« 恐竜模型教室 in 天満屋岡山店 | トップページ | 「エヴァンゲリヲンと日本刀」展に行く »

2012年7月30日 (月)

カブトガニ博物館に行く そして思い出

28日の天満屋さんの教室のあと倉敷 水島で一泊し、明くる29日は笠岡市立カブトガニ博物館を訪問しました。

K1
こちらは私が初めて博物館の展示模型を作った、思い出の多い博物館です。

館の全景はカブトガニの形をしています!

K2
1990年の開館時と家族旅行で二度訪れましたが、その後機会がなく20年以上ご無沙汰でした。

ここは天然記念物“カブトガニ繁殖地”である神島水道をのぞむ世界で唯一のカブトガニをテーマとした博物館です。
館内にはカブトガニの生育水槽や進化、生態を学ぶ標本などがたっぷり見ることができます。

K8
カマラサウルスの全身骨格とマルチスクリーン。クイズを通して、カブトガニの知識が楽しく得られます。

K3
開館後追加された、バリオニクスの動く模型。今回初めて見ました。

K15

私はカブトガニと同時代に生息した恐竜の展示でお世話になりました。

入り口すぐにある、進化のジオラマの模型たちに久しぶりに再会。あ~あの頃の模型の作り方やな~ coldsweats01

K16
K17
屋外の公園には実物大の恐竜模型が展示されています。

このティラノサウルスは米ダイナメーション社オリジナルのものです。

K5
こちらのディプロドクスは、私が雛形を作ってダイナメーション社が実物大に作ったものです。
ついでに記念写真。

K4
他にもプロトケラトプスの親子や

K18
森の中のイグアノドン。実物大ってリアルですね!

K6
エラスモサウルス(ジオラマモードで撮影)などは私が雛形を制作しました。

K7
突然の訪問でしたが、お世話になった惣路紀通 副館長にも御挨拶できました。happy01

実は20数年前、当博物館の開館イベントで、初めて模型教室をここで行いました。
ですが、それまで全くそんなことをしたことが無く、未熟さゆえ、結果、結構悲惨な思い出があります。
結局、何の指導もできず、おろおろして終わった記憶しかなく、参加者、スタッフのみなさんにご迷惑をおかけしたと思います。

その後、長い間模型教室の依頼があっても断り続けたのも、模型教室を引き受けることになったとき、現在の様にかなりうるさく指導するようになったのも、この時の経験があったためです。
またこの博物館で、初めて研究者の監修で模型を作りました。その監修が、故 濱田隆士先生でした。米ダイナメーション社の検収のため渡米にご一緒したり、開館時にホテルでお酒を飲みながらお話ししたことは、今でも良い思い出です。
あの時、先生は56歳、私は当時28歳でした。
私は今年51歳になり、あのころの先生の歳に近付いてきました。とても足元には及びませんが、濱田先生のように若い人たちに良いアドバイスできればと、いつも思います。

そんな色んな思い出のあるカブトガニ博物館の訪問でした。confident

笠岡市立カブトガニ博物館HP

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 恐竜模型教室 in 天満屋岡山店 | トップページ | 「エヴァンゲリヲンと日本刀」展に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐竜模型教室 in 天満屋岡山店 | トップページ | 「エヴァンゲリヲンと日本刀」展に行く »