« 京都大アンティークフェアに行く | トップページ | メタル アノマロカリスを組むぞ! »

2014年6月24日 (火)

なぜサイドショウは羽毛T-rexを作らないのか?

先の日記のコメントの続きです。

サイドショウのダイノソーリア シリーズからはこれまで3種類のティラノサウルスが販売されています。

1日遅れのクリスマスプレゼント 

3日遅れの七夕プレゼント Tyrannosaurus Rex VS Triceratopsがキター! 

サイドショウのティラノサウルス

また今回、新作のT-rexがリリースされました。
だ~!かっこいいぞ!

Photo
しかしどのティラノにも羽毛表現はありません。それに彩色、模様も結構地味です。

なぜサイドショウは羽毛T-rexを作らないんでしょうか?(以下、勝手な想像です)

コメントにも書きましたが、これは売り手側(サイドショウ)が買う手側(購買層)がどんなティラノサウルス像を望んでいるか、欲しがるかを考えて販売しているからでしょう。

実際、現在販売中のフィギュアでも羽毛ティラノはそれほど多くありません。Photo_3 国内ではフェバリットのソフトモデル・ビニールモデル、海洋堂のカプセルフィギュア、恐竜博のオフィシャルモデルぐらいではないでしょうか。

Photo_4
それでもエクスキューズ(言い訳という意味ではありません)で、羽毛無しの従来のトカゲ(ウロコ)肌のティラノも一緒に販売しています。Photo_5

Photo_3

海外のPAPOやサファリなどでも最新モデルで羽毛ティラノを出しているところは確か無いと思います。(出してたらごめん。ディロングなどはあります)

Photo_2
この理由の第一は「まだティラノサウルスでは羽毛化石が見つかっていない」というのが大きいと思います。
しかし、最新のイラストや映像(例えばBBCなど)では羽毛ティラノが普通に描かれるようになっています。
これは近縁の大型ティラノ類に羽毛があったから、当然T-rexにもあったと考えるのが自然ということでしょう。

ちなみに私のこのT-rexも子供の頃は羽毛があったが、大きくなるにつれ脱落していき、成体になったときは背中あたりに少し羽毛が残っているという考え(言い訳)で作っています。

Tyrannosaurus2010g1
おそらく今後近いうちにサファリなどでも羽毛ティラノのフィギュアが販売されるようになると思います。
そうなった場合、サファリなどの安価なフィギュアは買う側にも、羽毛有り・無しを選ぶ、あるいは両方買うこともできます。

しかしサイドショウような高価なモデルになると、羽毛有り・無しを両方とも買うという経済的に難しいでしょう。

結果、どちらを購買者が選ぶか?となると、「やっぱりトカゲ肌」だろうというのが現在のサイドショウの考え?ではないでしょうか?

またこれは先のコメントにも書きましたが、高額なフィギュアを買う層が年齢的には現在30代以上の昔の恐竜像(ジュラシックパークかそれ以前の)に愛着を持っている層なので、どうしても羽毛ティラノが受け入れられないというハードルもあるのかもしれません。
色・模様も同様に、ルイス・レイのようなあまりに奇抜な色彩だと、保守的なコレクターは買うのを躊躇する可能性もあります。

しかし、サイドショウが発売しているプロトケラトプスVSヴェロキラプトルのヴェロキは、しっかり羽毛恐竜で作られています。

サイドショーのプロトケラトプスVSヴェロキラプトルがキター!  

これは化石に羽毛の証拠があることもですが、小型のマニラプトル類はすっかり羽毛恐竜として認知されたことが大きいでしょう。
私ですら、羽毛が無いオヴィラプトル模型を見ると最近では違和感を持つぐらいです。(慣れって恐い coldsweats01

Photo
と言うことは、羽毛T-rexにみんなが違和感を持たなくなれば、サイドショウからもきっと羽毛ティラノサウルスが発売される日が来るということです。

その日はいつになるでしょうか?

「ジュラシック・パーク4」みたいなエンターテイメントなメディアで羽毛ティラノが出てきたら、案外早いかもしれませんね。

もしくは、バードカービング的な超絶アート表現の「これが羽毛T-rexだ!文句あるか!」って誰にも有無を言わせぬ作品が出た時かもしれませんね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 京都大アンティークフェアに行く | トップページ | メタル アノマロカリスを組むぞ! »

コメント

そうですね羽毛がありと無し、どちらがかっこいいか、商品だとまずそれが重要になってくるのがわかります。「考証」を突き詰めるより、まずはかっこよさ、というアプローチは好きです。

わたしはてっきり「毛なんかなくたって俺はイケイケだァー」という荒木さんの関西流オチがあるのだろうと予想して読んでいました。真面目な話だったんですね。不謹慎でした。

投稿: ラプターの飼育係 | 2014年6月24日 (火) 10時06分

この狂暴顔カッコいい。自分の一番好みのティラノサウルスです。研究者にはう~ん?となるかもな部分があるかもですが、造形的に文句ないです。毛があっても無かってもカッコよければそれでよし(* ̄ー ̄*)だな。

投稿: tsukudados | 2014年6月24日 (火) 10時52分

しまった~!そのオチがあったか~!sweat01

ラプターの飼育係さんなら、羽毛も無毛も買われるでしょうね!happy01

投稿: カズやん | 2014年6月24日 (火) 10時55分

tsukudadosさん、クレンツの口の閉じてるティラノも良かったですが、やっぱり口は開いていてナンボですね!smile

投稿: カズやん | 2014年6月24日 (火) 12時04分

ブログ拝見しました。なるほど、時代の力というのは強力なんですね。私は22年間生きていますが、羽毛つきティラノサウルスのイメージはすんなりと入ってきました。羽毛つきが違和感なくなるまで気長に待つことにします。そして、2枚目から5枚目までのティラノサウルスのフィギュア私も持っています。特に4枚目と3枚目はお気に入りです!4枚目の漆黒のボディーカラーがグーなんです!6枚目も気になっています。どこで発売されたティラノサウルスなんでしょうか?

投稿: T-REX | 2014年6月25日 (水) 00時43分

6枚目のティラノはサファリの新作ですよ。

投稿: カズやん | 2014年6月26日 (木) 11時49分

オヴィラプトルはトサカやクチバシがあって、羽毛がよく似合いますもんねー。
私が恐竜に興味持った時には既に羽毛でした。

ティラノサウルスは、皆さんどうやったらカッコ良く羽毛を生やすことができるか、試行錯誤の最中だったりして?
荒木先生、早い者勝ちでっせ〜!

投稿: 友ぞ。 | 2014年6月26日 (木) 22時59分

まさしく試行錯誤の最中でしょう。
私は洞が峠を決め込んどきます coldsweats01

投稿: カズやん | 2014年6月26日 (木) 23時28分

荒木先生、そうだったんですか。此度確認できました。ありがとうございます。

以前は記入不足ですみませんでした。記事にあった荒木先生のティラノサウルスももちろんお気に入りです。もしも一般向けで発売されたら是非とも購入したいです。

投稿: T-REX | 2014年6月27日 (金) 06時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都大アンティークフェアに行く | トップページ | メタル アノマロカリスを組むぞ! »