« 新・関西笑談に出てるよ | トップページ | 海洋堂のティラノサウルスがキター! »

2012年6月19日 (火)

KYOさんの木彫ティラノ頭骨と陶器のゴジラ

KYOさんが、木彫りのティラノサウルス頭骨レリーフを掲示板に投稿してくれましたので、こちらでもご紹介します。
頭骨部分の肌目のザラザラ感と、歯の質感の違いで出ていてリアルですね。

0000904m
わ~すごく薄く彫ってありますね!

0000904_2m
額装するとイイ感じになりそうですね。

さて少し紹介が遅くなりましたが、こちらは陶器製のゴジラの胸像。

0000902m
折り紙恐竜で投稿していただく☆亜細亜さんが越前焼きの陶芸教室の際、余った粘土で作られたそうです。
ゴジラのごつごつした皮膚によくマッチしていますね。
恐竜も陶器で作ると面白いでしょうね。

恐竜も怪獣も色んな素材で表現できますね!happy01

では、産経新聞 夕刊(大阪版)の「新・関西笑談」の連載2回目です。

恐竜造形家・荒木一成さん「病気やけがもあったはず 生活感を表現したい」

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 新・関西笑談に出てるよ | トップページ | 海洋堂のティラノサウルスがキター! »

コメント

掲載いただき、ありがとうございます。
焼き物用の土は、石粉粘土に比べて粗いですが、それなりの面白さがあります。
素材といえば、30年くらい前にはセロテープを固めてゴジラとか作ったことがありました。
エポパテもまだなく、ポリパテや石粉粘土も一般的でなかった頃での苦肉の策ですが、素材によって表現が変わるのは面白いと思います。

投稿: ☆亜細亜 | 2012年6月21日 (木) 14時11分

わ~セロハンテープを固めてですか!
私も子供の頃は、紙を丸めて怪獣を作ったりしてましたが、セロハンテープがすぐ茶色くなっちゃうんですよね~。
石鹸の箱でシュピーゲル号を作ってたのを思い出しました coldsweats01

投稿: カズやん | 2012年6月21日 (木) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新・関西笑談に出てるよ | トップページ | 海洋堂のティラノサウルスがキター! »