« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

展示がお仕事さんのサウロロフスとチャン竹うっしー総長さんのアロサウルス リペイント

掲示板に投稿された作品をこちらでも紹介!happy01

いつも素晴らしい作品を投稿してくれる展示がお仕事さんのサウロロフス。

0001836_2m
倒木をまたいで歩く、自然なポーズ、体色の縞模様がいいですね!

掲示板:完成!サウロロフス 

さてこちらはチャン竹うっしー総長さんのアロサウルス。

0001838m
フェバリッとのソフトモデルのリペイントですね。
現生の爬虫類っぽいかっこいいカラーリングですね。

掲示板:アロサウルス リペイント 

恐竜の色や模様は分かりませんので、こんな風に既製品モデルを塗り替えるのも恐竜模型の楽しみ方のひとつですね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2015年10月30日 (金)

「松下進 展」に行く

昨日の関西ローカルの番組での紹介を偶然見て、今日は大丸 心斎橋店で開催中の「松下進 展 夢とこだわりの40年」を見に行きました。

M2
画業40周年!!オリックス・バッファローズやガンバ大阪のキャラクターなど、おそらく誰でも一度は松下先生のイラスト、キャラクターは見たことがあるでしょう。

私が最初に松下先生の絵を見たのは、高校生のころのスターウォーズのパロディものだったと記憶していますが、20代のとき、海洋堂が雑誌「ファミコン通信」の表紙で松下先生のイラストを立体化していたころに、渋谷のアトリエで海洋堂のスタッフと一緒にお会いしたことがあります。
その頃から「カッコイイ人だな~」と憧れていました。

今日行くと会場におられたので、失礼とは思いつつ30年ぶりにご挨拶したところ、光栄なことに私のことを憶えていてくださり、一緒に写真まで撮らせいただきました。

M1
30年経った今も、あの頃に増してカッコよく、渋くダンディーになられてました。
お忙しいところありがとうございました!お会いできて良かったです!happy01
(シャッターを押してもらったのが、有名なゲームクリエイターさんだったらしく、いまごろ大汗かいてます sweat01

会場には先生の作品とともに、海洋堂の立体作品も多数展示されていました。(会場内の写真は撮れなかったので、お花を)

M4
クリエイターとして、40年に渡り第一線で活躍されることは並大抵のことではないと思います。もちろん、順風満帆ではなかったと思いますが、先生の持つ太陽のようなオーラがとにかくカッコイイ!私が女なら惚れてまうわ!
どうぞこれからもお元気で、50年、60年と素敵な作品を創り続けてください!

大阪 大丸心斎橋店で、11月3日まで開催中です!入場無料!

松下進先生HP 

10月31日追記:今日、工房の本棚から先生の著書を出してきました。

Ms1
29年前いただいたサイン!

Ms2
そのころの先生!

Ms3
ほら!カッコイイでしょ!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2015年10月29日 (木)

片付けは続く

さて先月、1階の物置と工房の大掃除をしましたが、ただいま3階のフィギュア置き場を整理中です。
ま、こんな日記はみなさん興味無いと思いますが、備忘録として書いておきます。(本人は数年後に読み直して結構面白いので)

2階はリビング、3階には3部屋あり、一部屋は工房に泊まるときの寝室、一部屋は(一階にはとても置けない)趣味のフィギュア、プラモデル置き場、一部屋は予備の空室になっています。

のはずだったのですが、趣味のエログッズが寝室まで侵食してきて、「エッチなフィギュアやプラモデルは一部屋に収めて!」と嫁の命令で大掃除決行!

まず美少女フィギュア、プラモを空室に集めます。そのとき、エロ、非エロ、残すもの、捨てるものなど分類しておきます。プラモデルもスターウォーズ、宇宙機、その他で分類。

R9
空っぽにした趣味部屋のスチールラックの配置を、窓が開けられるように決めます。(これまで、窓が開けられない状態で風通しが悪かったので)

R4
本棚は寝室にまとめて置くことにします。(エッチな本もあるけど、それぐらいま~ええやろ)

寝室 片付け前

R1
寝室 片付け後

R2
寝室に移した本棚。ちょっと地震が心配・・・
R3
趣味部屋に分類したフィギュアをどんどん置いていきます。

R5
結局後ろに隠した箱は、次回の片付けまで陽の目を見ることはないかも・・・
R7
エロ系、ドール系、秘宝館系、骨董系もこちらに。

R8
プラモデルは押入れに。

Rr1
最初の予備部屋。ま~なんとなく片付きました。(片付けたと言うより押し込んだ?)

R10

ここ2,3年は年度末締め切りの仕事がありこの時期は非常に忙しかったですが、今年は全く仕事が無く、片付けに専念できますわ~。良いのやら悪いのやら coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2015年10月26日 (月)

古田悟郎さん大人気!

ツイッター風に

ディプロカウルスが現存していた?!! 

ツイッターもフェイスブックも無かった十年ほど前にも、やはり日本の人が作った、金タライに入ったディプロカウルスの模型が、海外で「ホンモノだ!」と話題になりましたね。
参考ページ
海外ではディプロカウルスの人気が高いのかな?

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2015年10月23日 (金)

ガッチさんのシファクティヌス

大物模型が得意なガッチさんがまたやってくれした!happy01

絶滅太古魚シファクティヌス!

0001833m
サイズは1/5で全長1メートル!!

恐ろしい顔ですね!wobbly

0001833_3m
こんなのに海中で遭遇したらと思うと恐ろしいですね。

掲示板:シファクティヌス完成 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2015年10月20日 (火)

シーラカンスが好き!その20 シーラカンス・スピリット来たる!

ついにと言うか、やっとと言うか、オルドビスさんのシーラカンス模型が完成し、工房に来ました!

C1
今日、スター☆ジョンさん自身が完成品2体届けに来てくれました。

C2
工夫された梱包。
C3
大きさは長さ50cm、高さはベースを入れると43cmもある大型モデルで迫力あります。

C6
もちろん、迫力だけではなく細部も正確に再現されています。

C5
フォルムも「これぞシーラカンス!」というイメージですね。

C7
ベースも凝っててカッコイイ!

C8
製作期間2年以上!こだわりの作りを熱心に語っていただきました。

わたしのシーラカンス・コレクションに珠玉の一品が加わりました!happy01
(あと残すは剥製だけ?)

C9

模型・動物・生物系イベントに出展、通販にも対応されているみたいですので、ご興味のあるかたは→オルドビスさんのブログ 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (7)

2015年10月17日 (土)

ストランド・ビーストを見に行く

テレビで京都市役所にテオ・ヤンセンのストランド・ビーストが来ているのを知って、今日見てきました。

京都国際映画際の企画のひとつのようです。

To1
最大級の作品「アニマリス・シアメシス」

To3
何かのCM映像で見たイメージでは、とても巨大なものに感じましたが、実際は意外と小さく、2tトラックほどの大きさでした。

To2
昼1時から稼動パフォーマンスがあるというので、楽しみに待ってましたが、一瞬で終わってしましました・・・。「いまから動きます」「もう終わりました」ぐらいのアナウンスが欲しかったですね。

もう満身創痍状態で、動力もエアーコンプレッサーでした。強風下では粉々になったりしてるんでしょうね。

せっかくなんで、アートイベントが行われている元・立誠小学校にも行ってみましたが・・・

To6
何やよ~分かりませんでした??coldsweats01

To5
よしもと芸人はいっぱい見れました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2015年10月15日 (木)

懐かしフィギュア

ここんところこんな日記ばっかりですみません。
先日仕事場の片付けをしてたら色々見つかったもんで、また紹介。

海洋堂のリアルフィギュア3個。(1985年)

映画「さびしんぼう(富田靖子)」、「時をかける少女(原田知世)」、「アイコ16歳(富田靖子)」

K1
スケールは1/8ぐらいでしょうか。

「さびしんぼう」には確か橘百合子のフィギュアもあったと思います。

K3
元の原型は平岡としえさんだったと思いますが、当時海洋堂に「やすらひろちか」という凄腕の「一丁噛み」がいて、平岡さんの原型に手を加えていた記憶があります。

K4
このアイコは、元々やすら氏の原型じゃなかったかな?(間違ってたらゴメン)

K2
30年ほど前の作品で、いま見ると仕上げは少し粗いですが、表情や風にたなびくスカートなど、初めて見たときは感動した憶えがあります。

当時、映画「さびしんぼう」を見たセンムさんが、えらい富田靖子にほれ込んで企画したフィギュアだったと記憶しています。

こちらも懐かしい、SCOOP 小坂勝氏原型のフィギュア。
「謎の円盤UFO」のエリス中尉と映画「バーバレラ(ジェーン・フォンダ)」

K5
スケールは1/8ぐらいでしょうか。とても丁寧に作られています。

K7
スカルピーなど無かった当時、関西の原型師は粘土で、関東の原型師はプラ板の積層でフィギュアを作ると揶揄されてましたが、これはポリパテの整形でしょうか、すごくきれいな原型ですね。

K6
1980年当時、リアルフィギュアといえば小坂氏でしたね。→参考ブログ(18禁) 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2015年10月12日 (月)

大極殿リベンジ

昨日はひとりで遊びに行ったので、今日は嫁さんと奈良の平城宮跡に4年前のリベンジに。

D2
観光客もまばらで、今日はすんなり大極殿に入れました。

D4
ななにげに前よりは友好的に見える?coldsweats01

D6_2
復元された、天皇が座わられた高御座(たかみくら)。

D5
平城宮跡に来るたびに思いますが、この大平原、なんとか活用できませんかね。

D3
ススキの群生が時代劇のようです。

D1

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2015年10月11日 (日)

ロフトプラスワンに行く

今日はtsukudadosさんと一緒にロフト・プラスワン・ウエストに「田中達也×情景師アラーキー~ミニチュアの世界~」を見に(聞きに)行きました。

L1_2
情景師アラーキーこと荒木智さんの作品は何度か展示会で見ていますが、田中さんの作品は本やネットで見たことはありましたが、あまりよく知らず、「プライザーのフィギュアと日用品を上手いこと組み合わせてるな~」ぐらいの感覚でした。

L2
でも、トークを聞き始めると、抜群のセンスと柔軟な発想や目からウロコなテクニックなど、最初に思っていたイメージがガラリと変わりました。

M2
アラーキーさんはジオラマ作りのノウハウもですが、トークも仕切りもとても上手く、3時間半、まったく退屈しませんでした。(お尻は痛かったですが coldsweats01

M1
アラーキーさんにしろ、田中さんにしろ、男前やし、仕事もしっかりこなし(今は独立されたそうですが)、作品を創造するテクニックだけではなく、いろんな意味でセンスもよく、天は二物も三物も与えるんやな~という思いと、そしてなにより女性ファンの多さに少なからず嫉妬が芽生えました。メラメラメラ spa

でもしっかりサインをいただきましたよ。

L8
会場には海洋堂の宮脇センムさんの来場されていてご挨拶。

L3
そしてセンムさんとWアラーキーで記念写真。

L4
アラーキーさん、田中さん、楽しいお話、ありがとうございました!happy01

さて、帰りに中之島に来ていたラバーダックに6年ぶりに再会

L5
L6
アラーキーさんのサインとミニ・ラバーダック!かわいい!

L7

それにしてもロフト・プラスワンって初めて行きましたが、いろんなイベントしてるんですね。
私ってわりとサブカル好きと思ってましたが、いたって普通人だったということが分かりました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (5)

2015年10月 8日 (木)

UMA大全 新旧

海洋堂の「カプセルQミュージアム UMA大全」全5種です。

学研「ムー」の協力(?)で主要(?)未確認動物を松村しのぶ造形指揮で立体化。
左から「カッパ」「雪男(イエティ)」「ツチノコ」「チュパカブラ」「ネッシー」

S1
以前、UMA味覚糖から発売されていたフィギュアと一緒に。

ネッシー

S2
河童

S3
味覚糖のはほかにもあったはずですが、先日倉庫の掃除のときに捨ててしまったので見つかりませんでした。

松村氏の架空生物に現生の実在動物的なアプローチで、より現実的な生き物になっていますね。

私が子供のころはテレビや漫画誌でこの手の特集があると熱心に見ていた記憶もありますが、今はあんまり興味が無く、いまいち知識がありません。
もっとも、たまにテレビでこの手の特番があっても見てませんが coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2015年10月 5日 (月)

お客さんがたくさん来る

大阪の専門学校の職場体験で、今日は工房にたくさんのお客さんが来ました。

E3
特殊メイクコース 1年生の生徒さんたちで、私の経験や職歴などの話を聞いてもらいましたが、少しは参考になりましたでしょうか?coldsweats01

みなさん、今日は遠いところまでお疲れ様でした!腕を磨いて夢をかなえてください!

ま、こういう機会がないと仕事場の片付けもしませんし、私も良い経験をさせてもらいました。

E1

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2015年10月 4日 (日)

海洋堂 アロサウルスVSバロサウルス 

突然、何ぞや?ですね。

松村しのぶ氏原型 海洋堂の「アロサウルスVSバロサウルス」です。

B1
ネットオークションをチェックしていると、このキットの未組立て完品が25万円(!)で落札されていたのを見て、「おいおいおい!俺もこのお宝、持ってまっせ!」とばかりに、急遽探索。

B4
(オークション出品画像を勝手に拝借。ご迷惑でしたら削除しますのでご連絡ください)

先日倉庫の片付けをしたときに、ゴロゴロと海洋堂の昔のガレージキットが出てきましたが、そのとき見当たらなかったのですが、今日、自宅の押入れで発見しました。

未組立てならよかったんですが、なにを血迷ったのか珍しく色まで塗って作ってましたわ!キットなんて滅多に組み立てることは無いんですがね・・・ coldsweats01 

B2
もうかなりボロボロになってましたので、そのうちレストアしないと。

このキット、ニューヨーク自然史博物館に展示されていることも有名ですが、40歳以上の恐竜ファンには学研の「恐竜学最前線」の創刊号表紙でお馴染みでしょう。

B3
こちらは今年春に守口の京阪デパートの「海洋堂展」で展示されたときのもの。

K12
ん~修理のときは色もこんな風にしてみようかな。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2015年10月 3日 (土)

しぃ。さんのシーラカンス(改)とえおりあさんのトリケラトプス

少し間があいてしまいましたが、掲示板に投稿された作品の紹介です。

まずは、えおりあさんのトリケラトプス。

0001825m
以前、地元のワークショップを見学してくれて、恐竜作りに挑戦してくれました。
独特のカラーリングがかっこいいですね!
ティラノサウルスの挑戦、がんばってください!happy01

掲示板:初めて投稿します 

こちらは、お馴染みしぃさんの編みぐるみのシーラカンス。

0001828m
前回投稿してくれたシーラカンスに特有の白の斑点を施してくれました。
グッとシーラカンスらしさがアップしましたね!good

掲示板:シーラカンス再び! 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »