« 大阪市立自然史博物館 「新説 恐竜の成長」 模型教室のお知らせ | トップページ | いいひと? »

2012年2月14日 (火)

五十のおっさんが見る夢

先日見た夢の話です。

夢の中で私は、ブログに書くネタに昔のプラモデルを取りに実家に帰っていました。
山積みになったプラモの箱を探しているうちに、いつのまにか場面が変わって(夢ではよくありますね)、廃業前の大きな模型屋の倉庫になってました。
そこの棚には、見たこともない宇宙船やロケットのプラモデルの大きな箱がいっぱい!
「わ~!サターンロケットの発射台のプラモ発売しとったんや!」「ウォ~!こんなでかいジェミニカプセルの模型あったんや!」「ゲゲッ!大阪万博会場のプラモもあるやん!」etc
しかも閉店前の破格の安値なので、これもこれも全部買うぞ~!

と、ま~今年51歳になるおっさんが見るとは思えない能天気な夢でした coldsweats01
でも、とっても幸せな夢で、起きて夢と分かってすごくガッカリしました。。。

Stoc_2
(これはうちの実際の宇宙模型の棚)

この前、近くにできたお宝リサイクルショップで、懐かしいサンダーバードのグッズを買ったりしたから、こんな夢みたのかな~ sweat01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 大阪市立自然史博物館 「新説 恐竜の成長」 模型教室のお知らせ | トップページ | いいひと? »

コメント

私もそういう夢を見ることがあります。
探していたり、知らなかった本を、古本屋で見つけたり…
あまりにもショボイ夢で、自分の器のスケールの小ささに
ガッカリします。coldsweats01

夢なんだから、プラモを買うんじゃなくて、
サターンに乗って宇宙に飛び出すこともできるはずのに、
それはないんですよね。

投稿: 高井 | 2012年2月14日 (火) 15時39分

よく見ますデスw。
私の場合場末の玩具店かな、、。
コレクション、ムラがあるねぇ。ヘリテイジやヒストリーパッケージがないぞよw。
それと、レベルのボストーク!。                               

投稿: apuro | 2012年2月14日 (火) 19時37分

 中2男子のNyoです。
 棚で思い出したんですが、小さい頃の本棚あさってたら、「きょうりゅう みて、しらべて、あそぼ!」
という本の初版初刷があったんです。実は、小さい頃、荒木さんの恐竜を見て育ったんです!
余談
 2/9に校外学習で上野の科博行きました。僕の好きなステゴのストラップ買いました。
あのエウオプロケファルスは荒木さんの作品ですか?

投稿: Nyo | 2012年2月14日 (火) 19時37分

>高井さん
「夢にも思わない」ってことでしょうか?(ちょっと違うか)
いや~、夢ってきっと現実世界のシュミレーションなんですよ。
だから私、アポロで月に行く夢は見たことないですが、人を殺して、「どないしよ~」って夢は見たことあります・・・coldsweats01

>apuroさん
apuroさんのために今回画像を少し大きくしときましたよ
ムラがありますか。長期間地道に集めてたんじゃなく、一時期オークションで落としていたせかな?
スペースシャトルにそんな興味無い割りに買ってますね、私 smile

>Nyoくん
模型棚よりも他人の本棚を見るのは面白いですね。
どんなことに興味があるのか、一目で分かりますからね。
パソコンなら閲覧履歴かな?
科博のエウオプロケファルスは私の作品ですよ happy01

投稿: カズやん | 2012年2月14日 (火) 23時43分

夢の話にまぜてください!!

ここしばらくの間で忘れられない夢が2つあります。

一つ目は、頼まれた仕事で、部品を失くし、走って知らない倉庫にとりに行く間に、いろんな障害(道を聞かれる、記念撮影を頼まれる)があって、最終的に一つ目の鬼に
腕を食われるかなり長編の夢でした。
必死で自分の腕を鬼の口から引き戻そうとして、
手がへんなふうになって苦しくて起きました。bearing

もう一個は、
怪我した友だちを台車に乗せて、空爆の町の中を逃げまわり、最後は火を吹く鳥に追われ、私の背中が食われる夢でした・・・
「痛い痛い」と自分の叫ぶ声で起きました。wobbly

なんで?

投稿: 自虐の女 | 2012年2月17日 (金) 21時38分

自虐の女さん、それは「夢は実生活のシュミレーション」とはかけ離れていますね!wobbly
小説家や漫画家、はたまた映画監督の才能があるのではないでしょうか?
それにしても「自虐」と言うよりも「被虐」的な夢が多いのが・・・coldsweats01

投稿: カズやん | 2012年2月18日 (土) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪市立自然史博物館 「新説 恐竜の成長」 模型教室のお知らせ | トップページ | いいひと? »