« 発情期 | トップページ | JR福井駅 「恐竜の日」イベント »

2015年4月 6日 (月)

KYOさんの切り起こし新作とMozzyさんのアルゼンチノサウルス

次々と切り起こし作品を投稿してくれるKYOさんが新作を掲示板に投稿してくれました。
ティラノサウルス頭骨!白骨・カラーの2バージョン。

0001718_3m
もう、(C)KYOで発売したらどうですか?happy01

掲示板:切り起こし-ティラノ

さてこちらはMozzyさんのアルゼンチノサウルスのジオラマ。

0001715_3m
夏休みに息子さんと一緒に作られたそうです。

掲示板:アルゼンチノサウルス 

Mozzyさんのブログでは作られた他の恐竜作品も見ることができますよ!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 発情期 | トップページ | JR福井駅 「恐竜の日」イベント »

コメント

荒木先生、ありがとうございます。

 どうしてもウロコ状の加工が苦手なので、少しだけ象の皮膚っぽくしわだけを入れた作品です。
 コレに限らずなんでもそうですが、基礎をしっかり習得した上で、たくさん造っていかないと うまくできませんね。

※(当選すれば)恐竜博物館での教室に、息子とともに参加します!

投稿: Mozzy | 2015年4月 7日 (火) 18時42分

このスケールでウロコは、むしろ省略しているほうが良いと思いますのが、作品の大きさによってはウロコも面白いですよ。
柔らかい粘土(ラドールやフォルモ)だと乾いた後から、ニードルで削ってウロコを作ると、メチャかっこいいですよ。(手間かかりますが)

投稿: カズやん | 2015年4月 7日 (火) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発情期 | トップページ | JR福井駅 「恐竜の日」イベント »