« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月29日 (金)

お客さんと、まとめて「新・関西笑談」

先日紹介しました、産経新聞 夕刊(大阪版)に連載された「新・関西笑談」が産経ニュースWESTで再掲されていましたので、まとめてリンクしておきます。

恐竜造形家・荒木一成 よみがえる太古の支配者

(1)科学的に肉づけ、色は想像も交えて

(2)恐竜も病気、けが…恐竜模型にも生活感

(3)昔のプラモは陳腐なものばかり…自作を決意

(4)リハビリ技師20年…骨格復元に役立った解剖学

(5)恐竜が人気…理由は「生き物を極めた」から

同時に収録されたラジオ大阪の「ぶっちゃけインタビュー」も、こちらで聴くことができます。

さて、今日はその新聞記事を見てくださった、福井県大阪事務所の森下さんと山川さんが、工房を訪ねてきてくださいました。

H1
福井県の魅力を大阪に発信するのに、私の恐竜模型がお役に立てるのでしたら、何でも協力しまっせ!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年6月28日 (木)

長野市立博物館 「よみがえれ!恐竜たち」のお知らせ

さて今日は長野市立博物館の成田さんと作本さんが、遠路はるばる模型の引き取りに工房まで来てくださいました。

7月21日から長野市立博物館で開催される特別展「よみがえれ!恐竜たち」に展示する模型です。
ティラノサウルスをはじめ、1/10スケールを中心に15点展示します。

N1
ん~箱が大きくて、ワゴン車いっぱいになってしまいました。sweat01

N2
これからまだ他の展示予定の品物を積まないといけないそうです。がんばってください。coldsweats01

「よみがえれ!恐竜たち」ではティラノサウルスの全身骨格や長野や富山で発見された恐竜の足跡化石、科博の真鍋真先生の講演など展示や企画も盛りだくさんです。

N3
また開催期間中の8月4日・5日には私も模型教室「恐竜模型を作ってみよう!」も実施します。
詳しくはこちらをご覧ください。(毎年信州新町化石博物館で行っていますが、今年の会場は長野市立博物館です)

開催期間 7月21日~9月23日です。夏休みのご計画の予定に是非お加えください!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年6月26日 (火)

サトルさんのデジタルスカルプト

ドラゴンの骨格イラストや粘土製のティラノサウルやドラゴンを作られたサトルさんが、デジタルスカルプトの恐竜を掲示板に投稿してくれましたので、こちらでもご紹介します。

「Sculptris」というフリーソフトで作られたそうですが、かなり本格的ですね!wobbly

0000913_2m
マッピングって言うんですか?テクスチャーを簡単に張り替え、鏡面や水玉模様にカラーも変えられるようです。ん~面白い!

0000913_3m
作品には、粘土と作るのと同じようなクセや個性が出るみたいで興味深いですね。

しかし恐竜造形もこれからはデジタルの時代に入っていくでしょうね。
3Dプリンターなど、出力側さえもっと普及すれば、カラーリングも縮尺も自由になるし、良いことしかありませんからね。
いままで敬遠してきたけど、私も挑戦してみようかな!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年6月25日 (月)

返品じゃ~!

先日某ア○ゾンから届いたハセガワの「1/48 サイエンスワールド 無人宇宙探査機 ボイジャー」の梱包を開けてビックリ!wobbly

B1t
パッケージの箱に亀裂が2ヶ所も。

B2
箱もひしゃげています。

B3
発送用の外箱は無傷でしたので、梱包前からこの状態だったんでしょう。
こんな商品、普通発送しませんよね pout

わりと温和な私で、少々のことは気にしませんが、さすがにこんな商品(もちろん新品)を平気で送ってくるのは理解できません。

私は本屋さんでも、平積みされている本なら下のほうから取って、表紙やページのきれいなものを買いますし、プラモデルの箱も、作ったあとでも取っておいたりします。

良心的なお店なら、パッケージや表紙に汚れがあったら、店頭に置かなかったり、値引きしたりしますよね。

「返品じゃ~!」 (自虐の詩のイサオさん風)

なので、めったにしませんが、今回は返品処理しました。

さて、先日買った「DXバスタイム 峰不二子ちゃん」、工房の風呂場に。

B4
泡風呂~ heart01

B5

spa いつもひとり寂しい工房のバスタイムも、これで少しは楽しくなりますかね??coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年6月24日 (日)

らえらぷすさんのトリケラトプス族

前回、自作のトリケラトプスを作られた、らえらぷすさんが、トリケラトプス族の模型を掲示板に投稿してくれましたので、こちらでもご紹介します。

時計回りにトロサウルス、エオトリケラトプス、トリケラトプス・プロルスス、未記載の新種トリケラトプス類。

120624140920
前回作ったトリケラの複製の身体を使って、頭部の挿げ替えだそうですが、各恐竜の特徴が上手に捉えれてますね。

とは言うものの、私は新しい学説はからっきし疎いので適切なコメントができませんが、恐竜を自作する人の世代交代が確実にやってきてますね!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年6月23日 (土)

新開店したリサイクル屋に行く

さて今日は仕事を終えてから、本日オープンのリサイクルショップ「買取王国 寝屋川店」に行ってきました。
170号線沿いの元家電量販店「コジマ」の店舗をそのまま使っています。
駐車場広し!

K1
店内も元電気屋さんっぽいです。品揃えはスゴイ! 蛍光灯点け過ぎ!

K4
巨大ガメラ!198000円!

K2
等身大プレデター!298000円!

K3
フィギュアのコーナーだけでも枚方店の全フロアぐらいありそうですね。
コミックやゲームも充実していました。

で、今回の戦利品。

K5
マーミットの12incのサンドトルーパーがケースつき(USED)で780円でゲット!

K6
すでに持ってるんですねどね・・・ coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年6月22日 (金)

カブトガニのフィギュア

先日海遊館のショップに行くと、米サファリの海洋生物のフィギュアがいっぱいありました。
そのなかにカブトガニ発見!

K1
結構大きい。頭から尻尾の先まで17cmあります。

K2
裏側。 メスですか?

K3
これは海洋堂の松村しのぶ氏原型の小学館「週刊 日本の天然記念物 34」のカブトガニ フィギュア。

K8
裏側。 こっちはオスですかね。

K9
これは本物のカブトガニの脱皮したもの。薄くてペリペリで、強く握ると壊れそうです。

K5
裏側。

K6
これはエポック社のガチャポン「地球生命紀行 蟹・海老」のカブトガニを額装したもの。

K4
かっこいいでしょう。

カブトガニは天然記念物なので一定の地域では保護動物みたいですが、普通に売買もされているみたいですね。

こちらはカブトガニとは全く関係ありませんが、スーパーで見つけた「昆虫の森」(タカラトミー)のオオカマキリのフィギュア。

Ka2
結構大きくて、15cmぐらいあります。実物大?coldsweats02

Ka1

では、産経新聞 夕刊(大阪版)の「新・関西笑談」の連載5回目、最終回です。

よみがえる太古の支配者

カブトガニ 尾先まで1...

カブトガニ 尾先まで1...
価格:1,980円(税込、送料別)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年6月21日 (木)

立体力 行きたい~(泣)

以前、平田郷陽と美少女フィギュアが一緒に展示されるときが来るんでしょうか?という日記を書きましたが、こんな展示会やってるんですね!wobbly

立体力  仏像から人形、フィギュアまで」 札幌芸術の森美術館(~7月8日(日))

C4d96d1a

わ~!行きたいな~!でも無理やな~ weep
巡回してくれへんかな~ coldsweats01

では、産経新聞 夕刊(大阪版)の「新・関西笑談」の連載4回目です。

リハビリ技師20年「解剖学が役立ちました」

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年6月20日 (水)

海洋堂のティラノサウルスがキター!

海洋堂のソフビ製の1/20スケールのティラノサウルス(ブラウン)とアロサウルス(グリーン)が届きました。
良くも悪くも海洋堂テイスト満開の箱ですね coldsweats01

T1
ティラノサウルス(ブラウンカラー)

T2
アロサウルス(グリーンカラー)

T3
ともに20年ほど前の松村しのぶ氏の原型です。
先日発売された、グリフォン製のティラノサウルスと一緒に。

T4
オリジナルのキャストキットと比較。

T5
ありゃ 歯が全然違いますね。

T6
人気のあるモデルで、ヤフオクでも高値で取引されていましたが、再販されて良かったです。この調子で松村さんのアフリカゾウを再販してくれませんかね~

では、産経新聞 夕刊(大阪版)の「新・関西笑談」の連載3回目です。

昔のプラモは陳腐なものばかり 自分でかっこよく作ろうと決意

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年6月19日 (火)

KYOさんの木彫ティラノ頭骨と陶器のゴジラ

KYOさんが、木彫りのティラノサウルス頭骨レリーフを掲示板に投稿してくれましたので、こちらでもご紹介します。
頭骨部分の肌目のザラザラ感と、歯の質感の違いで出ていてリアルですね。

0000904m
わ~すごく薄く彫ってありますね!

0000904_2m
額装するとイイ感じになりそうですね。

さて少し紹介が遅くなりましたが、こちらは陶器製のゴジラの胸像。

0000902m
折り紙恐竜で投稿していただく☆亜細亜さんが越前焼きの陶芸教室の際、余った粘土で作られたそうです。
ゴジラのごつごつした皮膚によくマッチしていますね。
恐竜も陶器で作ると面白いでしょうね。

恐竜も怪獣も色んな素材で表現できますね!happy01

では、産経新聞 夕刊(大阪版)の「新・関西笑談」の連載2回目です。

恐竜造形家・荒木一成さん「病気やけがもあったはず 生活感を表現したい」

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年6月18日 (月)

新・関西笑談に出てるよ

先日取材を受けた、産経新聞 夕刊(大阪版)の「新・関西笑談」ですが、産経新聞をお取りでない方はこちらで読むことができます。

恐竜造形家の工房を訪ねる「科学で筋肉のつきかた想定」

金曜日まで連載されます。

また16日に放送された、ラジオ大阪の「ぶっちゃけインタビュー」も、こちらで聴くことができます。

2012年6月16日「ぶっちゃけインタビュー」

10分ほどですので、お時間のあるときにどうぞ happy01

Cimg4910

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年6月17日 (日)

小中学校の同窓会に行く

今日は小学校、中学校の同窓会がありました。
私は今まで一度も出席したことが無く、実に35年ぶりに地元の同級生に会いました。
結構な人数が集まっていて、幹事さんは大変だったでしょうね。ご苦労様です。

O6
ま、15歳から一挙に50歳・51歳の姿になってるわけですから、ぜ~んぜ~ん誰が誰やら分かりません。
すっかり同級生と思っていた方が先生だったり・・・sweat01
もうこれぐらいになったら50代も60代も分かりませんわ!coldsweats01

同窓会は寝屋川駅前であったのですが、少し早く着いたので、近くをブラブラしました。

大利商店街。

O1
中学生のころ千葉真一の空手映画を観た映画館はスーパーになってました。オモチャ屋も無くなってるし。
でかいZAQ見っけ!

O8
ドイツ薬局 ショーウインドウの気持ち悪い木製の人体模型を見ようと思いましたが、お休みでした。向かいの漢方薬局だったかな?

O2
中村興文堂は少し小さくなってましたが健在。でも休み。

007
金箔書房・・・休み・・・ 寝屋川の商店街、日曜日に休み過ぎ despair

O4
でも「おもちゃの国スエヒロ」は潰れず、しかも日曜に開店!えらいぞ!スエヒロ!(何も買いませんでしたが)

O5
もと「長崎屋」だったブックオフで買った写真集「スペース・パノラマ」と2011年11月号のHJ。
買ってなかったんですよね。

O7

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年6月15日 (金)

ツタンカーメン展に行く

さて、昨日はエキスポ カフェに行く前に、現在、大阪天保山特設ギャラリーで開催中の「ツタンカーメン展」に行ってきました。

A1
ここは以前サントリーミュージアムだったところです。(模型教室も一回開催したことがありました)
大好評で会期を延長したみたいですが、さすがに平日は空いているだろうとタカをくくってましたが、大はずれ!

A2
ま、20分ぐらい、どうってことないわ!

A3
でも会場内は人・人・人・・・でもがんばってじっくり見てきました。(会場内撮影禁止)
スカラベの胸飾りやチュウヤの棺など、間近で見るとその細工や彫刻が素晴らしい!
なかなか見ごたえのある展覧会でした。

A4
海遊館のミュージアムショップで買い物をして、その後エキスポカフェへ

そのあと、近くにあるホビーショップ「怪物屋」に行きましたが、開店が午後6時ということで、あきらめて大阪歴史博物館で開催中の特別展「ザ・タワー 都市と塔のものがたり」へ行くことにしました。

A5
常設は以前見たので、今回は特別展のみ。

A6
ん~・・・いまいち塔の模型が少なくて物足りないな~。絵葉書とかいっぱい見せられてもな~ despair
と、文句言いつつもスカイツリー模型と記念撮影。ここも撮影できるのがここだけでした。

A7
と言うことで、地下鉄代がもったいないので、森之宮駅までテクテク歩いていきます。

あ~大阪城の石垣、お堀って立派ですね!wobbly

A8
ついでに午後4時40分に「ピースおおさか」に寄ったら、

A9
閉館してました。しかたないか・・・ sad

A10
以前、731部隊の展示をしていましたね。12incフィギュアで結構残酷な人体実験風景のジオラマが展示されていました。またどこかやらないかな。(参考ページ

ここは、噂の「大阪市音楽団」ではないか!coldsweats02

A11
森之宮駅まで来たので、模型店「ASUKA」に寄ってみると・・・移転してました・・・ weep

A12
昔なら、このあと日本橋でホビーショップ回りして、スパワールドでプールで浮かんでひと風呂あびたもんですが、今はすでにバッテリー切れ。
すごすごと帰宅しました。

で、購入した図録。重かった・・・。

A13

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年6月14日 (木)

エキスポ カフェに行く

大阪万博大好きを謳いながら、実はまだ訪れていなかった聖地「エキスポ カフェ EXPO CAFE」に今日初めて行ってきました。

天満橋からほど近い大阪の中心地にあります。

Ex1
店内はエキスポグッズでいっぱいです。

Ex2
太陽の塔コレクション。私のなんか比べ物にもなりません。

Ex9
壁には進太郎さん作ペーパークラフトの万博会場。

Ex3
SA-ssさんの作、精密パビリオン模型。(タイムスリップグリコの原型にもなりました)

Ex4
ちょうど昼過ぎだったので、ランチとパフェをいただきました。
かわいいウエイトレス、いやもとい、コンパニオンさん。(制服はカフェオリジナルとのこと)

Ex7
パフェ Expo天国は大阪万博の会場とパビリオンをデザイン。バナナは象牙海岸(現コートジボアール)

Ex5
Ex6
で、マスターの白井さんと記念写真。

Ex8
カフェは今月下旬で一旦お休みされるそうです。
店内は常連さんやお休み前の駆け込みさん(私も含め)でいっぱいでした。

こんな自慢のコレクションであふれたカフェっていいですね。
私も恐竜グッズだらけで、かわいいコンパニオンさんのいるカフェやりたいな~ coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年6月13日 (水)

新聞&ラジオ取材

昨日は工房で新聞とラジオの取材がありました。

記者の河居貴司さんと対談中の様子。

S1
左からカメラマンの土井さん、ラジオ大阪の吉村さん、河居さんと逆取材。

S2
記事は産経新聞 夕刊(大阪版)の「新・関西笑談」というコーナーで来週18日、月曜~金曜まで5回連載予定です。
またラジオ大阪(1314khz)では16日(土)PM 6:00~「梅田淳のニュース・ハイブリッド」内の「ぶっちゃけインタビュー」で放送予定です。
ぶっちゃけインタビュー」は放送後HPから試聴できるようです。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年6月 8日 (金)

いろいろと せみのみせ~

米のSF作家、レイ・ブラッドベリが亡くなられたそうです。
「火星年代記」も読んだはずですが、どんな話しだったか全然憶えてないや。coldsweats01
まだ生きてたんだ!?と言うのが正直な印象ですが、私らには「霧笛」や「いかずちの音」で馴染み深いですかね。
91歳だったそうで、大往生ですね。
恐竜映画の特撮で有名なレイ・ハリーハウゼンと対で思い出してしまいますが、ハリーハウゼンはまだ御存命みたいですね!スゴ!wobbly

話し変わります。
今朝(もう昨日か)、すごいもんがヤフオクに出品されてました。

旧ソビエト ソユーズ宇宙服・操縦席」 1800万円也!wobbly

他の出品もなんかスゴイ!どっかのイベント会社が手放したんでしょうか?
説明画像も貴重そうですね。

話し変わります。
寝起きでウトウト夢見心地のとき見てしまうと、うかつにも意外とはまってしまうモノがありますよね。
先日偶然NHKのピタゴラスイッチで「こたつたこ」って歌を聞いていたら、大好きになってしまいました。heart01

20100413151823

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (8)

2012年6月 7日 (木)

模型教室のお知らせ

恐竜模型教室のお知らせです。

7月7日(土)、福井県立恐竜博物館で、恐竜ふれあい教室「親子で恐竜模型をつくろう!」を行います。
本日から6月14日までお申込み受付です。
詳しくは博物館HPをご覧ください。

福井恐竜博物館では、7月6日から特別展「翼竜の謎 恐竜が見上げた「竜」」展が開催されます。
(10月8日まで。模型教室は9月2日(日)にもありますよ!)

1                  (イメージ画像 coldsweats01

また7月から8月にかけて、枚方市、岡山市、長野市、福井市で模型教室開催予定ですので、日程など分かりしだい追ってお知らせしていきます。

みなさん、夏休みの宿題、自由研究にお役立てくださいね!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年6月 6日 (水)

またプテラノドンを作るぞ! 後編 完成

またプテラノドンを作るぞ!の最終回は彩色です。

P15_2
今回一番やりたかったのが、実はこの彩色です。今回の作品は、地上に降りている翼竜ですが、折りたたまずに大きく翼を伸ばしてるところを作りましたので、ここに派手目の模様を描こうと思っていました。
映画「アバター」のイクランやトゥルークが登場する場面では、その翼の美しさ、動きの美しさに圧倒されました!wobbly
マクファーレンのドラゴンシリーズも持っていますが、それを見てしまうと、そっちに引っ張られそうなので、色彩感覚ゼロの私ですが、あえて自己流で行きます。coldsweats01

色や模様のイメージを下絵に描いて確かめます。

P18
まず岩場を彩色。

P16
こちらはプテラノドンを目立たせるため、地味に塗っていきます。

P17_2
さていよいよプテラノドンの彩色。

P19
まず下地の色を塗ります。

P20_2
模様の当たりをつけていきます。

P21
模様を塗っていきます。

P22
ふちどりの模様を塗っていきます。

P23
頭の部分。このあと目玉の色を塗って、

P24
完成です。

P25
どうでしょうか?ドラゴンっぽく出来たでしょうか?
メインサイトにアップしました。

「プテラノドン2012」です。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2012年6月 5日 (火)

またプテラノドンを作るぞ! 中編

またプテラノドンを作るぞ!の続きです。

P7_2
翼の皮膜にディテールをつけていきます。

P8
やはり薄く延ばした粘土を上にはりつけ、大きなシワや細かいシワをつけていきます。

P9
全体を見ながら翼の大きなシワを調整していきます。
首の角度も、少し下から見上げるような感じに調整しました。

P10
おそらく本物の翼竜の翼にはこのようなシワはつかなかったでしょう。
翼竜の翼には縦方向に無数の繊維で保持されおり伸縮性があったと考えられているので、ゴムが伸び縮みする感じでシワはよらずに翼を折りたためたと考えられています。
ですが、今回の造形は前編にも書きましたが、ドラゴンのイメージで作っていますので、翼のシワ、前足の大きさなどかなりデフォルメして作っています。

翼竜の毛は、普段は粘土をけがいて表現しますが、今回は植毛で表現します。とは言え、フッサフッサにするのではなく、しゃれこうべに残ったざんばら髪のイメージで首筋に表現します。

エンピツで植毛部分を確認。

P11
ピンバイスで穴をあけていきます。

P12
で、今回の秘密兵器は、知人に教えてもらった初登場の百均の「つけまつげ」heart01

P13
テグスを切って使うのとちがい、「カーブがついていて、先が細くなっている」という条件にぴったりです。smile
ピンセットで掴み、ハサミで切り取って一本一本植毛していきます。

P14
なんかキショイ・・・ coldsweats01

と言うことで形は完成しました。

P15
次回は彩色していきます。

後編に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2012年6月 4日 (月)

またプテラノドンを作るぞ! 前編

たまには模型制作の記事も書かないと、いつも見に来てくれる人に申し訳ないですね。sweat01

先日スタージョンさんと話したとき、私らの作っているものは、「復元模型」とはほど遠い「想像模型」と指摘されたという話しがありました。
確かに三葉虫など外骨格が残る絶滅生物に比べると、恐竜などは筋肉や内臓、皮膚など軟組織に始まり、体色、模様に至っては想像以外のナニモノでもありません。
とは言え、出来る限り発見され研究されている成果に基づいて作っていくのが一番大切であることも間違いありません。
しかしそれが恐竜を作るうえで、足かせになっている可能性もあります。
翻って、映画「アバター」に登場するドラゴン「イクラン」や人気ゲーム「モンスターハンター」のモンスターなどは恐竜や翼竜を参考にしながら、制約が無いため、デザイナーの奔放なイメージで作られ、形態にしろ色彩にしろ見事な創作物になっています。
ですから今回は少し反則ワザですが、ドラゴンテイストの翼竜プテラノドンを作ってみることにしました。(かと言って、歯を生やしたり角をつけたりはしませんよ coldsweats01

ちゃちゃっと行きます。(前のプテラノドン制作記事はこちらを見てください)
イメージは「岩場にたたずむプテラノドン」(このシチュエーション、好きなんですわ)
ワシなどの大きな猛禽が岩の上で、片翼を伸ばしてストレッチしているイメージです。

頭と胴体を作ります。スケールは約1/10ぐらいです。

P2
岩場を作ります。まず粘土をブロック状に切り分けます。

P3_2
それを積んでいって好みの形にしていきます。

P4
岩場と翼との関係を考えながら、腕の骨の位置を決めます。

P5
折りたたんだ右腕と伸ばした左腕に、それぞれのシワなどを考えながら、薄く延ばした粘土で皮膜を作っていきます。

P6
仮ポーズ。首を上げて、遠くを見ているイメージ。

P7

中篇に続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (9)

2012年6月 3日 (日)

グリフォンのT-rexがキター!

発売日が延期してましたが、やっとグリフォンのライフモデルT-rex ティランノサウルスが発売されました。

箱です。大きいですね。

G1
ヴェロキラプトル骨格と同じく、前の扉が開いて、中の模型が見えるようになってます。美少女フギュアメーカーらしい工夫ですね。

G2
梱包状態。

G3
ベースに固定する時、なかなか穴に入らず、やや力が入りすぎて、ベースに傷ができてしまいました。weep

G4
この手の模型には珍しく、口が開くようになってます。(仏PAPO社の影響でしょうか)
歯の造形がかっこいいですね!

G5 G6
舌が上あごにくっついていたので、下ろします。舌も動くようになっているのか?(たぶん違う)

G7
原型製作はこの前のワニ展でも紹介した真島欽一さん。彼はウロコを粘土を丸めて一個一個作っていくと聞いたことがありますが、今回も緻密なディテールですね。
監修はヴェロキラプトル骨格と同じく伊藤恵夫氏。

大きさは50cm強で、約1/20スケールといったところでしょうか。

ほぼ同じ大きさのSHINZEN造形研究所さんのソフビと並べてみました。

G8
こちらは少し大きい(約55cm)ですが、4Dパズルのティラノサウルス・アナトミーモデル。

G9
近々、海洋堂からも1/20スケールのティラノが再販されるので、このサイズのティラノサウルスが大流行ですね!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »