« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月29日 (月)

巨神兵 工房に現わる!

と言うわけで、買ってしまったぜ!世界で最も邪悪な一族の末裔!happy01

巨神兵像 レプリカ」 原型制作 竹谷隆之(グッドスマイルカンパニー)

去年、東京都現代美術館で開催された「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」で上映された、短編映画「巨神兵 東京に現わる」に使用された等身大パペットの造形用雛形として竹谷氏が制作したミニチュアモックアがレプリカとして商品化されたものです。

箱でかし!

K1
梱包状態 中身スカスカ!sweat01

K2_2
大きさはこれぐらいです。高さ約50cm。

K4
ま~「ナウシカ」が特別好きなわけではありませんが、竹谷氏の作品は好きですし、去年夏、東京で見てメチャ欲しくなりました。

置くとこ無いので、とりあえず恐竜の横に。

恐竜軍団をを率いる巨神兵!

K5
よ~でけてまんな~ wobbly

K6
わ~おじいちゃんの手みたい!ほんまによ~でけてまんな~ coldsweats01

K7
「波動砲発射用意!なぎはらえ~!」

K3

画像はイメージです

Kyo
ついでにFigmaも買っておきました。

K8

ちょっとはアベノミクスに貢献してますかね??

「庵野秀明 特撮博物館」は国内巡回中みたいですよ!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (13)

2013年4月28日 (日)

2年ぶりにトリケラトプスを作るぞ! 後編 完成

さてトリケラトプスの形が完成しましたので、彩色です。

C1
今回はグレーを基調に塗っていきます。

C2
いつもと同じアクリル絵具です。

C3 
濃いグレーで模様をつけます。あ~トゲトゲで塗りにくいぜ!angry

C4_2
首の部分もわりと違和感なく出来ました。

C5
剛毛部分はオレンジでアクセントをつけましたが・・・ちょっと色のチョイスミスか?黒のほうが良かったかな。

C6
仕上げはエナメルのフラットブラックでウォッシングして、ドライブラシで出来上がり。

Tric1
首はこんな感じで動かせます。(仮組みのときより可動域は減りましたが)

Newimage2_4
ま、動かし過ぎなければ2年ぐらいはもつでしょうか?coldsweats01

メインサイトにアップしました。→トリケラトプス2013

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (18)

2013年4月27日 (土)

2年ぶりにトリケラトプスを作るぞ! 中編

さてトリケラトプスの続きです。

今回もまた試したいことがありました。
前からトリケラトプスを作るたびに、やりたいな~と思ってたことです。

それはズバリ!首の可動!
角竜の頭って回したくなるし、回し易そうですもんね。
映画「恐竜100万年」のトリケラがケラトサウルスを突き倒したあと、ドヤ顔で首を振る時の印象強いな~。

さて首の付け根で回すか、胴体の付け根で動かすか、頭の中でいろいろ方法を考えて、スケッチを描きます。こんなことをしてるときが一番楽しいな~ happy01

Tri2
とりあえず可動に役立ちそうないろんな材料を集めてみます。
磁石・引きバネ・ボールジョイント・etc・・・。

S1
で、見つけたのがこれ!マグネット式ボールジョイント。(商品名「マグナ」ボールジョイント磁石

Tr12
ボールのほうが鉄製で、円柱のほうに強力ネオジウム磁石が埋め込んであります。吸着力5kg!

実は頭部を粘土のムクで作ったため、安価な樹脂製のボールジョイントでは首の重さに耐えられませんでしたが、これなら行けそうです。

ま、現場主義ということで、とにかく頭と胴体に埋め込んでから考えましょう。

Tr13
こんな風に動きます。楽しい!smile  が、どうしても可動部に隙間ができますね。

Trk1 
Trk2
隙間が隠れるよう、球体関節の要領で包み込むような関節部分も考えましたがどうも上手くいきません。
で、薄い皮を貼り付けてみましたが、これも上手くいきません。そして材料探しに百均へ。
伸縮性のある薄い合皮、布を探し回って見つけたのが「のびーるゼッケン」

Tr17
これで接合部を包み込んで、隙間を無くし、モコモコペンでディテールをつけます。

Tr18
耐久性に関しては全くの未知数ですね。本来なら全部粘土で作って、型を取って、ラテックスなどゴム的なもので成形するのがベターだと思いますが・・・そんな手間、私がかけるわけないでしょ!coldsweats01

さて目は別に作り(目玉の作り方参照

Tr14
眼窩に入れて

Tr15
できあがり。今回はtsukudadosさんにいただいた紫外線で固まる透明レジンでコーティングしました。

Tr16
彩色前に、ダッシュボードで完全乾燥させて形は完成です。

Tri3

続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (7)

2013年4月26日 (金)

2年ぶりにトリケラトプスを作るぞ! 前編

私は「トリケラトプスが好き!」と公言してますので、懲りずにトリケラトプスを作ります。
スケールは10分の1。

前回作ったトリケラトプス2011はめでたく福井の恐竜博物館にお嫁入り(婿入り?)しました。
2011の製作記事はこちら もっとも商品原型でその後4点ほど作っていますが)

作り方はいつもと変わりませんので、ちゃっちゃと行きます。

まずスケッチを描き、

Tr1
発泡スチロールをスチロールカッターで切り、芯を作ります。

Tr2
芯の形を整え、粘土でくるみます。

Tr3
頭は粘土のムク。今回はこれが失敗の元に・・・ sweat01

Tr4
芯ができた状態で、一旦乾燥させます。
晴れた日の車のダッシュボードは、粘土の乾燥に最適!sun

Tr6
芯に粘土をつけて頭部のディテールをつけていきます。

Tr5
Tr7
体表には、ほんとにあったのかどうか分かりませんが、剛毛?スパイク?をつけていきます。

Tr8
折れないように芯にステンレス線を埋め込みますが・・・

Tr9
痛てて・・・尖った先端でケガしまくり・・・ weep

Tr10
できました。

Tr11

続く

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (5)

2013年4月25日 (木)

ウソだと思うなら・・・ その後

少し前、○ちゃん正麺がイマイチだったという日記を書きましたが、今回は日清の「ラ王」の袋麺(醤油)を食べてみました。(日記 ウソだと思うなら・・・

La1
いや、これはなかなか美味しいでね!好きな味かも noodle

La2
私の場合は麺よりもスープの味のほうが気になりますが、まるで生麺というのもまんざらウソじゃないですね。
(「ラ王」のカップ麺は美味しいと思ったことがないんですが、不思議ですね。値段の関係かな?)
自宅で「味噌」も食べましたが、こちらも美味しかったです happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2013年4月24日 (水)

後遺症

じぇじぇじぇ!
NHK朝ドラの「あまちゃん」面白いですね!happy01

この春に始まったそのほかのドラマも何本か見てるんですが、どのドラマも「このまま無事で終わるはずがない」「きっと何かとんでもないことが起こるはずだ」といらぬ疑心暗鬼が湧いてしかたありません。
「あまちゃん」の最終回は津波に襲われて・・・typhoon

ま、そんなことはないと思いますが、これは前回のNHK朝ドラの「純と愛」を見ていた後遺症でしょうか・・・?coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2013年4月21日 (日)

モンゴル恐竜展と同窓会に行く

昨日は32年ぶりの高校の同窓会がありましたので大阪に。

同窓会は夕方からなので、年末年始忙しくてまだ行けてなかった「発掘!モンゴル恐竜化石展」を見に行くことにしました。

M1
非常に保存状態の良い、実物化石が、間近でじっくり見ることができます。

腹に翼竜の骨があるヴェロキラプトル。

M2
頭の形がよく分かるピナコサウルス。アッチョンブリケ!wobbly

M3
これはひっくり返った状態で見たピナコの股間 heart01

M10
ヨロイ竜の腰部分の構造がよく分かって面白いですね。

こんなプラモデルを作ったらいいのに!と思ってしまう繊細なハドロサウルスの化石。

M4
このプロトケラトプスの骨格レプリカは、白骨みたいできれいですね。どっかプラモデルで出してください!

M5
足跡化石からの復元など模型を作る上でも参考になります。

M9
貴重な実物化石がたっぷり堪能できる、かなり見ごたえのある展示会でした。
6月2日まで開催中です。

お土産は図録と徳川さん原型の限定フィギュアのタルボサウルスとサウロロフス。

M6
さてまだ時間があったので、今年初のスパワールドで一風呂あびてから、梅田の同窓会の会場に。

M8
1980年卒の合同同窓会なので、180人ほど参加していました。
卒業以来、30数年ぶりに会うひとがほとんどなので、誰が誰やら分かりません(もともと物覚えも悪いし)
それでも当時憧れのマドンナたちとの記念撮影はしっかりしました happy01
(ご主人が怒るといけませんので、画像は加工しています sweat01

M7
とても楽しかったです。幹事のみなさま、お疲れさまでした。happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (11)

2013年4月19日 (金)

首ふりダイナソー 新発売!

さて、フェバリットのHPでも告知されてましたので、こちらでも紹介します。

ダイナソー ボブルヘッド DINOSAUR BOBBLE HEADです。

Kubi
私が原型彩色を担当しました。
頭デッカチのかわいいマスコットですよ!お部屋に是非ペアで!
5月発売予定です! happy01

お買い求めは→ ダイナソーボブルヘッド

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (10)

2013年4月10日 (水)

ディロングを作るぞ!

締め切り仕事からは解放されましたが、先月の制作ペースに引きづられ、ディロング(Dilong)」を作ってみることにしました。
とくにディロングを作りたかったわけではありませんが、先日行った福井県立恐竜博物館の特別展「迫力の肉食恐竜たち」に骨格標本が展示してあったので。

D10
今回は羽毛恐竜の表現に試したかったことがありました。

作るのはいつもと同じなのでサッサといきます。スケールは約1/5スケール。

芯状態。

D2
肉付けしていきます。

D3
目玉をいれて、

D4
形は出来上がり。

D5
さて、今回は胴体をキャンバスに見立てて、羽毛を「描いて」表現できるか試してみました。
地色を塗って、

D6
羽毛状に塗ってみましたが・・・失敗か・・・。

D7
ん~もっと規則正しい模様のほうが効果があったかも知れませんね。
と言うか、もっと細密に描かないとダメですね。技量不足・・・ despair

D8
だいぶ前にも試したことがあります。→ヴェロキラプトル2004
これも色が地味すぎてイマイチでした。
今度はもう少し派手な色と模様で試してみよう。

メインサイトにアップしました。→ディロング2013

参考日記→フェルト製なんちゃってディロング

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (12)

2013年4月 9日 (火)

恐竜太郎さんの三葉虫としぃ。さんのトリケラトプス

さて掲示板に恐竜太郎さんと、しぃ。さんが作品を投稿してくれたので、こちらでも紹介します。

まず恐竜太郎さんの三葉虫です。

Sii3
こういう作品はシンメトリーが難しいですが、丁寧に作ってありますね。
目の表現に一工夫あると面白いかもしれませんね。

しぃ。さんのトリケラトプス

Sii1
もうすっかりお馴染みになりました、編みぐるみ製です。フリルの細かな突起まで表現されていますね!

Sii2
前回のティラノに続き、目がリアルで強そうな感じになってますね。
さらに改良版を製作中とのこと。楽しみです!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (1)

2013年4月 8日 (月)

だ~よ~♪

と言えば、関西では「ポテトなじかん」ですね。

恐竜が大好きな、琉球茶道のお師匠 ぶくぶくさんが今度紹介されます。
ほっとする時間は?「大好きな恐竜に囲まれているとき」ということで、恐竜がいっぱいある私の工房に来られました。(ぶくぶくさんこと笠島香織さんと一緒に)

B1
関西ローカルですが、MBS毎日放送(4CH)今週4月13日午後9:54~に放映予定です。
ちょっとだけ工房が映ると思います。
琉球茶にご興味のある方も是非ご覧ください。(ちなみに私は映りません coldsweats01

ポテトなじかんHP

琉球茶道教室ぶくぶく茶館ブログ

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (5)

2013年4月 6日 (土)

苦しみはみんなで分かちあいましょう

どこにでもある、車止めのある風景。

T1
これは私の家の近所の写真です。

T2
ある時からこの「車止め」を見ると、条件反射的にある場面を「連想」してしまい、長年苦しんでいます・・・ despair
こんなこと、ひとりで苦しんでいるのはイヤなので、このブログを見ている善男善女にも同じ苦しみを味わっていただきましょう。
(苦しみを分かち合いたくない方は以下は読まない(見ない)ようにお願いします sweat01

ある時とはこの本を見てからです。

T3
「エロフェッショナルJ」 みうらじゅん 著 ぶんか社刊(2000年)
そのとあるページに・・・

T4
T5
みうらじゅんがこんなアホなこと描いてもたから、その後そんな風に見えてしまってしかたないがな・・・ sweat01

T1_2
T6
ほら、明日からみなさんも、車止めを見るたびに、地中にオッサンが埋まってるとしか見えなくなりました!ご愁傷様!smile

(中学生の男子みたいな日記ですみません・・・反省・・・)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (21)

2013年4月 5日 (金)

アポロロケットも花盛り!太陽の塔もね!

長らく絶版でオークションやリサイクルショップでも高値で取引されていた、バンダイ 大人の超合金「アポロ11号&サターンV型ロケット(1/144スケール)」が再販されます!happy01

Ap2
私は持ってますが、買いそびれた方には朗報ですね。

楽天で探す→★バンダイ 大人の超合金 アポロ11号&サターンV型ロケット 再販【8月予約】★

また破損verの支援船や救援ヘリコプターがつく「1/144 大人の超合金 アポロ13号&サターンV型ロケット」が新発売されます。(ま~柳の下のドジョウを狙ってる感もありますが、予約しちゃいました・・・ coldsweats01

Ap5
楽天で探す→★バンダイ 大人の超合金 アポロ13号&サターンV型ロケット【7月予約】★

1/144スケールはまだいいんですが、倍の1/72スケールのアポロ11号 サターンV型ロケット プラモデルもサイバーホビーから発売!

Ap4
こちらはドラゴンから発売されていた完成品のキット版ですが、ディテールアップをしたい方にはこちらのほうが良いかもしれませんね。(完成品の日記
とにかくデカイんで手の入れ甲斐があり!?

楽天で探す→★サイバーホビー 1/72 アポロ11号 サターンV型ロケット プラモデル★ 

1/144スケールつながりで、海洋堂からは1/144スケールの「太陽の塔」が発売されます!

Ap6
なんとLEDで目も光るという「クレしん 大人帝国の逆襲」の夢が現実に!
もちろん予約しました!happy01

楽天で探す→★海洋堂 1/144 太陽の塔 塗装済み完成品【5月予約】★

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (5)

2013年4月 1日 (月)

投稿作品花盛り 桜も花盛り

さて時間がなくて、掲示板に投稿いただいた作品をなかなか紹介できませんでしたが、まとめて紹介させていただきます。

3月に公開された福井のカマラサウルスを、イベントがあるたびに現地レポートしてくれた☆亜細亜さんは、いち早く折り紙でカマラサウルスを作ってくれていました。(すでに特徴である大きな頭も表現されていましたね wobbly

Si10
さていつも趣向を凝らして恐竜を料理してくれる友ぞ。さんは、なんと本当に食べられる「恐竜クッキー」を投稿!wobbly

Si8
Si9
自作の型枠とゴマやココアパウダーなどで恐竜の特徴も出していて本格的ですね!

しぃ。さんはお得意の編みぐるみで、改良型ティラノサウルス。

Si6
スタイルもよりリアルになり、ドールアイを使った目も凄みを増しています。

高校に進学したdinosaurくんはドラコレックス型の印鑑!

Si12_2 
デザインがチェスピースみたいにかっこいいですね!

らえらぷすさんは海洋堂 カプセルQミュージアムのティラノサウルスの頭骨に肉付けした「復元モデル」を作ってくれました。

Si4
こういうのも面白いですね!

さて木彫りで骨格レリーフ作品でお馴染みのKYOさんは、なんと私の大好きなシーラカンスを作品に!happy01

Si2
そして骨格と肉付きのリバーシブル仕様!

Si3
あ~欲しいぞ!happy02
これは同じくKYOさんの骨格トリケラのペーパーモデル。

Si7
色使いなど「KYOスタイル」が出来ていますね。

いや~本当に恐竜を「作る」ということでこれだけ色んな作品ができるんですね!
皆さんがそれぞれのスタイルで恐竜を楽しんでいるのが本当の伝わってきますね!

さて今日は嫁さんと桜を見に行きました。京都府井手町 玉川の桜も満開でした!full

S1

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (7)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »