« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

「エヴァンゲリヲンと日本刀」展に行く

29日の日記の続きです。

カブトガニ博物館訪問のあと、吉備津神社と吉備津彦神社に行きました。

まずは吉備津神社

K9
国宝の本殿は、国内唯一の建築様式「吉備津造り(比翼入母屋造)」で、出雲大社の2倍の大きさがあるそうです。
360mある廻廊をジオラマモードで撮ってみました。

K10
次は近くにある桃太郎伝説の残る吉備津彦神社に。

K12
ちょうど桃太郎フェスティバルが開催中でした。ラッキーなのか・・・?

K13
境内すみっこにある不気味な桃太郎像。ちょっと、はぶんちょ扱い?

K14
さてこの日はもう帰宅するだけですが、最後に、28日の教室で薬師寺さんから教えてもらった、瀬戸内市の備前長船刀剣博物館で開催中の「エヴァンゲリヲンと日本刀」展を見てから帰ることにしました。

E2
すごい人気で、駐車場に入るにも少し時間がかかりましたsweat01

E3
全長332cm 重さ22kgのロンギヌスの槍。 写真撮影がOKなのも嬉しいですね。

E4
2本の刀身を制作し、柄をつなげてねじって作られているそうです。

E6
全長35cmのプログレッシブナイフ

E7
全長73cmのカウンターソード

E8
などなど、エヴァンゲリオンに登場する武器を日本刀制作の伝統的な技を使って再現、具現化しています。

ともすれば、人気キャラクターに便乗した浅薄な失敗企画になる可能性もあったかもしれませんが、「日本刀」という、まず先に「本物」があることによって、エヴァンゲリオンの世界観をより濃密なものにした、とても貴重で重厚で見事なコラボ企画だと思いました。

よく考えてみると、架空、空想の武器類って、もともとある本物の武器を基に派生しているわけですから、面白くないわけないですわな。
これらを作った現代の刀匠や職人さんたちも、けっこう楽しんで作ったのが伝わってくるようでした。
やっぱりイベントは、見るほうはもちろんですが、作るほうも楽しくないと面白くないですよね。

なぜか甲冑を着ているちっちゃい女性スタッフさんと記念写真。

E9
と言うわけで、今回の岡山出張はこれにて終了。

え?今回はリサイクルショップは寄ってないのって?
もちろん寄りましたよ coldsweats01

「お宝発見 岡山店」

E1
品揃えは良かったですが、今回はなにも買わず・・・。(じつはアクシデントがあって思わぬ出費があったもので・・・ despair

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (5)

2012年7月30日 (月)

カブトガニ博物館に行く そして思い出

28日の天満屋さんの教室のあと倉敷 水島で一泊し、明くる29日は笠岡市立カブトガニ博物館を訪問しました。

K1
こちらは私が初めて博物館の展示模型を作った、思い出の多い博物館です。

館の全景はカブトガニの形をしています!

K2
1990年の開館時と家族旅行で二度訪れましたが、その後機会がなく20年以上ご無沙汰でした。

ここは天然記念物“カブトガニ繁殖地”である神島水道をのぞむ世界で唯一のカブトガニをテーマとした博物館です。
館内にはカブトガニの生育水槽や進化、生態を学ぶ標本などがたっぷり見ることができます。

K8
カマラサウルスの全身骨格とマルチスクリーン。クイズを通して、カブトガニの知識が楽しく得られます。

K3
開館後追加された、バリオニクスの動く模型。今回初めて見ました。

K15

私はカブトガニと同時代に生息した恐竜の展示でお世話になりました。

入り口すぐにある、進化のジオラマの模型たちに久しぶりに再会。あ~あの頃の模型の作り方やな~ coldsweats01

K16
K17
屋外の公園には実物大の恐竜模型が展示されています。

このティラノサウルスは米ダイナメーション社オリジナルのものです。

K5
こちらのディプロドクスは、私が雛形を作ってダイナメーション社が実物大に作ったものです。
ついでに記念写真。

K4
他にもプロトケラトプスの親子や

K18
森の中のイグアノドン。実物大ってリアルですね!

K6
エラスモサウルス(ジオラマモードで撮影)などは私が雛形を制作しました。

K7
突然の訪問でしたが、お世話になった惣路紀通 副館長にも御挨拶できました。happy01

実は20数年前、当博物館の開館イベントで、初めて模型教室をここで行いました。
ですが、それまで全くそんなことをしたことが無く、未熟さゆえ、結果、結構悲惨な思い出があります。
結局、何の指導もできず、おろおろして終わった記憶しかなく、参加者、スタッフのみなさんにご迷惑をおかけしたと思います。

その後、長い間模型教室の依頼があっても断り続けたのも、模型教室を引き受けることになったとき、現在の様にかなりうるさく指導するようになったのも、この時の経験があったためです。
またこの博物館で、初めて研究者の監修で模型を作りました。その監修が、故 濱田隆士先生でした。米ダイナメーション社の検収のため渡米にご一緒したり、開館時にホテルでお酒を飲みながらお話ししたことは、今でも良い思い出です。
あの時、先生は56歳、私は当時28歳でした。
私は今年51歳になり、あのころの先生の歳に近付いてきました。とても足元には及びませんが、濱田先生のように若い人たちに良いアドバイスできればと、いつも思います。

そんな色んな思い出のあるカブトガニ博物館の訪問でした。confident

笠岡市立カブトガニ博物館HP

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年7月29日 (日)

恐竜模型教室 in 天満屋岡山店

昨日28日は天満屋 岡山店で8月より始まる「よみがえる恐竜王国」のプレイベントで、「親子フィギア恐竜教室」を行いました。
場所は天満屋さんの隣にあるカルチャー館の一室です。

T1
今回は午前、午後の2回ありますが、それぞれ時間が2時間しかなかったのですが、彩色まで至りませんでした。
でもみなさん個性的な、自分だけのティラノサウルスが出来ました。

120728203854
リボンをつけたかわいいティラノもありました。色を塗ったら、もっと可愛くなりますよ。
みなさん、是非色を塗って完成させてください!happy01

いつも教室に参加していただく薬師寺さん一家ですが、地元岡山での開催ということで今回も参加してくれました。いつもありがとうございます。

T2
お手伝いいただいた、スタッフの皆様、ありがとうございました。

山陽新聞(7月28日)で紹介されました。
小学生が粘土で恐竜作り挑戦 岡山・天満屋 8月のイベント前に

さて、天満屋岡山店さんでは8月1日より「よみがえる恐竜王国」が始まります。動く恐竜ロボットや全身骨格と共に私の恐竜模型44点も展示されますので、是非見に行ってください!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年7月28日 (土)

岡山に来てます

昨日は昼前に自宅を出発して、岡山市に来ました。
今日、天満屋さんで行う模型教室のためです。
倉敷には2回ほど来てますが、岡山市は初めてです。
ホテルにチェックインしたあと、天満屋さんの担当さんに挨拶に行き、その後、少し市内の観光をしました。(時間が午後4時を過ぎていたのであまり回れませんでしたが)

日本三大庭園のひとつ「岡山 後楽園」

O1
金沢の兼六園とはまた違ってきれいですね。(どこが違うか聞かんといてね)

O3
岡山城が望めます。って言うか、お殿様は天守閣からこの庭園を見ていたんでしょうね。

O2
マイブームのデジカメのジオラマモードで。

O4
今夜からライトアップされるそうです。(今日は教室終了後、倉敷に移動するので、見れなくて残念・・・)

急ぎ岡山城へ。

O5
その黒塗りの外観から烏城(うじょう)の異名があります。

O6
天守閣は大戦で焼失したため、昭和41年に建て替えられたものです。

O7
徒歩圏内に博物館、美術館、史跡が集まっているので、時間に余裕があれば回りたいところでしたが、今回は先に2ヶ所だけでした。

林原美術館は終わってました・・・。

O8
一度ホテルに帰って一休みしてから、岡山駅方面にブラブラ。

駅前の桃太郎像

O9
さて今日は、今から教室に行ってきます。参加されるみなさん、よろしくお願いします!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年7月27日 (金)

紘平くんの恐竜模型

愛媛県の小学3年生の紘平くんが自作の恐竜模型の写真を送ってくれました。

Y1
私の「ぼくは恐竜造形家」を読んで作りはじめてくれたそうです。ありがとう! happy01
たくさん送ってくれましたので、何点か紹介します。

アロサウルス

K1
スピノサウルスの頭骨

K2
スピノサウルスの全身骨格。地面に埋まっているところだそうです。

K3
そして最新作のステゴサウルス。

K4
他にもプラテオサウルスやプテラノドンも作ってくれてます。

こちらはティラノサウルスのイラスト。すごく上手ですね!

K5
プラモデルのような「ほねほねキット」と言うアイデアも描いてくれてました!
紘平くん、夏休み、また色んな恐竜に挑戦してみてください!scissors

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年7月26日 (木)

ちょっと息抜き

この頃夏の用意でバタバタしてますが、ちょっと息抜き。
先日近所のTSUTAYAがDVDのレンタルが100円だったので、この前の日記の予告通り、「ガタカ」「スプライス」「グエムル 漢江の怪物」「自虐の詩」を借りてきました。
どれも面白かったけど、私は「スプライス」が一番面白かったかな。
私はわりと映画は好きなんですが、いつも前情報を入れすぎて、実際に見たとき「それほどでもないな~」ってよく失敗します。
なので、以前にも書きましたが、テレビの深夜放送でなにげに偶然見た、全然知らない映画が、めちゃくちゃ面白かったりします。
「バタフライエフェクト」や「マレーナ」、「オープンウォーター」なんかは、そんな風に偶然見て、本当に面白かったですね。
最近物忘れがひどいので、先日読んだ「GANTZなSF映画論」の内容もすっかり忘れていたので、どれも結構白紙の状態で見れて良かったです。(「リアル・スティール」はまだ新作で高かったのでまた次回に)
(あっ「自虐の詩」は業田良家のファンなので見たかっただけで、思ってたより面白かったです。)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年7月25日 (水)

岡山 天満屋で恐竜展

さてなかなか情報が出なかったので、紹介するのが遅くなりましたが、岡山市の天満屋 岡山店で「親子で学ぶ夏休み自然科学教室 よみがえる恐竜王国」が開催されます。

Okayama_2
私の恐竜模型、1/20スケールを中心に40余点を展示します。
恐竜ロボットの動く恐竜コーナーやアロサウルス全身骨格や化石コーナーなどもあって、恐竜の生態をやさしく学べます。
林原自然科学美術館の石垣館長が夜の恐竜王国の会場を説明する、ナイトミュージアムなどのイベントもあります。
天満屋6階いせん会館8月1日(水)~21日(火)

詳しくはこちらをご覧ください。

またプレイベントとして、7月28日には私の模型教室「親子フィギア恐竜教室」も開催されます。(募集は終了しています)
参加されるみなさま、よろしくお願いします。

その展示のため準備した模型たち。(の入った箱)

N1
さきほど岡山に旅立っていきました。

N2
いってらしゃ~い!
N3
また、私の恐竜模型が展示されている、長野県の長野市立博物館の「よみがえれ!恐竜たち」は21日より好評開催中です!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年7月23日 (月)

悠真くんのティラノサウルス

昨日の樟葉の模型教室に参加してくれた悠真くんが、ティラノサウルス模型を完成させて、写真を送ってきてくれました。
教室のあと、お家で後足の爪を作り直し、色を塗ってくれたそうです。

Img_0699
すごくかっこよく出来ましたね!
足の爪も鋭くなって、目もまるで本物みたいですよ。色も模様も、とてもきれいに塗れてますね。

Img_0672
夏休みは始まったばかりですから、また違う種類の恐竜にも挑戦してみてください!

(メール返信したのですが、パソコンからも携帯からメールが戻ってきましたので、許可を待たず掲載しました。もし掲載NGの際はご一報ください)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年7月22日 (日)

恐竜模型教室 in 樟葉 2012

今日は地元の枚方市、楠葉生涯学習市民センターの夏休み工作教室「石粘土で自分だけの恐竜を作ろう!」でした。

010
こちらでの教室は去年に引き続き2回目です。
今年も新進気鋭の原型師、森岡一基 青年が手伝ってくれました(気合入ってますね!)。

032
午前はティラノサウルスを作りました。

120722180111_2
午後からはトリケラトプスを作りました。

120722180129
3時間の長丁場でしたが、彩色まで出来た参加者もたくさんいました。
みなさん、お疲れさまでした。でもカッコイイ恐竜が出来ましたよ!happy01

029
午前中はよみうりテレビと地元のケーブルテレビの取材もありました。(24日のK-CATニュースで放映されるそうです。よみうりテレビは放映未定です)

今回も30組に対して、200組を超えるお申込みがあったと聞いています。みなさんありがとうございます。また選にもれたひとは申し訳ありませんでした。
スタッフの皆様もありがとうございました。

地元ですので、リクエストがあれば私もまたやりたいと思います。機会がありましたら、またご参加ください。
(でも地元だと、微妙にお知り合いが来られるので、ちょっと恥ずかしいsweat01

PS:教室の後は以前お世話になった、くずはアートギャラリーの平井さんと清水さんと打ち上げ(?)の飲み会をしました。

K1
その後、森岡青年と平井さんと工房で飲み直し。
平井さん、仕事、間にあいましたか?coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年7月21日 (土)

サイドショーのステゴサウルスがキター!

ほぼ1年前に注文して、なかなか発売されませんでしたが、やっとサイドショウの「ダイノソーリア ステゴサウルス マケット」(Sideshow Dinosauria collectible Stegosaurus Maquette)が届きました。

箱でかし!

St1
梱包状態。また反対から開けてしまった・・・ gawk

St2
模型もでかいです。子供でもこの大きさ。

St3
エディションナンバーは、156/500

St4
背中の骨板が一部別パーツになっています。

St5
骨板を差し込み、子供をベースにつけて、完成状態。

St6
缶ビールは大きさの比較に。原型はアパトサウルスと同じくSteve Riojas氏

St7
大きさは約68cm、スケール的には1/10ぐらいでしょうか?でかいですね!

顔のアップ

St8
前脚のアップ。ゾウガメみたいな表現です。

St9
骨板。層状に段差をつけた表現です。私もよくやりますね。

St10
スパイクのアップ(ピント合ってないし・・・)これも私がよくやる、表層が剥がれたような表現です。

St11
子供のステゴサウルスは地面の草を食べています。骨板も小さいですね。

St12_2

ポーズにも動きがありますし、なによりも大きいのが良いですね。
でももう工房にも置くところ無いし・・・ coldsweats01

送料無料 サイドショー Dinosauria collecti...

送料無料 サイドショー Dinosauria collecti...
価格:39,800円(税込、送料別)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年7月20日 (金)

4~5歳児限定情報

さて、今日は私が画像協力した保育園・幼稚園児の教材絵本を2冊御紹介します。

Gakken(学研教育出版)の「かんきょうかがくえほん・かんがえるシリーズ 2012年8月号 きょうりゅうカタログ」です。

H1
こちらは私の恐竜模型を前後横上から撮った画像で、まるで車のカタログのように恐竜を紹介しています。面白いですね happy01

H2
恐竜を飼ってみたらどんな風?というのを写真とイラストを使って紹介されていますよ。

フレーベル館の「どきどきいっぱい キンダーブック3」 2012年8月号。

H3
こちらは千秋先生が福井県立恐竜博物館を写真とイラストで紹介されています。
私の恐竜模型を使った見開きパノラマ写真もありますよ。

H4

どちらも個人宅で購読されている方もおられると思いますが、幼稚園や保育園で見ることも多いと思いますので、見れる機会のある方は見てみてください。

さて、今日書店で、Newton別冊「恐竜の時代 改訂版」があったので購入。

H7
もうすっかりティラノサウルスにはフッサフッサの羽毛が生えていますね。

H9
最後の広告ページにグリフォンの広告がありました。

H8
アロサウルスの骨格模型やカルノタウルスの模型も出るみたいですね。とりあえず、早くアノマロカリス発売してください!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年7月19日 (木)

夏は暑い

昨日の関西ローカルMBSテレビの夕方のニュース番組「VOICE」で、作用町の向日葵畑を紹介するコーナーで、アナウンサーが、「~いま、見頃のひまわりが~」と言わなあかんところを「~いま、日頃の見回りが~」って言ってましたsweat01
ま、どうでもいいんですけどね・・coldsweats01
「あつはなつい」みたいですね。

sun あ~でも本当に毎日暑いですね。
近所のお店で、うなぎを食べて暑気払い。

Ung
うなぎ、食べられなくなったらどうしましょうか??

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年7月18日 (水)

毎度おなじみの準備でございます

♪夏が来~れば思い出す~針金切って、穴開けて~♪

と言うわけで、夏の模型教室用の芯材作りです。

暑いです sweat02 工房のある枚方市は猛暑 sun

J1_2
風呂に水をはって、汗をかくたびにドボ~ン sweat01

J2
くずは用、30個、岡山 天満屋用、30個、計60個出来ました。

J3
参加される皆さん、一緒にかっこいい恐竜を作りましょう!happy01

また、福井の「恐竜×地質学フェスタ」福井会場で行う18日・19日の模型教室は、本日から受付開始です。詳しくはこちらをご覧ください。みなさん!ご応募よろしくお願いします!

おお~!今朝のNHKあさイチに、先日同窓会で再会した西岡雅廣氏が出ててびっくりしたぞ!wobbly

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年7月16日 (月)

夏の企画展いろいろ

今日は以前お世話になったり、御連絡いただいた各施設から夏の企画展をお知らせしたいと思います。恐竜もあれば、そうでないイベントもありますが、あしからず。
では北からsun

・北海道の三笠市立博物館では「化石のキセキ」が開催されます。

Hokkaido
7月21日~10月8日
詳しくはこちらをご覧ください。

・福島県の福島市子どもの夢を育む施設 こむこむでは「こびとづかんの森」が開催されます。
うわ~!面白そうですね!

Kobitoz
7月21日~8月26日
詳しくはこちらをご覧ください。

・神奈川県のパシフィコ横浜では「ヨコハマ恐竜展2012 -福井県立恐竜博物館のコレクション-」が開催されます。

Sub_main
7月20日~8月27日
詳しくはこちらをご覧ください。


・群馬県みどり市「コノドント館(みどり市大間々博物館)」では「恐竜ワールドを探検せよ!」が開催中です。

Konodonto
9月2日まで
詳しくはこちらをご覧ください。

・同じく群馬県の群馬県立自然史博物館では「深海の生物-海底二万里の世界-」が開催中です。

201206011028139091
9月2日まで
詳しくはこちらをご覧ください。

・長野県の長野市立博物館では以前お知らせしましたが、「よみがえれ!恐竜たち」開催されます。

Nagano
7月21日~9月23日
私の模型15点の展示と模型教室もありますよ!
詳しくはこちらをご覧ください。

・福井県では恐竜博物館主催の「恐竜×地質学フェスタ」が福井市と勝山市で開催されます。

Festa_title_top
福井会場:福井県国際交流センター 8月10日~19日 勝山会場:ゆめおーれ勝山 8月21日~26日
8月18日・19日には私の模型教室もありますよ!
詳しくはこちらをご覧ください。

・愛知県の豊橋市自然史博物館では「でっかい動物化石」が開催中です。

Dekkaidoubutukaseki
9月2日まで
徳川広和さんのワークショップもありますよ。
詳しくはこちらをご覧ください。

・同じく愛知県の蒲郡市生命の海科学館では「メタンハイドレートと海洋資源」が開催されます。注目の話題ですね。

Metan
7月21日~9月2日
詳しくはこちらをご覧ください。

・兵庫県の丹波竜化石工房ちーたんの館では「丹波竜と同じ時代に生きた恐竜「獣脚類」」が開催中です。

Tanba_2
8月15日まで。くわしくはこちらを
また8月24日・25日の夏休みイベントで徳川広和さんらのワークショップがあります。詳しくはこちを

・同じく兵庫県の姫路科学館では「ダイノパーツラボ ~恐竜のからだのヒミツ~」が開催されます。

Himeji
7月27日~9月9日
詳しくはこちらをご覧ください。

・岡山県 天満屋 岡山店では「よみがえる恐竜王国」が開催されます。私の模型も40点余展示予定です。
8月1日~21日
開催前イベントで私の模型教室も予定されています。
くわしくは分かりましたらまたお知らせします。

・愛媛県総合科学博物館では「ディノ・ミュージアム 〜恐竜の生態と進化〜」が開催中。

Ehime
~9月23日
期間中SHINZEN研究所の竹内信善さんの造形教室もあありますよ。
詳しくはこちらをご覧ください。

・長崎市科学館では「ワイルドアマゾン展」が開催中。7月6日~9月2日
詳しくはこちらをご覧ください。

各地方の恐竜関係のイベントに関しては、「恐竜おもちゃ博物館」のブログ「館長の恐竜おもちゃ発掘記」に詳しく紹介されていますよ!要チェック!

さすがに夏休みは楽しい企画展が目白押しですね!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (8)

2012年7月15日 (日)

ベビーモデル発売開始!

さて、私が造形、監修しましたフェバリットの新シリーズ、ベビーモデルが発売されます。
ビニールモデルと同様、ソフト素材のフィギュアですので、お子様でもガシガシ遊んでもらえます。
(画像をクリック!)

今回のベビーモデルは可愛いだけではない、リアルな恐竜の幼体の造形を目指しました。
フェバリットのHP には私のインタビュー記事もありますので、是非ご覧ください。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年7月14日 (土)

恐竜の最強のライバル

私は取材なんかで「恐竜の魅力は何ですか?」という質問をされると、

「恐竜は絶滅した、ロマンや謎に満ちているから魅力があるのではなく、もし絶滅しなくて、いまも生きていて動物園にいたら、ゾウやライオン、キリンよりも人気のあるスーパースターだったと思います。」

と、いつも答えています。
これは本当にそう思っていますし、私の本心でもあります。

が、しかし、もしかしたら、こいつは恐竜に匹敵するぐらい人気のある動物かも・・・・それは・・・

こいつです。

250fd2e6s
ま~こいつを嫌いな人間は日本には(現)都知事ぐらいしかいないんじゃないでしょうか?
私もこいつを見るために、東京や和歌山にも行きました。
先日の不幸が無ければ、スカイツリー効果と相まって、上野動物園が空前絶後!とんでもないフィーバーになっていたであろうことは想像に難くないです。
中国はとんでもないお宝を保有していますね!wobbly

もちろん、恐竜と同じ逆説的な意味で、「希少な動物だから」魅力がある可能性もあります。
ペンギンみたいに何十匹もいたら、結構ぜんぜん可愛くないかも・・・・

いや、いや、いや、やっぱり可愛いいし・・・ coldsweats01

9f6ee14d
というわけで、パンダ>恐竜・・・?coldsweats01 冗談です。私はあくまで 恐竜>パンダ ですよ!

プチ情報:以前お世話になった枚方市 くずはアートギャラリーで「パンダのいるギャラリー」展が開催されます。

ところで、NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」の松岡さん(高橋光臣)がチュートリアルの徳井にしか見えなくて困っています despair

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年7月13日 (金)

ジオラマ風 恐竜博物館

新しく買ったデジカメにこの機能がついていたので、恐竜博物館に行ったら、絶対やってみようと思っていました。
ジオラマ風写真の骨格展示場。竜盤目エリア。

J1_2
鳥盤目エリア

J2
ティラノロボット

J3
2階から1階のホールを撮影してみました。
中心部はピントが合ってますが、前後のピントが甘くなり、まるでミニチュア模型を撮影したような効果がでるみたいです。
実際にはティルトシフトレンズとはいう専門用具を使わないと撮影できないみたいですが、このデジカメの場合は加工ソフトで処理してるんでしょう。

ちなみに普通モードだとこんな感じ。

J4
昨日の日記のジオラマ風「錦ヶ滝」

T1

数年前に本城直季氏の写真集「Small Planet」が出たときは、とても衝撃的でしたね!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年7月12日 (木)

だらだら北陸出張記

今更ですが、備忘録のつもりで7月7日~9日の出張旅行記です。

7日は、早朝大雨のなか自宅を出発し、恐竜博物館での模型教室、「翼竜の謎」展見学のあと、久しぶりに芦原温泉で宿泊。

8日は白山自然保護センター中宮展示館に向かいました。
この日の気温は20~23℃と、とても涼しかったです。
昼食は「白山里」という温泉施設で、「はくさんり丼」をいただきました。
山菜、なめこ、手作りこんにゃくの卵とじ丼。

H1
中宮展示館見学のあと、一里野温泉の「温泉センター天領」で入浴。

H12

1年ぶりのサービスカット(苦情は受け付けておりません coldsweats01

1
来た道を取って返し、途中、手取峡谷(渓谷)に寄り道して、錦ヶ滝を見学。

H14
急勾配の階段を下りていかないといけませんが、落差32mの、とてもきれいな滝を見ることができました。

H15
H17
滝と一緒に記念写真

H16
8日の宿泊は片山津温泉。

今回は7日も8日も宿に全くネット環境が無かったため、宿では酒飲んで温泉にばっかり入ってました。

明くる9日は帰宅だけですので、高速を使わずチンタラチンタラ帰りましたが、昨日と打って変わって暑い一日でした。
途中いま話題の敦賀の福井原子力センター「原子力の科学館あっとほうむ」に寄りました。

R4
原子力発電に関する知識が、ゲーム感覚で学べる、体験型施設です。
「高速増殖炉もんじゅ」の模型。

R6
で、今回寄ったリサイクルショップは・・・

万代書店 石川加賀店 2回

R1
お宝一番 越前店

R2
帰宅直前に、お宝屋 宇治店

R3
と、例のごとくワンパターンで、今回の戦利品。

F1
恐竜博物館のミュージアムショップで、PAPOのプレシオサウルスとCollectAの竜脚類フィギュアを購入。

F2
CollectAは先日の死骸トリケラトプスや今回のアルゼンチノサウルス、アンペロサウルス、アグスティニアなど、他社が立体化しないフィギュアが魅力ですね。

F3
と言うことで、今回も何の計画も立てず、名所・旧跡を巡ることもなく、だらだらと北陸周遊でした。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年7月11日 (水)

白山自然保護センター 中宮展示館で常設展示

今年春にリニューアルされた、白山自然保護センター 中宮(ちゅうぐう)展示館に私が制作した恐竜模型が常設展示されましたので、恐竜博物館の教室のあくる日に見に行きました。
場所は(石川県からは)白山スーパー林道、中宮料金所の少し手前、大自然に囲まれたところにあります。

H3
中宮展示館は白山の自然や営み、歴史などをジオラマや大型ディスプレイで展示、解説されています。

H11
私の模型は、主に白亜紀前期の手取層群、桑島化石壁から発掘された動物を紹介したコーナー「恐竜時代の動物」に展示されています。

H5
1986年に発見された通称「カガリュウ」の歯の化石。

H6
カガリュウは初期のティラノサウルス類と考えられ、私が制作した模型は同時期中国に生息した「ディロング(Dilong)」を参考にしています。

H9

納品前工房で
S
同じく手取層から見つかったイグアノドン類の歯の化石。

H7
私が制作したイグアノドン(Iguanodon)の模型。二足歩行から四足歩行に移行する段階を表現して制作しています。

H8

同じく納品前の写真
S_2
共に国立科学博物館の真鍋真先生に監修していただきました。

で、模型と一緒に記念写真 happy01

H10
厳冬期は道も閉鎖になりますし、「どうぞ行ってみてください」と気楽に言える場所ではありませんが、スーパー林道を抜けると合掌作りで有名な白川郷ですし、周辺にはスキー場やキャンプ場、温泉もたくさんありますので、機会がありましたら行楽の予定のひとつにお加えください。

白山自然保護センター 中宮展示館HP

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年7月10日 (火)

恐竜博物館の「翼竜の謎」展を見る

さて、7月7日の模型教室のあと、現在 福井県立恐竜博物館で開催中の特別展「翼竜の謎―恐竜が見上げた『竜』」も、しっかり見てきました。

F4
このような仕事をしていて恥ずかしいですが最新情報には疎く、翼竜がこれほど多くの種類が見つかっているのかと改めて認識しました。
今回の目玉展示のひとつである、オス・メスが判明したダーウィノプテルスなど初めて見る翼竜が大半でした。

F10
ダーウィノプテルスは、翼竜の古いタイプと新しいタイプの両方の特徴を併せ持ち、翼竜の進化を研究する上で非常に貴重なものです。
また卵をお腹に持った化石が発見され(矢印部分が卵)、同種のトサカがあったほうがオスと分かったそうです。
卵を産んでる復元模型。

F11

F12
羽毛の色が研究された、アンキオルニスの化石と復元模型。

F13

F14
私のような模型好きには、翼竜の立体的な骨格模型が多く展示されているのがとても嬉しかったです。
始祖鳥や翼竜などは保存状態の良い化石は、平面の発掘状態のまま展示されることが通例でしたが、翼竜も骨格を立体的に展示すると、とても新鮮に見ることができました。

ディモルフォドンの骨格模型

F7
ドリグナサスの骨格模型

F8
プテロダウストロの骨格模型

F9
ニクトサウルスの骨格模型

F16
こちらは、掲示板に投稿いただいた、☆亜細亜さん作 折り紙のニクトサウルス

0000919m
よく特徴を捉えられていますね!(特別展の展示ではありませんので、念のため)

もちろん、プテラノドンやケツアルコアトルスなど有名な翼竜の展示や、翼竜の歩き方、離陸のしかたなど、最新の研究成果も紹介されています。

実は私が先日作った新作のプテラノドン模型も皆さんをお待ちしています。

F6
でも特別展会場ではなく、博物館入り口のチケット販売機の前に展示されていますので、見逃さないでくださいね!

恐竜時代に世界に君臨していた空の竜たちの特別展、必見ですよ!happy01

また特別展とは関係ありませんが、博物館の常設展示に7月からエオドロマエウス(Eodromaeus)全身骨格が追加され、私が生態復元模型を制作して一緒に展示されています。

F15
アルゼンチンで見つかった最古の恐竜の一つで、エオラプトルよりも以前の恐竜です。最初期の恐竜の進化を考える上で非常に重要な恐竜と考えられています。
S
こちらも是非ご覧ください。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (11)

2012年7月 9日 (月)

Teddyさんの恐竜短編映画公開!

先日紹介したTeddyさんの恐竜短編映画「King And Water(「王と水」)」がYoutubeでいよいよ公開されました!

Kingandwater05
http://youtu.be/nWml4lvkCdU

どうぞみなさんお楽しみください!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年7月 8日 (日)

恐竜模型教室 IN 福井恐竜博物館

さて昨日7月7日は福井県立恐竜博物館のふれあい親子教室「恐竜模型をつくろう!」を行いました。
時々大雨が降り出すあいにくの天気でしたが、私が博物館に着いた昼前には、もう駐車場もいっぱいでした。
今回もティラノサウルスとステゴサウルスを作ります。

F1
みなさん2時間半という長時間、しっかり作ってくれました。
ティラノをスピノサウルスに作り変えたり、今回はトウジャンゴサウルスやギガントスピノサウルスなど、ステゴサウルスのバリエーションがたくさん見られました。

F2
F3
本当に恐竜の好きな子供たちばかりですね。happy01

博物館HPでの当日の様子

福井ではこの夏、恐竜博物館主宰で「恐竜×地質学フェスタ」が開催されます。
私も模型教室「恐竜模型をつくろう!」を8月18日・19日に行います。
詳しくはこちらをご覧ください。
みなさんよろしくお願いします!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2012年7月 6日 (金)

恐竜の夏 始動!

今日から福井県立恐竜博物館で特別展「翼竜の謎 -恐竜が見あげた『竜』」が開催されました。

Pterosaursign
明日はワークショップ「親子で恐竜模型をつくろう!」で博物館に行きますので、特別展もしっかり見てきます!

私の場合、日ごろは模型を工房で作ってって、あんまり出掛けないのですが、夏場限定で模型教室が多くなり、遠方へ出かけることも多くなります。
この夏も、福井をはじめ、岡山、長野と遠征予定で、ついでに周辺の観光も楽しみのひとつです。

明日は天気が少し心配ですが、参加されるみなさん、よろしくお願いします!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年7月 5日 (木)

返品じゃ~! その後

性懲りも無く、件のボイジャーをまた某アマ○ンで注文し直しました。
で、今日配達されました。
「返品したのが帰ってきたらどないしよ~」と、ちょっとハラハラドキドキheart02

ま、その時は、よっぽど縁があると思って引き取りましょう!coldsweats01

外箱は大丈夫。開けます。

B1
全く問題無しの商品が到着で一安心。

B2
ま、これが当たり前なんでしょうけど。

中はこんなんです。

B3
さて、組み立てる日は来るのでしょうか??sweat01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2012年7月 4日 (水)

大伴のGANTZな未来画報とハチ

今日は最近買った本の紹介。

「GANTZなSF映画論」 (奥浩哉 集英社新書)
ご存知、週刊ヤングジャンプで連載中の人気漫画、「GANTZ」の作者が書いたSF映画論です。

H2
前にも書きましたが、「GANTZ」は私が毎週(隔週ですけど)読んでる(立ち読みですけど)唯一の漫画です。
私がよく行くブログ主が絶賛してましたので読んでみました。
面白かったです。この本はSFに限定していましたが、著者が本当に映画好きだと分かるし、物語を創り出す側の人間の、映画を見るポイントが小気味良かったです。
学生の頃や、若いころ、すごい映画好きの友達に色々教わった、あの頃の気持ちをふと思い出しました。
作者の奥浩哉さんが、恐竜好きというのも嬉しいですね。(GANTZには恐竜星人も出てきますしね happy01

H3
この本を読んで、観ようと思う映画がいっぱい出てきたぞ!こんどTSUTAYAが100円の時に「スプライス」と「「グエムル」と「リアル・スティール」を借りに行こう!
爽快だったのは、日本の怪獣映画を一刀両断にしているところで、私には目からウロコな意見でした。(日本の怪獣映画って文楽みたいなもん・・・?)

さて「怪獣博士!大伴昌司 「大図解」画報」 (堀江あき子 編 河出書房新社)は、私ら世代にはお馴染み、大伴昌司の世界です。

H4
図版も多いし、惜しくも36歳の若さで急逝した駆け足のような人生も詳しく解説されています。
よく知られている怪獣の解剖図解ですが、大伴氏の下絵があったんですね。このせいで、円谷英二とは仲が悪かったとか?

H5
SF特集、特撮特集や、恐竜特集など、少年マガジンなどの漫画誌の巻頭グラビアが私に与えた影響がどれぐらい大きかったことか!

H6

参考日記→「大伴昌司の本」

heart01 PS:現在「弥生美術館」で「大伴昌司の大図鑑展」を開催中

さて「昭和ちびっこ 未来画報 ぼくらの21世紀」(初見健一 青幻社)は、その60年代から70年代の漫画誌や少年誌の巻頭グラビアの未来予想図ばかりを集めた本です。

H7
文庫本サイズですが、オールカラーでページ数はなんと270ページ!
よくもこれだけ集めたもんです!
おそらく原画を集めるなどは不可能でしょうから、掲載誌の読み取りなんでしょうか、所々色が悪かったりしますが、ま、この圧倒的な物量の前には脱帽です。
版権とか著作権とかいろいろ大変だったでしょうね。
2061年、私が100歳になったときの未来の東京です。こんな格好で歩くのいやだな~ sad

H8
とにかく、パラパラ、ページをめくってイラストを眺めているだけで、嫌なことも忘れてしまいます。
本書で当時予想されて、現在実際に実現したものなど確認するのも面白いです。→関連日記 関連日記その2

ところで、今朝工房の周りの草取りをしていたら、蜂に手(中指のつけね)を刺されてしまいました bearing

H1
俺の大事な商売道具の右手をよくも~!angry  もちろん、巣ごと殲滅してやりましたぜ!typhoon

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年7月 2日 (月)

Coming soon ! Teddy's dinosaurs film.

古くからの知人で、最近私をCGの世界に誘い込もうとしているTeddyさんが現在制作中の、恐竜短編映画第二弾の予告ポスターをご紹介します。
(第一弾はこちらご参照ください

タイトルは「King And Water(「王と水」)」

Kingandwaterpre02
ポスター見るだけで、ワクワクしますね!
まもなくYoutubeで公開予定!Coming soon!(昔のハマー・フィルムの予告編風に! happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2012年7月 1日 (日)

月村さんのアクロカントサウルス

今回はメールでいただいた、神奈川県の月村さんが自作のアクロカントサウルス模型を紹介いたします。
9歳のときに海洋堂の松村さんや私のガレージキットを見て衝撃を受けられたそうです。
現在はアパレル関係のお仕事をなさってるそうですが、東京丸ビルでアクロカントサウルスの骨格展示を見て、恐竜熱が再燃、制作されたそうです。

Img_3692
骨格に忠実で、非常に丁寧に作られてますね。しっかりアクロカントサウルスと分かりますね。

Img_3689
奇をてらった表現はなく、恐竜も動物として、自然に捉えていると思います。
首筋から肩にかけての筋の張りがいいですね。

Img_3695
カラーリングも落ち着いた感じでイイですね。お仕事柄センスが良いのでしょうか。

いや~子供の頃松村さんや私らの模型をみた人が、こんな素晴らしい恐竜模型を作って、メールをくれるなんて、本当に嬉しいですね!happy01

次回作期待しています!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »