« お中元 | トップページ | 恐竜模型教室のお知らせ »

2013年6月26日 (水)

オーストラリア館が・・・

こんなニュースが

オーストラリア記念館:取り壊しへ 四日市市、引き受け拒否 毎日新聞 6月25日

ダ~ sad
やっぱり維持費がかかるんでしょうね。

訪問時の日記

さみしいですね・・・

O1

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« お中元 | トップページ | 恐竜模型教室のお知らせ »

コメント

万博の時、二回入ったのは太陽の塔とオーストラリア館でした。
オーストラリア館は、休憩所の青い絨毯が印象的で、3月に行った時は毛足の長いふさふさした絨毯でしたが、8月に行った時は踏みしめられてペッタンコになってました。
11月までに行きたいなあ。

投稿: ☆亜細亜 | 2013年6月26日 (水) 23時05分

☆亜細亜さん、当時のことをよく憶えてられますね。
私は小3か小4だったので、印象しか残ってませんが、オーストラリア館は好きなパビリオンのひとつでした。
まあ、税金の使い途としては淘汰される施設なのかもしれませんが、やっぱり寂しいですね。
太陽の塔の近くに移築されればいいんですが、万博記念機構すら無くなるみたいですし・・・despair

投稿: カズやん | 2013年6月26日 (水) 23時33分

高度経済成長の頃に造られた公共施設を中心とした建造物に関しては耐震の見直しも手伝い、継続か?取り壊すか?
嫌が負うにも選択を迫られますね。
景気さえ良ければ「継続」を望む声も大きいと思いますが、景気が低迷する中で、これらの施設を補修・維持することは簡単ではないですね。

投稿: ぱんだ | 2013年6月27日 (木) 16時24分

確かに公共の施設は耐震補強が不可欠ですからね。
相続税や維持費が払えないために歴史的な建物を手放す旧家も多いそうですからね。

一度壊してしまうと二度と元には戻せないものですから・・・

投稿: カズやん | 2013年6月27日 (木) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お中元 | トップページ | 恐竜模型教室のお知らせ »