« ガチャピンの骨格図 | トップページ | 今年も登場! »

2013年2月14日 (木)

「恐竜の描き方」

「恐竜の描き方」 伊藤 丙雄 (画・著)・冨田 幸光 (監修)誠文堂新光社 刊 という本が出ました。

D1
有りそうで無かった、恐竜の描き方です。副題に「ドラゴン&クリーチャーのファンタジー表現にも応用できる」とありますので、その方面(モンハンなど)の好きな方にも良いかも。
著者は恐竜展の図録などでもお馴染みで、復元画を描く上での注意点や考察が書かれていますし、富田先生の監修者からの視点や復元に対する希望も書かれていますので、将来このような方面に進みたい人には参考になると思います。

D2
いろんな恐竜の描き方が絵画の技法書のように画像をたっぷり使って解説されています。

さて、この本が出ると知って、20年ほど前に出版され、買ってなかった「恐竜を描こう」マール社(1992刊)を取り寄せました。

D4
ま、この本の内容は、よくある丸や四角を使って既製の恐竜画を簡単に描くという内容だったので、当時買わなかった覚えがあります。

D5
しかし、恐竜を描くというのはそういうことでしょうか?despair

ここに動物の描き方の本が何冊かありますが、

D6
現存する動物でも、外観のデッサンから入りますが、より内面を知るために骨格や筋肉の構造が記されています。
人体を描く際にも美術解剖の理解が大切です。

D7
ひるがえって恐竜はすでにこの世にはいませんので、外観は分かりません。分かっているのは骨格だけです。
ですから恐竜を描く場合、まず骨格から、そして筋肉(想像しうる範囲で)、そして皮膚・模様(許容範囲で)と考察していくべきだと思います。と言うかその方法でしか復元できないと思います。

これは工藤晃司 氏の「どうしてわかるきょうりゅうのすがた」(大日本図書 2001年刊)ですが、子供向けの本ながら、ティラノサウルスが化石から復元されていく過程が簡単ですが描かれています。

D8

D9
こちらは小田隆 氏著 真鍋真 監修の「恐竜」(学研 2006年刊)です。

D10
描き方の本ではなく、子供向けの図鑑ですが、骨格の特徴とその復元画が各4ページ見開きで描かれ分かりやすくなっています。

D11
そしてこちらは海外の恐竜アーチストたちが一堂に会して、恐竜のイメージの考察が書かれた「恐竜 過去と現在1・2」(S・J・ツェルカス 著 小畠郁生 監訳 河出書房新社 1995年刊)です。

D13
アメリカで開催されたイベントの記録集で、当代恐竜アーチストたちの過去から現在までの恐竜の復元に対する考察が詳しく書かれています。

D14
これは以前も紹介したことがある「恐竜の復元」(真鍋真 監修 学研 2008年刊)です。少し珍しく、国内外の恐竜アーチストの作品を集めたものです。
Di1
各作家の復元スタイルや制作過程が画像やインタビューで解説されています。

Di2

これらの本は、狭義の意味で技法書ではありませんが、新しい発見や研究の進歩により学説は変わっていくなど新旧の差こそあれ、恐竜を骨格から復元していくと言う基本は踏襲されています。

これは40年前に出版され私がすごく影響をうけた「恐竜博物館」(小畠郁生 著 光文社 1973年刊)という本ですが、骨格に対応した復元画という、現在でも十分通用する、至極シンプルかつベストなものでした。

D12
願わくば、ここはシンプル イズ ベストに戻って、各恐竜の骨格と筋肉図、復元画(前後横上の4面図で)がセットで、足跡や皮膚化石が残っているものは、そこから類推される復元例や体表の空想カラーチャートまで網羅された「恐竜の描き方」「恐竜の作り方」みたいな本、どっか出してくれませんか?(ま、G・ポールが「恐竜骨格図集」(学研 1996年刊)でほぼやってるんですがね coldsweats01

さて最初に紹介した本で監修者が大学での「サイエンティフィック・イラストレーション」学科の必要性も書かれてますし、恐竜復元画家の小田隆氏もブログでその必要性を書かれてたと思います。
これは恐竜に限ったことではなく、研究者の考えているイメージを具象化するのは、宇宙・天文・医学などマクロ・ミクロの世界観まで多岐に渡ると思います。
この分野は日本ではまだ未開の分野ですので、今後このような学科が設置されたり、博物館などで専門のアーチストを採用するようになれば、恐竜模型を志しているひとにもきっと希望に満ちたものになると思います。

(忙しいのに、なんでこんな日記書いてるの?と思われそうですが、結構息抜きになるんですよ。「恐竜の疲れは恐竜で取れ!」ってね smile byセンム)

ありゃ!こんなニュースが!wobbly

岡山理大が化石活用で林原と覚書 恐竜学ぶ新コースも開設へ

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« ガチャピンの骨格図 | トップページ | 今年も登場! »

コメント

 良さげな本ですね!今度買います。wink
 ツェルカスの本がなぜか大学の図書館にあります。出身高校の図書館に恐竜骨格図集もあったりして。ずいぶん利用させてもらいましたcatface
 なかなか皮膚・羽毛の化石について網羅した本は見ないです。色々な資料を包括したものがぜひ欲しいですね。「THE PRINCETON FIELD GUIDE TO DINOSAURS」はなかなかいい線いってるとは思いますが、いかんせん洋書ですし技法書という訳ではないのがネックでしょうか。(本文自体が良くも悪くもG・ポール節全開ですし…)

投稿: らえらぷす | 2013年2月14日 (木) 13時04分

すごい本ですね。僕も書店で注文して買おうと思います。部活に持って行きたいです。

投稿: kenta | 2013年2月14日 (木) 18時23分

ん~・・・sweat02

投稿: カズやん | 2013年2月14日 (木) 19時31分

実は先日仕事上の本を買うついでに買ってしまいました。
Amazonのこんな本買いませんか?が表示され、ポチっと押してしまいました(^_^;

投稿: オバキン | 2013年2月14日 (木) 20時34分

買った方には今回の日記を書きたくなった理由が分かるかも coldsweats01

投稿: カズやん | 2013年2月14日 (木) 21時09分

この本は読んだことはないですが、Amazonで紹介されているページを見て、荒木先生のおっしゃりたいことは何となく分かる気がします。

ただ、「ガンダム」のプラモを作ったりイラストを描いて楽しむ人が皆、大河原邦男や藤田ー巳のようなメカニカル・デザインができる必要はないように、スイーツ・デコを作る人が、パティシエである必要はないように、恐竜を描く(かく)人、全てが復元画を描ける(えがける)必要もないのではと思います。

上の2つの本は、専門家が復元したものをイラストレーションとして作品にするためのテクニックであって、美術を専門としている人からのアドバイスであり、また、恐竜をきっかけに美術の世界へと人を導くためのものと考えてはいかがでしょうか。

美術や手工芸をやっている人は、常に題材(モチーフ)を探しているものであり、恐竜がモチーフとして選ばれるというのは、恐竜界にとって悪いことではないと思います。
なぜなら、逆に、モチーフとして恐竜を扱ううちに、恐竜の世界へどっぷり漬かってくれる可能性もあるからです。

ただ、恐竜→美術にしても、美術→恐竜にしても、先生のおっしゃるような資料集はその架け橋として必要なものですよね。

どうですか、恐竜倶楽部でそのような本を出版すると言うのは?
入会してない身でよく分かりませんが、それを作るのに十分なタレントは揃ってらっしゃるのではないですか?

世の中にないなら、自分で作るしかない。
デスよ♪

投稿: 友ぞ。 | 2013年2月14日 (木) 22時50分

確かにシンプルな恐竜図鑑は見た事無いですね。
そんな理想の図鑑を出版して欲しいです。

投稿: 恐竜太郎 | 2013年2月15日 (金) 00時44分

友ぞ。さん、仰る通りですね。
私は緑内障のせいで、視野が狭くなっているのかもしれません coldsweats01
このような本が出ること自体、恐竜の裾野が広がっている証明ですね。
モンハンやファンタジーから恐竜に移行するのは、私がゴジラやウルトラマンから恐竜に興味を持ったのと一緒ですもんね。

>世の中にないなら、自分で作るしかない。

ははは 挫折経験あり coldsweats01

恐竜太郎さん、世の中にないなら、自分で作るしかないですよ! smile

投稿: カズやん | 2013年2月15日 (金) 01時18分

竜っちゃん歴も浅く恐竜の知識もほとんどないくせに生意気いってすみません。

>挫折経験あり
お1人で最初から完璧なものを作ることはないですよ。
まずは正しい知識をもった人が、それぞれ得意な分野について、少しずつWikiPediaの各恐竜に関する記事を充実してくれるように声をかけてみては。
骨格図担当とか足跡担当とか。
記事が増えてきたら、これをまとめて本にしないか?って話も自然と出てきますよ。きっと。

私には荒木先生以外に人脈ないので、先生を焚きつけるしかないのです。(笑)

投稿: 友ぞ。 | 2013年2月15日 (金) 07時52分

模型の疲れは模型でとらんとどうするんですか・byセンム わかる様な気がします、わたくしも日頃から模型の中で仕事してますんで、よくご存知の様に、造形師さんやモデラーの多くは技工士ですもんね、休みの時ぐらい違うことせんかぁ、って coldsweats02
例の`いいもの´モデルも含めて用意できました。仕事の方、一段落しましたら、そのうちメールくださいね happy01

投稿: tsukudados | 2013年2月15日 (金) 10時36分

友ぞ。さん、なるほど。そういうアプローチもああるんですね。
でも私を焚きつけても「動かざること山のごとし」でっせ coldsweats01

tsukudadosさん、「例のもの」また連絡させてもらいます。

投稿: カズやん | 2013年2月15日 (金) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガチャピンの骨格図 | トップページ | 今年も登場! »