« 恐竜王国 中里のオリジナル恐竜フィギュア | トップページ | NHKカルチャーで話す »

2014年2月 2日 (日)

御船町恐竜博物館の新館のニュース

熊本県 御船町恐竜博物館がリニューアルされ新館が今年春にオープン予定ですが、目玉のひとつアパトサウルス骨格模型(全長 約24m)の展示の様子が報道されています。

西日本新聞(1月29日)アパトサウルス骨格登場

朝日新聞(1月30日)恐竜骨格、組み立て進む 御船町恐竜博物館の新館

リニューアルされる新館は旧館の約2倍の広さ・2階建てで、アパトサウルスなど約20体の全身骨格や、同町で発掘された恐竜の化石などを展示予定です。

こちらは→2011年に訪問したときの日記

御船町恐竜博物館HP

オープンは4月27日。楽しみですね!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 恐竜王国 中里のオリジナル恐竜フィギュア | トップページ | NHKカルチャーで話す »

コメント

 いつ行くの?
 今でしょ!
と、いいたいくらい僕も来春のリニューアルオープンが待ちきれません!倶楽部の皆様(特に所先生と尾形比呂也博士)にも宣伝しております。
 御船は白亜紀後期の陸生層としては日本最大の地層があるところです。そんな価値ある地に立つ博物館は僕の最高の勉学部屋です。一度といわず何べんでん来てはいよ!(熊本弁:来てください、の意)

投稿: 猛勉の瑛 | 2014年2月 5日 (水) 11時26分

猛勉の瑛さん、近くにこんな博物館があったら毎日でも行きたくなりますね!happy01

投稿: カズやん | 2014年2月 5日 (水) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐竜王国 中里のオリジナル恐竜フィギュア | トップページ | NHKカルチャーで話す »