« 恐竜研究所と模型教室 in こむこむ館 | トップページ | 宇宙センター・マンモス・原鉄道模型を見に行く »

2013年7月29日 (月)

福島美術館、鳥の博物館、茨城自然史博に行く

昨日28日の日記です。

福島県立美術館で「若冲が来てくれました プライスコレクション 江戸絵画の美と生命」が開催されていましたので朝から見に行きました。

J4
すでにたくさんの人が並んでいます。

J1
鳥獣画が多く、伊藤若冲もいいですが、円山応挙、長沢芦雪もいいですね!(ぜんぜん詳しくないですが sweat02
鶴や鶏の絵を見ていると、屏風に日本画で描かれた「恐竜」もかっこいいと思いました。
画才があったら挑戦してみるんだけどな~ coldsweats01
撮影禁止でしたので、レプリカの前で記念写真。

J3

その後、福島を後にして東北道を走り、千葉の「我孫子 鳥の博物館」へ。

J5
「鳥の骨展ー空飛ぶ鳥の骨組みー」が開催中でした。

J7
これからは恐竜模型を作っていく上で、羽毛の表現は重要ですので、たくさんの鳥の剥製があり、勉強になりました。

J8
なんじゃこりゃ!? 事実は想像よりも奇なり!wobbly
J9
御挨拶した学芸員さんの「ここにあるのは全部恐竜ですよ。」という言葉がとても印象に残りました。
で、ディアトリマの復元模型と記念写真。

J10

さてその後茨城に入り「ミュージアムパーク 茨城県自然博物館」へ。こちらも初訪問です。

J11
自然と一体になってるような博物館で、空間を生かした展示がいいですね。

J15
もちろん恐竜もいます。ランベオサウルスは珍しいですね。

J13
J14
虫嫌いの子供が見たら卒倒しそうな巨大ヤスデ模型!sweat01

J18
例のいわくつきシーラカンスもしっかり見てきましたよ!happy01

J16
企画展「ぎょ・魚・漁」展が開催中でした。

J20
さかなくんが発見した「クニマス」

J19
ゆっくり見てまわれば、たっぷり一日かかってしまいそうな充実した博物館でした。

ところで恐竜短編映画のテディさんから第五弾「」完成の連絡をいただきましたので、ご紹介します。

flyer」

Flyer1
羽毛ティラノに挑戦した意欲作ですよ!
(テディさん、出張中で雑な扱いになってしまいゴメン coldsweats01

(遠征はまだ続きます)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 恐竜研究所と模型教室 in こむこむ館 | トップページ | 宇宙センター・マンモス・原鉄道模型を見に行く »

コメント

荒木さん、ご出張中でお忙しい中
ご紹介頂きましてありがとうございました!

投稿: テディ | 2013年7月30日 (火) 12時06分

これまでにも増して素晴らしい作品なのに、ちゃんとご紹介できなくて、ほんとうにすみません sweat01

投稿: カズやん | 2013年7月30日 (火) 21時25分

先生、関東~東北の博物館行脚楽しそうですね。
次は栃木→群馬→埼玉?

テディさんの動画拝見しました。
羽毛も取り入れられてますね!
ケツァルコアトルスもカッコイイ!

投稿: 友ぞ。 | 2013年7月30日 (火) 21時36分

荒木さん
とんでもございません。
取り上げて頂いただけで嬉しゅうございます。

友ぞ。さん
ありがとうございます!
羽毛大変でしたけど頑張りました。

投稿: テディ | 2013年7月30日 (火) 22時25分

テディさんの短編映画面白かったです!翼竜の登場シーンに驚きました~。happy02

茨城県自然博物館は実家の近くで何度か訪れました。オススメの博物館です♪happy01

投稿: 恐竜太郎 | 2013年7月30日 (火) 22時58分

荒木先生
屏風に恐竜良いですね。以前越前和紙に恐竜を描いた方がいましたが、それを屏風仕立てにするとか・・・。

テディさんの短編映画面白かったです!
陸の王者と空の王者の対決も面白いですし、ティラノの子供も可愛いです。
羽毛のレンダリングに結構時間かかったのではないですか?

投稿: tokisato | 2013年7月31日 (水) 16時41分

お師匠様の今後の羽毛表現に要注目ですね。

テディさん、遅ればせながら拝見致しました。親の愛に感情移入。Blue Headも出演してますね(どうやら生き延びたようですし)。素晴らしい作品をありがとうございます。

投稿: KYO | 2013年7月31日 (水) 17時02分

荒木さん
場所お借りします。
いつもありがとうございます。

恐竜太郎さん
ありがとうございます。
次回作もがんばります。
今プロット練ってて夜のジュラ紀になると思います。

tokisatoさん
羽毛も大変でしたが、森のレンダが大変でした。
レンダ以外も今回は問題だらけで、制作時の苦労話をブログに書きました。よかったらお読みください。http://p.tl/y-s0

KYOさん
こちらこそご感想ありがとうございます。
そうです。Blue Headは生き延びているのです。

投稿: テディ | 2013年7月31日 (水) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐竜研究所と模型教室 in こむこむ館 | トップページ | 宇宙センター・マンモス・原鉄道模型を見に行く »