« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月29日 (火)

小畠郁生先生の思い出

小畠郁生先生が亡くなられたそうです。

私ごときが小畠先生の思い出を書くなど、おこがましいことは重々承知していますが、私の恐竜模型人生では、大変お世話になりましたので少し書いておきたいと思います。

私が恐竜に興味を持ち始めた中学生のころ、読んだり買ったりした恐竜関係の書籍には、小畠先生が書かれたもの、監修されたものが多くありました。
本の奥付にある著者近影の眉毛の薄い、ドイツ軍の将校のような容貌に憧れに近い想いがあったものです。

O1_2
後年、20代半ばのころ、海洋堂で恐竜キットの原型を作るようになってから、海洋堂のスタッフと一緒に東京(科博だったかな?)でお会いして、そのご尊顔を仰ぐ機会に恵まれました。
そのとき、「恐竜模型造形家なんて、名乗ったもん勝ちですから、どんどん使いなさい」と助言をいただいたことを思い出します。

その後、モデルグラフィックス別冊で作品集を出すときや、学研や講談社などの恐竜図鑑などでも模型制作・著者・監修者という形で、ご一緒することも多く、大変お世話になりました。
一度、中国(だったかな?)の発掘のお誘いをいただいたことがありましたが、当時は勤め人だったため、お断りしたことは残念な思い出です。
退官されてから一時期大阪の大学で教鞭をとられてましたが、結局お会いできず仕舞いになってしまいました。

光文社「恐竜博物館 生まれ、栄え、滅んでいった動物たち」は、二見書房「大恐竜時代」と並び、中学生のころの私のバイブルでした。

恐竜の世界に導いていただき、本当にありがとうございました。
心より御冥福をお祈り申し上げます。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2015年9月26日 (土)

モデルグラフィックス スターウォーズ特集!

模型専門の月刊誌 モデルグラフィックス誌の今月号(2015年11月号)は、読みごたえ(見ごたえ)ありましたね~!

S1
40ページにおよぶスターウォーズ特集!happy01

バンダイがSWプラモデル、それも宇宙船やドロイドなどメカだけではなく、ストームトルーパーなどキャラクターのキットも怒涛のごとくリリースしてくれたからこそ実現した特集かもしれませんね。

私の大好きなボバ・フェットの登場シーンも台詞つきで再現されています。

S2
これまた私の大好きなモス・アイズリーのサンドトルーパー部隊も、コマ割で再現!

S3
しかも各隊員のバックッパクの装備まで考証、検証されています!!

S4

こちらは、私が当時フルスクラッチして作例が掲載されたとホビージャパン誌と別冊「The Modeling of STARWARS」。32年前のものです。

S5
ダースベイダー、ストームトルーパー、ボバ・フェットなど、粘土とポリパテで作りました。

S6
サンドトルーパーも当時はそんな呼称はなく、勝手に「タトゥーン派遣兵」とか言ってました。

S7
バックパックの装備もいろいろ試行錯誤した記憶があります。

S9
この一般型のタイ・ファイターすら当時はプラモデルが無く、自作したものでした。→参考日記 

S8

しかし今はプロップと見まがうばかりの模型が市販のキットで、しかも安価で入手できます。ほんと良い時代になりました。
ファインモールド製も持ってますが、ここは1/48のミレニアムファルコンと、1m級のスターデストロイヤーを出してほしいですね!バンダイさん!

すっかりプラモデルを作らないようになりましたが、久しぶりに制作意欲が湧いてきました。
年末の新作映画もけっこうマニアのツボを心得てるような感じですので、かなり期待しています。

S10
こちらは仕事場のサンドトルーパー(マーミット製)。

S11

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2015年9月24日 (木)

仕事場も片付ける

仕事場にあった荷物やら何やかんやも物置に追いやり、とりあえず仕事場の片付けもできました。

R1
今日は、これまでの掲載新聞を切り抜いてスクラップ。

R2
掲載写真の髪の毛がだんだん減っていくのが悲しい coldsweats01

R3

結果、約10日間、ぶっ通しの掃除でしたが、来月は大人数のお客さんの予定もありましたで、なんとか片付けられてよかった。

えっ?シルバーウィーク?なにそれ?

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2015年9月20日 (日)

物置を片付けるぞ!その4 いちおう終了

とりあえず物置の片付けは終了。

S4
ま~綺麗好き、整理整頓のできる方から見れば、これの「どこが??」とは思いますが・・・ coldsweats01

今日出てきたモノ。

サンダーバードグッズの一部。20年ほど前にドドッと販売されたときのやつですね。

S1
バンダイ ヨンパチ(1/48)シリーズのヤシの木。よく恐竜ジオラマに使わせていただきました。再販して欲しい物のひとつです。

S2
(ん~このころから四十八には縁があったんだ~ confident

SFモデラーズ・サークル”ガーディアン”のボバ・フェットのガレージキット。30年ぐらい前のものですね。

S3
なんかこう言うのを見ると、懐かしさで気分が一挙に20代の頃に戻ります。

まだ、今回片付けて物置の空いたスペースに、工房の中にあふれているモノを仕分ける、第二段が控えてますが、しばし休憩。

S5

おかげで体重が3kg減りました happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2015年9月19日 (土)

物置を片付けるぞ!その3 脱線しながらも出口が見えてきた

工房の物置を片付け始めてから一週間、なかなか終わりが見えません・・・sweat01

奥にある箱を開けるたびに、新たな発見が!(買った記憶が消えているだけですが)

これはX-PULSのハリーハウゼンシリーズですね。イーマ竜、サイクロップス、タロス!

X1
サイクロップスには原型師の大山竜氏のサイン入り。ギルギルで書いてもらったっけ?

X2
ホライズンの半漁人キットとブリスターフィギュア。たしかオーロラやビリケンもどこかにあるはず。

X3
エアフィックスのエリザベス1世とアン・ボーリンのプラモ。フランケンシュタインの花嫁も。

X4
海洋堂のクリス・ウェイラス氏原型のディニクチス(ダンクルオステウス)のキットが出てきました。

X5
X6
松村氏のエラスモサウルスのレジンキット。

X7
こちらも同じく松村氏の1/20のブラキオサウルスのレジンキット。

M1
レジンの塊で胴体部分だけで5kgぐらいありそう。足の上に落としたら、骨折間違いなし!

同じく海洋堂製の1/15スケールのレジンキャスト製SWフィギュアと

X9
1/6スケールのソフトビニールキット。

X11
マクファーレントイのクライヴ・バーカーのオリジナルフィギュアなどなど・・・

X8
あっ!ホライズンのエラスモサウルスも出てきた!

X12
とか言いながらも少しは片付いてきたかな?

X13
連休中に終わらすぞ!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2015年9月18日 (金)

物置を片付けるぞ!その2 脱線続く

♪箱の中身は何じゃろな?♪脱線は続くよ~いつまでも~♪

恐竜プラモの箱 その1 タミヤ、エアフィックス、JPのプラモもありますね。

H1
恐竜プラモの箱 その2 グレンコーと学研の骨格にオーロラのプレヒストリックシリーズ。

H2
恐竜プラモの箱 その3 お~!スティックファスがこんなところに。ホライズンのブロントサウルス!

H3
恐竜プラモの箱 その4 あら?またエアフィックスとJPのプラモが出てきた!

H6
JPトイの箱 その1 JP1や3のトイ。

H4_2
JPトイの箱 その2 これもスピノがあるから3やね。

H5

動物プラモの箱 レベルの野生動物シリーズにエアフィックス、グンゼの野鳥シリーズ。

H7
しかしどうしてこう同じプラモデルばっかり買ってるんだろう??作りもせんのに・・・ despair

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2015年9月16日 (水)

物置を片付けるぞ!その1脱線

今の工房に引っ越して5年経ちます。裏に作ったバックヤードというか物置も引っ越して来たときに荷物を入れ手付かずのままで5年経ってしまいました。

引越し当時→工房引越し作戦 その12 

モノはあふれるわ、荷崩れしてるわで、にっちもさっちもいかない状態です。
何とかしないといけないとずっと思ってましたが、夏の仕事も終わり、新しい仕事も無いのでいよいよ片付けを決行することにしました。

もう奥の箱には何が入っているかも分かりません・・・ coldsweats01

B1
この際いらないフィギュアやおもちゃは捨てましょう!

B3
古くなった恐竜関係の本や図鑑も捨てる!捨てる!

B2
と、重い箱が出てきました。とりあえず駐車場で虫干し。お~海洋堂のガレージキットですね。

B4
スティーブ・ウォンの半漁人! SWレジンキット。DAICONフィギュアもあるな。

B5
松村しのぶ氏のセイウチ、イクチオサウルス!珍品?

B6
ラッコやゾウガメもあるな~。

B7
おっ!珍しい!直角貝と白サイ。

B9
私のアンキロ、ステゴサウルスのレジンキット。懐かしいな~ confident

B8
こんどいっぺん、何があるのかちゃんと調べないと!・・・と、脱線してるうちに陽が暮れる・・・ despair (もう片付け始めて3日たつが、まったく終わらん・・・)

つづく。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (9)

2015年9月14日 (月)

まっつく氏 MK2.デジタルフィギュア

mattuk(まっつく)氏原型、MK2.JK FIGURE x 3D PRINTのフィギュア2種を入手しました。

M1
デジタル造形した女子高生を3Dカラープリンターで出力したフルカラーフィギュア完成品。

M2
私のアナクロ造形と違い最先端の造形ですね!

M7
JKHM105-Z ミラーで髪型を直してるコギャル風フィギュア。

M4
JKT105-Z こちらは急に雨に降られて下着が透けてるコギャル風フィギュア。

M5
大きさはこれぐらい。約1/10スケールですかね。

M3
造形もシチュエーションも小物にいたるまで、非常によく出来ていますね。実際の女子高生をスキャンしたのではなく、一からデジタルで作ったスカルプトでしょうから、素晴らしいセンスですね!
(モデルや参考写真などがあるかもしれませんが、それでもたいしたものです)

この完成品は石膏積層型フルカラープリントなので、近くで見るとどうしても積層や色滲み、粒子の粗さがありますが、ま、現時点では許容範囲内でしょう。

M6
このプリントアウトを前段階の素材として研磨、修正してより精密なモデルを作ることができるでしょうし、実際にそうして商品化されているものも多いです。

JK FIGURE x 3D PRINTさんではこの完成品だけではなく、各スケールのレジンキャストキットも発売しています。

先日、海洋堂でも3Dプリンターの作品を見ましたが、こういう技術は日進月歩なので、10年もしないうちに、出力品も現在のPVCの美少女フィギュアの完成品と同じくらいのクオリティになるでしょう。

ホント、私にもこれだけのセンスとデジタルスキルがあれば羽毛恐竜や最新恐竜も作り放題、サイズ変更も簡単にできますしね。

いや今後はむしろ、高性能ハンディスキャナーと3Dプリンターが各家庭に普及すれば、わざわざデジタル造形しなくても、文鳥やニワトリやダチョウをスキャンして入力してデジタル加工すれば一丁上がり!

ま、それは冗談としても、デジタル素材として、各恐竜の基本の形(例えばT-rex)の市場ができ、それを加工してオリジナルを作るという流れはできてくるでしょう。(アナクロ造形家がG・ポールの骨格図を基本にしているみたいに)
あとはデジタルスキルとセンスとアレンジの勝負!私は脱落組!sweat01
しかしオリンピックのエンブレム問題ではありませんが、デジタルはコピーもしやすいので、素材の加工にはまたいろいろ問題も出てくるかも知れませんね。
いや~未来は多難なのか?明るいのか?coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2015年9月12日 (土)

SENSE OF WONDER!マグリット展に行く

今日は嫁さんと京都市美術館で開催中の「マグリット展」に行ってきました。

M2
まえに見に行った併設の「ルーヴル美術館展」はなんか長蛇の列でエライ混みようですね。wobbly

M6
マグリット展のほうはそれほどでもなかったですが、それでも結構な人出でした。

M1
やっぱり土日に京都なんか来たらあきまへんな。coldsweats01

ルネ・マグリットと言えば、私ら世代は子供の頃に見た少年マンガ誌のグラビアの紹介記事が深く印象に残ってます。(大伴昌司氏の企画かな?)

M5
宙に浮いている大きな岩の絵(ピレネーの城)や、遠近のおかしい林の乗馬の絵(白紙委任状)など不気味で不思議で幻想的なビジュアルは、子供ながら一度見たら忘れられないものでした。

今日「大家族」見ると1963年作で、私が生まれてからの作品なんで少し驚きました。
描かれて数年で日本に紹介されていたんですね。しかも子供向けにも。

M4
マグリットの美術界の位置づけはよく知りませんが、(シュールレアリスムの巨匠?)後のファンタジー系のイラスト(ロジャー・ディーンなど)や

M7
映像・映画(「アバター」など)、トリックアートなどに多大な影響を与えたのは間違いないでしょう。

M8
なんとなくですが、ダリやキリコに比べるとマグリットってちょっとイロモノのイメージがあって、美術館で大々的に企画展が開催されるイメージがなかったんですが、今日は子供のころ見て、「センス・オブ・ワンダー」の世界を初めて経験させてくれた実際の絵をこの目で見ることができて、本当に良かったです。

なんたって、中学生のとき初めて買った画集がマグリットでしたから!happy01

M3

あ、そうそう、人魚(魚人)の絵「共同発明」が無かったのは残念でした・・・。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2015年9月10日 (木)

海洋堂へ行く

今日は海洋堂に、この春のイベントにお借りしていた模型をお返しに行ってきました。

久しぶりにセンムさんといろいろお話。

K1
3Dプリンターのフィギュアのこれからの可能性。いろんなサイズのセンム&はちきんガールズ フィギュア。

K2
これはリボのファルコン原型のレプリカ。超精密!

K4
辻村聡((六治郎)さんの「水中ニーソ」フィギュア。メチャ欲しい!!

K3
館長さんにもご挨拶できました!

K5
それにしてもお元気ですね!明日から釣りに行かれるそうです!

みなさま、お忙しいところお邪魔しました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2015年9月 8日 (火)

友ぞ。さん親子のダンクルオステウスとしぃ。さんのシーラカンス

掲示板に友ぞ。さんがダンクルオステウスを親子競作を投稿してくれました。

0001820m
掲示板:ダンクルオステウス (製作ブログもありますよ)

こちらはしぃ。さんの編みぐるみシーラカンス。

0001823_3m
配色がかわいいですね。
掲示板:ついに! 

お~今回は魚シリーズだ!fish

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2015年9月 6日 (日)

アポロ17号船長「ユージーン・サーナン」フィギュア

久しぶりの宇宙モノです。

S1
ホビーマスター製 1/6 アクションフィギュア アポロ17号船長 「ユージーン・サーナン」

S2
17号はアポロ計画最後のミッションで、ユージン・サーナン船長は「月面着陸した最後の人類」で有名です。

S4
1972年12月以降、40年以上誰も月には行ってないんですね。

関連日記 人類初の月面に立った男→APOLLO 11 ASTRONAUT 2011 VERSION 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2015年9月 4日 (金)

月村さんのティラノサウルスと仕事さんのイラスト

月村さんがティラノサウルスを完成させて掲示板に投稿してしてくれましたので、こちらでも紹介。

0001817_2m
ちきしょ~!かっこいいぞ!しっぽ長いぞ!

掲示板:ティラノサウルス・レックス完成 

さてこちらは仕事さんが投稿してしてくたイラスト。

0001814m
黒板の絵もいいですよ。

掲示板:狩猟本能と子煩悩  肉食恐竜学校に現る!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2015年9月 2日 (水)

PAPO トゥプクスアラ

PAPOのトゥプクスアラを買いました。

P1
前のアパトサウルスの出来はいまいちでしたが、今回のは、しっかりサイドシ○ウのトゥプクスアラを今流行のトレース?インスパイア?パ○リ?アレンジ?して、かっこよく出来ています。

大きさはこれぐらい。

P2
ネタ元?と一緒に。

P3
ま、インスパイアされた元ネタを大切にして、アレンジして、どんどんカッコよくなれば、それはそれでいいと思います。(ネタ元に怒られなければね。)

参考日記:サイドショーのトゥプクスアラがキター!

こちらは今日リサイクルショップで見つけたホールマークのオーナメント。
SWのこのシーン大好き。

P5
350円也。よう出来ちょります。

P4

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »