袋のふちに当たってなかなか入れられない・・・ despair

Hako
やる気も愛想も良いのですが、最後まで不器用な店員さんでした。
平日でがらがらの店内でしたが、私の後ろには2、3人のレジ待ちが出来てました。

きっと女の子の前だと、もっと舞い上がって失敗ばかりしてしまうんでしょうね。
なんか目に見えるようでした。でも悪いひとじゃないですよね wink

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年2月14日 (火)

五十のおっさんが見る夢

先日見た夢の話です。

夢の中で私は、ブログに書くネタに昔のプラモデルを取りに実家に帰っていました。
山積みになったプラモの箱を探しているうちに、いつのまにか場面が変わって(夢ではよくありますね)、廃業前の大きな模型屋の倉庫になってました。
そこの棚には、見たこともない宇宙船やロケットのプラモデルの大きな箱がいっぱい!
「わ~!サターンロケットの発射台のプラモ発売しとったんや!」「ウォ~!こんなでかいジェミニカプセルの模型あったんや!」「ゲゲッ!大阪万博会場のプラモもあるやん!」etc
しかも閉店前の破格の安値なので、これもこれも全部買うぞ~!

と、ま~今年51歳になるおっさんが見るとは思えない能天気な夢でした coldsweats01
でも、とっても幸せな夢で、起きて夢と分かってすごくガッカリしました。。。

Stoc_2
(これはうちの実際の宇宙模型の棚)

この前、近くにできたお宝リサイクルショップで、懐かしいサンダーバードのグッズを買ったりしたから、こんな夢みたのかな~ sweat01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2012年2月11日 (土)

大阪市立自然史博物館 「新説 恐竜の成長」 模型教室のお知らせ

大阪市立自然史博物館で開催される特別展「新説 恐竜の成長」(3月10日~6月3日)のイベントで模型教室を行います。

Main
3月11日(日)「恐竜造形師・荒木一成さんと親子で恐竜模型をつくってみよう!」
事前の募集で、模型はティラノサウルスかトリケラトプスを選んでもらえます。
詳しくはこちらをご覧ください。(締め切りは3月2日です)

教室には、私の模型も何点か持って行く予定です。皆さんのご応募お待ちしてます!happy01

「新説 恐竜の成長」は、ジャック・ホーナー博士監修の、恐竜の成長にスポットを当てた企画展です。
トリケラトプスの角の成長やティラノサウルスの真の生態、迫力の恐竜ロボットや、ロッキー博物館門外不出の貴重な化石など、いままでの恐竜の常識が変わる!恐竜ファンならずとも必見です!

ズラ~と並んだ成長過程のトリケラトプスの頭骨は角竜ファンにはたまりません!(福井県立恐竜博物館開催時)

K2_2
大阪市立自然史博物館は、私が恐竜に本格的に興味を持ち始めた高校生のころから、何度も見にいった博物館です。そちらでワークショップを行えるなんて、本当に嬉しいです。

期間中は絵本作家の黒川みつひろさんのワークショップなど関連イベントも盛りだくさんですよ!

大阪市立自然史博物館HP

特別展「新説 恐竜の成長」HP

新説 恐竜の成長 関連イベント

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年2月 7日 (火)

カワイイ

昨日は二日酔いで一日死んでましたが、テレビのニュースやワイドショーで何度も見た、「ローザンヌ国際バレエコンクール」で優勝した高校生の菅井円加ちゃん、とても可愛いですね。(二男と同い年)
記者会見の時、右の眉毛をちょっと上げる仕草がすごくキュートでした。

エステーの消臭プラグのCMで、草刈正雄の娘、草刈麻有ちゃんが最期に眉毛をちょっと上げる仕草も好きなんですわ~。

すいません、おっさん話で。息子は二人いますが、娘がいないもんで・・・ coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年2月 6日 (月)

南寝屋川高校美術部OB新年会

二日酔いで、さっきまで死んでました・・・ sweat02
昨日は南寝屋川高校美術部OB新年会に参加しました。

S1
私は5期生で参加者の中では最年長。もともと私自身は幽霊部員ですが、30年ぶりに会った後輩は皆それぞれ各種分野で活躍。
S2
最終は33期生の20台前半と、世代を超えての交流はめったにない機会で、楽しく過ごしました。
自分が憶えてないことも、みんなよく憶えてますね~ coldsweats01 赤面のだらけの飲み会でした。

さて、後半の焼酎がいけなかったのか、会が終わってから帰宅するまでの記憶が全くありません・・・。お金は払ったのか?どうやって電車に乗ったのか?思い出せないって、恐い恐い・・・ sad

(誰だ~ ロボコップがおる!って言うてるやつは~)

Robo

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年2月 5日 (日)

佃さん来訪

前日の日記でご紹介した佃さんが、クリプトクリダス(Cryptoclidus)を持って工房を訪問してくれました。
画像だけで見るのとはやっぱり違いますね!大きさも80cmほどあります。

T1
材質は粘土ではなく、石膏を盛り付け削っておられるそうです。

T2
ウロコの細かさも、よりよく分かります。拡大鏡を使って、1日に作る範囲を決めて、極細筆で塗って作られたそうです。ん~気が遠くなる・・・ wobbly

T3
土台やアンモナイトも石膏からの削りだし。ベースも洒落てますね。

T5
眼球も樹脂から自作されているそうで、ひとつお土産にいただきました。ん~勉強になる~。

T4
お仕事は歯科技工士をなさってるそうで、きちんとした仕事、また造型材料なんかも特色が出てるように思います。
佃さんは私と同じ昭和36年生まれで、やはりウルトラマン、怪獣世代。怪獣ではゴジラよりガメラがお好きだったそうです。
このようなしっかり隅々まで手の入った、妥協の無い作品は見ていて気持ちが良いですし、勉強になりますね。良い作品を見せていただいて、ありがとうございました!happy01

さて、夜になってから、息子と今日(4日)枚方津田にオープンしたリサイクルショップ「買取王国 枚方店」に行ってきました。

K1
山城の解放倉庫と比べると、小さなお店(前、ブルドッグだったところですな)ですが、フィギュアはまあまあの品揃え。値段も割りとリーズナブル。

K2
タイタニウムのミレニアムファルコンを280円でゲットだぜ!good

K3
また行こ!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2012年2月 4日 (土)

佃さんのクリプトクリダス

京都府の佃靖之さんから、首長竜クリプトクリダス(Cryptoclidus)復元模型を投稿していただきました。

Tukuda2
この模型は、1年半前、くずはアートギャラリーで展示会の時に、途中写真を佃さんから見せていただいておりましたので、完成には2年ほどかかられたのでしょうか。(途中写真)

Tukuda4
Tukuda5 
資料の収集にも時間をかけ、また科博の真鍋真先生や首長竜研究では専門の佐藤たまき先生に、歯並びや捕食の方法など直接意見を聞かれて作られたそうです。
きちんと作られた歯や頭部、細かく作られたウロコなど、見れば見るほど隅々まで手が入っている作品に感嘆します。
ベースもきれいですね。

Tukuda6
首長竜の体表って、わりとサラリと表現されることが多いですが、やはり爬虫類ですし、ウロコもあったと考えると、こんな風に細かなウロコがびっしりとあったかも知れませんね。

Tukuda1_2
前にも書きましたが、手間をかけないと出来ないものって必ずあります。手間ひまかけてしか表現できないことがあります。
じっくり納得するまで作るのも、造型の楽しみ方のひとつですね。
とても素晴らしい作品を見せていただきました。happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (5)

2012年2月 3日 (金)

個展のお知らせ

高校の美術部の後輩の玉利タマリさんから個展のお知らせをいただきましたので、紹介しておきます。
「消しゴムはんこ展 その4」

Tamari1
2月6日(月)~11日(土) 場所は「大阪現代画廊」大阪市北区西天満4-6-24 TEL:06-6361-6088 入場無料
オリジナルのハンコや名刺も作るそうですから、御興味のあるかたはどうぞ見に行ってやってください。

Tamari2
この案内はがきや地図も彼女のハンコ作品ですよ。happy01検索用:南寝屋川高校 美術部 卒業生

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年2月 2日 (木)

ぴすたちお4号くんのテリジノサウルス

いつも作品投稿してくれる、ぴすたちお4号くんから、新作のテリジノサウルス模型を掲示板に投稿してくれましたので、こちらでもご紹介します。

0000854m
背中の羽毛や、色など工夫したそうです。

0000854_2m_2
クチバシ状の口や、鋭く長い前足の爪や太い胴体も、特徴をよくつかんでいますね.。

0000854_3m
次回作はカロノサウルスらしいです。私は初めて聞く名前でしたが、パラサウロロフスに似た恐竜なんですね。
勉強も造型もがんばってください!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (1)

2012年2月 1日 (水)

可動仏像と物欲日誌

snow いや~ 毎日寒いですね~! bearing  なんか硬い話が続きましたが、一転軟らかく。

かの可動仏像が届きました。

T1
リボルテックタケヤ 多聞天 ようでけとりま。

T2
で、最近の買い物はアポロ関係ばかりかと言うと、もちろんこんなのも買ってます。

F1
先日、裸エプロンのフィギュアが高2の息子に見つかり、「お父さんヘ○タイや!」と言われてしまいました coldsweats01
もし娘だったら絶縁ものレベルですかね sweat01

「娘だったら絶縁もの」で思い出しましたが、古生物学者のジャック・ホーナー博士(65)が、19歳の大学生と結婚したそうですね!写真あり。ラサール石井か!うらやまし過ぎるぞ!happy02

さて少し時間が空いていたので、いろいろコレクション自慢や雑想を書きましたが、またぞろ忙しくなりそうです。

↓阿修羅も予約開始したぞ!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »