« またプテラノドンを作るぞ! 中編 | トップページ | 模型教室のお知らせ »

2012年6月 6日 (水)

またプテラノドンを作るぞ! 後編 完成

またプテラノドンを作るぞ!の最終回は彩色です。

P15_2
今回一番やりたかったのが、実はこの彩色です。今回の作品は、地上に降りている翼竜ですが、折りたたまずに大きく翼を伸ばしてるところを作りましたので、ここに派手目の模様を描こうと思っていました。
映画「アバター」のイクランやトゥルークが登場する場面では、その翼の美しさ、動きの美しさに圧倒されました!wobbly
マクファーレンのドラゴンシリーズも持っていますが、それを見てしまうと、そっちに引っ張られそうなので、色彩感覚ゼロの私ですが、あえて自己流で行きます。coldsweats01

色や模様のイメージを下絵に描いて確かめます。

P18
まず岩場を彩色。

P16
こちらはプテラノドンを目立たせるため、地味に塗っていきます。

P17_2
さていよいよプテラノドンの彩色。

P19
まず下地の色を塗ります。

P20_2
模様の当たりをつけていきます。

P21
模様を塗っていきます。

P22
ふちどりの模様を塗っていきます。

P23
頭の部分。このあと目玉の色を塗って、

P24
完成です。

P25
どうでしょうか?ドラゴンっぽく出来たでしょうか?
メインサイトにアップしました。

「プテラノドン2012」です。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« またプテラノドンを作るぞ! 中編 | トップページ | 模型教室のお知らせ »

コメント

いや~動きのある素晴らしいプテラノドンですね。最近翼竜の新しい造形物をあまり見ないので新鮮です。驚異的なのは計算すると3日で作り上げたことになりますが本当ですか?神業ですね。

投稿: スタージョン | 2012年6月 6日 (水) 17時07分

スタージョンさん、コメントありがとうございます。
今回の模型は実働1週間ぐらいです。
実際は去年、頭と腕の骨だけ作って、仕事で半年うっちゃってましたが、一段落したので再開したものです。
仕事で作るのとはまた違って、なかなか楽しかったですよ happy01

投稿: カズやん | 2012年6月 6日 (水) 17時34分


すばらしい体色ですね、スミイレも絶妙、エアブラシを使ったんですか?色に関してはなかなか冒険出来ないんです、スミイレでトーンを合わせにいくと、彫りこみが妙に暗くなってしまって。 学研の恐竜学最前線9の松村さんのパラサウロロフスの皮膚の表現を見て感心したことを思い出しました。もちろん、今「恐竜」がおもしろい の荒木さんのトリケラトプスも秀逸ですょ。 実は今、ヴェロキラプトル制作中なんです、体は出来ましたが、まだ裸です、羽毛と羽は例の方法プラスアルファーでいいものが出来そうです。色をどうするか、悩んでいます。ぴすたちおくんのような勇気があればと思うんですが。

投稿: tsukudados | 2012年6月 9日 (土) 23時02分

tsukudadosさん、コメントありがとうございます。全部筆塗りですが、細部はよく見られると「あらゃらゃ?」です coldsweats01

羽毛はtsukudadosさんの方法だと、まず羽毛に色付けして並べていくのが良いのではないでしょうか。(細部の模様はあとから入れてもよいかも)
地肌はなるべく暗い色にして羽毛をつけたあとに影響が出ないようにして。
(あとからスミイレとか出来ないと思いますので)
ところで、回覧板回ってきましたが、温浴施設、「水春」が出来るみたいですねspa

投稿: カズやん | 2012年6月 9日 (土) 23時29分

水春のとなりは家電店らしいですね。   彩色、色々試してみましたが、地色は暗めがいいようですね。羽毛部分はあの感じですが、羽は、色々なパターン大きさの型を作りました。今600枚ほど出来ています、これは粘土とティッシュのコンポジットしたもので、ぺらぺらですが強度もあります。これも先に彩色予定です。出来ましたらまたみてください。アドバイスありがとうございます。

投稿: tsukudados | 2012年6月10日 (日) 17時19分

tsukudadosさん

>粘土とティッシュのコンポジットしたもの

わ~どんなもんだろう!?ワクワク lovely
アウトラインは実際にはふっくらした感じなんでしょうけど、見慣れたイメージにするには、少し元の造形をスマートにする方が良いのかな?
出来たら是非見せてください!happy01

投稿: カズやん | 2012年6月10日 (日) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またプテラノドンを作るぞ! 中編 | トップページ | 模型教室のお知らせ »