« 紙と金属の投稿作品 | トップページ | 怪獣と万博の本 »

2014年3月 4日 (火)

洋書今昔物語

先日の日記で、なにげに「珍しく原著(洋書)より安い邦訳本」と書いてしまいましたが、これは十数年前にamazonが出現してからの話しですね。
「洋書がこんなに安く買えるの!!」って本当に感動したものです。

私が洋書(と言っても恐竜、SF映画関係や模型・イラスト関係の)を買い始めた30年ほど前は、大阪では梅田の旭屋書店、紀伊国屋書店、心斎橋の丸善、京都なら京都書院や丸善などでよく物色しました。(東京に行ったときは神田の古書街や西山洋書や銀座のイエナ、ラフォーレ原宿にあったスターログの店とか 笑 )
当時はそれこそ1ドルが300円ぐらいのレートで、たかだか20ドル(約2000円)ぐらいの画集が5~6000円してるなんてザラでしたし、それが当たり前と思っていました。
(それは輸入プラモもビデオも同様でして・・・参考日記 スターウォーズビデオ狂想曲
ですからベストセラーなんかは、値段が安くなる邦訳本が出るまで待ったりしたものです。

当時買ったイラスト集の一部 フラゼッタにボリス、フォスにフィンレにバーリンデン、フェイマス・スペースシップと絵に描いたようなラインナップ coldsweats01

Y1

そんな経験があるのでamazonで洋書が本国と同じくらいの値段で買えるようになったときはどんなに感謝したことか!(ま、反対に今までの暴利はいったい何だったんだ!と憤りも angry
そのため今では邦訳本のほうが手間がかかっている分、値段が高くなってしまいましたね。

ま、今は少し円安なので数年前より恩恵は薄れてるとは言えますが、それでも30年前に比べれば屁みたいなもんです。

amazonのおかげで町の本屋や模型屋が無くなっていくのは功罪の「罪」の面かもしれませんが、私にとっては「功」の面がはるかに大きいのは確かです。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 紙と金属の投稿作品 | トップページ | 怪獣と万博の本 »

コメント

まったくです。荒木さんとは同じ歳ですから、よくわかりますわ。本屋に行って、うわこんなものがあるのかぁ、高!てね。
情報もウェブ、ネットがなかったからつながりを求めて、苦労しました。
その昔は高かったなぁ、アーンな本やクゥオーンな本 kissmark

投稿: tsukudados | 2014年3月 4日 (火) 09時20分

荒木さんのおっしゃることよくわかります。AMAZONの出現は生活を変えました。私ほとんどの生活必需品から趣味のものまでAMAZONで購入してます。歯ブラシ、殺虫剤から玄関や庭に飾った巨大恐竜、みなAMAZONです。AMAZONと宅急便屋さんで支えられて生きています。

投稿: ラプターの飼育係 | 2014年3月 4日 (火) 14時32分

tsukudadosさん、私はアーンな本やクゥオーンな本の洋物には興味が無かったので、古本屋のビニールに入ったやつ専門でしたわ coldsweats01

ラプターの飼育係さん、アマゾンは途中から本だけじゃなくなりましたもんね。
送料無料・最低価格保証なんて、零細な小売業者なんてひとたまりもありませんよね。
真の意味で平成の黒船来襲だったんじゃないでしょうか。

投稿: カズやん | 2014年3月 4日 (火) 22時22分

Amazon始め、私も通販のお世話になりっぱなしですが、本に関しては図書館や本屋をブラブラして、思わぬ出会いがある方が好きですねー。
で、出会ってから買うのはAmazonで中古coldsweats01
本屋さんごめんなさい!

投稿: 友ぞ。 | 2014年3月 4日 (火) 22時32分

友ぞ。さん、私も本屋をブラブラするのは好きで何時間でもさまよえます。
実際の古本屋で本買いすぎて、腕がちぎれる!と思ったことも何度もありましたわ coldsweats01

投稿: カズやん | 2014年3月 5日 (水) 11時41分

これまた懐かしいお話を。僕が生まれて初めて買ったのがイエナでギーガーズエイリアンでした。アート・オブ・スターウォーズもですね。メイキング本の走りでしょうな。
高校生の頃イエナでバイトしたかったのですが、英語喋れなかったので下の階の近藤書店でバイトしていましたよ。
小生もamazonにどっぷりな生活を続けて来て、この間数年ぶりに八重洲ブックセンターに立ち寄ったら発奮して万単位の散財しそうでした。

投稿: テディ | 2014年3月 8日 (土) 21時15分

テディさんは、イエナと言うより芳賀書店でしょう。分かります、分かります。本屋でいい本みたらつい買っちゃいますもんね!(ま、ネットも違う意味で同じですねど)

「アート・オブ・スターウォーズ」、私も最初に買った洋書なんですが、京都書院という本屋で、店員に「ザ・アート・オブ・スターウォーズ」ありますか?って聞いたら、「ジ・アート~ですか?」って言われた黒歴史を思い出しましたわ・・・coldsweats01

投稿: カズやん | 2014年3月 8日 (土) 21時56分

僕が書店でバイト始めるちょっと前に所謂ビニ本ブームってのがありまして、当時社員さんから聞いた話ですが、良く売れるんで銀座のど真ん中の書店で売ってたみたいですよ(笑)ガマン出来なかったのでしょう、トイレにビニール散らかってたりして禁止の張り紙したとか。今はスーパーブランドのビルが気取って立ってますが、スゴい時代でした。

嗚呼、芳賀書店・・・。憧れでしたが小心者なので一度も訪れておりません・・・。
もうオトナなので今度行ってみようと思います。

投稿: テディ | 2014年3月 9日 (日) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紙と金属の投稿作品 | トップページ | 怪獣と万博の本 »